いや~すみません。
約4ヶ月強振りのアップですか(汗)。
実は前回アップした直後にまた書きたいことがふと頭に浮かんで、
思うがままにダダダと2時間ぐらい書いてたんですが、
まだ3分の1ぐらいしか書いてないのに、既にえれー長文になってしまっていて、
仕事が溜まってたのもあってとりあえずそれは途中で止めたんですが、
それ以降なかなか続きを書く気にならず。
てかずーっとなんだかんだと忙しかったのもありましたが。
まあせっかくなのでそのうち続きを書いてアップするかも(多分)。
さてこの4ヶ月間も怒濤で濃厚過ぎたんですが、
とりあえず諸々すっ飛ばしてやはりというかロンドン旅行の話しを。

420200_623773954317590_322974953_n


思えば今年の3月頃に「ロンドンへ行く!」宣言をしてから、
もう倹約しまくりました。なるべくお金遣わない様にして。
自炊自炊の毎日。服とかも全然買わなかったなあ。
とは言えなかなか金貯まりませんでしたけど。
でも地道に倹約してた甲斐があって、
ギリギリなんとか行けるかも?って現実味を帯びてきたのが5月頃。
で、色々迷った挙げ句、行けるなら行っとこう!ってことでロンドン行きを本域で決意。
そっからはトントン拍子でしたね~。店の休みもオーナーから了承して貰って、
一番安い直行便の航空券も調べに調べて手配して、
同時に一番安くて良さげな宿も探しに探して押さえて。
でもそれ以降も三宿Webの19周年記念月間もあって、
なんだかんだとずーっと忙しかったし、
もうほんと、ロンドン行く直前ぐらいまで忙し過ぎて実感無かったぐらい。
とりあえず10日も休むので、もう前日までその分の仕事をドタバタとしまくってました。
いやーもうほんとに疲れ果てましたね~。
渡英する1週間前には疲労もあって40度の高熱出しちゃったし。

IMG_0592


行きの飛行機が羽田の早朝便だったので、
始発では間に合わないし、タクシーで行くのもバカらしいので、
終電で行って朝まで羽田で時間潰す作戦だったんですが、
七夕の夜、ドタバタでダッシュで家出たのに結局最終に間に合わず…。
とりあえず蒲田のジョナサンで朝まで時間潰すことになったんですが、
もう汗だくだわ疲労困憊だわ激眠いわで、
正直内心「もうロンドンええから家帰ってシャワー浴びて眠りたい…。」
って感じでした(笑)。マジで。
んで朝になって、ヘロッヘロでとりあえず早朝バスで羽田へ向かい、
なんとか無事に出国出来たんですが、
実に14年振りの飛行機の中、かなり憔悴しきってたのもあって、
「ほんとにこんな無理してまでロンドン行く意味あったんだろうか…?」とか、
「どうせ行っても金遣いまくって終わるだけなんだろな…。」とか、
「帰ったらアレとアレとアレもやらなあかんし、アレはどうするかも心配だし…。」
とかちょーネガティブなことばっか考えてて、
もし飛行機Uターン出来るならしてるかも?ってぐらいのテンションの低さでした(笑)。
でも、疲労困憊で憔悴しきってた割りに全然寝れなくてほとんど起きてたんですが、
やっぱり気が付いたら小一時間ぐらい気絶してて。
それが3回ぐらいあって、段々と多少ですが疲れが取れてきて。
更には段々とロンドンへ近付いていくうちにだいぶポジティブに考えられる様になりました。
「もう向かっとるねんから楽しむしか無いやろ!」的な開き直り感というか(笑)。
まあ元々は、死ぬ前にもう1度だけロンドンへ行きたい!的な発想からでしたし、
行ける時行っとかないと、人間ほんといつ死ぬかわからないし…。
そう考えると、無理してでも行けることになったんだから、
難しいこと考えずに楽しもう!って気に、ちょっとづつなっていきました。

IMG_0593


無事にヒースローに到着したらやはりというか、
テンションもグーンと上がって。
英語が全然出来ないので四苦八苦しながらも、
なんとかステイ先のホテルのある駅にも辿り着いたんですが、
うっかりホテルの地図を把握してなくて、
ローミングオフにしてるので携帯のGPSも使えないし、
Wi-Fiも繋がらないしでしばし周辺を彷徨いまくりましたが、
プリントアウトしてた住所を見てどうにかこうにか奇跡的に見付けて。
でも予約してたホテルの部屋が入ってビックリ。
もうどん引きするほどのオンボロっぷりで…。
まあ場所がちょーいいし、値段考えたら仕方が無いのかも…とは思いましたが、
それにしてもハズレ引いたかも…とは思いましたかね~。

IMG_0605


午前中に着いたので、ホテルにチェックインしたのも午後過ぎぐらいで。
ここ数日ろくに寝てなかったのでクッタクタでしたが、
とりあえずシャワー浴びて、近所のスーパーに諸々買い物してから、
早速街へ繰り出しました。
まずはModの聖地・カーナビーストリート。
ここはモッズ系のショップが立ち並ぶ有名な通りなんですが、
行くとストリートの入口辺りにいきなり、
タトゥーバリバリ入ったカッコいいスキンズのおっさんが居てちょーアガりました!
いや、ロンドン行って思いましたけど、
ほんとにカッコいいタトゥー入れてる人が多くて、また増やしたくなっちゃいました(笑)。
やっぱ日本人とのカルチャーの違いをまざまざと感じたというか。
いや~ほんとにカッコいいタトゥー入れてる人多かったなあ。
話しを戻しますが、いきなりテンションアガって、
通り沿いのショップをしらみ潰しに隈無くチェックし倒したんですよ。
でも、予想外にモッズ系のショップがあんまり無くて。
あっても東京にもありそうな昔のモッズカルチャーをそのままなぞった様な品揃えだったり。
モッズカルチャーをいい意味で現代風に昇華させて頑張ってるのは、
フレッドペリーとランブレッタぐらいでしたかねえ。
ベンシャーマンは完全にトラッドになっちゃってたし、老舗のメルクはなんと潰れてたし…。
え?Modはもう終わっちゃったの・・・?
って感じて、ちょっと悲しい気分になりましたねえ…。

IMG_0614


IMG_0617


IMG_0619


IMG_0620


IMG_0621


IMG_0623


とりあえずカーナビー周辺を散策して夕方頃にホテルに戻りました。
ちなみにロンドンでは、路面店の様なショップは大抵18時頃には閉まっちゃうんですよ。
おっきなデパートとかは20時ぐらいまでやってたりしますけど。
あとロンドンは夜の22時ぐらいまで外が明るいんです。
日本の時間軸に慣れてると、最初はかなり違和感あります(笑)。
前述の通り携帯は常にローミングオフにしてたので、
Wi-Fiが繋がるホテルのロビーでしか連絡が取れなかったんですが、
ホテルに戻ったらちょうど朝本さん(浩文)から、
「今最寄り駅の改札前にいるけどどうですか!?」的なメッセージが来てて。
朝本さん夫妻もちょうどロンドンに旅行に来てて、
2日ほど被るからタイミング合ったら遊びましょう!的な約束してたんです。
で、朝本さんはうっかり携帯やPCのアドレスに、
「8日の夜にベイズウォーターの駅前で待ち合わせしよう!」
的なメールをしてくれてたみたいだったんですが、勿論のこと届いてなくて(笑)。
だからなんともバッチリなタイミングでオレはホテルに戻り、
朝本さんは予定してた時間と場所からメッセージくれた的な。
ホテルは駅まで2分ぐらいのところだったので、メッセージ見てすぐ向かいました。
で、朝本さん夫妻とベイズウォーターの駅前で合流して、
そのまま夫妻お薦めの人気中華店のフォーシーズンズへ。
最初はロンドンで朝本さん夫妻と逢ったりしたら激アガるだろうなあ~!
って想像してたんですが、意外と全然普通な感覚で。
なぜか全然違和感無かったですね~(笑)。
で、そこの激うま中華屋で食った後は、斜め向かいのパブで飲むことに。

IMG_0630


IMG_0632


10年前の元スタッフのユキがちょうどロンドンに居るというので、
行く前からちょくちょくfacebook上で逢おう的な話しはしてたんですが、
せっかくだしとその日も誘ってみたらちょうど徒歩圏内にステイしてるので、
散歩がてらに友達と来るというので、飲みながら待ってたら30分後ぐらいに来て。
ロンドンのパブで、朝本さん夫妻とユキと飲んでるって、
ふと我に返るとなんかやっぱちょっと変な感覚でしたね~。あれ?三宿??みたいな(笑)。
しかもユキとは久し振りに逢いましたし。
ロンドンでは深夜22時以降の酒類販売が法律で禁止されてるので、
23時前にはパブを出て解散しました。
いやあ~非常に楽しかったロンドン初日の夜でした。

IMG_0636


IMG_0642


IMG_0641


2日目は今ロンドンで1番イケてると評判のイーストへ午前中から。
地図を見ながらもめっちゃくちゃ道に迷いまくりましたが、
噂通りなんか今開拓中って感じの地区で、イケてる洒落たショップが多くて、
なんか20年前の代官山とか10年前の中目黒とかを彷彿させましたね~。
日中は丸一日歩きまくってヘロッヘロになりながらも、
夜はユキに誘われて、近所のイケてるスパニッシュバーで晩餐。
ユキの知り合いで、結婚してロンドンに在住のめぐみさんと3人で。
その後は前日もパブに来たユキの友達のアランも合流して、
ポートベローの会員制バーで軽く飲んで。
去年ぐらいからずーっとアイリッシュウイスキーを好んで飲んでいて、
こっちでも勿論飲んだんですが、
やはりというか、ロンドンで飲むアイリッシュは格別でしたね~。

IMG_0659


IMG_0667


IMG_0670


IMG_0677


IMG_0685


IMG_0687


3日目の時点でかなりの疲労が溜まっていて、
よっぽどちょっと今日はホテルで寝てようかな…とも思いましたが、
せっかくロンドン来たのに日中ホテルで寝るなんて勿体ない!とばかりに、
気合い入れて朝から出掛けました。
コベントガーデン~ボンドストリート周辺を8時間ぐらいみっちり歩きました。
勿論アホみたいに疲れましたけど…。
でもこの日1番アガったのは、ダミアンハーストのギャラリーを見付けたこと!
しかも彼の作品のグッズも売ってたんですよ。
15年前の初渡英時、彼が手掛けた"Pharmacy"という薬局を模したレストランには、
心底ぶっ飛ばされたんですよね~。いやあ~ちょーアガりました。
あとちなみに、ヴィヴィアン本店に行ったついで店の前の電柱にしれっと、
三宿Web19周年記念"ヴィヴィアンと勝手にコラボステッカー"貼ってきました(笑)。
恐らくソッコー剥がされたとは思いますが…。

IMG_0689


IMG_0691


IMG_0692


IMG_0706


IMG_0698


IMG_0699


さて4日目は、チャーベくんや(酒乱の)井上くんに激プッシュされてた、
地球の歩き方でも巻頭プッシュしてる噂のレンタルチャリを使ってみることに。
事前情報では1£だったんですが、値上がりしたらしく1日の契約料が2£でした。
最初は非常にわかりずらく難儀したものの、
どうにかこうにか無事レンタル出来て早速乗ってみました。
やっぱロンドンの街を自転車で駆け抜ける爽快感は堪らないものがありましたね~。
いやあ〜気持ち良かった!ですが・・・
正直、テレビとかステレオの配線わからない様な女の子には全くお薦め出来ません…。
まず暗証ボタンのクリック感が全然無いから最初はちゃんと押せてるのか微妙だわ、
ヘタしたら表示の番号も剥げてて見えなくなってるのもあったり、
あと自転車引き抜く時やドッグに戻す時にちょっとしたコツがいるというか、
慣れるまで正直結構時間が掛かります。
あと鍵が付いてないので、
チャリ降りてちょっと気になるショップに入るとかっていうことが出来ないんですよ。
万が一盗まれたら罰金が300£(約40,000万円)なんですよ。
破損させても同じく罰金が300£。
あとドッグに返す時に、
しっかりガチャッと音がしてランプが点灯するか確認しなきゃいけないんですが、
いい加減に戻してランプ点灯してなかったりするの気付かなかったりして、
利用開始時間から24時間を越えてしまうと遅延返却罰金として150£(約20,000円)なんです。
しかもまだドッグが全然少なくて、
目的地に着いて探しても探してもドッグが無くて大慌てとか、
結構遠くにドッグがあって、致し方なく結構歩いたりとか。
やっとドッグ見付けた~とか思ったら全部埋まってて返せなかったりとか…。
あとドッグ見付けて自転車借りようと思って手続きしたら、
そこにある自転車全部使用不可だったことも…。
ユキに聞いたらパリにもレンタルサイクルはあって、
ちょー使い易いし、かなり整備が整ってて使い勝手もいいんだそうです。
なのでロンドンのは余りにわかりづらいし使いづらくてビックリしたそうな…。
罰金もアホみたいに高額だし…。
まあまだまだ歴史が浅いし、ドッグも急ピッチで増やしてるみたいだし、
そういう理由で値段も倍に上がったんだろうなあと予測してますけど。
とりあえず現時点ではかな~り使い方考えないと、
諸手を挙げて便利とは言えない乗り物ですね…。
あ、あとロンドンでは自転車は歩道を走るのは禁止されているので、
必ず車道側を走るんですよ。
なので1日中チャリ乗ってると顔が排気ガスで真っ黒になります(笑)。
勿論慣れてくると便利ではあるんですけどね〜。
恐らくこれからちょっとづつ、
色んなところが徐々に改善されていくとは思いますけど。

IMG_0715


かなり話し逸れちゃいましたが、4日目はチャリを5回乗り継いで、
更に徒歩でケンジントン~ナイツブリッジ~スローンスクエア周辺を散策。
キングスロードの先の、
ヴィヴィアンの最初のショップであるワールズエンドにも15年振りに行って来ました。
あ、勿論皆さんのご期待に応えるべく、すぐそばの電話ボックスに、
これまた三宿Web19周年記念"勝手にヴィヴィアンとコラボステッカー"を、
しれっと貼ってきました(笑)。

IMG_0720


IMG_0722


IMG_0742


IMG_0744


IMG_0729


IMG_0732


さて5日目は近所のポートベローの蚤の市へ。朝から3時間ぐらい歩き倒しました。
連日の歩き倒しに、もう脚が棒の様になってましたね~。
足の裏とかもちょー痛くなってたし。
でも構わず根性で歩き倒しましたけど。部活か!ってぐらいの勢いで。
蚤の市行って一旦ホテル戻って、近所の中華屋でランチ食って(最悪な店でしたけど…)、
棒の様な脚を引きずって2度目のイーストへ。
この前行ったしバッチリでしょ!と思ってたけど徒歩でもチャリでも迷いまくりました…。
欲しかった帽子も売れてたし…。この日は朝からかれこれ9時間ぐらい歩きましたかね~。
ちなみにロンドン来てほぼ毎夕方飲んでたマックのスムージーシリーズ(今日はモカ)。
他にもストロベリー&バナナやマンゴー&パッションのスムージー飲みまくりましたが、
コレがちょー美味かったんですよね~。ハマリました。

IMG_0752


IMG_0754


IMG_0760


IMG_0764


IMG_0761


IMG_0707


IMG_0673



6日目。起きたらかな~り体力的に限界値まで来てたんですが、
例外なく朝から出掛けました。
この日はカムデンロックマーケット~コヴェントガーデン~カーナビーと、
8時間みっちり歩き倒し。
最初カムデン行く時に、なぜか今日明日のカムデンまでの路線が全て閉鎖されていて、
えれ~遠回り+徒歩+チャリで大変でしたけど、
久々に行ったカムデンは人がいっぱいで熱気ありましたね~。
てかコレ電車封鎖してなかったらやばいことになってたんじゃないか??
ってぐらいの人の多さでした。逆に考えるとだから封鎖してたのかも!と思ったり。
だいぶロンドンにも慣れてきたので、この日初めて地球の歩き方持って出なかったので、
バッグ持たずに手ぶらで出掛けたんですが、やっぱ楽ちんで気持ち良かったですね~。
しかもこの日は30度超えてて陽が沈んでも寒くなかったし。
ちなみにロンドンって、湿度がめっちゃ低いんですよ。
だから暑くても全然ベタベタしないんです。
湿度の低い夏がこんなにも快適かと痛感しましたね〜。
いやあ〜コレに関してはほんとに快適でした。
でもぶっちゃけちょっと、内心既にロンドンに飽きてきてしまっていて、
なんせ物価が高いから何もしなくても金が減っていくし、
もう早よ日本戻って仕事したいな…ぐらい思ってました(笑)。
やっぱ1週間ぐらいで良かったかなあ〜とか思ったり。

IMG_0771


IMG_0772


IMG_0774


IMG_0780


IMG_0781


夜、ユキから連絡があって近所のパブで飲むことに。
ロンドンでは非常にポピュラーなピムスを飲みながらのサタデーナイト。
年末年始以外で週末休みなんて、恐らくWeb始まって以来初めてのことです。
ちょっと沈み気味だったテンションもアップ(笑)。
当初ユキは2日前に帰国する予定だったんですが、
オレのたっての希望もあり、なんと滞在延長してくれて。
パブで2杯ぐらい飲んだあとは、
アランと合流して先日も行ったポートベローの会員制バーへ。
そこで飲んだフレッシュパッションマティーニと、
フレッシュラズベリーマティーニが激うまでビックリしました。
正直よそで飲んだカクテルとしては15年振りぐらいの衝撃的な美味さでした…。
しかもまさかロンドンでとは夢にも思わず。
結局2時ぐらいからアランのお宅にお邪魔することになり、3人で朝まで飲みました。
ベロベロに酔って歩いて朝帰りしたんですが、いやーほんとに楽しい夜でしたね~。

IMG_0787


IMG_0793


IMG_0795


IMG_0796


IMG_0800


IMG_0802


さて7日目。この日は三宿Webが営業あったので出掛けるのはお休みにして、
Wi-Fi飛んでるホテルのロビーに数時間籠もりました。何かあったらすぐに連絡取れる様に。
ちなみにこの日はフランスの革命記念日。
同時に腕と脚にタトゥーをいれた日。腕は98年、脚は99年共にパリで。
両年とも同時にロンドンにも来たので、ちょっと感慨深かったり。
話変わりますが、
たまたまスーパーで買ったプチトマトが酸味があってジューシーで美味しくて、
しょっちゅう買う様になってました。ほぼ毎日買ってたかも。パッケージもちょー可愛い!
この日は結局近所を軽く散策したぐらいでしたかね~。
もうほんとに疲労がピークに達してたので、いい休暇日になりました。
ランチはずっと気になってた近所の小洒落たヌードルバーで、
焼きそばチックなのをテイクアウトしたんですが、思った通りの美味しさでした。
あとフロントでお湯が貰えることを知って、夜中はカップラーメン食ったりとか。
なんかそれだけでちょっと癒されたなあ。

IMG_0813


IMG_0812


IMG_0818


IMG_0821


8日目。Twitterで某人の訃報を知りショックを受けました…。
面識は無かったんですけど、なんかやっぱり、人間っていつ死ぬかほんとわかんないから、
生きてるうちはなるべく一生懸命やろうとは改めて思わされましたねえ…。
気が付けばロンドン滞在もあと3日。
前日1日休んだのもあって体も軽かったのも手伝って、
最終日のつもりで8時間みっちり歩き倒しました。
ダミアンハーストのギャラリー行っていっぱい買い物したし、
デビッドボウイ展観にV&A美術館行ったものの当日券ソールドアウトで入れなかったけど、
なんと限定ショップには入れてグッズいっぱい買ったり、
再度のカーナビーストリート行ったりと、なんか1番リアルロンドンを感じた日だったかも。
夜は1杯だけ飲みたくなって1人で近所のパブへ。
こっちではとてもポピュラーなステラ・アルトワというビールですが、
なかなか美味かったです。
ちなみに飲んでたらBrand New Heaviesの「Dream On Dreamer」が掛かって。
なんか懐かしさも相まって良かったです(笑)。

IMG_0827


IMG_0828


IMG_0829


IMG_0831


IMG_0833


IMG_0836


IMG_0843


IMG_0841


IMG_0847


IMG_0856


さて9日目。実はちょっと前からユキから「ブライトン行きましょうよ!」
と誘われていて、早朝から2人で電車乗って小旅行することに。
ブライトンと言えば…そう、さらば青春の光の舞台になったModの聖地です。
キャッチコピーは"ロンドンの湘南"らしいですが(笑)。
たったの2人ですがロンドン版たけSEA軍団での海!アガらない訳がありません。
ブライトンまではちょうど渋谷ー逗子間ぐらいの感じでしょうか?時間も1時間ぐらいだし。
しかもブライトンまでの電車に乗ったら、
なんとユキがヴーヴクリコのハーフ用意してくれていて!
なんとシャンパン飲みながらブライトンへ。いやあ~ちょーアガありましたね~。
喋ってたらあっという間にブライトン到着。
今年初の海がなんとイギリスなんてシャレ乙過ぎでしょ!
てな感じで、多少眠かったけどアガりっぱなしでした。
一旦浜辺行ってからとりあえず午前中は街を散策することに。
しかも趣味違うから見たい店も違うだろうってことで別行動で。
如何にもAB型同士っぽい発想(笑)。
3時間ぐらい1人ブライトンの街を散策したんですが、なにげに洒落た店が多くて。
ほんとは小一時間ぐらいで浜辺で落ち合う予定だったんですけど、
ついついあっち行ったりこっち行ったりと歩き回っちゃって。
しかしココでもビックリしたのが、全然モッズショップが無いんですよ。
3時間歩き回ってなんと一件だけですよ!
ロンドンではもうModはアウト(ダサい)なのかも…と肌で感じてしまいましたね~。
いやー結構衝撃だったしショックでもありましたしビックリしました。

IMG_0866


IMG_0868


IMG_0869


IMG_0871


IMG_0872


IMG_0875


IMG_0881


IMG_0882


IMG_0883


IMG_0885


IMG_0888


散策し終わって浜辺行ったらめっちゃ人増えてて。
あとブライトンの浜辺って日本の砂浜と違って、砂利なんですよ。
なのでちょー歩きづらかったのもあって、最初なっかなかユキを見付けられなくて。
一睡もしてないから寝るって言ってたし、寝てたらさっぱりわからんな…
とか思いながら延々歩き回ってたらようやく見付けて。
そこから買って来た酒とつまみでだらだらと飲んで食って喋ってましたね〜。
ユキは最初から泳ぐつもりで水着持って来てたのでサクッと海入ってましたけど、
オレは勿論水着なんて持って来て無かったんですが、
さすがに我慢出来なくてパンツのまま海の中へ(笑)。
水着も無いのに海で泳いだのなんて、Web1周年記念イベント直後の逗子海岸以来でした。
いやーでも気持ち良かったなあ。確か2、3回入ったかも。
途中寝たりもしましたけど、結局暗くなるまで海辺でボケーッとしてて。
で、終電も近くなったので電車乗って帰ってたんですが、
車中でも懲りずに2人で酒飲んでたらユキが、
「せっかくだし帰りにロンドンブリッジ観に行きましょうよ!」
ってことでテムズ川のふもとの道を散歩して。
夜景もちょー綺麗だったし、気候も最高だったし、ほんとに気持ち良かったですね〜。
小一時間ぐらい散策して、ピカデリーまで行って深夜バスで帰ったんですが、
いやもう、間違い無く今年で1番最高の1日だったでしょ!と思えるぐらい、
朝から晩まで楽し過ぎた最高の1日でしたね〜。
同時にこんな楽しい1日をアテンドしてくれたユキには、
一生の借り作ったかもって思ったぐらい。ほんとに心から感謝!

IMG_0890


IMG_0891


IMG_0893


IMG_0907


IMG_0913


1005641_10200800246462800_950271909_n


IMG_0929


IMG_0930


IMG_0942


IMG_0945


IMG_0948


IMG_0953


IMG_0955


さて遂に来たロンドン最終日。
厳密には翌日朝の飛行機なので最終日では無いんですが、
日中遊べる日はこの日が最後なので。
前日丸一日酒飲んでたこともあり、疲労も溜まりまくってましたが、
悔いない様に朝から夕方まで歩き倒しました。
まあこの日は結局ほぼお土産買ったりして終わりましたけど…。
それにしても前日のブライトンと連日の出歩きで、相当焼けましたね〜。
気が付くと脚なんて真っ黒になってました。
丸一日歩き倒して汗だくでホテル戻って、
さてロンドン最後の夜はどうしようか?と思ってたら、
またユキが付き合ってくれるというので、
諸々のお礼も兼ねて初日に行った大人気激うま中華のフォーシーズンズへ。
やっぱどれもこれもちょうま〜っ!
食ってる最中にユキに友達から連絡があって、
今ロンドンで1番色んな意味でやばいスポットと言われてる、
ダルストンに来ないか?と誘いがあったんですが、ダルストンはちょー興味あったんですが、
ちょっと遠いのと、疲労もピークで翌朝も早いので、泣く泣く断念して。
で、フォーシーズンズ出たあとは、ノッティングヒルのパブで軽く飲んで、
その周辺を2人でぶらぶらと喋りながら小一時間ほど散歩して帰宅。
もう思い残すことないぐらい、ロンドン最後の夜に相応しい最高の夜でした!

IMG_0956


IMG_0959


IMG_0973


IMG_0974


IMG_0975


IMG_0976


初日の朝本さん夫妻もそうですけど、気が付けばロンドン滞在10日間のうち、
実に5日も付き合ってくれたユキにはほんとにちょー感謝でした。
いや、多分ユキが居なかったら今回のロンドン旅行は、
とても味気ないものだったと思います。
そう考えるとユキと出逢ったのも元々は三宿Webでだし、
やっぱWebでの関係があったから今回も、
久しく逢ってなかったオレに付き合ってくれたりとか、
ほんと無駄にWeb長くやってきて良かったなあ〜とか、
有り難いなあ〜とかしみじみ思いましたねえ。
ロンドンで話しててユキにも言われましたけど、
「今の私があるのはWebのお陰って言っても過言じゃないぐらいですよ!」
的なことを言われたりすると、ほんとに嬉しく思います。
うちを辞めたスタッフたちのほとんどが、辞めて何年も経ってから、
「ほんとに社会人としての基礎を教わった場所ですよ!」とか、
「Webで働けてほんとに良かったです!」とか、
「Webで働いてた頃が1番楽しかった!」とか、
「その後の仕事でも役に立つこといっぱい教わって未だに感謝してます!」とか、
「ナガサワさんは一生わたしのボスですから!」とか、
皆一様にそういうようなことを言ってくれたりするんですが、
もうほんとに冥利に尽きるというか。
個人的には、スタッフに関してはファミリーだと思って付き合ってるつもりなので(勝手に)、
勿論優しさだけじゃなく、仕事に関しては基本めちゃめちゃ厳しいですし
(特にバーチーフレベルになると尋常じゃない厳しさですが汗)、
やっぱ現役の頃はなかなかそういう厳しさの意味もわからなかったりもしますが、
辞めた後に、そういう色んな意味や意図をわかってくれたり感じてくれたり、
少しでもその人の為になってたりするということは、ほんとに感無量であります。
いやもう、こういうのがあるからなかなか辞めれないのかも?って思うぐらいに、
オレにとってはちょっとした生き甲斐というか、掛け替えのない財産でもあります。

IMG_0983


さてそんなこんなで遂に迎えてしまった帰国の日。
前日寝るのが遅かったので、3時間寝て朝5時に起きて怒濤のパッキング作業。
気付いたらえれー荷物でしたけど…。
とりあえず予定通り空港へ。空港ではまさかの持ち物検査で引っ掛かり、
ハーフのシャンパンと香水没収されて、13,000円分ぐらいドブに捨てるという、
それはそれは最悪な気分で飛行機に搭乗…。
なんかテロがあって以来ヒースローはかなり厳しくなったらしく、
100ミリ以上の液体は機内に持ち込めないらしく…。
空港でお土産ももうちょっと買う予定が全然買えず…。いやー最後の最後でヤラレましたわ…。

IMG_0985


IMG_0986


IMG_0987


IMG_0988


IMG_0989


IMG_0990


IMG_0994


IMG_0995


ある意味自分探しの旅でもあった今回のロンドン旅行ですが、
ぶっちゃけ行く前は、夢にまで見たロンドン!(通算3度目でしたが)
もう興奮し過ぎて失禁しちゃうんじゃないか!?ぐらいに思ってましたが、
実際はイマイチ全然最初は思ったほどテンションも上がらず、
わざわざ色んな無理してまで来た意味あったのか??とか、
期待が大きかったのもあって色んなことに愕然とすることも多くて、
実は最初はかなり精神的にやられたりしてました。
Twitterやfacebook上ではなるべく楽しそうに振る舞ってましたけど。
でもそれを経験出来たことによって色んなことを考えさせられましたし、
自問自答しまくった結果、色んな新しい答えが出たのは本当に良かったなあ〜と思います。
これは実際にロンドンに来なかったら間違い無く気付かなかったことなので、
無理してまで来たのは全然無駄じゃ無かった、
ていうか今となれば掛け替えの無い経験だったと思ってます。
まあそれ以上に、常に何かに追われる様な日々から、
10日余りではありますがある意味完全に解放されたというのは、
自分自身を見つめ直すのには非常にいい機会だったと思います。
まあほぼ毎日8時間ぐらい歩き倒してたので体力的にはかなりキツかったですし、
せっかく苦労して貯めた金も全部遣っちゃいましたけど…。
いや、ほんとに行って良かった、と思ってます。

IMG_0999


IMG_1005


IMG_1008


ロンドンに対する憧憬も、ユニオンジャックに対する価値観も、
行く前よりもかなり落ちてはしまいましたが、
それ以上に今自分がほんとに好んでいるモノや欲しているモノは一体何なのか?
という自分自身の問い掛けにも、自分自身で明確に答えが出ました。
コレに関しては今回は割愛しましたけど、
もしかしたら気が向いたらいずれ書くかも知れませんけど。
最初は頭こんがらがってめちゃくちゃ考えましたけどねー。
色んな無駄なモノを省いていったら最終的に明確な答えが浮き彫りになった的な。
ちなみにでも、もう当分ロンドンには行かないかもなあ。ヘタしたら一生行かないかも。
勿論時間と金に余裕があれば行きたい気持ちも無いことは無いですけど。
実は、次はちょっとL.A.に行きたいと思ってます。まあ当分先になるとは思いますが。
ロンドンに滞在してる時からちょっと思ってたんですよね。
もし次海外行けるとしたら、絶対L.A.に行ってみたいなあって。
まあ時間が経ったらまたそういう趣向も変わってるかも知れませんけど(笑)。
あ、決してロンドン及びユニオンジャックが嫌いになった訳では無いんですけどね。
とは言えコレクションしてるユニオンジャックグッズも、
結局ほっとんど買って来なかったですけど。
嫌いになった訳では決して無いです。ただ今までよりはちょっと醒めた部分はありますけど。
でもやっぱ好きですよ、ロンドンもユニオンジャックも。

IMG_0779

ん〜・・・・・。




今回も無駄に超長文になってしまいましたが、そんな感じですかね。
書く前は絶対2回に分けないとエラー出るだろうな…ぐらい思ってましたが、
意外や意外、分けないでいけました。
とは言え文章書くのに6時間、写真選ぶのに2時間ぐらい掛かりましたけど…。
とりあえず、色々とめんどくさいことも多いけど、
やっぱ旅っていいなあ〜と思えた10日間のロンドン旅行でした。

I love you, SAYONARA LONDON.



IMG_0992