今年になってようやく、
長年探し続けていた"自分がほんとうにやりたいこと"が見付かって。
単刀直入に言ってしまうと、ちょっとしたブランド的なことをやろうかと。
とは言ってもシーズン毎に展示会して…みたいなちゃんとしたのではなく、
思い付いたモノを作れる時に作って売っていくみたいな、
非常に緩い感じで考えてますけど。
「あ〜なんだ、ブランドやるんだ〜」って軽く思うかも知れませんが、
いや、実はコレってオレにとっては、もうかれこれ構想10年近かったんですよ。
それがようやく今年になって本気でやりたいモードに変わったというか。


IMG_3803



2000年1月、うちのお爺が亡くなった時に、
さすがに休みとって急遽帰省したんですが、
お通夜が土曜日の夜で、その日確か『ロケットマンデラックス』の日で、
もう激混みの時代だったので、
いざなんかトラブルあった時にいつでも電話対応出来る様に、
朝までずっと起きてたんですよ。
で、誰もいないお通夜の会場の席に1人座って、
お爺の遺影見ながらずっと考えていて。
1ヶ月後には29歳になる頃で、
その年いっぱいでWebを辞めようかどうしようかずっと迷ってたんですよ。
30歳になるまでに人生変えたいと思って。
もう今のこの業界もその年で10年目でしたし、
当時三宿Webは日曜以外は毎日営業してましたし、
なんせ休みがなかったというか、忙しなく働きまくっていて、
自分の余暇的なものが全然なくて。
そもそも興味本位で入ったクラブ業界でしたが、
あれやこれやと長居してしまっていて。


で、ボーッと遺影見ながらお爺に、
「オレ、今年いっぱいでWeb辞めていいかなあ…?」って尋ねたらお爺が、
「おまえは一体何がやりたいの?」って聞いてきた気がして。
考えてみて、え~なんだろ??って即答出来ないところで再度お爺が、
「じゃあ例えばもし、神様が何でも叶えてくれるとしたら何になりたい?」
って聞いてきて。あ、気がして(笑)。
で、考えてみて出てきた答えが、
「もし何でも叶えてくれるんだったら……洋服のデザイナーかなあ。」とふと。
そしたらお爺が、
「じゃあまずそれを目指せ。(Web)辞める辞めないはそれから考えろ。」
って言われた気がして。
いやもう目から鱗が落ちたというかなんというか。
でもその時初めて、もしかしたら無理かも知れないけど、
やってみたいんだったらとりあえずやるだけやってみよう、
目指してみようって気になったんですよね。


後々は自分のブランドも持ってって目標も考えた時に、
洋服の知識も全然無いのにデザイナーだとか言うのもナンセンスだと思い、
翌年には夜間の服飾の専門学校にも通いました。
色々調べて考えた結果、エスモード・ジャポンのパターン科に1年ほど。
余りに難しすぎて途中で挫折しましたけど…(苦笑)。
ちなみにその時に、夜間の生徒が一堂に会しての課題作品の発表会みたいなのがあって、
なぜかオレがクラスの代表に選ばれて。
自分が作ったレディースのスカートの展示してあれやこれやと前に出て説明したんですが、
作品がなぜか上のクラスの女生徒の人たちから大好評でした。
夜間とは言えみんな20代前半の若い子が多くて、
やはりみんな派手で奇抜なのをデザインする人が多かったんですよね。
オレは当時30になりたてで、元々奇抜過ぎるのは好きじゃなかったので、
シンプルで大人っぽいスカートにしたくて。
イメージとしてはヘルムート・ラング的な巻きスカート。
押入の奥にずっと入れっ放しだったので、
わざわざアイロン掛けたんですが、全然シワが取れませんでしたけど(汗)。


IMG_4841*2



前述した、その年いっぱいでWeb辞めるって話しも、
これまたオーナーから引き留められて、その時出した条件が、
「来年から夜間の学校に通うので、毎日営業するのはちょっと難しいので、
木金土の3日間のみの営業だったら続けます。」
っていうものでしたが、オーナーも2つ返事で「じゃあそれで!」ってなって(笑)。
まあ当時はまだまだWebの勢いも凄かったですし、
とりあえずオレに辞められたら困るってのはあったかも知れないですが、
まんまとそれを利用させて貰った的な(笑)。
実はそこから三宿Webの営業が減って、今に至るんですけども。


2001年に初めてWeb-T(三宿Webの周年Tシャツ)を作ってから、
2008年までは毎年作ってましたし、なんせ初年度が爆発的に売れて。
ひと型でなんと合計800枚ぐらいは売れたんですよ。
工場の人にもビックリされたぐらい。
翌年には『EUROHOLE』というブランド名で、ネームタグやワッペン作ったり。
当時のイメージとしては、ヨーロッパ古着のTシャツ的なイメージでした。
でも基本的にWeb-Tのデザインって、
何かのサンプリング(パクリ)ネタを使ってのデザインが多くて、
オリジナルのデザイン的なのはほぼやらなかったんですよね。
あ、唯一キャップは作りましたね~。
あとオリジナルのTシャツも作ろうと思って、当時デザインはしてたんですが、
結局作らずお蔵入りになった的な。
ちなみにでもそのデザイン、最近また改めて見たんですが、
全然アリだと思っちゃいましたね〜。だいぶ前に考えたデザインなのに。
やっぱオレって長年好み変わってないんだなあ〜って再確認したというか。


Web-T



初年度に爆発的にTシャツが売れて、当時は金も潤沢だったのと、
エスモードに通い出して課題の製作をやるのにも必要だったのもあって、
思い切って、職業用ミシンと職業用ロックミシン、
イタリア製の業務用アイロンとバキューム付きのアイロン台も購入。
エスモードの1年間の学費も合わせたら、
その年だけで50万ぐらいは使ったんじゃないですかね~。
まあ上記のモノは買うだけ買ったものの、
エスモード辞めてからは一切使わなかったですけど(汗)。
でもたまにハロウィンの仮装用の衣装をミシンで縫ったり(笑)、
オレのSNS見てくれてる人はご存知だと思いますが、
最近はまた上記のモノを押入から引っ張り出して、
専用の安いテーブルまで買って、部屋の場所も大きくとって、
工業用のミシン糸も多数取り揃えたりして、また改めて使い始めてますけど。


10389003_932589663436016_8051883514408519039_n


10333383_920728414622141_2103403813829123897_o



夜間の専門まで通ったのに、その後は毎年Web-Tこそは作りましたが、
本格的に何かを始めるまでには全然至らなくて。
でも2006年頃には、また本気でブランドやろうと思う様になってきて。
ちゃんとした、新しいブランド名とか必死に考えたり、
デザイン画考えて書いたりしてましたね~。
でもやっぱなかなかブランド始めれるぐらいの纏まった金が貯まらなくて断念して。
国民金融公庫から金借りようと思って、説明受けにも行ったんですけどね。
その後もうだうだとしたまま時間が流れて。
結局コレだってブランド名も決まらなかったのもありましたかね~。


そうこうしてるうちにまさかの40越えて、
いい加減将来的なことも本気で考えないと…と思った時にやっぱどうしても、
元々やりたかったアパレルをやりたいなあとは考えていて。
でも相変わらず金も貯まらないし、第1になぜ今まで本気でやれなかったかというと、
自分の中でイマイチこれだ!ってのが決まらなかったのもあったんですよね。
元々多趣味なのもあって、何かに限定するのも嫌だったのもあったんですが、
でもそれって曖昧なことにも繋がったり。
どうせやるからにはオレにしか出来ない(やれない)ことをしないと意味がない訳で。
そういう感じでずっと悶々としてました。


IMG_4193-2



2008年から本格的に、ユニオンジャックグッズのコレクションを始めて、
色んなイケてるユニオンジャックグッズを集め出したんですが、
SNSの流行も相まって、気が付けばオレの周りでは、
"ユニオンジャック=ナガサワ"的なイメージが着々と付いていって。
「もうなんかユニオンジャック見るとナガサワさん思い出す。」
って言われることも多々。
勿論好きだったから集めてましたし、奇しくもそんなイメージ付いたのなら、
やっぱそういうイメージのブランドやる方がやっぱいいよなあ、
みたいなのはありました。
ブランドもそうですけど、当時、実はのちのちは、
ユニオンジャックグッズのセレクトショップみたいなのもやりたかったんですよね。


CA3I0345



でもちょうど1年前に、
そういう将来的なことも踏まえて、実際にロンドンに行ってみて、
そこら中にある土産物屋で売ってるダサいユニオンジャックグッズを多々見て、
なんか一気に醒めてしまって。
勿論その中にはイケてるのもあったんですが、余りにもイメージ的にダサくて。
なので、将来的にユニオンジャックグッズのセレクトショップをやるっていう目標は、
それで一気に吹き飛びましたね~。
まあ実際ロンドンに行かないとそんなのはわからないかも知れないですけど、
やっぱ自分がダサいと思ったモノはしたくないってのがあって。
まあダサくしない方法論もあるとは思いましたけど。


5fd0cb6b



あとロンドンに行って衝撃だったのが、
モッズカルチャーがとっくに終わっていたこと。
オレは元々モッドでは無いですけど、
ロンドン的なファッションは若い頃からずっと好きでしたし、
18の頃に働いたカフェドロペの近くにSWITCHというモッズショップがあったり、
当時通ってた原宿の美容室の担当の人がたまたまモッズ好きな人だったのもあったり、
成人式には原宿にあったモッズショップ・カサブランカで買った、
エンジ玉虫の三つボタンのスーツ着て行ったりと、
少なからずモッズカルチャーに影響受けてはいたんですよね。
なので、まさかモッズの聖地として名高い"カーナビーストリート"や、
『さらば青春の光』で有名な"ブライトン"にでさえ、
モッズショップが無くなってる事実や、
スキンズっぽい人はたまには見ましたけど、
モッズっぽい格好した人なんて全然見ることがなくて。
それは個人的に結構な衝撃でしたね~。
勿論世界的に流行しているファストファッションの影響も多々あるとは思いますけど…。
なんかそういうことを見ても、
懐古主義的なモノは現代ではイマイチ受けが悪いというか、
今の時代感からずれてるというか、そういうのを非常に感じたというか。
そういうカルチャーはカルチャーで勿論ありだとは思いますけど、
オレが求めていることややりたいこととも違うのかもと思う様になって。
いや、実際今のロンドンを肌で感じて、
丸太で頭をガーンと殴られたぐらいのカルチャーショックは、
正直ありましたね〜。


IMG_0833



去年ロンドン行くまでは、
それまでちょこちょこ考えていた自分のブランドのイメージのデザインも、
実はそういう感じのモノが多くて。
なんか昔のモノを昇華させたモノというか。
もしくは如何にもロンドン的なモノとか。
でもそういうのもロンドンに行ったお陰で一掃する様になりましたね~。
昔のロンドンのイメージは1度リセットして、
自分が実際行って感じた、なにげに自分が昔から好きな、
ニューモダンな"ロンドン・ポップ"のイメージというか、
そういう発想でやった方がいいんじゃないかと思う様になって。
で、なにげにずーっと考えてもなかなか決まらなかったブランド名が、
今年の3月末の某日、ようやく決まって。
オレにとってコレってなにげに非常に重要なことで。
ほんとはやっぱり、もしブランドやるならやっぱりそういうわかりやすい名前
(ロンドンを連想する様な)にした方がいいんじゃないか?とか思いながらも、
「やっぱコテコテのロンドンぽいのはなんかちょっと違うな…」ってのもあったり。
あと自分の中で、色んなこういうことがやりたいっていう要素が、
自分の中でうまく混ぜられなかったってのもあったんですよね。
それとそれやっちゃうと辻褄が合わないからファジーな印象になっちゃうなあ…的な。
そういうのが全部自分の中でバッチリはまって。
今までブランド名考えた中で初めての感覚でした。
閃いた時はほんとにアホみたいにテンション上がりましたね~。
長年探してたモノがようやく遂に見付かった的な。


IMG_0592



で、肝心のそのブランドネームですが、
『GrandBleu』と言います。そう、略してGB(笑)。
いや、やっぱTwitterとかでもTKC_GBでやったりしてますし、
略してGBだったら1番バッチリなのになあ~とはずっと思っていて。
グレートブリテンの略語なので、イギリスのイメージも強いし。
でもそこまで考えたものの、
なかなかGBにバチッとはまる言葉が思い付かなくて。
で、色々考えまくった挙げ句着地したのが『GrandBleu』で。
いや、元々青って凄い好きな色で、
昔から買う洋服も圧倒的にネイビー系の色が多いし。
今持ってる服って8割方ぐらいネイビーじゃないですかね?ってぐらい。
ご存知だと思いますが、海も大好きだし。
ちなみに、まず連想したであろう、
同名の映画が好きで…とかの理由では全くないです(笑)。
あとビックリしたのが、朝本さんが好きな色も青らしいんですよ。
お見舞い行った時に由美さんと話してビックリしたんですが。
それ聞いた時もちょっと、
GrandBleuって名前にしてやっぱ良かったって思いましたかね~。
あとなんせシンプルでわかりやすいし憶えやすいし。


FullSizeRender



ちなみにGrand Bleuって、フランス語表記です。
ほんとは、正式には冠詞でLeを付けるんですけど。
英語だとスペルも、ブルーのuとeが入れ違って、Grand Blueになるんですが、
フランス語でLe Grand Bleuって言葉は「雄大な青」っていう意味なんですが、
英語にすると実はThe Big Blueになるんですよ。
Grand Blueって表現は、英語では基本的に使わないそうです。
なので必然的にフランス語のGrand Bleuにしたんですが、
え?イギリスじゃないの?なんでまたフランス語??って思うじゃないですか?
いや、元々オレって98年頃からフランス古着にハマって、
わざわざパリまで買い付けに行ったりしたり、
当時はフレンチハウスにもどっぷりハマって、
dj.truquéとしてフレンチハウスのDJやってたり、
ご存知の方も多いと思いますが、オレの腕と脚に入ってるでかいタトゥーは、
腕は98年7月14日のパリ祭の日にパリで、
脚は翌99年7月14日のパリ祭の日にパリで入れたんですよ。
なので元々パリには非常に思い入れが強いのもありますし、
第1に過去に1番好きだったというか、1番影響を受けたブランドが、
フランス人のデザイナーのクリストフ・ルメールだったんですよ。
彼の98年~01年辺りのコレクションはほんとに大好きで、
当時はいっぱい買ってたんですよね。
そういうこともあって、敢えてフランス語表記にしたというか。
あと、ルメールのモチーフにしてたメインアイコンがクローバーだったんですよ(今も)。
それのオマージュ的な意味もあって、実はずっとやりたかったんですが、
GrandBleuの当面のモチーフはダイヤ柄にしました。
それも赤のダイヤではなくブルーダイヤ。
勿論GrandBleuのネーミングともかけてるんですが、
通常赤のところを青にしたのは、
セオリーじゃないモノをやりたいというちょっとした意思表示でもあります。


IMG_4877



まあイギリスなのかフランスなのか、
どっちつかずで中途半端な、格好のいい訳ブランド的にも思えるかも知れませんが、
オレ的に納得してるから全然いいんです(笑)。
てかまさにそんな感じだし。
あと更に、最近好きなLA的な要素も入れちゃおうと思ってるぐらい。
でも最終的な着地点は、国云々じゃなくて、オレが好きなポップ感。
これに尽きるんですけども。


e3957c9a


d7740fdb



最初はネームタグはいらないかなあ~と思って作らない予定だったんですが、
サンプルのTシャツが出来てから、急遽思い直して作ることにしたんですが、
なんだかんだで進まなくて結果的に3ヶ月も掛かっちゃて。
えらい時間掛かっちゃいましたけど、やっぱあると全然違いますね~。
これまた初期ルメールの影響で縦型タグ&数字のサイズタグ。
でもやっぱ縦型使いずれえぇぇぇぇ(苦笑)。
見ての通り、緑の地に青のダイヤマークなんですが、
ほんとはネイビー地に青ダイヤにする予定だったんですが、
RGB的な青が出せないので、メリハリがつけづらかったのと、
あと元々緑って結構好きな色なんですよ。
で、緑って時折青で表現したりするじゃないですか?
例えば青リンゴとか。英語ではGreen Appleなのに。
青汁もそう。青々と茂るとか。実際は緑なのに。
これって日本独特の表現方法らしいんですよね。
ロンドンだパリだとか言っても、所詮はトウキョウ発な訳で。
なんかそういう意味でも地の色は緑にしよう!って思ったんですよね。


IMG_4865



実は去年からの目標が、服買う金あったら、
自分で着たい服をデザインして作っちゃおうということで。
デザインして既製のボディにプリントするぐらいなら、全然気軽に作れるし。
そう思って色んな種類のTシャツのボディとかをいっぱい集めて、
サイズ感や生地の感じやシルエットを自分なりに研究したりして。
今年に入ってもめっちゃ集めましたね~。
とりあえず気になったボディは全部集めました。
去年は結局ブランド名は勿論のこと、
コレってデザインも出来なかったのもあって全然作れなかったんですが、
今年はブランド名が決まったのもあって、
上半期はもうそれこそ20周年の準備で奔走しまくってる最中、
なんとか暇な時間を見付けてはああでもないこうでもないと、
色々やってましたね〜。で、遂に今年の7月頭に念願の初サンプルが届いて。
とりあえずデザインは2型だけなんですが、
色違い・プリント色違いのTシャツやパーカー、バッグなど多数。
あ、その前に缶バッジも作りましたけど。
なんせ記念すべき初めてのオリジナルデザインの商品でしたから、
現物見た時はなんかもうめちゃくちゃアガありましたね~。


IMG_4867


IMG_4870


IMG_4872


IMG_4873


IMG_4838



正直言って今や猫も杓子もブランドブームで、
ちょっと前に話題になったユニクロのアレも然り、
誰でも簡単にオリジナルのモノを作れる時代ですし、
その中でって考えるとなかなか難しいモノもあるんですが、
でも基本的にこのブランドのコンセプトは、
なるべく自分が着たい物を作るってことなので、
もし売れなくても自分のワードローブが増えるしいいか、ぐらいのスタンスというか(笑)。
いやもう、ブランド云々とかは置いといて、
現時点では趣味の延長線上的な部分は非常に強いです。
だからコレいいなと思ったモノを、
作れる時に作るという緩いスタイルでいこうと思ってます。
一番最初にも書きましたけど、
やっぱプリント物だけじゃなく、いずれはボディからオリジナルで作りたいですけどね~。
今1番作りたいのはオリジナルボディのパーカー。
それはほんとにちょっとした昔からの小さな夢でもあります。


身近でいうと、チャーベくんがやってるスタンスは非常に羨ましいですね~。
思い付いたモノをパーッと作るだけ作って、作った分だけ売り切るというか。
NOT展示会受注スタイルというか。
作ってるモノも然りですけど、昔から好みとか考え方や感覚が、
細かく言うと勿論微妙に違うんですが、大筋でいうと非常に近い人なので、
凄く影響受けてます。うわ~先にやられた~!っていうのも幾つか(笑)。
でもチャーベくんは長年お洒落な音楽をやってきて、
それにリンクした形でアパレルもやっているので成功してますが、
オレの場合、そういう下地(イメージも込みで)が全然無いので、
同じやり方でやってもダメだろうなあ…とは思ってますけど。
でも色々と話し聞いたり相談したり、凄く参考にさせて貰ってます。
チャーベくんも言ってましたが、
「やっぱ買ってくれるのは断然男の子よりも女の子が多いから、
なるべく女の子が買ってくれそうなアイテム作りはしてる。」
ってのはなるほどなあ~って思って、
GrandBleuでもなるべくユニセックス的なのを作ろうとは思ってます。
男女問わずどっちでも着れそう、使えそうなモノというか。


KIT



ご存知の方も多いと思いますが、最近ふと思い立って、
時間のある時にマフラー及びストール作りをしていて。
元々はエスモード時代に、スクールマフラーが欲しくなって色々物色してたら、
当時いまいちピンとくるモノがなくて。
だったらミシンもあるし、作っちゃおうか!?
って思って勢いで作ったことがあるんですが、
当時作ったオリジナルのワッペンも付けて、
完全にオリジナル仕様にしたことも手伝って、
以降毎年寒い時期になると愛用してるんですが、
久々にオリジナルのマフラー作りたくなって。
で、日暮里とか何度か通って好みの生地探して作ったりしてたんですが、
これがなかなか悪くないんですよ(笑)。
間違い無く真冬に活躍しそうなモフモフのフリースマフラーもかなりいいし、
ダブルガーゼで作ったストールも、フリンジ作りがかなり大変でしたが、
コレもかなり出来が良くて。まあ縫製はまだまだ下手くそですけど…(汗)。
でもワッペンとネームタグ付けてるのもあって、
パッと見はちょっとした売り物みたいですよ(笑)。
いや、実は近日中にこれらのモノは販売しようかと思っていて。
全部受注が入ってからのオレの手作りですけど(笑)。
いつかはオリジナルの・・・とか書きましたが、まさかの展開で、
GrandBleu初の完全オリジナル商品は、マフラー及びストールになりそうな予感大です。

IMG_4726


10458484_931433666884949_6067957971058321855_n


IMG_4759


10421379_937693702925612_8205986774606154668_n


IMG_4739


FullSizeRender



なんか正直、今更ブランドなんかやってもしょうがないだろ…
とか思っちゃったりもしたこともあったんですが、
やっぱWebが20周年迎えたのは意外とでかくて。
前回のブログでも書きましたけど、
三宿Webが20周年迎えて色んな人に改めて認めて頂いたことを始め、
オレが20年前にやったバーのこともそうですけど、
ど素人から始めた写真然り、1から始めたおむすび作り然り、
未経験で始めた草野球も、守備は相変わらずヘタクソですけど(苦笑)、
打撃に関してはチーム内首位打者取ったり去年も3位入賞したり、
DJとかにしても、昔から結構誰かに褒められることも多くて。
身内は勿論のこと、知らない人とかにも。
Web-Tにしても、ユニオンジャックにしても、ヤマタツ関連にしても、ボンゴレにしても。
そういうのが蓄積されて自信になったのはありますね~。
オレがコレだ!って思って一生懸命やったことって、
時間はかかっても、少なからずいつかは認めて貰える、という確信というか。
なのでブランドに関しても、真剣に取り組めば、いつかは芽が出るんじゃないか??
みたいな甘い考えに至って(笑)。まあ世の中早々甘くはないとは思ってますけどね。
まあでもほんとに緩くマイペースに考えてるのもあって、
気分的に非常に楽に考えてますけど。
前までは、生計出来る様にならないと…とか、ちゃんとしたブランド展開しないと…とか、
無駄に堅く考え過ぎてた部分があって。
もっと自由に、趣味の延長線上ぐらいの感じでいこうと思った途端に、
肩の力が抜けてやる気にも繋がった的な。
いやもう正直、今は暇な時間を使ってミシンいじったり、
デザイン考えてる時が一番楽しくて。
ちょっとした新しい生き甲斐になってます。
ほんとにそれって幸せなことだなあとつくづく思います。
やりたいことがあるって、見付かるって、それって凄い幸せなことです。
しかもこの歳になって。
人生とは往々にしてストレスとの戦いみたいな部分があって、
それにはやっぱ、発散出来る様な好きなことが沢山あった方が、人生楽に生きられますから。
まあ見付かるのがちょっと遅い気もしないでもないですが(苦笑)。


10485925_928623383832644_7244811864275873472_n


6283_932353356792980_6654808630447707529_n


1271268_935150733179909_7889457214022824295_o



でもちょっとだけ考えてしまうのは、
本格的にファッションに興味を持ち始めた高校時代から今までずっと、
なるべく人が着ない(しない)様な洒落てる服を探して、
人とは違う、自分なりのオリジナルのファッションとして構築することに、
生き甲斐というか、命懸けてた部分あったのに、
自分が着たいと思う服をデザインして作って売るってことは、
ある意味今までと逆行する形になるというか。
オレが最も嫌がっていた、誰かと服が被ることだってあり得る訳で。
余りお洒落じゃないなあ…って人にも着られることもある訳で。
それってどうなんだろうか?って考えたりもしてます。
まあ好きなことを商売にするというのは、
どの畑でもそういう問題は常にはらんでるものなんでしょうけど。
一切売らないで、自分の着る分だけ作るオナニーブランドでもいいんじゃないかなあ?
とかも思ったり(笑)。
つっていざ売ってみたら全然売れなくて、
結局自分しか着ないオナニーブランドになったりして(苦笑)。
いや、まあでもその場合は、
自分が納得してるデザインであれば全然売れなくてもいいんですけどね。
なんかファッションに関しては好き過ぎるので、
そんな無駄なことも考えたりもしますね〜。


IMG_0744



でも思えば、去年無理してロンドン行ってほんと良かったなあ〜。
行ってなかったら、長年自分がほんとに好きなモノが何なのか気付かなかっただろうし、
イコール今の感覚にはまず行き着かなかったと思うし、
なんちゃっての古臭いお寒いブランド始めてたかも知れないですね、、、。
そう考えるとほんとゾッとしますけど…(苦笑)。
でもほんとに今考えると色んな意味で行って良かったです。
いやもう掛け替えのない経験というか、財産ですよ。
なんかまたいつか行きたくなってきちゃったな。
やっぱなんだかんだ言って好きだなあ、ロンドン。


IMG_0603


IMG_0609



そんな感じで。今回も漏れなく超長文ですみません……。
まだ全然何も手を付けてないんですけど、数ヶ月前に既にドメインは取ってあります。
http://grandbleu.club です。
たまたまドメイン作る時に、
新しく出来たばかりの"club"ってドメインが1番興味を惹いて(笑)。
なんか響きもいいしコレでいっか~的に。またクラブかよ!とも思いましたが(苦笑)。
今後は諸々整い次第、こちらの方で色々とお知らせや展開したいなあと思ってます。
でも今回のこれ、ほとんど誰にも話してなくて、いつ公表しようかずっと迷っていて。
なんかこれでようやく本格的にスタート出来そうな気がしてます。
他にもサンプル作りたいデザインも幾つかあるし。
実は最近ずっと、もう20周年到達したし、ブッキングも大変だし、
人手不足でシフト組むのも大変だし、全然儲からないし、心労多いし、
もうなるべく早くWeb辞めたいわ…って正直思ってましたけど(苦笑)、
洋服やる為にもうちょっとだけ、気合い入れ直して頑張ろうと思い直してます(笑)。
そんな訳で、"GrandBleu"を、何卒宜しくお願い申し上げます!


10734074_924095614285421_3552097770097750527_n