気が付けばだいぶ過ぎてしまいましたが、先頃7月を持ちまして三宿Webの店長になって20周年を迎えてました。まあ取り立てて特に何がめでたい訳でもないんですけど(苦笑)。今年は店的に21周年という中途半端な数字ですが、個人的には店長になって20周年だったのでなにげにちょっと感慨も深かったり。

10920912_977921715569477_4929102541432522191_n

※anan1994年12月16日号の特別綴じ込みのSMAP特集での香取慎吾くんのページ。三宿Webオープン当時のダンスフロアにて。後ろのDJは若き日のオレ…。









前にも書きましたが、元々はバーチーフとして入店、クラブ経験者が1人もいなかったこともあり、CAVE・ROOMと既に3年のキャリアがあったのもあって1ヶ月後から副店長も兼任。1周年アニバーサリー後のドタバタで初代店長のマーヴィンの代わりにある意味致し方なく店長に就任。それが1995年7月だったんですよね。確か辞める辞めないでの慰留ミーティングが7月8日だった気がするので、確かその日から店長になった記憶。なのでもううっかり2ヶ月遅れですけど…(汗)。まあまさか当時はその後Webが20年も続くとは思ってもみなかったし、まかさ20年間もずっと店長やるとは思ってもみませんでしたけど(苦笑)。

10177505_983024241725891_5436208208637862634_n

※1995年2月14日月曜日開催の記念すべき第1回目のバレンタインキッスにて。三宿Web旧DJブースでDJ中の24歳なりたてのオレと、次のDJスタンバイ中の薫 (現・DJ KAWASAKI)。







正直当時は店長なんかやりたくなかったし、やるつもりもなかったんですけどね〜。ほんと当時は、店を存続させてマーヴィンを慰留させる為に致し方なく変わった的な。まあ元々副店長の頃から諸々のことはしてたんで、マーヴィンが居た97年末までは大してやることは変わりませんでしたけど、やっぱ一気に大変になったのはマーヴィン退店後以降の98年からですかね〜。なんせ何から何まで全部やらなきゃいけなくなりましたから。一気に責任もドーンと押し掛かってきましたし、それまでは完全に裏方だったのが、何かあったら表舞台出てマイクで喋ったりとかしなきゃいけなくなったりとか、最初はほんとに戸惑いましたね…(苦笑)。例えるならフロントマンが抜けた後のバンドで、致し方なくリズム隊がフロントマンも兼任でやり始めた的な…。まあバンドやったことないけども!

812801_486274058081163_1937319493_o

※恐らく96年頃でしょうか?某結婚パーティーでの、これまた改装前のブースにて。







これちょっと前にFacebookにも書いたんですけど、オレが知ってる限り、東京のナイトクラブで同一店舗で20年店長やった人っていないと思うんですよね。勿論オレより業界の先輩の人は何人か知ってますけど、その中でこと店長って役職をずっと続けてるって人はイマイチ思い当たらないというか。まず第1に、東京で20年以上続いたクラブってうち以外では、328・Club Jamaica・THE ROOMしか無い訳で、ROOMは途中で4回店長変わってるし(多分)、328も確か何度か店長変わってたし、恐らくクラジャマも店長はずっと同じ人じゃなかったんじゃないかと思うんですよね(多分)。東京以外だと京都のMETROも20年以上やってる訳ですけど、店長は何度か変わってるみたいだし。っていうかそう考えると、日本どころか世界的に見ても同一店舗のクラブで20年店長やった人ってそうそういないんじゃないですかね??ってことは更に考えると、恐らくですけど前人未踏の業界史上世界初の快挙という偉業をなにげに成し遂げたと言ってもいいんじゃないでしょうか!(笑)。

10985315_984055431622772_5491024086290954824_n

※これ99年頃のなんかの雑誌。まだマンスリーが表2色刷りでサイズも今より一回り大きかった時代。ちなみにオレが持ってるマンスリーの表紙は井上さん(Chari Chari)の号。







夜の商売って体力的にもですけど結構メンタルやられることが多くて。過去にも、どこそこのクラブの店長が急に消えた!とか幾つか聞いたりしましたし。オレが働いてた頃のCAVEでも店長じゃなかったですけど、上司の何人かは急に消えたりしてたし…。いやでもそういうのってある意味凄くわかるんですよね。だってオレもそれはそれは何度も何度も消えたくなりましたし(苦笑)。やっぱ夜の商売って、ある意味お客さんのストレス発散の場所であって、色んな人たちのストレスを受け止めて、酔っ払ったタチの悪いお客さんの相手をずっとしてると、たまに頭おかしくなる時ありますから(苦笑)。ただでさえ夜中って誰でもナーバスになりがちな時間帯だし、自分自身の将来の不安や悩みとかもあったりする時期だと余計に。そういう意味ではそういうのが急に嫌になって消えたくなるという衝動は痛いほどよくわかります(笑)。

11902470_1106207089407605_3640346646214519611_n

※2009年のハロウィンパーティでの草間彌生…。







オレって幼少の頃は有名になりたい願望が強いだけのアホな奴で。未だに憶えてますけど、中1の頃に後ろの席の女の子から「長澤くんて将来なになりたいの?」って聞かれて「有名になりたい」って漠然と答えてましたかね~。アホでしょ?(笑)。なんで有名になりたかったかっていうと、幼少の頃からなんせモテたい願望が強くて。とは言えコンプレックスだらけで自分に自信が無くて。でも世の中ってみんながみんなイケメンの王子様タイプが好きかというとそうでもなかったりするじゃないですか?だから、オレみたいな奴でもいいって言ってくれる女の子は少なからずはいるとは思うけど、有名になればその少なからずの絶対数が増えるじゃないですか?(笑)。通常100人中1人しかオレのことをいいと思わなくても、1万人に知られれば100人にいいと思ってくれる人が増える訳で(笑)。そんなアホなことを考えてましたね~。

996596_663483117013340_1831400322_n

※2013年8月開催の某ドゥーラグナイトにて…。







前にブログでも書きましたけど、1988年の10月19日のロッテvs近鉄の優勝を懸けた最終戦Wヘッダーを観て物凄く心を揺さぶられて。なんかアレを観てから、それまでの"有名になりたい願望"というものがちょっと失せたというか矛先が変わったというか。なんでしょうね?有名になるということよりも、人を感動させるということの方に魅力を感じる様になったというか。勿論有名になった方が、同じことをしても大勢の人を感動させられる訳なんですけど、1人でも心の底から感動させられれば、それって物凄いことなんじゃないかと思う様になって。なんかある日、感動して号泣してる時にふと思ったんですよね「感動して自然と涙が出るってなんて神秘的なんだ!そしてなんて素晴らしいことなんだ!」と(笑)。そしてそれを自分が与えたことによってだったらこんなに素晴らしいことはないんじゃないかとも。いや、ほんとにそう想うんですよね。

10888794_956614311033551_8243349422681379781_n

※2013年の大忘年会にて。同年ハロウィンでやったLINEのジェームズ再び…。








話しが脱線しましたが、とは言え心のどこかには一貫して「男たるもの、生まれてきたからには何かしら死ぬまでにこの世に名前を残したい!」的な願望も強くあって。それは有名無名問わず。男ってなにげに誰しも大なり小なりそういう願望ってあるんじゃないですかね?まあでも何も人より抜きん出た才能が無いオレは一体何が出来るんだろうか…?ってずっと思い悩んでましたかねえ。なにげに器用なイメージが強いとは思しますし、実際一般的に見れば器用な方かも知れませんが、逆にある意味器用貧乏というか。ある程度のことはある程度は出来るんですが、ある程度出来るとすぐ飽きちゃうんですよね。なので何もいっぱしにならないというか。早くから色んな人から認められたりしたし、もしかしたら1番可能性があったのはバーテンだったのかも?とかも思いましたが、これもすぐ辞めちゃったし。興味のあることは色々チャレンジしてきましたけど、どれも中途半端で終わってしまって…。まあ今は洋服のことを最終目標として日夜頑張ってますけど、これもゴールが果てしなさ過ぎていつになることやら、てかまずいつ芽が出ることやらってレベルですし。

1796689_512959012149978_1063853993_n

※2014年の病み上がり&大雪の悪夢のバレンタインイベントにて。








まあそう考えると、非常にちっちゃいちっちゃいスモールワールドな世界ではありますけど、ほんのちょっとだけこの世に名は残したのかもとか(笑)。だって普通に考えたら、もしこの先東京のナイトクラブ史を語る本とか出たとしたら、絶対何かしらの形でオレの名前がちょっとでも出ないとおかしいでしょってぐらいの快挙(?)ですからね〜。た、多分…。まあでもオレの場合、業界初の同一店舗で店長20年とかよりもむしろ、東京のクラブの酒の項で書かれる可能性の方がでかいかも知れませんけどね〜(そんな項があれば)。まあはっきり言ってこの業界でもオレのこと知らない人なんて全然いっぱいいるだろうし、クラブ業界自体も正直今は昔で言うとこのディスコみたいな店もクラブって同一線上になっちゃってるし、今やどこからどこまでがクラブなのかも何がクラブなのかも曖昧過ぎてわからない状況だしで、もはや語られない可能性もありますけど…(苦笑)。なので結論から言えば、恐らく業界史上初であろう同一店舗で20年店長やったとは言え、特に自慢にもならなければ、特に偉業とかにもならないかも知れませんけど。とは言えまあ言葉尻だけでも、"業界初"という響きはちょっと嬉しいもんですよ。どんだけちっちゃな世界でも。まあ誰も褒めてくれなくても称えられなくてもいいんです。とりあえず1人で嬉しそうに「業界初の快挙や!」とか「ヘタしたら世界的にも類をみない世界的な偉業やで!」とか大袈裟に言って身内の中での話しのネタとして今後も当分使っていこうと思ってますから(笑)。そんな訳で、店長20周年おめでとう!オレ!業界初の偉業達成おめでとう!オレ!恐らく世界初の快挙おめでとう!オレ!てかもう2ヶ月も経ったからいまいちタイムリー感に欠けてて若干残念!オレ!

11425234_10154072776183438_6364433931176033825_n

※今年6月の21周年のリアルアニバーサリーにて。