ナガサワブログ PART3~この熱い魂を伝えたいんや~

D級草どインディー老舗クラブ"三宿Web"店長ナガサワの趣味や考え方や日常が垣間見れる独り長文炎上ブログの続々編。

2014年11月

00300



今日は朝本さんの51歳の誕生日です。
ご存知の方がほとんどだと思いますが、
朝本さんは9月11日の夜に自転車の転倒で頭部を強打されて、
大変な重症を負ってしまいました。
未だ療養中で意識は回復してはおりませんが、先日ようやく諸々のオペも無事終わり、
今後は意識が回復する為のリハビリに入る予定です。



事故の知らせが来たのは9月15日の夕方頃で。
奥さんの由美さんから唐突にメッセージが来て。
え!?事故から4日も経ってるのに未だ意識戻らないって・・・
と、もう頭真っ白になったというか。
その日はデイでイベントが入っていて、
営業の為のおむすびを作ろうと思ってた矢先のことでした。
余りの衝撃で頭が混乱したままとりあえずおむすび作ったんですが、
もう考え出すと涙が止まらなくて。
ずっと涙流しながらおむすび作ってましたねえ。

由美さんがFacebookで公表するまでは、
1人で抱え込むのが辛くて辛くて、営業ない日の夜は毎晩泣いてたかも。
もうなんか、ふと想い出すと自然と涙が止まらないというか。
完全に塞ぎ込んじゃってちょっとした鬱状態にもなって、
何日かはほんとヤバい日もありましたねえ。
SNSの類も2週間ぐらいは一切見る気にならず。
あ、未だインスタはそれ以降離脱中のままですけど。
まあまだ先月ぐらいまではなんか、絶望感から抜け出せずにいましたけど。
いやあ、とりあえず9月と10月は、朝本さん夫妻のことしか頭になかったかも。
それ以外は全てに関して無気力でどうしようもなかったですね。
もうほんとにダメ人間全開でした…。
あ、唯一のモチベーションは、過去の朝本さんワークの音源掘りと、
皆さんにちょっとでも朝本さんのことを想って貰える様にと新しく作った、
朝本さん関連音源のサウンドクラウドのプレイ数が上がることでしたかねえ。

朝本さんとはWebオープン以来のお付き合いです。
最初は土曜日のゲストDJとして来て頂いて。
アーティマージュの社長・GEEさんからご紹介頂きました。
凄い気さくで腰が低い人で、かつ音楽の幅も広いし、
酒も笑いも好きなのも相まって、気が付けばすぐ仲良くなって。
朝本さん自身も、凄くWebのことを気に入ってくれて。
Webの土曜日って徐々にロック寄りになっていくんですが、
朝本さんてそっちの方もめちゃめちゃ強くて大好きで。
同時にUAちゃんの『情熱』のヒットで、一躍朝本さんの名前が世に轟いて。
当時はそんなにうち以外ではDJやってなかったのもあったし、
オープン当初の三宿Webの看板DJ的な存在にはなってました。

97年末でオレが辞めて、同時に三宿Webも閉店するという流れがあったんですが、
オーナーからの引き留めもあって、「全面改装してくれたら続けます。」
っていう条件を出して、それを飲んでくれることになった時に、
見積もったら一千万ぐらい掛かるってなって、オーナーがちょっと渋って、
一時改装案が暗礁に乗り上げたことがあって。
それを聞いた朝本さんがある人に、
「Web大丈夫なの?なんだったらその改装の金オレが出してもいいよ。
やっぱWeb無くなるのは嫌だから。」
って言ってくれてたらしいんですよね。
結局オーナーが第三者の介入を嫌がって朝本さんの出資という話しはなくなったんですが、
当時それを聞いた時は凄い嬉しかったのを憶えてます。
いや、オレの中では、結局出資はして頂いてはないですけど、
その熱いご厚意に対して、一宿一飯の恩義的なのはずっと感じてましたかねえ。
いつかしようとは思いつつ、この話しは未だ朝本さん本人にはしたことないんですけど。

朝本さんには個人的にも非常に気に入って頂いて。
まあ未だに爆笑して話されるんですけど、
恐らく96年のハロウィンの時にオレ、trfのSAMやったんですよ。
ちょうどその年のハロウィンの1週間前に、
安室ちゃんとSAMが電撃結婚したのをいいことに。
今でこそって感じですけど、当時そういうお笑い仮装する人なんてほとんどいなくて。
で、当日早い時間にオレがSAMの格好(勿論メイクも衣装もバッチリで完コピ)でDJしてて、
その後のDJだった朝本さんが遠めに見えたので挨拶したら、
最初めちゃくちゃ真顔で困惑してキョトンとした顔してて。
え!オレ滑った!?もしかして朝本さんこういう笑いわからない人かな…どうしよ…
って一瞬焦りましたが、近付いて来て、
「あ〜!なんだナガサワくんかあ!一瞬誰かと思ったよ〜(笑)」って言ったあとに、
胸に貼ってあった名札に『SAM』って書いてあるのを見たらもう爆笑し出して。
もうそれからずっとその日は笑ってたかも知れないですね〜。
それ以降もそういう笑いのわかる部分も相まって、
ハロウィンは毎回ゲストでやって貰ったりしてました。
勿論毎年オレのアホな仮装も喜んで頂いて(笑)。
いやもうハロウィンのみならず、お笑いのイベントとか、もうなんかあったら朝本さん!
ってぐらいちょいちょいDJお願いしてましたね〜。
いや、間違い無く朝本さんとチャーベくんは、
三宿Webの20年間を陰で支えてきたDJの二大巨頭ですね。

97、98年に開催された朝本さんが所属してたアロハプロダクションの一大イベント、
『aloha festival』の転換DJにも2年連続で誘って頂いたりもしました。
恐らく今までで1番多いお客さんの前でDJしたのがその時でしたかね〜。
未だに憶えてますけど、ブースがステージの端にあって、
ブースに立って見渡すともう赤坂ブリッツがもうパンパンに入ってて、
めっちゃくちゃ緊張して、手がブルブル震えて針をレコードの溝に落とせないんですよ。
何度やっても。で、ヤバい!もうこの曲終わっちゃう!ってことで、
適当に針落としてめっちゃグルングルンに逆回転させて頭出ししたぐらい(笑)。
当時のオレって、ロックっぽいHIP HOPや、
ドラムがブレイクビーツを叩いてるロックとかを、うまくMIXさせてDJやってました。
いわゆるわかりやすいミクスチャー的なのとはちょっと違うんですが。
HIP HOPはロックっぽく聞かせて、ロックはHIP HOPっぽく聞かせる様なMIXというか。
そういう独特なDJスタイルも当時凄く朝本さんには気に入って貰えましたね〜。
朝本さんがドラムンベースに移行するまでは、結構よく一緒にDJしたりもしてました。
あ、そうだ、朝本さんの結婚パーティーの時にもDJに誘って頂いたし。


FullSizeRender



当時DJ時によく掛けてたジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの、
シークレットライブにも誘って貰ったり。なんと渋谷の屋根裏ですよ!
当日いきなり電話掛かって来て、
「ナガサワくん今日の夜って暇してない?
渋谷でジョンスペのシークレットライブあるんだけど一緒に行かない?」
ってきて2つ返事で「行きますっ!!」って答えて2人で観に行ったんですけど、
終わった後の帰り道に2人で、
「いやあ〜カッコ良かったですね〜。あんな男に生まれたかったですよ〜。」
「カッコ良かったよねえ〜!あんな男に生まれたかったよね〜(笑)」
みたいな会話しましたかね〜。
あと発売後秒殺でソールドアウトになった、
2008年のMUTE BEATの一夜限りの復活ライブの時も、
特別にゲストで誘って頂いたり。あのライブもほんとに圧巻でしたね〜。
っていうかあんな貴重なライブに誘って頂いて、
ほんとに有り難いやら嬉しいやらというか…。


2009年にSugar SoulのAIKOちゃんと、
ドラムンベースのMCとして活動してるCARDZくん(実はうちの元スタッフの旦那)
との3人で、『KAM』というユニットを始動させる時に、
当初はインディーズでやる予定で、予算がないからと、アー写も頼まれました。
前々から朝本さんはオレの写真をとても気に入ってくれていて、
「ナガサワくんの写真てさあ、メリハリがあってパキッとしてて好きなんだよね〜」
って言ってくれていて。
で、某日Webで撮ったんですが、
これが当時のオレの素人写真家としての腕の無さを思いっ切り露呈することになって…。
出来がほんとにイマイチ過ぎて…。
個人的には全然ちゃんと撮れなくて本当に申し訳ない気持ちでしたね〜、、、。
一応撮った中から朝本さんに「これ使わせて貰います!」って言われたんですが、
結局その後KAMはメジャーデビューすることになって、
この写真はお蔵入りになったんですが、結果良かった的な…(苦笑)。
まあでも、このKAMの写真は全然ダメですけど、
冒頭のヘッドフォンしてるやつと、
『AID FOR ASAMOTO』の告知フライヤーで使ったギネス持ってるやつは、
個人的には非常に気に入ってます。
朝本さんも由美さんもとても気に入ってくれていて。
いや、ヘッドフォンしてるやつは、個人アー写としても全然いけるでしょ!
ってぐらいクオリティー高いとは思ってます。


CIMG0044



そんなこんなで、朝本さんには公私共々非常に良くして頂いたんですが、
しょっちゅうプライベートで遊んでた訳ではなく、
まあ年末・年始に忘年会・新年会とか、花見のシーズンに花見会とか、
当時原宿にあった朝本家の屋上での花火大会鑑賞会とか、
年に数回程度ぐらいだったんですけどね。
でも節目節目では必ず誘い誘われみたいな感じは長年続いてました。
10年前ぐらいからはオレが毎年よく行ってる海(及び海の家)
を1度招待したら凄く気に入ってくれて、
それ以降ほぼ毎年一緒に行ったり、ご夫婦だけでも行かれたりとかしていて、
毎年夏には海で1、2度遊んだりするのが恒例になってました。
でも個人的には、去年ぐらいから一気に親密度が加速した感はありましたかね〜。
もう海に関して言えば、
まず朝本さん夫妻のスケジュールに合わせて行ってたのもありますし。
あとやはりというか、たったの1日だけですけど、
ロンドンで遊んだのはでかかったというか。
オレも朝本さんも由美さんもロンドン好きなんですけど、
3人でロンドンで遊んだっていう事実は、今考えると凄いことだなあ〜とふと。

しかもほんとに偶然にも、
オレのステイ先と朝本さん夫妻のステイ先が隣の駅だったんですよ。
やっぱ離れてると終電とか気になったりもしましたし、
逢うのも結構大変だったと思いますけど、もうまさかというか。
そういうのにも結構縁を感じたりもしましたかね〜。
渡英する前に朝本さんには、
「携帯のアドレス使えなくなるので、G-MAILの方に連絡ください!」
って伝えておいたのにすっかり見逃してたらしく、
ずっと携帯にメールくれてたみたいで(苦笑)、最初全然連絡取れなかったんですよ。
で、唯一滞在が被ってた日の夜にオレがホテルに帰宅してWi-Fi繋いだら、
ちょうど朝本さんからダイレクトメッセージか何かで、
「今ベイズウォーターの駅前いるんすけど良かったらどうすか〜?」って来て。
わ!ようやく連絡来た!しかも凄いタイミング!
と思って即「3分で行きます!」って返して(笑)。
朝本さんとロンドンで逢うなんてヤバいなあ〜、
想像しただけで興奮するなあ〜って思ってたんですが、
実際逢ってみるともうなんか拍子抜けするぐらい違和感なくて(笑)。
しかも同じ時期に元スタッフのユキもロンドンにいて、
しかもコレがまた偶然にもステイ先が徒歩圏内だったので、誘ってみたら友達と来て。
「え?ここ三宿すか??(笑)」みたいな感じで、
ちょっとした"リトルミシュク"的な感じになってました(笑)。


IMG_0630


IMG_0636



そのあと去年の夏は、朝本夫妻と一緒に2度海にも行きましたし。
もうその2回とも素晴らしく楽しくて。
今年の夏も夫妻と一緒に海に2度行ったんですが、
1回目はたまたま誘った人たちみんなダメで、初めて3人だけで行って。
逗子で待ち合わせて小坪で魚食って、材木座〜由比ヶ浜行ってぶらぶらして、
逗子に戻って駅前で3人で立ち飲み屋で飲んで。最後に立ち食いのお寿司屋さんにも。
3人とも呑兵衛なんで、昼から終電までずっと呑んでました(笑)。
いや、もうその日もほんとにめっちゃくちゃ楽しくて。
とにかく朝本さんと由美さんのバランス感が素晴らしくいいんですよ。
交互にボケとツッコミが逆転したりして(笑)。
いやもう3人で飲みながら喋ってるとほんとに常に何かで爆笑してる感じというか。
なんかその日はふと、オレの人生この先どうなるかわからないけど、
朝本さん夫妻とはきっと、
一生の付き合いになるんだろうなあ〜的なのは漠然とですがふと感じましたかねえ。


IMG_3944


IMG_3945



その立ち飲みの時にも朝本さんに言われたんですが、
「いやあ、由美とよく話すんだけど、
ナガサワくん毎年色んな知らない人を海に誘って連れてくるけど、
もうみんな漏れなくいい人ばっかだよね〜!
毎回人選のチョイスが素晴らし過ぎるよ!(笑)」
って言ってくれて。いやあ〜もうほんとに嬉しかったですね〜。
結果的にオレのことも褒めてくれてはいるんでしょうけど、
やっぱ友達のことを褒めてくれてるというか、気に入ってくれたというのは、
オレからすると凄い嬉しくて。
いや実際、毎年海に連れて行くメンツも、凄い気を遣って選んでるのもあって。
その人たちがどうとかもよりも、相性とかもありますから。
だから毎年誘う朝本さん夫妻と相性が合わなさそうな人はまず誘わなかったり。
そういう話しをしたら由美さんに、
「じゃあもし今後ナガサワさんの結婚相手が、
私たち夫婦と合わないタイプだったらどうすんの??」
って聞かれて即、
「あ、大丈夫です。まあ実際どんな嫁貰うかはわかりませんけど、
これだけは断言しときますけど、
朝本さん夫妻と合わない様な嫁は絶対貰いませんから!(笑)」
って言って3人で爆笑したり。
あ、あと朝本さんが事故に遭ってから、
Capppaのシゲにも心配されて朝本さんのこと聞かれた時に、
「いや、朝本さんとWebのカウンターの前でお話しさせて貰った時に、
『ナガサワくんが紹介してくれる人って、みんないい人なんだよね〜』
って言ってたのが凄い印象的で…。」って言ってて。
それ聞いた時も凄い嬉しかったですね〜。

CIMG0054


IMG_4274



今年海行って逗子で3人で立ち飲みした時に、まあ色んな話しをしたんですが、
その中でふとオレが、
「オレいつかはこっちの方(逗子・鎌倉)に住みたいんですよね〜。
Webさえなかったらすぐにでもってぐらい。
いや、朝本さんらもいつかは一緒にこっちに越して住みませんか??
まあ渋谷まで1本で1時間ぐらいで行けるし、
ちょっとしたDJとかは受けれなくなるかも知れませんけど、
まあ楽曲製作に関して言えばむしろ海も近いし環境的にはいいでしょうし。
美味しい魚食いながら一緒にのんびり暮らしましょうよ!」
みたいな話しをしたら、朝本さんも、「それいいねえ〜」みたいな感じでノってくれて。
「いやもうマジで数年以内に実現させましょう!」みたいな話しで盛り上がって。

朝本さんとウマが合う部分って、考えてみると色々あるんですが、
すごくシャレがわかる人というか。
音楽性にしても、めっちゃくちゃマニアックな音楽からメジャーな音楽まで、
振り幅が凄いじゃないですか?
やっぱオレの周りの音楽人はどっちかなことが多いんですよ。
マニアックなのが好きで、メジャーな音楽をバカにしてたり、もしくはその逆とか。
個人的には凄くそれがストレスを感じる部分だったりもして。
どっちもいい部分あるじゃん…的な。
朝本さんて、メジャーな曲やるにしても、
昔からどこかマニアックな要素(クラブサウンド的な要素)を取り入れたり、
ポピュラリティーの部分の良さも凄くわかってる人だと思うんですよね。
オレ的な感覚でいうと、ポピュラリティーというのは、
言い換えれば"シャレ"の部分とも言えると思うんですよ。
なんかそういう部分も非常に共感出来たというか。
この話しも今年の逗子の立ち飲み時に本人にしましたけど(笑)。
いやでも、ここ数ヶ月朝本さん関連音源掘りまくって、
更にその念は強くなったかも知れないですね〜。

オレとは8つも違うし、地位も名誉も全てに於いて全然比べ物にならないんですけど、
朝本さんてそういうのを一切出さないんですよ。
気さくで庶民的というか。凄い優しい人だし。
最近よく言われてたのが、
「全然Webに貢献出来てなくてほんとごめんね〜。
なんとか頑張ってWebに貢献出来る様にしたいと思ってるから。」
みたいなことを言う人なんですよ。
勿論オレ的には「いやいやいや、とんでもないですよ〜!」って返すんですが。
だから遊んでても、大先輩と遊んでるというよりも、
凄い歳上で凄い気の合う人と遊んでるっていう感覚が強いというか。
いや、非常に失礼な言い方をさせて貰えば、
もう極めて友達的な感覚に近かったかも知れないですね〜。
それぐらい気を遣わないでいられる人というか。
オレにとっては年齢差とかを外しても余りいないタイプの人なんですよね。
しかも更に凄いのが、奥さんの由美さんもまた一緒に居て凄い楽な人という。
ほんとになかなかいない組み合わせの夫婦というか。
オレにとってはある意味理想的にすら見えてましたね〜。
いや、朝本さん夫妻を知ってる人は、
結構そういう風に見てた人も多かったんじゃないでしょうか?
特に今回の事故があって、由美さんの献身的な行動や、
朝本さんに対するとてもとても深い愛情に触れて、余計にそう思いましたねえ。


IMG_4189


1082417_670115999683385_1725854807_n




長くなったので、朝本さんへの愛に満ち溢れた最高に感動的で素晴らしかった先月末の、
朝本さん支援イベント『AID FOR ASAMOTO』のことや、
その他諸々は割愛しましたけど、まあ詳しくはオレのFacebookをご覧ください(笑)。
あ、あと今月30日にもノーチャージのバー営業で、
『ASAMOTO-KAI』という緩いイベントやります。
20時から終電までの時間帯ですし、この前来れなかった人とかも、
朝本さんを想いつつ語らいの場所になればと。
あと『AID FOR ASAMOTO』でほんとに感動的で素晴らしいライブを演ってくれた、
今月のマンスリーの表紙にもなってる、
ユラリちゃんのライブをまた演ります。前回と同じ2曲だけですけど。
ユラリちゃんは元BAHASHISHIのヴォーカルで、
2011年の震災以降ずっと朝本さんと一緒に楽曲製作してる女の子です。
ちなみにこの前の『AID FOR ASAMOTO』でのライブ、
元bonobosの松井くん曰く「今年観たライブの中で1番良かった…。」らしいです。
いやマジで彼女のライブは素晴らしいので是非一度観て聞いて頂きたいです。


AIDFORASAMOTOPOS


yurari_0057



もうなんか考え過ぎて頭おかしくなってたまに考えるのが、
「神さま、三宿Webの20周年とか一切無かったことにしてくれてええから、
朝本さんの事故もなんとか無かったことにしてくれへんかな……」とか。
いや、そんなトレード可能だったら即しますよ。
朝本さんの事故が帳消しになるならオレのこの20年なんて無駄になっても全然いいし。
まあそんな映画みたいなことは現実的に不可能ですけど…。
今回の事故があってほんとに深い悲しみに襲われたし、
お先真っ暗にもなって鬱っぽくもなったし、
未だ心のどこかでやり切れない気持ちも多々ありますけど、
最近ふと考えるのは、この先朝本さんが意識戻った時って、
もうそれこそ今まで生きてきた中で感じたこともないぐらいの、
とてつもない凄い感動を得られるんじゃないかと思うんですよね。
だってちょっと想像しただけで涙出て来ますもん。
今後はその瞬間を楽しみにして待ちたいと思ってます。
まあまだもうちょっと時間は掛かりそうですけど。
朝本さん、誕生日おめでとうございます!
いつまでも、待ってますよ!

IMG_4210

なんと昨夜、2010年5月頃から突如としてオレらの前から行方をくらまし、失踪を続けていたあの岡本学が、遂に、遂に、オレの前に姿を現しました。


1461146_926363524058630_6623618518103758346_n



学は2001年頭からスタッフとしてWebに入店して以来、辞めた後もずっとしょっちゅう顔を出し、バカ正直でバカ丸出しなキャラとそのフットワークの軽さから、色んな人から可愛がって貰う様になって。オレも実の弟の様に可愛がってました。奴は結構本気でラッパーを目指していたんですが、その傍ら就職で、1度は落ちたモノのなんとWebで働いてたお陰で拾って貰ったポニーキャニオンも、大阪への転勤を断わる為に潔く辞めて、東京に残って本格的にラッパーの道を目指してたんですよ。それが突如としてオレらの前から消えて。

オレはいち早く奴の異変に気付き、結果的に最後となるメールのやり取りで、「おまえ最近どう考えても様子がおかしいけど、なんかあったの?ヤクザとか出会い系とか変な女に捕まったとかじゃないよね?もしなんかあるんだったら水くさい、何でも相談しろよ?」って送った切り奴からの返信は無く。その後も変えたばかりの番号も更に変え、以降誰も連絡が取れない状況になり。知らぬ間に中目黒の家も引っ越していて。

色々調べて見ると、どうやら仲のいい友達の彼女にめっぽう惚れてしまい、結果寝取ってしまったらしく、それが原因じゃないかと。めちゃくちゃピュアな奴だったので、そのことで過剰に自己嫌悪に陥り、もう消えるしかないぐらい思ったんじゃないかと。その後は一切姿を消したモノの、色んな所からは多少情報が入って来ていて。都内にいて、カプコンで働いていて、結局その彼女と一緒に暮らしているとか。展示会やライブ会場での目撃情報も多々。

実際、強引に連絡取ろうと思えば取れた状況にはあったんですが、奴にも色んな覚悟があっての失踪劇だったと思い、こちらから無理無理連絡取るのはちょっと違うかなと思って取らなかったんですよね。想像通りの理由であれば、奴の性格を考えたら、まずけじめとしてその彼女と別れるまでは出て来ないんじゃないか?とかも考えてました。でもその間も、盛大に祝ってやろうと思っていた奴の30歳の誕生日や、オレの40歳の誕生日や、三宿Webの20周年や、同期スタッフの結婚式など、幾らでも出てくるタイミングはあったものの、結果姿を現さず、連絡すら一切なかったので、もしかしたらもう2度と出て来ないんじゃないか…?奴と逢うことも2度とないのかも…とかも考えたりもしました。まあでも、どこで何をしようが、連絡が無かろうが、2度と姿を現さなかろうが、奴が元気で幸せにさえ暮らしているのであれば、それでもいいのかなあとは思ってました。もうほんとに家族みたいでしたから。家族ってそうじゃないですか?長年連絡しなかろうが、逢わなかろうが、元気で幸せにやってるならまあいいか的な。どういう状況でも家族は死ぬまで家族だし。実際オレも実の兄貴と気付くとかれこれ9年ぐらい逢ってもなければ口もきいてないですけど、兄弟には変わりないというか。まさにそんな心境でしたかねえ。


mabb



そんな中、昨夜約4年振りに突如としてWebに現れて。酔った状態で、今にも泣き出しそうな感じでひたすら謝られましたけど(笑)。余りにも突然のことだったので、オレも当然の如く驚きましたが、とりあえず何も言わずに熱くハグして。奴は半分泣いてましたかね…。で、落ち着いたところで、「言いたくなかったら無理には聞かないけど、結局おまえなんで消えたの?」って奴に聞いてみたら、やはりというか、全くの前述した想像通りの理由でした。まあ被害者の彼とその友達からは結構な追い込み掛けられてたみたいですけど。で、その2人ともクラブ業界の人間だったのもあって、こんな不義理をしたらもうこの業界には顔向け出来ない…消えるしかない…という理由からだったらしいです。1番世話になったであろうオレにも一切連絡しなかったのは、オレに迷惑が掛からない様にという奴なりの配慮だったらしいです。まあ友達だと思ってた奴に彼女にちょっかい出されたら誰だって激高するし、友達の彼女を寝取ったっていう事実は勿論良くないことですが、強姦したとかならともかく、言わば相手も同意の上なので、被害者の彼には非常に申し訳ないですが、まあ男と女なんてそら色々あるじゃないですか?っていうか一言相談してくれたら、一緒に土下座でもしに行ったし、ていうかなんなら一緒にボコられてもいいと思ってたし、万が一ヤクザとか出て来て指詰めろって言われたら、ぶっちゃけ当時は詰める覚悟もあったぐらい(結構マジで)。でもそういうのも見越してオレには一切迷惑を掛けたくないって考えるのも、また学らしいというか。で、失踪するっていう訳のわからない選択をしたのも奴らしいというか(笑)。


IMG_4704



なぜこのタイミングで出て来たのかと言うと、やはりその彼女と別れたタイミングらしく(苦笑)。てか、今度は違う友達にその彼女を寝取られたらしく(爆笑)。奴にも言ったんですけど、ほんと人生って因果応報だよなあ〜って改めて思いましたよ。奴も「ほんっとその通りです!」ってめっちゃ納得してましたけど(笑)。なんかもう色んな事が想像通りだったし、失踪前となんら変わってない奴を見て、もうなんというか、ほんっとにどうしようもないバカだな…と思ったり。失踪中も、こっそりオレのTwitterとかはたまにチェックしてたらしいです(笑)。オレの影響でヤマタツにもハマって、日曜日のラジオ『サンデーソングブック』も毎週聴いてるらしく(笑)。

もうなんというかオレからしたら、戦争行って戦死したハズの弟が、4年経って突如として無傷で帰って来たぐらいのサプライズはありましたかね〜。朝本さんの事故以来もう頭の中真っ白になって、何も考えられないぐらい、深い悲しみに包まれていましたが、なんというか久々の光明が見えた様な"事件"でした。連絡先も聞いたし、恐らくもう2度と消えないと思います(多分)。っていうか奴にはまだ何にも予定もなにも聞いてないけど今決めた!12月に三宿Webで伝説のイベント『MABB FES』やります!(予定)。学に関わっていた全ての皆さん、是非とも12月某日は三宿Webへ。バカな学を盛大に潰しに来てください。


mabb2



っていうか今回、ブログなんて更新するつもりなんて全くなかったし、書きかけのブログや他にも書きたいことも多々あったんですけど。まあほんと、朝本さんのことで頭がいっぱいでブログどころではなかったですから…。昨夜のことをFacebook用に文章書いてたら余りにも長くなったので、もうだったらブログでいいかと思って。でもほんとに、それぐらいオレにとっては物凄いサプライズでしたね〜。なんかもうビックリすることが起こり過ぎて、頭が付いていかないですよ、2014年という年は……。でもほんと、学が帰って来て、良かったなあ。ほんのちょっとだけ、楽しくなりそうです。


IMG_4705

このページのトップヘ