ナガサワブログ PART3~この熱い魂を伝えたいんや~

D級草どインディー老舗クラブ"三宿Web"店長ナガサワの趣味や考え方や日常が垣間見れる独り長文炎上ブログの続々編。

2010年09月

kamonan


最近もっぱらうちの冷凍室に数個は常備してある冷凍そばです。
近所のダイエーでは冷凍鴨だしそばはあったんですが、
最近になってコレを置きだして。
見てみると具付きで、
しかも258円というまあまあ購入意欲が沸く価格だったので、
見付けてすぐに買いました。

前に一度書きましたが、
三宿の有名蕎麦屋・山灯香で初めて食べてから、
鴨南蛮そばが大好物になりました。
まあでも今や冬場とかは、
富士蕎麦とかのファーストフード的蕎麦屋とかでも、
鴨南蛮そばはメニューに加わる事も増えてきましたが、
安価な値段での提供なので致し方ない部分もありますが、
もうはっきり言って全然美味しくなくて。
最初に山灯香で食べたのが、
めちゃめちゃ美味かったっていう印象が、
余りにも強いってのもありますけど。
とは言えやっぱり鴨南蛮っていうメニューや、
スーパーとかでも鴨肉や鴨だしとかの文字を見てしまうと、
必ずチェックしてしまうってのは常にあります。
まあ鴨肉は高いんでなかなか手は出せないですけどねー。

そんな訳で思わず買ってみたんですが、
これが美味いのなんのって。
炭火焼きの香ばしい合鴨胸ロース肉が、
予想外に非常に美味しいです。
鴨南蛮には必須の焼きネギも入ってます。
蕎麦もそこら辺に売ってる乾そばなんかよりも充分美味いです。
つゆはちょっと濃い目な味付けですが、
合鴨の胴ガラを炊き出したスープとオイルが利いていて、
これまた美味しいです。

はっきり言って、
ファーストフード的な蕎麦屋なんかよりも全然美味しいです。
しかもこの値段だし。
ちなみにレンジ調理出来て鍋入らずという触れ込みなんですが、
個人的には毎回つゆはちゃんと鍋で煮立てて、
料理酒などの多少のアレンジを加えて、
そこにレンジで温めた蕎麦を入れて数十秒煮込んで作ります。
最後に別で用意した三つ葉を載せて鍋ごと食べます。
熱々で非常に美味しいです。

調べてみると最初の発売は2001年みたいで、
昨年リニューアルしたみたいです。
ちなみに最初はどん兵衛シリーズって全然気付きませんでした。
いやはやカップ麺のどん兵衛とはもう次元の違う商品ですよ。
あとこれって通年商品なんですかねー??
是非一年通してずっと売ってて欲しいですね〜。
ちょっと小腹が減った時とかに非常に重宝する秀逸な一品です。
恐らくスーパーとかで売ってると思いますので、
是非一度チェックして頂きたい激プッシュな商品です。

※写真は後日撮ってアップする予定です〜(多分)

9月14日の火曜日19時から、
中目黒のHUITというフレンチカフェレストランで、
とある結婚パーティの司会をやりました。
昨年11月に書いた記事には8回目と書いてたんですが、
最近改めて数え直してみたら既に9回やっていたので、
今回が記念すべき10回目の司会でした。

元々新郎のROB君とはもう10年近い付き合いで、
最初は原宿のGuzzleという美容室で、
当時は入店したてのシャンプーボーイでした。
第一印象は当時から男前でしたが非常に無愛想で感じが悪く、
シャンプーもカラーもヘタクソで、
「金井ぱん(当時のオレの担当であり友達の女の子)も、
こんな使えない奴使わないといけないんだから大変だなあ〜!」
ぐらい思ってました(笑)。

その後、
昔あった原宿のBOOK-OFFでバッタリROB君に会った時に、
珍しく満面の笑みで話し掛けて来て、
それ以来サロンで会っても話す様になりました。
最初はちょっとづつでしたが、
気が付くと天然すっとぼけな性格もあって結構話す様になって。
Webでも月曜日に、
美容師ナイト的なのを何度かやって貰ったりしました。

4年前ぐらいに、担当だった金井ぱんが産休に入る事になって、
悩んだ挙げ句、
当時スタイリストになりたてのROB君に切って貰う事になったんですが、
彼は既に諸事情でGuzzleを辞めていて、
銀座のLABOという美容室に移ってました。
ちなみに今回の新婦となった綾子ちゃんとは、
LABOで知り合ったんだそうです。

LABOでも一年ちょいぐらいは切って貰いましたかね〜。
でもROB君が実家の美容室を継ぐという事になってしまって。
さてどうしようか?と悩んだんですが、
もうなんか新しい人に、
一から色々説明するのもめんどい〜ってのもあって、
ROB君の実家の美容室まで通う事にしたんです。
金沢文庫まで(笑)。

でもしょっちゅう、
金沢文庫までよく通いますね〜とか言われるんですけど、
オレ的にはそこまで面倒な感じはないんですよね〜。
まあ最初は流石に遠さは感じましたけど、
でも乗り換えも一回だけだし、駅からもさほど遠くもないし、
余計な説明とかしなくても勝手にやってくれるしと、
むしろGuzzle時代やLABO時代よりも気楽というか。
個人的には月に一度必ず横浜に行くっていうのも、
それだけでなんか上がるし(笑)。

あと今はもうROB夫妻は鎌倉住まいなんですが、
今年の頭までは学大に住んでいて。
ダイエーの食料品売り場とかでも、
たまにバッタリ会ったりとかもあったり、
嫁も含めて3人で学大で飲んだりとかもありました。

そんな仲なのもあって、
司会歴の長いオレに白羽の矢が止まった訳ですが、
ROB君ののんきな性格もあって、
今回は司会だけにとどまらず、
かなり色々アドバイスしました。
まあ色んな結婚パーティ見てきましたからね〜。
表からは見えない裏事情とかもありますし。
ここだけは気を付けた方がいいよとか諸々。

進行表もオレが作りました。
特にライブなどのアトラクション的な物が今回なかったので、
スライドショーは間違いなく一番盛り上がるから!と、
新郎新婦に写真だけ用意させて、
うちでレギュラーイベントやってるDJのTSUKASAくんから、
プロジェクターもお借りして、
そのスライドショーのDVDもオレが製作しました。
わしゃウエディングプランナーか!とは内心思いましたが(笑)、
長年世話になってるROB君の為と思って頑張りました。

先週土曜日の営業後、
ちょっと飲み過ぎたから気持ち悪いなあ〜とは思ってたんですが、
日曜の午後に目が覚めたらめちゃめちゃだるくて。
げ〜猛烈な二日酔いや〜とか最初は思ってたんですが、
明らかに二日酔いとは違うだるさで。
熱計ったら既に微熱があって。
えー!3週間前も発熱したばっかなのに!
とは思いつつも、その日は会場で最終打ち合わせの予定で。

ROB君に車で拾って貰って会場で打ち合わせしたんですが、
途中からもう寒気はするわ半端無いだるさだわで、
こりゃヤバイって感じになってきて。
帰宅したら38℃を超えてました。
ここんところずっとドタバタだったのもあって、
ほんとは夜にスライドショーのDVD製作をやろうと思ってたんですが、
とりあえず治すのが先決という事もあって風邪薬飲んで寝たんですが、
翌日余りの寒気で目が覚めたら最悪な事態になっていて。
最初熱計ったら40℃超えてて、
さすがにそれはないやろ!とは思ったんですが、
何回計っても39℃は超えてて。
挙げ句の果てに扁桃腺まで腫れて、
唾飲むのも痛いぐらい。。。

この時点ではほんとにビビってました。
だって次の日本番なのに、
この期に及んで「ごめん、体調悪いからちょっと司会無理・・・。」
とか言える訳ないですからね!
当人たちにとっては一生に一度の(予定の・笑)パーティですから。
まあ最悪這ってでも、終わった後でぶっ倒れてもいいから、
どんな状態でも司会はやる!とは心に誓ってましたが、
一番心配だったのがスライドショーDVDなんですよ。
簡単そうだとは思ってたんですが、
実は一度もスライドショーもDVDも作った事とかなくて。
だからどれだけ時間掛かるかもわからないし、
かなりの不安もあったんですよ。

とりあえず月曜午後に耳鼻科に行って診察して貰って、
帰宅して処方して貰った薬飲んで軽く寝たら、
夜にはもう随分良くなって。
よっしゃ!これなら何とかDVD製作に取り掛かれる!
って事で黙々と写真をスキャナーで取り込み作業。
でも薬切れるとまた喉痛くなったり寒気があったりしたので、
まめに薬は飲みながら作業してました。
初めはイマイチ把握出来ませんでしたが、
色々やってくうちにスライドショーDVDの作り方が熟知してきて。
なんだかんだで結局気付けば朝方まで作業してましたが、
とりあえずなんとか完成手前まできて一安心。

午前中に目が覚めたらまたもや寒気とだるさが。
とりあえず薬飲んで、
もうちょっとだけ仮眠とろうと思ったんですが、
やっぱり気が気じゃなくて、
入退場に使う曲のCDR焼きや進行表のプリントアウト、
あとスライドショーDVDの最終焼きなどをやってたら、
気が付いたら準備する時間になってました。
体調の方も薬がまんまと効いた様でかなり持ち直してました。

スーツに着替えて必要な物を持って、
Webにチャリでマイクとマイクスタンドをピックアップして、
中目黒の会場へ。
とりあえず借りたプロジェクターも、
焼いたDVDもちゃんと映るか心配だったので、
開場30分前に入ってセッティング及び試写をやってると、
お店のスタッフの男性にいきなり声を掛けられて。
結構準備にドタバタやってたので、
もしかして文句でも言われんのかと思ったら、
「あの・・・もしやナガサワさんでは・・?」
え??と思って顔を見るとどっかで見た事ある様な・・・
と思ってたら、昔青山のクラブ・mixにいた渡辺君でした。
mix後こっちに移って店長やってるみたいでした。
まさかの展開にちょっと上がりましたが、
それどころじゃないぐらい開場前のドタバタ喜劇中で、
とにかくてんやわんやしてました。

そんなこんなで時間が来てウェディングパーティスタート。
予想通り客入りが遅くて新郎新婦入場10分押し。
まあそんなのはある程度想定の範囲内ではありましたけど。
なんてったって10回目ですからね!(初秋のどや顔で)
最初は超アウェー感満載で、
どうしたろかしら!って感じでしたけど、
気が付くと知り合いも徐々に来て和やかな雰囲気に。
最初は「誰?あいつ」的な冷ややかな視線でしたが、
酒がどんどん進むのと同時に、
抜群のハイトーンな通る声や、独特且つ場慣れした司会ップリに、
皆さんの視線も温かくなっていきました。
39


問題のスライドショーですが、
写真一枚変わるごとにあーだこーだと喋り倒したんですが、
まずまずの受けップリでした。
終わった後は、知らないお客さん何人かに、
「司会おもしろいすね〜!」とか
「よ!名司会!」とか言われて、非常に嬉しかったです。
最後に景品大会もあったんですが、
スライドショーで受けたのをいい事に、
ガンガン喋り倒しました。
ここも勿論バッチリ笑い取りました(笑)。
58

11

5

8


そんなこんなで無事に約二時間のウェディングパーティ終了。
終わった後はほんとに心からホッとしましたね〜。
同時に風邪薬と調子に乗って飲んでしまった酒が相まって、
有り得ないぐらい気持ち悪かったですけど。
お店のお姉さんたちも、
皆とても感じのいい気の利く人達ばかりで、
とてもやりやすかったです。
個人的には、進行も完璧だったし、
思ってた以上に笑いも取れたし、
新郎新婦もお客さんも楽しそうに帰っていったので、
ほんとに良かったなあ〜!とは思ったんですが、
翌日とかはやっぱり一人反省会しちゃいましたね〜。
あの時もっとああすれば良かったとか、
あの時あれを言えばもっと受けてたのにとか、
反省は多々尽きませんでしたが、
まあとりあえずでもトータルで考えると、
今回は及第点は上げてもいいのかなとも思いました。
ほんとまだまだですけどねー。
106

98


前回の時も書きましたが、
長年サービス業をやっているオレからすると、
ウェディングパーティの司会ってほんとに究極の仕事です。
自分の力でお祝いムードを助長出来たりする訳ですから。
まあ逆に失敗するとほんとに一生の汚点となりますけどね。
いやほんと、新郎新婦や、2人を祝う人達が、
盛り上がり、楽しみ、そして笑ってる顔を見ると、
こっちまで幸せな気分になりますよ。
いやー記念すべき10回目の司会業、
今回はまずまず我ながらええ仕事したで!
86


ROBくん綾子ちゃん、末永くお幸せに!!

夜に無性に二郎が食べたくなってしまって。
最近はめっきり二郎系のラーメンは食べなくなったんですが、
ほんとたま〜にあるんですよねー。
まさしくジロリアンによくある中毒症状。
阪神vs中日戦は見たかったので、
終わってからの時間でしかも交通の便もわりかしいい二郎と言えば・・・
という事で二度目のラーメン大を食らうべく蒲田へ。

前回は去年の12月中旬ぐらいに、
今回と同じ様な感じで急に無性に二郎が食べたくなり、
色々調べた結果、蒲田の大にしました。
うちからだと乗り換え1回で済むし、
時間にしても20分ちょっとだし、
駅からも近いし遅くまでやってるし、
あとはなんと言っても蒲田にあるってのが決め手でした。

ラーメン大って元々はラーメン二郎蒲田店が移転・変名した旧二郎です。
二郎系では珍しく野菜の量の一覧写真が貼ってあり、
非常にオーダーしやすくなってます。
店内もまあまあ広めで、前回もそうですが遅い時間ともあってか、
全然空いていて並ばずに座れました。

前回行った時は店内の異臭がちょっと気になったんですが、
今回は特に感じませんでした。
もうほんとに二郎食いたいモードでお腹空かして行ったので、
めちゃくちゃ美味かったです。
今回は野菜増し+にんにく。
野菜も茹でたてでホッカホカです。
初めて有料トッピングで自家製辛味 醤を入れてみましたが、
これも適度な辛さでとても美味しかったです。
ここのチャーシューはパサッとした感じですが、
全然まずくはないです。
個人的にはとろっとした感じのが好きではありますけど。

CIMG0009



見ての通りの二郎でもなかなかのボリュームっぷりで(写真は野菜増し)
久々の二郎ともあって最後の方はアップアップでしたが、
なんとか完食。
かなりの腹一杯っぷりでしたが、
久し振りの二郎にとても満足感一杯でした。
それにしてもやっぱり二郎は頻繁に水が欲しくなりますけどね〜。
冷水器がカウンターの右端にあるので、
いちいち汲みに行くのがちょっと面倒です。
出来れば氷入りの冷水ピッチャーが点在してると◎なんですけど。

食い終わった後は恒例の懐かしの蒲田行脚。
ここでも何度も書いてると思いますが、
蒲田はオレが上京して初めて住んだ街です。
Webへ入店するまで約5年住みました。
最初なんて、単身上京して勿論友達も一人もいなくて、
ほんとに今考えてもよくオレ耐えたなあ〜ってぐらい、
右も左もわからず一番孤独で辛かった頃でしたし、
黙々と毎日東中野の道場へ通ったのもここからだし、
辛く孤独な時期を脱した後も、
のべ2年ちょっとぐらい当時の彼女と同棲したりと、
いやもうほんとに濃密な想い出ばかりが詰まった街です。

大がある東口とは逆の西口に出て、
昔住んでた工学院通りをぶらぶらと。
前回久々に来た時も、ど〜んと西口駅前にドンキが出来てたり、
ビックリするほどの変わりっぷりだったんですが、
今回も日本工学院周辺が凄いことになっていて。
恐らく前回はまだ完成してなかったのかも知れないですが、
芝生のでかい公園みたいなのとか、
前回はまだ無かった道路とか建物とか出来てたり、
ほんとに驚くべき変わりっぷりでした。
勿論住んでたのなんてもう16年も前だし、
変わってて当然なんですが、
それにしてはの変わりっぷりで、ほんとにオレここに住んでたの??
って考えてしまうほどでした。

CIMG0023



昔住んでたアパートの周辺もめちゃくちゃ変わってて、
ここにはアレがあったのになあ〜とか、
アレは跡形もなくなってるなあ〜とか、
どこで曲がるのかも一瞬わからなくなるほどでした。
住んでたアパートはまだありましたのでちょっとホッとしました。
やっぱなんか無くなってたらちょっと悲しいものがありますからねー。

CIMG0012



便利そうなご飯屋さんもいっぱい出来てて、
住むのにはとても便利そうですねー。
まあ相変わらず治安はそんなに良くもなさそうですけど。
昔上京するに当たって、
就職先の近くで急いで部屋見付けたんですけど、
母親にあんたどこ住むことにしたの??
って聞かれて蒲田って答えたら、
「あんたなんで蒲田なんかにしたの!!蒲田は東京のスラム街よー!!」
ってえらく心配されました(笑)。
まあ上京当時の蒲田はほんとにそんな感じのイメージでしたけどね〜。

CIMG0017



サクッと昔のアパートまでの道のりを堪能して、
折り返してそのまま多摩川線に乗って帰宅しました。
やっぱりいつ来ても蒲田はオレの原点だなあ〜って思いますねー。
ほんとに心が洗われるというか。
いやほんとに、
辛かったことや楽しかった想い出が詰まりまくった場所ですからねー。
特に辛い時とかに来ると、
上京当時のあの時の孤独や辛さに比べれば全然マシやろ!
って気にはなりますかね〜。
いや、今時の若者にとっては想像を絶する様な、
ほんとに孤独で辛い時期だったので。
まあでもそのお陰で、
精神的にかなり強くなったってのは多分にありますけどね。

オレにとって蒲田という街は、ある意味もう一つの故郷的な場所です。
いつ来てもやっぱり瞬時にノスタルジーに浸ってしまいます。
まあでも今となっては癒される部分の方が強いかも知れないですね〜。
なんか出来る事なら21年前にタイムスリップして、
上京当時のオレを励ましたくなる衝動にも駆られます。
いや、励まさなくても、
なんかご飯とかおごってあげたり話し相手になってあげたりしたいですね。
上京当時なんて話す相手さえ一人もいませんでしたからねー。
よっぽど誰かと話したい時は地元兵庫の友達に遠距離電話して、
一時間も長話しただけで次の月の電話代が一万超えちゃう様な時代でした。
まだ格安市外電話とか出来る前でしたからねー。
しかも金もなかったから激貧な食生活してたし。

やっぱどうしても場所が蒲田という事もあって、
話しが本題から逸れまくってしまいましたが、
二郎が食いたくなったらまた大蒲田店に来たいと思います。
っていうか蒲田って、
他にも美味しそうなラーメン屋が結構あるんですよね。
前述したラーメン屋以外の飯屋も、
試しに入ってみたい店何軒かあったし。
とは言えどうしても感傷的な気分になってしまうので、
そうそうしょっちゅう蒲田に行こうとは思わないですけど。
たまにがいいですね、こういう場所は。

でもやっぱ、好きだなあ、蒲田。

CIMG0028

このページのトップヘ