1491058_735084613186523_154634211_n



昨日で我が草野球部・三宿ニャンニャンタイガースの今季全日程が終了しました。
最終戦に当たって、個人的には久々に高いモチベーションで臨みました。
自身2年振りとなる打率3割がかかっていたからです。
野球をちょっと知ってる方ならご存知だとは思いますが、
打率3割というのは、一般的に打者としておおむね優れた成績とされ、
打者にとってはひとつの勲章でもあります。
勿論たかだか草野球ではありますが、
3割という数字は、誰しもどうしても欲しい響きではあります。

2年前は神懸かり的な活躍で、
チーム内の記録を塗り替えまくる様な有り得ない成績を残したものの、
昨年は草野球を始めて史上ワーストだったであろう、
.175という最悪な成績に終わり、内心今季は期するモノがありました。
昨年も結果が出なかったとはいえ、
一昨年の好成績に驕っていた訳では決してなく、
雨の日も風の日も、一年通して試合前は必ずバッティングセンターには通いましたし、
努力という部分では、手を抜いていた訳ではなかったんですよね。
なので心の中では「もしかして年齢による動体視力も含め、肉体的な衰えなのか・・・?」
とか色々考えてしまい、
今年結果が出せなかったらクビ切られるベテラン選手の如く、
今季に懸ける意気込みは並々ならにモノがあったんですよ。
でも今季もイマイチ調子が上がらず、打率も上がったり下がったりの繰り返しで、
なかなか3割のラインまではいかなかったんですよね。
なので今年の3割は半ば諦めかけてはいました。

1392026_533173596768262_83495190_n


実は去年の夏ぐらいから左肩にずっと違和感があって。
常に左肩が外れそうなってるというか、脱臼しそうな緩さがあって。
あと左腕だけ背中の後ろに手を回せなくなって。
激痛が走っちゃってダメなんですよ。
余りにおかしくて1度整形外科にも行ったぐらい。
なんせ打席に立って腕を上げて構えただけでも痛いぐらいだったので、
勿論スウィングすると痛みが走ってました。
ちょっとした引退前の阪神・金本みたいな。
それが今年の夏ぐらいまで、約一年ぐらい続いてたんですよ。
でも気が付けば夏以降はだいぶ痛みが無くなって。
秋ぐらいにはほぼ腕もある程度後ろに回る様にもなり、
以前の様な状態にまで戻りました。
それがバッティングに影響があったのか否かはわかりませんが
(振ったら痛いぐらいだったので恐らく多分にあったとは思いますが)、
10月後半から徐々に調子が上がっていくのを、
バッティングセンターの特訓においても実感する様になって。
結果もついてきて、気が付けば3割に乗せてました。
でもヒットが出ないとすぐに3割切りそうなポジションにはずっといたんで、
内心気が気ではなくて。
でもなんだかんだで残り1試合を残して、.311という微妙な打率。
当日の打数から計算すると、ヒット1本でも出たらほぼ3割確定。
逆に1本出ないとギリギリ3割下回るというなんともわかりやすい数字でした。

2013demo

※最終戦前の成績表。


勿論ここまで来たらなんとしても3割死守したいところ。
ヒット2本とかならかなりプレッシャーもキツいですけど、
1本ならなんとか打てるんじゃないか?っていうのもありましたし。
でも調べてみたら、最終戦の対戦相手のマキタ学級戦では、
今季過去2戦ともノーヒットだったんですよ、オレ。
あと前日グラウンドの空きをチェックしたら、11時からも空いてたので、
練習用に、もしくは他に対戦相手が見付かればWヘッダーしてもいい様にと、
急遽追加でグラウンドを押さえたんですよ。
9時からのグラウンドは、いつも恐らく誰よりも早く押さえてるので、
A面のグラウンドになることが多いんですが、
11時からのは勿論ギリギリになって押さえたので、
もしかしたら当初は9時からはA面の予定だったのに、
次の時間に合わせてどちらもB面になるんじゃないか…
と内心ずっと思ってたんですよ。
え?B面だと何がいけないの??って思いますよね?
いや、実は今季B面でのオレの打率が異常に悪いんですよ。相性悪いのかなんなのか。
前半もたったの2本。後半に入っては1本も打ってないという相性の悪さ。
勿論いつもはほぼA面が多いですし、B面は数えるほどしかないってのもありますけど、
今年の5月末には、
ファールフライを追ってフェンスへ激突して怪我するなんて事件もあったしで、
なんか個人的にはイマイチ縁起が良くないんですよね。
なので、未だノーヒットのマキタ学級戦で、尚かつ相性の良くないB面だったら、
ヒット1本打つのはなかなか難しいんじゃないかと思って…。
が、でも。余りの不安に事前に世田谷公園の管理事務所に電話して聞いてみたら、
明日はなんとどちらもA面だとのこと!!
ちょーテンション上がりましたよ!たったのそれだけで(笑)。
でもやっぱ、ジンクス的なのって精神的にもちょっと嫌だったし、内心ホッとはしました。
勿論ヒット1本打たなきゃ3割切るってのに変わりはないんですけど。

最近は週に1度のペースで通っていたバッティングセンターも、
さすがに今週は2回通いました。寒くて外出るのちょっと嫌でしたけど気合い入れて。
試合3日前には久々の筋トレも。
前日は飲みたいのをちょー我慢して酒を断ち、睡眠もバッチリ7時間ぐらいは取りました。
正直色々あって、本意ではなかったんですが、今季後半は朝まで飲んでたり、
ヘタしたら一睡もしないで試合に臨んだりしたことも多々あったんですが、
たまたまそういう日は運良くほぼ結果は出てて。
ノーヒットに終わったのは1試合だけだったと思います。
まあ勿論、逆にそういう日はいつも以上に気合い入れてやったのもありましたけど。
酒飲んでて遅刻とかしたらシャレにならん!ってことで、
ちゃんと時間通りに起きるのにまず必死でしたし。
でも結果はたまたま出てたんですが、朝まで酒飲んだりすると、
意外と元気で体は軽かったりもするんですが、
やっぱどうしてもスイングスピードはいつもより若干落ちるんですよ。
感覚も微妙にですけど鈍るというか。あと回を増すごとに疲れが出てきます。
実際今季猛打賞(1試合3安打)打った時は、前日禁酒した日でしたし。
なので、とりあえずどういう結果になっても悔いの無い様に、
最終戦に限っては万全の状態でいこうと思ってました。
前日バッティングセンター行った帰りには、地元の氏神様にもお詣りに行って来ました(笑)。
もうやれることは全部やっとこう的な。

1491077_734668283228156_2082412674_n


余談ですが、今日は4時間の長丁場だったので、
今季最終戦だし、今年一年の感謝を込めて、
ちょっと早起きしてチームメイト全員分のおむすび作ろうと思ってたんですけど、
予想外に7時までぐっすり寝てしまって実行出来ず…。
なんせオレのおむすびは作るのに時間が掛かるので、
最低でも逆算すると6時前には起きないと間に合わないんですよね。
みんな絶対お腹も空くだろうし、
1試合目終わった後にみんなに配ろうと画策してたんですけどね。
まあ「わしゃお母さんか!」とかも思いながらも(笑)、
作って持っていったら絶対みんな喜ぶだろうなあとは思いつつ。
まあ結局未遂に終わりましたけど。


写真


そんなこんなで1試合目スタート。オレは2番ファーストで先発出場。
勿論ヒット1本打って3割も目標ではあったんですが、
内心では、ヒット4本打ったらもしかしたら土壇場で打率3位入賞出来るかも!?
(最終戦始まる前まではチーム内打率5位)と思って、それもちょっとは狙ってました。
まあでも4安打なんてほぼ無理だと思いましたし、
まかり間違って打てたとしても、
上位にいるチームメイトがガンガン打てばどう頑張っても届かない差はあったので、
ほんのちょっとぐらいしか頭にはありませんでしたけど。
でも、ちょっとの可能性のそれを狙うにしても大事なのは1打席目だったんですよ。
そしてその1打席目・・・・
追い込まれてはいたんですが、なんとか外角のカーブに食らい付き、一塁横を襲う内野安打!!
いきなり1打席目で3割当確決定!!いや〜言うまでもなく激テンション上がりました!!

でも2打席目3打席目は本格派の相手ピッチャーに翻弄されて敢えなく凡退に終わり、
最終的には3打数1安打で最終戦を終了しました。
まあとりあえず当初の目標であった3割はなんとか死守出来ました。
チームも3ー1で辛勝!最終戦を有終の美で・・・
のハズが、当初は試合後に遊びで紅白戦でもやろうって話しだったんですが、
そんなに残れないって言ってた相手チームが、予想外にほぼ全員残れるらしく、
うちのチームメイトの大多数も、だったらもう1試合やりましょうよ!って話しになって。
11時から紅白戦の予定に合わせて、うちのメンバーだけでも13人も誘ってたし、
出場メンバーのやり繰りどうしよ??とか、2試合目の成績表も勿論用意なんてしてないし、
第一せっかく頑張ったオレの3割死守も、
もしかしたら2試合目凡退続いたらダメになっちゃかも知れないしで(泣)、
もうそれはそれは頭の中テンパりまくりましたよ(苦笑)。
でも、せっかくみんなもう1試合モードになってるし、
どうにかやり繰りするか!とばかりにそれからもう頭の中フル回転させて。
結局1人帰ったので12人で回すことになったんですが、
12人分の成績表も手書きで簡易に作成し始めたんですが、
もうこれがめんどくさいのなんのって!(笑)。
次はその12人をどう満遍なくコンスタントに守備機会を与えるかを考えて。
まあ実際これが1番めんどくさかったけど。
オレの3割に関しては、もうこの時点では内心、
「あぁ、一旦は3割死守出来て喜んでたけど、
恐らくこの試合で凡退積み重ねてギリギリ3割切りそうな気がするな…。
なんて酷いぬか喜びさすねん…。ネ申さま、意地悪過ぎまっせ!」
とか思いながらも、この頃にはほぼ内心「まあどうせオレの人生こんなもんや…」
ってある意味開き直ってましたねえ(苦笑)。
ぶっちゃけ人数が多かったので、敢えてオレは試合に出ないで、
打たないっていう選択肢もあったんですが(だと自動的に3割確定)、
そんなセコいことして3割確定しても、絶対心から喜べないと思って却下しました。
まあ人数多かったので、オレは守備には就きませんでしたが。

でも急遽ボーナストラックとして開催された2試合目も、
終わってみればなんと2打数2安打の大当たりで。
チームも最終回、1点差のビハインドをはねのけての劇的なサヨナラ勝ちで、
まさにこれ以上ない有終の美で最後を締め括りました。
監督としてもチームは連勝締めだわ、選手としても2年振りに3割超えれたわで、
言うことない最終戦となりました。激疲れましたけど…(笑)。
で、帰って早速2試合分の成績計算を。これがまためんどくさくて(笑)。
全部終わるまでなんだかんだで3時間半も掛かりましたからね。
仕事か!って自分でツッコミちょいちょい入れながら(泣)。
いやーマジで疲れました。

1454278_735138813181103_1923879562_n


全ての計算が終わり、チーム内主要打撃部門の結果が出たんですが、
ちなみにオレ、3割当確どころか、
終わってみればもう奇跡的としか言いようがない、
上位の2人がまさかの2試合ノーヒットだったのもあって、
最後の最後の土壇場での大逆転で、まさかの『最多安打』のタイトル獲得!
あとこれまた最後の最後でまさかの『打率』と『出塁率』の両部門3位入賞!
更には『本塁打』と『打点』も3位入賞!
と、急遽開催されたボーナストラックの試合が、
結果的にオレにとっては吉と働いた結末となりました。
いやー、全くの予想外だったので自分でもビックリでしたけど。
取れると思ってなかった最多安打も、打率と出塁率の3位入賞はほんとに嬉しい!
だって上位の2人はバリバリ高校までやってた本格派の2人なので、
その2人の次ぎに野球経験皆無のオレの名前が来るなんて、
オレにとってはこれ以上無い喜びですよ。まさに長年の地道な努力が報われた的な。
とは言え上位の2人とは、もう如何ともし難い差は歴然とありますけどね。
この先どんなに頑張っても埋めれなさそうなぐらいの差が…(笑)。
でもまあやはり、この結果に関しては単純に嬉しく思います。

SEISEKI2013


実は内心密かに狙ってたのは『打点王』でした。
試合数も残り少なくなってきて、
今年狙えるとしたら打点王ぐらいかなあ・・・ぐらい思ってました。
あと、神懸かり的な活躍をした2年前も、惜しくも1点差ではありましたが、
唯一取れなかったのが打点王だったし。
前にプロ野球ニュースで谷沢健一が言ってたんですが、
「やはりですね、チームにとっての貢献度という観点から言いますと、
やっぱり打点ですよ。如何に点に繋がるバッティングをしたかというのは、
チームにとっては非常に大事だと思うんですよねえ。」
って言ってたのを聞いてから、まさにそうだよなあ〜と共感してしまって。
それ以降、やっぱ打点王は狙いたい!とは常々思ってました。
なので3位に終わったのは残念でしたけど、
まあ後半チャンスで全然打てませんでしたからねえ、、、。
もっともっとチャンスに強い男になりたい。みんなの期待に応えられる男でありたい。
とは強く思います。それは野球だけではなく、人生においてもですけど。

さてそんなこんなで、終わってみれば今年はいいシーズンだったと思います。
出だしは雨で流れることも多くて、試合もなかなか序盤は消化出来なかったんですが、
後半はなんだかんだと試合数も増えて、昨年同様22試合も出来ましたし。
3年前に再結成して新たに再始動した猫虎なんですが、
ほんとにここにきていいチームになってきたなあと実感してます。
みんな真面目で協力的だし、やっててほんとに楽しいです。
いや、たかだか草野球なんて遊びでしか無いんですが、
せっかく遊ぶんなら一生懸命遊ぼうぜ!っていうのが猫虎に対するオレの中のテーマで。
今のチームメイトは、そういうのを充分に理解してくれていて、
ほんとうに気持ち良く野球をやらせて貰ってます。
誰かがミスとかしてもフォローしあえてるし。
いい仲間たちと楽しく日々コンスタントに野球が出来て、
ほんとに幸せだなあと実感してます。
野球チーム作るのは、勢いとかで意外と難しくはないかも知れませんが、
それをコンスタントに毎週の様に試合組んで運営していくって、
なかなか大変な作業なんですよ。むしろ遊びだから余計に。
でもそれって絶対に1人じゃ出来ることじゃなくて。
大勢のチームメイトの協力無くしては絶対に不可能なことです。
今のチームメイトには、もう本当に感謝しか無いですね。
勿論対戦相手の皆さんに対してもそうですけど。
そういう周りの人たちの為に、少しでも更に楽しく野球が出来る様に、
自分なりに色々と頭を使って、これからもいい環境作りが出来たらいいなあと思ってます。
そして来年も言うまでもなく、選手としてちょっとでも上を目指してまだまだ頑張ります。
いやほんとにねえ、こんな歳ですけど、ちょっとした男のロマンであり、青春ですよ。
野球のネ申さま、ありがとうー!!草野球最高!!


SANCHA


GAKUEN


nekologo2012