23



数年前から今にも潰れそうでなかなか潰れない三宿Webも、6月11日を持ちましてお陰様でどうにか無事23周年を迎えました。いやあ、毎回言ってますけどほんと奇跡ですよ。まあ奇跡って言葉簡単に使ってますけど、この奇跡感は恐らく誰にも伝わらないだろうなあ。ほんとそれぐらい細かい部分で奇跡的なことが数珠繋ぎ的に多いというか。いやそういうのが奇跡的に重ならないとあり得ませんもんやっぱ。この前もバーチーフの博之と話してたんですが、オレと博之の2人ともここ10年ぐらいで病欠で店休んだことってほとんど無いんですよ。オレがインフルエンザで致し方なく休んだのが1回ぐらいで。あとは暇な日に体調悪いから早上がりしたってのはお互いに数回あったぐらいで。2人のうちどっちか病気か怪我かしちゃったら、バーテン不足な昨今はクラブ営業はちょっと難しい現状なのに。いやあ、やっぱ東北人の根性はハンパないですよ(2人とも山形出身)。
beastie-boysout








そういうのを始めほんと色々と奇跡的なことが多いです。まあとは言えほんとうに沢山の皆様のお陰です。もはやそれ以外にございませんよ。今月のスケジュールなんてほんと凄過ぎだし。大箱で演っててもおかしくないイベントや出演者の方々も多々。三宿のあんな狭い場所で(苦笑)。去年も結構いいブッキング出来た感はありましたけど、それ以上のここ数年の周年記念月間でも一番のラインナップかと。ある意味もはや今月で閉店すんじゃないの!?(笑)ってぐらいの勢いの、初日から最終日まで最高のラインナップですよ。いやもうほんとうにうちみたいな店の為にありがたいの一言です。これもまた奇跡的と言えますね〜。本当にありがとうございます。


※先々週金曜日周年記念月間初日の【ウィークエンダー】から、midnight Camp a.k.a.ナイス橋本 feat. Gimmieのナイスなコラボ曲🎤ナイスくんとジミーちゃんはWebで知り合って意気投合して結構前からから曲作ってたんですが、なかなか完成しなくて。ようやくこのたび初めて人前で披露して。予想通りめっちゃカッコ良かったなあ〜。周年のタイミングで演ってくれたのも嬉しかったなあ。







毎年思うんですが、今となっては自分の誕生日よりも全然嬉しいもんですねえ。もはや我が子の誕生日みたいな感覚でしょうかね〜(子供いませんけど・苦笑)。沢山の色んな人達に「おめでとうございます」って言われるのがほんとうにありがたく思います。まあ中にはお祝いどころか水を差す人もいなくもないですが、最近はあんまりそういうのも気にならなくなってきたというか。昔は結構いちいち悲しくなったり落ち込んだりしてましたけど。いい意味での開き直り感というか。まあ世の中には色んな人がいますから。


※先々週の土曜日の【元・申し訳ないと】での嶋野百恵ちゃんの『恋は流星』🎤







数日間の濃厚なアニバーサリーイベントをやらなくなったのは2009年から。マンスリー化したのは2010年からなんですが、まあなんせ1ヶ月間という長丁場なのもあって、最初の頃とかは全くアニバーサリー感とかも薄くて、当日の出演者の誰からもお祝いの言葉もなくマイクもなくいつも通り淡々と営業終わったとかも結構あってズッコケてた想い出も多々(苦笑)。20周年を機にイベント全ての冠に【MISHUKU GOLDRUSH ○○】という風に付ける様にしたんですが、それだけでだいぶアニバーサリー感が出る様になりましたかねえ。去年から一夜限りのリバイバルイベントを増やしたこともあって更に助長された感はあります。
18839216_1399503223475809_2522670200864795970_n

※先々週の土曜日の【元・申し訳ないと】にて。DJ GEE a.k.a.浅川さんがボクと自撮りした写真を拝借。元はと言えば三宿Webのオープン当時は、浅川さんが社長を務める"アーティマージュ"が音楽担当のプロデュースだったんですよ。なので超オープン初期からの間柄でもある浅川さんとは、三宿Webの23周年というのは他の誰よりも感慨一塩だったりします。







ちなみに今年はリアルアニバーサリーの6月11日が日曜日だったんですが、また緩くバー営業でもしようかとも考えたんですけど今年は敢えて開催せず。って訳でリアルアニバーサリー前夜がリアルアニバーサリーみたいなモンだった訳なんですが、過去の人気イベント『Two,Three,Breaks!』のリバイバルで。最初はスケジュールの成り行きでたまたま6月10日土曜日になったんですが、リアル23周年前夜に『Two,Three,Breaks!』(23B)の一夜限りの復活って、もう色んな意味で最高でしたね〜。
DB6oQjlUAAAF2OP








23周年と23Bの23繋がり的な意味でも勿論ですが、主催のエイジくんは最近はもうイベントとかはやってはいませんけど、ほんとに三宿Web愛を非常に強く感じる1人で。重要なポイントポイントで未だ顔出したりしてくれるし。今やうちのスタッフでさえ1人として読んでいないこのアホみたいに長文のブログも毎回読んでくれてるし(笑)。いやもう恐らくナガサワブログ以前のホームページでのコラムページ『しゃべるでえしかし!』や『EXPLOSION!』の頃からほぼ毎回欠かさず読んでくれてるんじゃないですかね??(多分)。いやほんとボクにとっては非常に稀少な存在です。
NEWEIJI_0054

※これ2003年3月号のマンスリーの表紙の写真なんですが、昔の写真が余りにも稚拙な加工だったので、さっき改めて繊細に加工し直しました(笑)。








しかもちょうど20年前の6月10日もエイジくんDJ演ってたんですよね〜。しかも20年前はスカパラ・谷中さんのサポートで。20周年の時にも書いたかもですが、エイジくんは元々京都に住んでいて、当時スカパラチームがDJツアーとかで関西回る時とかにサポート付いたりしてたんですよ。その縁で最初は冷牟田さんがDJの時にうちにもサポートで来る様になって、初っ端ボクがDJやってて交代する時とかに、ボクが掛けてた曲のこととかで色々話し掛けられたのが切っ掛けで(多分)、その後も会う度に話す様になって徐々に仲良くなった気が。
image

※これちょうど20年前の97年6月のマンスリーのスケジュール。当時はDJ KIRINとしてやってました。









これまた20周年の時に書いたかもですが、エイジくんは今の奥さん(スーパー美人)とも一番最初に出逢ったのが三宿Webだったんですよね。それもあって結婚パーティーの司会もボクがやったり(まだまだ司会やりたての頃で今考えると酷い司会振りで未だにたまに思い出して反省且つ凹みますけど・苦笑)。あと一時代を築いた伝説のイベント『申し訳ないと』もうちでレギュラー始まったのは『Two,Three,Breaks!』に宇多丸さんがゲスト出演する時に告知フライヤーに誤って”申し訳ナイト”って入れちゃったのが切っ掛けで急遽ミッツィーさんも宇都宮からDJしに来ることになり、その時に仲良くなったのが切っ掛けで、まさかのレギュラー化に繋がったっていう縁もあったり。その辺の詳しくは非常に読み応えのあるこちら(【第4章】ウッカリ進出? <申し訳ナイト>が遂に東京へ!text by ミッツィー申し訳)で(笑)。
music140611_moushiwake_sub1








まあそんな公私共々非常に縁の深いエイジくん主催の『Two,Three,Breaks!』がリアル前夜ってのはほんとに感慨深いというかなんというか。結果ほんとに最高でした。しかしビックリしたのが、当日昔よく出入りしてた人がわんさか来たんですが、みんな全然変わりないというか。あれからもう20年近く経ってるのに(笑)。レッキンクルーのMCのシュンタにそんな話しをバー横でしたら(奴も全然変わってなかったけど)、「いやいや、ナガサワさんが一番変わってないですよ!(笑)」って言われましたけど(苦笑)。いやいやさすがにボクもだいぶ老けましたけどね…。しかしまあ出演者も含め当時の常連チームとかみんな30代後半から40代後半ぐらいまでだと思うんですが、みんな若い若い。見た目もそうだけど感覚が更に。いやでも感覚は前よりもいい意味で円熟味を増してたかも。みんないい味出してましたね〜。


※MASSAN feat.タケウチカズタケくんによる『We Get Up!!』🎤以前ブログでも書いた今年の1月末のリリパ以来のマッサン。早い時間の出演でしたが一瞬にしてマッサンワールドに染めてましたね〜。ほんとマッサンのライブは観出すとずっと観ていたくなるライブ。短い時間でしたけどやっぱ今回も非常に良かったです。







Dさんとかも写真とかで見たら結構老けたなあとかたまに思うことありましたけど、久々に逢ったけど全然老けてなかったし。まあでもDJ演る時に今回初のSERATOでのDJだったんですが、まるで初心者DJの様にあれこれどうすんだろ状態で(笑)。しかもようやくスタンバイ出来たと思ったら今度はヘッドホンから音出ない!ってなって周りは慌ててたんですが、よく見たらヘッドホンのスピーカー側のジャックを自分で足で踏んでて抜けてたっていうオチで(笑)。いやあ〜昔はDJの時もあんだけダンディーでカッコ良かったのに、自分でもマイクで言ってましたけどほんとお爺ちゃんかと思いましたよ(笑)。その後もだらだらとマイクで喋ってたら昔からDさんとは旧知の仲でボクも代官山時代ご近所だった大前さんから「早くやれよ!(笑)」って野次られたり(笑)。いやあ〜トラブルも含めアレはみんな笑ってたしなかなかホッコリしましたけど(笑)。

kuuchoさん(@kuucho)がシェアした投稿 -



※なんと検索したらそのシーンのインスタ動画出てきました(笑)。kuuchoさん勝手に貼っちゃってすみません!🙇


IMG_1838








なんかでも終始みんな笑顔で楽しそうでほんとにいいパーティーでしたね〜。最高にハッピー感あったなあ。まあしかしなんせ23周年に23Bですからね〜当時はこんな日が来るとは誰も夢にも思わなかっただろうし(笑)。いやでも営業最後の方にエイジくんとも話してたんですが、ボク的には20周年もやって貰ったし今回は半ばダメ元のオファーだったんですよ。受けたエイジくん的にも今回は難しいかもなあ〜と思いながらブッキング開始した的な。そしたら予想外にやれることになった的な。そしたらたまたま開催出来そうな日がリアル前夜だった的な。そういうたまたまの偶然が重なった的な。でもなんかそういうのもちょっとした運命というか縁を感じたりもしたりして。いやあ、ほんとに良かったなあ。



※仕事が入っちゃってたので今回は大自然抜きで代わりにDJ大都会(?)とkazukiくんがサポートDJでのトリカブトによる『CHUBBY』🎤バケラッタは久し振りでしたけど、スモーレストやシノはたまにソロで出てくれてるんですが、相変わらず3人ともちょーいい奴ら。久々に大自然とも逢いたかったけど。






ちなみに音止まった後にブース内でDさん・タイチマスター・エイジくんで喋ってたんですが『Two,Three,Breaks!』って来年でちょうど20周年なんですよ。なので来年もやろう!みたいな話しもあって(笑)。しかも更に再来年はうちの25周年なんでそこはやっぱどうしてもまたやって欲しい!って話しもあり(笑)。っていうか『申し訳』同様もはや年一ペースでもいいんじゃないか論まで出る始末(笑)。まあどうなることやら。その前に来年再来年までうちが無事続いてるかどうかが最大の問題ですけども(苦笑)。
IMG_1853

※Dさんがクリスペプラーのモノマネをやってたらしいんだけど全然似てなくて爆笑しているタイチマスターとエイジくん。ナガタツもわろてる(笑)。






まあそんなこんなで最高の形で23周年を迎えた訳なんですけど、表題にも付いてる「そして・・・」なんですが。実は遂に個人的に非常に怖ろしいことが起こってしまったんですよ…。三宿Webが23周年でオレ46歳、そう!なんと遂に人生の半分を三宿Webに費やしてしまったという…。もはや頭おかしいとしか言いようがないですよ…マジで。オレの人生こんな予定じゃ決してなかったのになあ…(遠い目且つ涙目)。いやあ冷静に考えるとマジで怖ろしいわ。若い頃の自分には口が裂けても言えませんよ。夢も希望もあったもんじゃない…。嗚呼、人生とはほんとうにわからないもんです…。おそロシア!
img018

※月刊ウェブ97年7月号の表紙用に撮った写真。コレ撮ってからちょうど20年経ってしまった…。おそロシア!







いやまあでも、これまたクラブ業界的に言えば世界的に見ても(見る必要もないけど)恐らくこんなことって世界初の快挙(?)だと思うんで(多分)、まあどんなことでも世界初なんてことは早々出来ることじゃないですから、っていう言い訳を自分に言い聞かせてますけど(苦笑)。こうなりゃなんならネタとして何かしらギネスでも申請したろかしら!とかも思ったんですが、ギネスって調べてみると意外と金が掛かるので無駄なことは止めときましたけど(笑)。
18836979_1662250263803282_6097361613771152069_o







とまあそんな訳で約半分消化した【MISHUKU GOLDRUSH 23】ですがまだまだ続きます。オモロイベントもまだまだ目白押しですので、是非とも今月どれか1日でも遊び来て頂ければ嬉しいです。いやほんとうに色んなことに感謝でございます。あんなへんぴな場所まで遊びに来てくれるお客様を始め、出演者の皆様や関係者の皆様は勿論ですが、新旧歴代のスタッフたちにも多大なる感謝を。正直な話し結局のところオレ1人じゃ何も出来ませんからね。いやあ、しょっちゅう頭に過ぎりますけどほんとうに心から感謝でございます。この感謝の気持ちを胸にあと2週間気合い入れて頑張ります。なので週末頼むし雨降らないで!そして皆さん遊びキテキテ!三宿Web23周年、皆さんのお陰です!いつもほんとうにありがとうございます!
18768525_1097520963687139_1476682301148206739_o