ナガサワブログ PART3~この熱い魂を伝えたいんや~

D級草どインディー老舗クラブ"三宿Web"店長ナガサワの趣味や考え方や日常が垣間見れる独り長文炎上ブログの続々編。

カテゴリ: 野球

1491058_735084613186523_154634211_n



昨日で我が草野球部・三宿ニャンニャンタイガースの今季全日程が終了しました。
最終戦に当たって、個人的には久々に高いモチベーションで臨みました。
自身2年振りとなる打率3割がかかっていたからです。
野球をちょっと知ってる方ならご存知だとは思いますが、
打率3割というのは、一般的に打者としておおむね優れた成績とされ、
打者にとってはひとつの勲章でもあります。
勿論たかだか草野球ではありますが、
3割という数字は、誰しもどうしても欲しい響きではあります。

2年前は神懸かり的な活躍で、
チーム内の記録を塗り替えまくる様な有り得ない成績を残したものの、
昨年は草野球を始めて史上ワーストだったであろう、
.175という最悪な成績に終わり、内心今季は期するモノがありました。
昨年も結果が出なかったとはいえ、
一昨年の好成績に驕っていた訳では決してなく、
雨の日も風の日も、一年通して試合前は必ずバッティングセンターには通いましたし、
努力という部分では、手を抜いていた訳ではなかったんですよね。
なので心の中では「もしかして年齢による動体視力も含め、肉体的な衰えなのか・・・?」
とか色々考えてしまい、
今年結果が出せなかったらクビ切られるベテラン選手の如く、
今季に懸ける意気込みは並々ならにモノがあったんですよ。
でも今季もイマイチ調子が上がらず、打率も上がったり下がったりの繰り返しで、
なかなか3割のラインまではいかなかったんですよね。
なので今年の3割は半ば諦めかけてはいました。

1392026_533173596768262_83495190_n


実は去年の夏ぐらいから左肩にずっと違和感があって。
常に左肩が外れそうなってるというか、脱臼しそうな緩さがあって。
あと左腕だけ背中の後ろに手を回せなくなって。
激痛が走っちゃってダメなんですよ。
余りにおかしくて1度整形外科にも行ったぐらい。
なんせ打席に立って腕を上げて構えただけでも痛いぐらいだったので、
勿論スウィングすると痛みが走ってました。
ちょっとした引退前の阪神・金本みたいな。
それが今年の夏ぐらいまで、約一年ぐらい続いてたんですよ。
でも気が付けば夏以降はだいぶ痛みが無くなって。
秋ぐらいにはほぼ腕もある程度後ろに回る様にもなり、
以前の様な状態にまで戻りました。
それがバッティングに影響があったのか否かはわかりませんが
(振ったら痛いぐらいだったので恐らく多分にあったとは思いますが)、
10月後半から徐々に調子が上がっていくのを、
バッティングセンターの特訓においても実感する様になって。
結果もついてきて、気が付けば3割に乗せてました。
でもヒットが出ないとすぐに3割切りそうなポジションにはずっといたんで、
内心気が気ではなくて。
でもなんだかんだで残り1試合を残して、.311という微妙な打率。
当日の打数から計算すると、ヒット1本でも出たらほぼ3割確定。
逆に1本出ないとギリギリ3割下回るというなんともわかりやすい数字でした。

2013demo

※最終戦前の成績表。


勿論ここまで来たらなんとしても3割死守したいところ。
ヒット2本とかならかなりプレッシャーもキツいですけど、
1本ならなんとか打てるんじゃないか?っていうのもありましたし。
でも調べてみたら、最終戦の対戦相手のマキタ学級戦では、
今季過去2戦ともノーヒットだったんですよ、オレ。
あと前日グラウンドの空きをチェックしたら、11時からも空いてたので、
練習用に、もしくは他に対戦相手が見付かればWヘッダーしてもいい様にと、
急遽追加でグラウンドを押さえたんですよ。
9時からのグラウンドは、いつも恐らく誰よりも早く押さえてるので、
A面のグラウンドになることが多いんですが、
11時からのは勿論ギリギリになって押さえたので、
もしかしたら当初は9時からはA面の予定だったのに、
次の時間に合わせてどちらもB面になるんじゃないか…
と内心ずっと思ってたんですよ。
え?B面だと何がいけないの??って思いますよね?
いや、実は今季B面でのオレの打率が異常に悪いんですよ。相性悪いのかなんなのか。
前半もたったの2本。後半に入っては1本も打ってないという相性の悪さ。
勿論いつもはほぼA面が多いですし、B面は数えるほどしかないってのもありますけど、
今年の5月末には、
ファールフライを追ってフェンスへ激突して怪我するなんて事件もあったしで、
なんか個人的にはイマイチ縁起が良くないんですよね。
なので、未だノーヒットのマキタ学級戦で、尚かつ相性の良くないB面だったら、
ヒット1本打つのはなかなか難しいんじゃないかと思って…。
が、でも。余りの不安に事前に世田谷公園の管理事務所に電話して聞いてみたら、
明日はなんとどちらもA面だとのこと!!
ちょーテンション上がりましたよ!たったのそれだけで(笑)。
でもやっぱ、ジンクス的なのって精神的にもちょっと嫌だったし、内心ホッとはしました。
勿論ヒット1本打たなきゃ3割切るってのに変わりはないんですけど。

最近は週に1度のペースで通っていたバッティングセンターも、
さすがに今週は2回通いました。寒くて外出るのちょっと嫌でしたけど気合い入れて。
試合3日前には久々の筋トレも。
前日は飲みたいのをちょー我慢して酒を断ち、睡眠もバッチリ7時間ぐらいは取りました。
正直色々あって、本意ではなかったんですが、今季後半は朝まで飲んでたり、
ヘタしたら一睡もしないで試合に臨んだりしたことも多々あったんですが、
たまたまそういう日は運良くほぼ結果は出てて。
ノーヒットに終わったのは1試合だけだったと思います。
まあ勿論、逆にそういう日はいつも以上に気合い入れてやったのもありましたけど。
酒飲んでて遅刻とかしたらシャレにならん!ってことで、
ちゃんと時間通りに起きるのにまず必死でしたし。
でも結果はたまたま出てたんですが、朝まで酒飲んだりすると、
意外と元気で体は軽かったりもするんですが、
やっぱどうしてもスイングスピードはいつもより若干落ちるんですよ。
感覚も微妙にですけど鈍るというか。あと回を増すごとに疲れが出てきます。
実際今季猛打賞(1試合3安打)打った時は、前日禁酒した日でしたし。
なので、とりあえずどういう結果になっても悔いの無い様に、
最終戦に限っては万全の状態でいこうと思ってました。
前日バッティングセンター行った帰りには、地元の氏神様にもお詣りに行って来ました(笑)。
もうやれることは全部やっとこう的な。

1491077_734668283228156_2082412674_n


余談ですが、今日は4時間の長丁場だったので、
今季最終戦だし、今年一年の感謝を込めて、
ちょっと早起きしてチームメイト全員分のおむすび作ろうと思ってたんですけど、
予想外に7時までぐっすり寝てしまって実行出来ず…。
なんせオレのおむすびは作るのに時間が掛かるので、
最低でも逆算すると6時前には起きないと間に合わないんですよね。
みんな絶対お腹も空くだろうし、
1試合目終わった後にみんなに配ろうと画策してたんですけどね。
まあ「わしゃお母さんか!」とかも思いながらも(笑)、
作って持っていったら絶対みんな喜ぶだろうなあとは思いつつ。
まあ結局未遂に終わりましたけど。


写真


そんなこんなで1試合目スタート。オレは2番ファーストで先発出場。
勿論ヒット1本打って3割も目標ではあったんですが、
内心では、ヒット4本打ったらもしかしたら土壇場で打率3位入賞出来るかも!?
(最終戦始まる前まではチーム内打率5位)と思って、それもちょっとは狙ってました。
まあでも4安打なんてほぼ無理だと思いましたし、
まかり間違って打てたとしても、
上位にいるチームメイトがガンガン打てばどう頑張っても届かない差はあったので、
ほんのちょっとぐらいしか頭にはありませんでしたけど。
でも、ちょっとの可能性のそれを狙うにしても大事なのは1打席目だったんですよ。
そしてその1打席目・・・・
追い込まれてはいたんですが、なんとか外角のカーブに食らい付き、一塁横を襲う内野安打!!
いきなり1打席目で3割当確決定!!いや〜言うまでもなく激テンション上がりました!!

でも2打席目3打席目は本格派の相手ピッチャーに翻弄されて敢えなく凡退に終わり、
最終的には3打数1安打で最終戦を終了しました。
まあとりあえず当初の目標であった3割はなんとか死守出来ました。
チームも3ー1で辛勝!最終戦を有終の美で・・・
のハズが、当初は試合後に遊びで紅白戦でもやろうって話しだったんですが、
そんなに残れないって言ってた相手チームが、予想外にほぼ全員残れるらしく、
うちのチームメイトの大多数も、だったらもう1試合やりましょうよ!って話しになって。
11時から紅白戦の予定に合わせて、うちのメンバーだけでも13人も誘ってたし、
出場メンバーのやり繰りどうしよ??とか、2試合目の成績表も勿論用意なんてしてないし、
第一せっかく頑張ったオレの3割死守も、
もしかしたら2試合目凡退続いたらダメになっちゃかも知れないしで(泣)、
もうそれはそれは頭の中テンパりまくりましたよ(苦笑)。
でも、せっかくみんなもう1試合モードになってるし、
どうにかやり繰りするか!とばかりにそれからもう頭の中フル回転させて。
結局1人帰ったので12人で回すことになったんですが、
12人分の成績表も手書きで簡易に作成し始めたんですが、
もうこれがめんどくさいのなんのって!(笑)。
次はその12人をどう満遍なくコンスタントに守備機会を与えるかを考えて。
まあ実際これが1番めんどくさかったけど。
オレの3割に関しては、もうこの時点では内心、
「あぁ、一旦は3割死守出来て喜んでたけど、
恐らくこの試合で凡退積み重ねてギリギリ3割切りそうな気がするな…。
なんて酷いぬか喜びさすねん…。ネ申さま、意地悪過ぎまっせ!」
とか思いながらも、この頃にはほぼ内心「まあどうせオレの人生こんなもんや…」
ってある意味開き直ってましたねえ(苦笑)。
ぶっちゃけ人数が多かったので、敢えてオレは試合に出ないで、
打たないっていう選択肢もあったんですが(だと自動的に3割確定)、
そんなセコいことして3割確定しても、絶対心から喜べないと思って却下しました。
まあ人数多かったので、オレは守備には就きませんでしたが。

でも急遽ボーナストラックとして開催された2試合目も、
終わってみればなんと2打数2安打の大当たりで。
チームも最終回、1点差のビハインドをはねのけての劇的なサヨナラ勝ちで、
まさにこれ以上ない有終の美で最後を締め括りました。
監督としてもチームは連勝締めだわ、選手としても2年振りに3割超えれたわで、
言うことない最終戦となりました。激疲れましたけど…(笑)。
で、帰って早速2試合分の成績計算を。これがまためんどくさくて(笑)。
全部終わるまでなんだかんだで3時間半も掛かりましたからね。
仕事か!って自分でツッコミちょいちょい入れながら(泣)。
いやーマジで疲れました。

1454278_735138813181103_1923879562_n


全ての計算が終わり、チーム内主要打撃部門の結果が出たんですが、
ちなみにオレ、3割当確どころか、
終わってみればもう奇跡的としか言いようがない、
上位の2人がまさかの2試合ノーヒットだったのもあって、
最後の最後の土壇場での大逆転で、まさかの『最多安打』のタイトル獲得!
あとこれまた最後の最後でまさかの『打率』と『出塁率』の両部門3位入賞!
更には『本塁打』と『打点』も3位入賞!
と、急遽開催されたボーナストラックの試合が、
結果的にオレにとっては吉と働いた結末となりました。
いやー、全くの予想外だったので自分でもビックリでしたけど。
取れると思ってなかった最多安打も、打率と出塁率の3位入賞はほんとに嬉しい!
だって上位の2人はバリバリ高校までやってた本格派の2人なので、
その2人の次ぎに野球経験皆無のオレの名前が来るなんて、
オレにとってはこれ以上無い喜びですよ。まさに長年の地道な努力が報われた的な。
とは言え上位の2人とは、もう如何ともし難い差は歴然とありますけどね。
この先どんなに頑張っても埋めれなさそうなぐらいの差が…(笑)。
でもまあやはり、この結果に関しては単純に嬉しく思います。

SEISEKI2013


実は内心密かに狙ってたのは『打点王』でした。
試合数も残り少なくなってきて、
今年狙えるとしたら打点王ぐらいかなあ・・・ぐらい思ってました。
あと、神懸かり的な活躍をした2年前も、惜しくも1点差ではありましたが、
唯一取れなかったのが打点王だったし。
前にプロ野球ニュースで谷沢健一が言ってたんですが、
「やはりですね、チームにとっての貢献度という観点から言いますと、
やっぱり打点ですよ。如何に点に繋がるバッティングをしたかというのは、
チームにとっては非常に大事だと思うんですよねえ。」
って言ってたのを聞いてから、まさにそうだよなあ〜と共感してしまって。
それ以降、やっぱ打点王は狙いたい!とは常々思ってました。
なので3位に終わったのは残念でしたけど、
まあ後半チャンスで全然打てませんでしたからねえ、、、。
もっともっとチャンスに強い男になりたい。みんなの期待に応えられる男でありたい。
とは強く思います。それは野球だけではなく、人生においてもですけど。

さてそんなこんなで、終わってみれば今年はいいシーズンだったと思います。
出だしは雨で流れることも多くて、試合もなかなか序盤は消化出来なかったんですが、
後半はなんだかんだと試合数も増えて、昨年同様22試合も出来ましたし。
3年前に再結成して新たに再始動した猫虎なんですが、
ほんとにここにきていいチームになってきたなあと実感してます。
みんな真面目で協力的だし、やっててほんとに楽しいです。
いや、たかだか草野球なんて遊びでしか無いんですが、
せっかく遊ぶんなら一生懸命遊ぼうぜ!っていうのが猫虎に対するオレの中のテーマで。
今のチームメイトは、そういうのを充分に理解してくれていて、
ほんとうに気持ち良く野球をやらせて貰ってます。
誰かがミスとかしてもフォローしあえてるし。
いい仲間たちと楽しく日々コンスタントに野球が出来て、
ほんとに幸せだなあと実感してます。
野球チーム作るのは、勢いとかで意外と難しくはないかも知れませんが、
それをコンスタントに毎週の様に試合組んで運営していくって、
なかなか大変な作業なんですよ。むしろ遊びだから余計に。
でもそれって絶対に1人じゃ出来ることじゃなくて。
大勢のチームメイトの協力無くしては絶対に不可能なことです。
今のチームメイトには、もう本当に感謝しか無いですね。
勿論対戦相手の皆さんに対してもそうですけど。
そういう周りの人たちの為に、少しでも更に楽しく野球が出来る様に、
自分なりに色々と頭を使って、これからもいい環境作りが出来たらいいなあと思ってます。
そして来年も言うまでもなく、選手としてちょっとでも上を目指してまだまだ頑張ります。
いやほんとにねえ、こんな歳ですけど、ちょっとした男のロマンであり、青春ですよ。
野球のネ申さま、ありがとうー!!草野球最高!!


SANCHA


GAKUEN


nekologo2012

21


前回の約1年3ヶ月振りとなるブログを予想外に色んな人に読んで頂いた様で、
「読みましたよ〜!」って言われることが結構あって、非常に嬉しかったです。
あんな長文をわざわざありがとうございます(笑)。
それに気を良くしたのもあって、またまさかの更新です。
今回もアホみたいに無駄に長文ですけど。
しかもブログのタイトルをまたしれっと変えました。
サブタイトルはなんかピンときたので、
上田正樹とサウストゥサウスのアルバム名から取りました。

さて本題に入りますが、
先週の水曜日、対ピエール学園との今季最終戦に於いて、
我が草野球チーム・三宿ニャンニャンタイガースの、
初のチーム内首位打者を獲得しました。
それはそれは本当に、長年に渡っての悲願の達成であり、快挙でもありました。

三宿ニャンニャンタイガースについては、
気が付けば2008年04月16日以降書いてなかったんですが、実は紆余曲折あって。
2008年は人数不足等もあって、シーズン半ばで試合が組めず活動終了。
実はこの年から、とある理由でかなり野球に対するモチベーションが激減していて、
バッティングセンターもほとんど行くこともなく、
打率も.167という過去最低な成績でした。
試合場には行っても試合に出ないことも多かったですねー。
とにかく立場上、責任感だけでチーム運営をやってた感は強かったです。

2009年になって、激減した野球に対するモチベーションとは裏腹に、
個人的にちょっとやりたいことがあって。
久々に格闘技のジムへ通いたくなったんです。
学大に引っ越した直後に、色々調べてみたらチャリで通える距離に、
小野寺力主催のRIKIXというキックボクシングのジムがあって。
当時はPRIDE等で活躍していた多数の有名選手(吉田・中村・長南・ルミナとか)も通うジムで、
引っ越した直後から実はそこに通いたいなあとは思ってました。
でも野球と並行してキックのジムに通うのは、
さすがにちょっとしんどいかなあというのがあって、
なかなか入会するまでには至りませんでした。

そんな理由もあって、最初は個人的に1年間休止する予定だったんですが、
そのことをメンバーに相談したところ、
ただでさえ現状の人数不足にも増して、他に仕切れる人間が不在という現実もあり、
協議の結果、野球部自体を1年間休止することになったんですよ。
でも元々調子が悪かった首が、実は軽度の頸椎ヘルニアと診断されてから、
運動すること自体がちょっと不安になったのもあり、
結局ジムには通わなかったんですけどね。
2010年になっても野球に対するモチベーションが上がることもなく、
首の調子も微妙なこともありまた1年の休部を考えたんですが、
他のメンバーのことをこのまま放置させておくのは申し訳ないということもあり、
一時解散を決定しました。

解散決定後、首の調子のこともあって、
自分に最適な枕をずーっと探していて色々調べまくって、
ようやく遂に自分に合った枕を見付けました。
そしてその後は、首の具合が劇的に良くなって。
勿論たまには軽く痛むこともありましたが、以前の様な激痛が走ることはほぼ無くなりました。
そんなこともあり、ちょっとづつまた野球に対するモチベーションが高くなってきてました。

そして昨年末辺りには、首の具合もかなり良くなって、
これなら出来るなんじゃないか?というレベルまできたことも手伝い、
やっぱりまた野球したいなあと思うようになりました。
そして今年の初めに、昔のメンバーに連絡を取って集まれる人間だけで活動を再開させました。
最初は人数も少なくて、かなりゆる~い感じでのスタートでしたが、
ムリムリに試合組んだりするうちに新しくだいぶ人数も増えてきて、
気が付けば昔の様に、ほぼ毎週の様に試合組んでやる様になってました。
昔のメンバーとはガラッと入れ替わったこともあり、以前よりも純粋に、
"三宿Webに集まる人間達による草野球チーム"という色がかなり強くなりました。
でもそれって休部中にたまに考えていたことでもあり、
次にもし野球チームをやるならそういうチームにしたいなあという願望はありましたねー。
ユニフォームに三宿Webのロゴ入れてもいいぐらいの感じというか。
とまあ長くなりましたがそんな流れだった訳です。

ここでも何度も書いてますが、
元々オレって野球経験というものが無く(高校の時はバスケ部)、
小学生の頃に空き地で野球ごっこみたいなのをやってたレベルだったので、
2001年6月に思い付きや勢いで三宿ニャンニャンタイガースを作った当初も、
ほんとにもうどヘタの極みで。
でもチームの長のオレがどヘタでは話しにならないという想いから、
とりあえずバッティングだけは何とかしようと思い、
バッティングセンターに通い始めるも、
最初なんて一切バットにボールが当たらないんですよ。
え?うそでしょ??ってぐらいに。
2、3日通ってもほとんど前にボールが飛ばなかったんです。
行けども行けども全然上達しなくて、
バッティングセンターに行く度に悔しくて泣きそうになってましたねー。
ワラをもすがる想いでバッティングの参考書を買って、
色々と工夫してやってみるうちにだいぶボールが前に飛ぶようになって。
あれでかなりバッティングの基本の部分を理解したのかも知れません。

それからは暇を見付けてはバッティングセンターに通いました。
もうほんとに、エビスボウルやオスローには累計幾ら使ったかわからないぐらい。
恐らく相当な金額は注ぎ込んだのではないでしょうか?
その成果もあって、バッティングの方はめきめきと上達していきました。
2005年には才能が開花、当初から地道に研究・鍛錬していた独特の、
右打者なのに"右方向に引っ張る"打撃も功を奏し、ヒットを量産しました。
首位打者で迎えたその年のシーズン最終戦Wヘッダー、
1試合目でいきなりベースを踏み外し右かかとを負傷、
ろくに歩けない状態になってかばう余りに左膝までおかしくなり、
2試合目にはちょっとした"事件"の余波で、
試合中に何度もグラウンド外に出ては、とある人と色々と話したり、
わさわさと電話で連絡を取りあったりと、
野球に集中出来る状態ではなくなってしまったことも災いして、
結果惜しくも、たったの2厘差で無念のチーム内打撃成績2位に終わりました。

2007年、またバッティングの調子が絶好調で、
再び首位打者を狙えるチャンスがやってきました。
2年前に悔し涙を流したのもあって、今度こそは!と内心意気込んでました。
後半戦はほぼずっと首位打者をキープして満を持して迎えた最終戦、
シーズン途中から参加し出した当時のうちのスタッフの子が、
なんと最終戦でギリギリ規定打席に達し、高打率のまま一気に首位打者に浮上し、
最多安打のタイトルは獲ったものの、これまた無念の2位に終わりました。

最後の最後の最終戦に引っ繰り返されるという悪夢を、
しかも2度も経験してしまったこともあり、
どんなに頑張っても一生獲れないんじゃないか?とか、
2度とチャンスさえ巡ってこないんじゃないか?とか、
自暴自棄になったりもしましたねー。
ほんとに、こんなに人一倍努力してるのになんで??と、
やり切れない気持ちでいっぱいでした。

やっぱり努力って、その分結果に出れば更にやる気に繋がるもんですけど、
なかなか結果に現れないと、モチベーションを維持するのが大変なもんです。
まあ元々考えたら、野球経験の全くないオレが、
ちょっとぐらいバッティングセンターに通ったぐらいで、
チーム内首位打者なんかになれるハズもなかったんですよね。
少しばかりの努力で結果が出るほど、世の中そんな甘いもんじゃないし。
そういう人生や社会の厳しい現実を、
過去2度の悲劇で嫌というほど思い知らされた感はあります。

そんなこともあって多少の開き直りもあって、
今年もまたバッティングセンターに通いだしましたけど、
昔の様に悲壮な想いというか、変なプレッシャーは何故かなかったんですよね。
あと、休部中はもうほとんどバッティングセンターに行くこともなかったんですが、
久々に行きだしても体はやっぱり憶えていて、そこまで調子は落ちて無くて。
結果は出ませんでしたが、積み重ねた努力は無駄じゃないなあとは思いましたね。

今年また試合をする様になってから、
ヒットも序盤からコンスタントに出てはいて、打率も結構安定してました。
前半戦終了時には辛うじて首位打者の位置にもいましたし。
まあでもその頃は、先も長いしこれっぽっちも意識はしてなかったですけどねー。
どうせまた無理でしょ〜的なのもどっかにありましたし(笑)。

後半戦は対戦相手を若干変えたこともあって、
前半軒並み高かったチーム打率自体もだいぶ下がってきてて。
オレの打率もそれに比例してゆっくりと下降していきました。
でも後半から余り出れなくなったメンバーがいて、
そのメンバーがずっと前半の高打率のまま居座ってたので、
うわ〜こりゃヘタしたら最後まで規定打席足りてこのまま終わっちゃうパターンだから、
今年は幾ら頑張ってもまた首位打者は無理だな〜とは思ってました。

一応コンスタントにはヒットは打ってましたが、だいぶ打率も下がってきて、
それ以上に週に1度行くバッティングセンターでの調子自体も良くないこともあり、
ちょっと納得がいくバッティングがなかなか出来なかったので、
11月頃から頑張って週に2度バッティングセンターに通うことにしたんです。
ほぼ毎週試合組んでたんですが、結構仕事で忙しい週も多々あって、
正直野球にそんな時間や体力を費やしてる場合ではなかった時もありましたが、
どんなに忙しかろうと疲れていようと、必ず週に2度通う様にしました。

その効果は絶大で、だいぶバッティングセンターでも納得のいく感じで打てる様になり、
試合でもヒットを量産、最後の5試合は毎回2安打以上は確実に打ってました。
それと同時にずっと高打率で居座ってたメンバーが、
規定打席不足や打率の低下等で次々とあれやこれやと消えていき、
残り2試合の時点では、気が付けば再び首位打者になってました。
でも過去2度も悪夢を経験してるのもあって、
さすがに最後の最後まで予断は許さないと思って臨んだ最終戦。
見事4打数3安打の猛打賞で、終わってみればもうぶっちぎりで、
遂に悲願のチーム内首位打者を獲得しました。
ちなみに終わってみれば個人的には過去最高の成績で、
首位打者以外でも安打数もダントツ、
数は激少ですが本塁打王、出塁率1位にも輝きました。
最終的には無念としか言いようがありませんが、
最終戦で僅か1点差を付けられて惜しくも逃した打点王は悔しかったですねー。
それさえ獲っていれば、
三宿ニャンニャンタイガース初のチーム内三冠王(打率・本塁打・打点)だったんですよ。
まあでもそんなの欲張り過ぎですけどね。
とりあえず2番バッターというポジションとしては、
1年を通して上出来過ぎる成績は残せました。
※詳しい打撃成績は下記でどうぞ。
http://m-web.tv/2011result.html

三冠王をあと1歩というところで逃したのと、
2勝2敗で迎えた決着戦の試合で、
途中結果的に負けに繋がる点を許すエラーもしてしまったこともあり、
精神的には手放しには喜べずテンションもそこまで上がりませんでしたが、
まあそれでもさすがに念願の首位打者を獲れたのは感無量ではありました。
いやほんと、野球経験の無いオレが長年に渡り努力に努力を重ねて、
やっとの想いでチーム内首位打者を獲れたということは、
オレの中ではちょっとした"男のロマン"だったんですよね。
もうほんと、雨の日も風の日も落ち込んでる日も忙しい日も、
頑張ってバッティングセンター通いましたからね。
いや、40のおっさんですけど、ちょっとした青春でしたよ。
しかも記念すべき、三宿ニャンニャンタイガース結成10周年イヤーに獲れたというのも、
個人的には本当に感慨も一塩でした。

やったことある人にしかなかなかわからないもんですが、
野球チームって運営していくのが思っているよりずっと大変で。
メンバー集めて連絡取って、グラウンド押さえて審判手配して、
毎週のように対戦相手を探して、重たいチームの野球道具を運んでって、
ある意味ちょっとした仕事してる感覚さえもあるぐらいです。
昔は手分けしてましたけど、今は全部1人でやってるので余計に労力はハンパないです。
でも正直しんどいですけど、精神的には前よりもずっと楽だし、楽しいんですよね。
その分気を遣わず自分で好きな様に決められるし。
今は色んな意味で自分のチームという感じが凄いしますね。
以前は結構色んなことに気を遣ってた部分はありましたし。
勿論今も色々気を遣うところは多々あるんですが、
そこまで疲れないというか。
いや、新生猫虎になってからは、そこが1番気持ち良く、心地良いところでしょうか。
ほんと、色々ありましたけど、10年頑張って続けて良かったなあと思います。

また無駄にだらだらと長くなってしまいましたが、
まあ10年越しの悲願だったのでお許しを。
てかさすがに今回は途中で読むの挫折した人も多そうですけど(笑)。
野球に興味ない人は全然意味わからないでしょうし。
来年はユニフォームも一新して、更にバッティングにも磨きをかけて、
これまで以上に草野球を同志と共に楽しもうと思ってます。
いや、今年も結果的に18試合も出来ましたが、
ほんと草野球出来てるって現実をつくづく幸せなことだと思います。
いつまで出来るかはわかりませんが、まだまだこの先も、
出来る時に、出来る限り、出来るだけ、青春を謳歌したいと思ってます。

21-2

っていうかどうでもええけど審判さん、うちのチーム名はしょり過ぎやろ!!(笑)

530003cd.jpg

昨日朝9時から、快晴の中、
新生三宿ニャンニャンスタジアム(世田谷公園軟式野球場とも言う)で、
三宿ニャンニャンタイガースの今季開幕戦が行われました。

月曜朝までの雨っぷりで、
昨年までならもう9割方中止でしょ!って感じでしたが、
月曜の夕方頃に心配で世田谷公園事務所に電話してみると、
あっさり「もう昼から使ってますよ」との事。
すげーッス!
ほんとに水捌けが悪くてどうしようもない球場だったんですが、
人工芝効果がいきなり出たって感じでした。

さて開幕戦の相手は昨年に引き続き、
毎回ウチとは好ゲームを展開中のピエール学園。
でもなにげに05年11月以来勝ってないので、
今回は一矢報いたいところ。

昨年の開幕戦も、
瀧さんが日テレ「\トシガイ」出演用の野球シーンを、
テレビクルーが撮影してたんですが、
今年も又なにやらテレビクルーが来てて。
聞いてみると今度は、
スペースシャワーTVでの瀧さんとスチャダラ・アニさんの番組で、
流す用の画を撮りに来たとの事。
尚、放送予定日は5月2日らしいので、
スペシャ見れる環境にある方は要チェックしてみてください。

試合の方なんですが、
猫虎初の一度も練習しないでの開幕ともあって、
各自かなり体が重そうでしたが、
久々参加の初期猫虎メンバー・川健くんの、
抜群の制球力のナイスピッチングもあって、
五回終わって3-0と我が猫虎リード。
まあ正直、勝ちに拘るのであれば、
そのまま七回まで健くん続投でも良かったんですが、
ウチの他のピッチャー陣にも調整登板的に投げさせたかったので、
六回以降は継投策に。
六回のピンチもなんとか切り抜けて、
このままいけそうかなあとは思ってたんですが、
最終回にエラーやらなんやらで4点取られ、
まさかの逆転負け。

まあ今日は勝敗は度外視して、
いいゲームが出来ればいいかなあとは思ってはいましたが、
結果的に相手チームのテレビプログラムからすれば、
コレ以上ないドラマティックなストーリーを逆演出してしまいました(笑)。
サヨナラ勝ちだったらもう完璧だったでしょうねー。

まあそんな訳で、
開幕戦からまさかの最後の最後での劇的な逆転負けという、
悔しい結果とはなりましたが、
とりあえず今年も我が草野球部も始動開始といった感じです。
試合後もみっちり二時間練習したんですが、
久々という事もあり、
未だに体の節々が筋肉痛で悲鳴をあげてます。
まあ毎年初回はいっつもこうなるんですけどね。

個人的には、
先週一週間で二回筋トレ、
五回バッティングセンター通いと、
かなり気合入れて今日に臨んでたんですが、
前日ついうっかり朝四時まで飲んでしまい、
まだ若干酒が抜けきってない様な状態で、
テンションは高かったんですが、
二打数ノーヒット、
しかも三振も喫してしまうという最悪なスタートでした。。。

昨年の最終戦同様、
個人的にもチーム的にも、
良くも悪くも色んな事を感じとれた開幕戦ではありましたが、
まあ今年も地道にがんばりますわ。

あ、あと余談ですが、
今まで猫虎の活動は、
"三宿ニャンニャンタイガース ヘッドオフィス"が管轄してたんですが、
今年から名前を新たに"ニャニーズ事務所"に変更する事になりました。
勿論オレはニャニー長沢で。
まあ勝手にせえって感じでしょうけど!

422f63f2.jpg

昨日のブログでも書いた様に、
今日夕方、行って来ました世田谷公園。
なんと今日が、
リニューアルしてから一般使用OKとなった、
こけら落とし日だったみたいです。

平日の朝しか使った事なかったんですが、
野球場の入り口付近では、駐車場待ちで道路は渋滞、
球場の周りも、
バイクや自転車も停める所がないぐらい停まってました。

さて期待感大で球場内に早速入ってみたんですが、
人工芝だけでなく、
ほんとに何から何までリニューアル!

最新式のふかふかの人工芝は、予想以上にちょーいいです!
あとラインもベースも固定になっていて、
入り口やダッグアウトも全面リニューアル。

ただちょっと、
人工芝になってから、
サッカーの使用も可能になったので、
サッカー用のラインも引いてあるのと、
マウンドがサッカーのコートに入らない様に、
楕円形になっちゃってるのと、
マウンドとバッターボックスの部分だけ土なんですが、
土を入れ替えたばかりだからか、
土が軟らか過ぎるんですよ。
まあでもそれぐらいですかね。

試合前に審判さんが、
「土のグランドと違って、スライディングすると熱持つから気を付けて!」
って言ってたんですが、
芝が深いのもあってか、
スライディングした人に聞いてみると、
「全然大丈夫、逆に気持ちいい(笑)」
って言ってました。
むしろ逆に土のグランドよりも勢いよく滑るみたいなので、
スライディングはしやすくなったみたいです。
でもプラス固定ベースなので、
気を付けてスライディングしないと、
怪我の恐れもありそうです。

あと予想通り打球は結構死にますね。
イレギュラーはしなさそうですけど。
内野は今までよりもちょっと浅めに守らないと、
内野安打が増えそうです。

でもほんと、
ユニフォームは汚れない。
スパイクも汚れない。
使用後のトンボ掛けやベースの片付けも必要なしと、
個人的にはかなり気に入りました。
いや、マジで神宮とかよりも全然いいですよ。

今日はおまけに初ナイターまで経験してしまいました。
照明がちょー綺麗!
かなり明るいので全然問題なかったです。
いや、ナイターって結構いいもんだなあと思いました。

今日は約3ヶ月間一切運動してなかったツケが思いっきり出て、
体は重いわ堅いわ動かないわガッタガタだわ、
動体視力やスイングスピードは落ちまくってるわで、
恐らく生涯初の3三振という不甲斐ない結果でした。

再来週の開幕に向けて、
気を入れ直して特訓し直さねばと思いました。
いや、マジで去年の12月頃のコンディションを考えると、
全く別人の様な感じでしたよ。
なんじゃこりゃ?ってぐらい。
最近ちょっと忙しいんですけどね。
まあでも、今年もがんばります。

とまあ、ニュー世田谷公園軟式野球場レポでした。
かなりいいですよ!
ニュー世田谷公園軟式野球場!
やばいッス!!

04cab000.jpg

来週からうちの野球部も今季の活動を始めるんですが、
一昨日、ミスチル・なかけいさんから、
「今週の土曜日に人足りないんだけど来れない?」
というメールを頂いて。

ここ最近激忙しいのでちょっと迷ったんですが、
せっかく声を掛けて頂いたので、
「ここ三ヶ月ぐらいボール握ってないんで戦力になるかわかりませんが、
それでも良かったら喜んで!」
と返したんですが、
場所が世田谷公園なんですよ。

去年もブログで書きましたが、
世田谷公園の軟式野球場って、
今年から全面人工芝になったんですよ。
その為、金属歯のスパイクは禁止になったんです。
そんな事もあり、じゃあ今のうちにスパイクの歯を、
樹脂の歯に替えとくかなーと思い、
歯の交換作業をやってたんですよ。

もうかれこれ4年ぐらい使ってた事もあり、
ネジがめっちゃめちゃ固くなってて。
あと土が固まってネジ山に入っていかなかったりと。
有り得ない程のクソ力で、
どうにかこうにか半分のネジは取れたんですが、
色んな策を講じてはみたんですが、
どうしても後の半分のネジが回らなくて。
どうしよう・・・困ったもんだなあと思ってたんですが、
こうなったらもう、
樹脂歯固定のスパイクとか買っちゃった方が早いんじゃないの??
と思ってネットで色々検索してみたんです。

案の定金属・樹脂取り替え式のタイプよりも、
樹脂固定のモノは安くて、
この値段で買えるんだったら買っちゃおう!って事で、
好みのモノを色々検索してみました。
いつもだったら一週間ぐらいじっくり時間掛けて、
一番いいのをチョイスするんですが、
時間もない事もあって、
メーカーをナイキに絞って検索しまくり。

で、完璧にコレ!って感じでもないんですけど、
現状買うんだったらコレかなあってのを見付けました。
それがこのエアズームモンスターです。

昨年末に発売されたばかりの08年モデルらしく、
なんと言っても黒×白×黄という、
タイガースカラーに惹かれました。
パンチングレザーやエナメル部分もなかなかカッコいいです。

昨日Webに内職しに行ったついでに、
とあるスポーツショップにサクッと寄って、
サクッと試着させて貰って、サクッと買っちゃいました。

久々にスポーツショップに行ったら、
バッティンググローブとか色々欲しくなっちゃいましたけどねー。
時間も金もなかったので我慢しましたけど。

そんな訳で明日はコレを履いて、
一足早くニュー世田谷公園人工芝を体感してきます。

ちなみにニュー世田谷公園軟式野球場のレポは、
最近マジ激忙しいのとプラス書きたいネタが幾つかあるので、
順を追って近々にでも書きます。

17fcaf2f.jpg

昨日、セ・リーグが開幕しました。
画像はヤクルトスワローズの、
巨人との神宮開幕三連戦のポスターです。

「東京決戦、勃発!
SMALL BASEBALL VS BIG BASEBALL」

とてもわかりやすく、とてもナイスセンスなポスターです。
元々判官贔屓のオレからすると、
これを見た途端に急にテンション上がりましたよ。

昨年最下位だったヤクルトは、
リーグ優勝した巨人から、
今年、自軍のエース・グライシンガーと、
四番・ラミレスを取られました。

一番から七番まで、
ずらりと他球団から取った四番打者が並ぶ巨人に対して、
痛烈過ぎる過激なコピーのポスターです。

昨日は勿論阪神も開幕戦があって、
スカパーで見てたんですが、
実況・解説地味、京セラドームの雰囲気がこれ又地味と、
イマイチおもしろくなくて。
平野と新井が加わったものの、
目新しさ感も余りないのもありますかねー。
結果勝ったから良かったですけど。

最初は阪神戦中心に見てたんですが、
やっぱりどうも気になって、
ヤクルトvs巨人をチャンネル変えながら見てたんですよ。
やっぱフジのスポーツ実況・解説陣は素晴らしいです。
あと神宮の雰囲気も正に東京決戦!って感じだし。
特にヤクルトの選手達に、
"エースと四番を取られた巨人には絶対負けられない!"感が凄い出てて。
途中からは引き込まれちゃって、
阪神戦よりもこっちを中心に見てました。
今日も同じ様に。

ちなみに、今年ヤクルト新監督の高田監督って、
現役時分は巨人の選手で、
現巨人監督の原が付けていた背番号"8"の前任者。
高田監督って、
個人的になんか凄い知的でクレバーで不敵なイメージがするんですよ。
曲者というか、なんかやりそうな感じというか。
試合中も不敵な笑みを浮かべてるし、
終始凄い余裕を感じます。

はっきり言って、
戦力的に今年のヤクルトの下馬評は、
評論家の間でもかなり低いんですが、
昨日の開幕戦、今日の第二戦を見てみると、
結構台風の目的存在になりそうな気がします。

走れて小細工も出来る、
一番・川島、二番・田中、三番・青木の並びとかもおもしろいし、
新セットアッパー(五十嵐離脱の為、当面はクローザー)の韓国代表の林昌勇とかも、
横投げで150キロの速球を投げるという、
凄くいいピッチャーです。

予想に反してヤクルトの二連勝で終わった開幕二連戦でしたが、
明日も是非勝って巨人に一泡噴かせて欲しいですね。
昨日も今日も、ヤクルトにとってはほんとにSMALL BASEBALL大爆発の、
とてもいいゲームでした。
今日なんて、グライシンガーを打ち崩しての勝利とあって、
ヤクルトの選手・ファン達にとっては、
正に溜飲を下げる様な勝利だったのではないでしょうか。

「小よく大を制す」「柔よく剛を制す」。
我々日本人にとってこの概念は、
日本人の生まれ持った気質を考えても、
最高の醍醐味なんじゃないかと思います。

いやほんとに、今年のヤクルトvs巨人はおもしろい!

f589e570.jpg

タイトルだけ見たらナンの事かさっぱりわからないですよね?(笑)。
世田谷公園軟式野球場(通称:三宿ニャンニャンスタジアム)が、
来年春から全面人工芝になる事になって、
その改修工事が11月から始まるんです。
慣れ親しんだ土のグランドでの使用が10月一杯で最後。
そんな中での"土ニャンスタラストゲーム"が昨日行われました。

01年の8月に旧三宿ニャンニャンタイガースを結成してから、
もうほとんど我がホームとして幾度となく使ってきました。
でもコノ球場は有り得ないぐらい水捌けが悪く、
ちょっと前日とかに雨が降っちゃうとグランドに水が溜まって
次の日はかなりの確率で使用許可が下りないんです。
近隣の羽根木・駒沢・神宮とかでは使用可ナノに。

そんな事もあっての人工芝改修工事ナノかは定かではありませんが、
確かに人工芝って水捌けもいいしイレギュラーも少ないし、
グランド整備とかもしなくていいしいい部分も勿論あるんですが、
逆に土と違って下が固いノデ、歯の付いたスパイクを履けない事や、
膝や腰に負担が掛かっちゃうんですよ。
人工芝の上で飛び込んだりすると摩擦で火傷もします。
あとやっぱりどうしても、
土の匂いや感触って気持ちのいいモンなんですよね。
体に優しいし。

約6年間の思い出も沢山詰まってます。
数え切れないぐらいの試合や練習。
早朝6時に来て数人で早朝練習したり。
アド街ック天国の撮影もしましたねー。
この光景が全く変わってしまうのかと思うと、とても淋しい気分です。
まだ実感沸かないですけどね。

試合の方は最終回、
敢え無くサヨナラ負けしてしまいましたが、
取っては取られのシーソーゲームで、
試合としてはラストに相応しいナイスゲームでした。

対戦相手は結成当時からのライバルチーム、
レピッシュ・MAGUMIさん率いるレピッシュドンドン。
ウチのピッチャーは、
コレ又結成当時からの古株メンバーでもあるぶどうさん。
オレもコノ日は久し振りにショートを守りました。
約二年振りぐらいにショートのポジションに着きましたが、
やはり慣れ親しんだポジションからの光景が懐かしさを増して、
感慨深い思いに駆られました。

試合前、
今日は最後に一本でいいからヒット打ちたいなあとは思ってたんですが、
二打席目にオレの真骨頂でもある右中間を破るスリーベースも打てて、
個人的には本望でした。
ほんと、土ニャンスタラストの記念に残る一打となりました。

ココがもうなくなってしまうという訳ではないんですが、
恐らく全く変わってしまうのかと思うと、
やはり一抹の淋しさは拭えません。

ほんとは前日にぶどうさんと、
甲子園球児よろしくグランドの土を記念に持って帰ろうと話してたんですが、
次のチームが横で控えてたのと、
試合と練習で有り得ないぐらい疲れまくったのもあって、
すっかり忘れてしまいました。

ああ、さらば土ニャンスタ。
そして、ありがとう土ニャンスタ。
あんた、間違いなくオレの青春だったぜ!

6fb5dc22.jpg
書くのちょっと遅くなりましたが、今週の火曜日に、今年もめでたく我が草野球部・三宿ニャンニャンタイガースの試合が開幕しました。今年の開幕戦の相手は、ピエール瀧さん率いる"ピエール学園"。

3月中旬からキャンプインした猫虎ですが、今年はナンか人数がなかなか揃わないのと、火曜日に雨が多かったって事もあって、試合するのもかなりずれ込んでしまいました。去年はもうコノ時期には二試合ぐらいやってたんですけどね。試合当前日は晴れたんですが、日曜までの雨のせいか、グランド状況はちょっと水分を含んでいてイマイチでした。っていうかもうちょっとで、危うく使わせて貰えなかったんじゃないの?ってぐらいでした。

さて試合の方ですが、練習不足という事もあったのか、猫虎投手陣の四球連発や、猫虎野手陣のエラー連発で、敢え無く轟沈。大差での敗戦となってしまいました。結果的には惨敗でしたが、まあでも久々の試合はやっぱり楽しかったです。あと、時間があったノデ一時間程遊びで練習試合したんですが、ナンとサヨナラ勝ち!まあ遊びでゆるーくって感じでしたけど、とりあえずコレで対戦成績も五分に!(勝手に)。今年も打撃陣は相変わらず好調そうナノで、前期は諸々ゆっくりと調整していこうと思います。

個人的には、辛うじてヒットも一本出たんですが、やっぱり太ったせいか体のキレがなくて。守備も打撃もかなり体が重かったですねー。やっぱもうちょっと絞って体力と筋力を戻さないと…とは思いましたねー。今年は全然筋トレもしてないし、バッティングセンター通いもしてないし…。

あとコノ試合、ピエールさんのTV番組で、ピエールさんのプライベートを追う的なコーナーで流す用の画を、ずっとTV局のクルーが撮ってました。一応ピエールさんをピンポイントで撮るとの事だったんですが、もしかしたらチラリズム的に映ってるカモ知れません。肝心の番組名は聞いたんですが忘れちゃったんですが、恐らく5月後半以降のON AIRになるとの事だったノデ、近くなったら又お知らせします。確かTBSの番組って言ってました。

さて、来週も天気さえ良ければ又試合です。しかも対戦相手は同じくピエール学園。普通に戦えば、戦力的にはかなり拮抗してるんじゃないでしょうか?ウチとピエールさんとこって。ナノで来週はナンとかリベンジしたいと思ってます。 15日(火)朝9時から11時までやってますノデ、お暇な方は是非観覧しに来て下さい。舞ってますっ!!

※三宿ニャンニャンスタジアム(又の名を世田谷公園軟式野球場)の交通などはこちらでご確認を。

96677ae7.jpg
今週の火曜日、予定通り我が三宿ニャンニャンタイガースの最終戦が行われました。相手は今季一番多く対戦している三茶阪神タイガース。一応今季は勝ち越しているモノの、純猫虎としてはなかなか勝つのが容易ではない強敵です。

今年一番と言ってもいいぐらいの寒さの中、予定通り10時から12時まで試合は行われました。さて、最終戦の課題は二つ。純猫虎としてどこまで茶虎に対抗出来るか?超草野球級の谷口くん欠席の中、今年一年でレギュラーメンバーがどこまで戦力アップしたのか?というチーム力を測るには格好の相手でした。

あともう一つは個人成績です。個人的には今年は惨憺たる成績で、試合が始まる前までの打率が.269。コノ試合で三打数三安打か四打数三安打の成績を残せば、奇跡的に最後の最後でギリギリ三割に乗せる事が出来ます。が、今季の対茶虎全五戦の通算成績が15打数2安打の.133という低打率。最終戦で三安打打つというのは奇跡とも言えました。あともう一つ、唯一狙えたタイトルの打点が、コノ試合で二打点取ればトップに並ぶんです。ナノで、難しいとは思いましたが、三安打で二打点というのがコノ最終戦の目標ではありました。

可能性的には九分九厘無理だとは承知してましたが、最後まで準備だけはしておこうと、一週間前からオスローにも二回通い、プラス勿論今回も試合当日の早朝特訓しに朝三時に起きて行ってきました。ちなみに今回も純くんと遭遇しました(笑)。

さてまず試合結果ですが、エラーや危惧されていた諸々のミスが連発。敢え無く茶虎の前に敗れ去りました。三点差での敗北ではありましたが、イマイチ内容が良くなかったノデ、チームとしてかなり課題が残りました。まあ色々と課題が出た事は、先の事を考えるといい事なのカモ知れませんが。

個人的な結果ですが、結局四打数一安打止まり。特に最終回の二死後に打順が廻ってきて、「よし!最後に相応しいバッターが廻ってきたぞ!絶対ココで終わらすぞ!」とか(笑)、まだ試合終わってないのに「いやー、今年一年お疲れ様でしたー!」とか(笑)、茶虎側ベンチに心ない野次を飛ばされまくり、内心燃えに燃えていたんですが、最後に読みが外れて結局空振りの三振でゲームセットという、茶虎にしたらコレ以上ない終わり方を自ら演出してしまい、もうほんと、グウの音が出ない程凹みました。。。いや、マジであんなに悔しい思いをしたのは今年で初めてだったカモ知れないです。

参加すら出来なかった一昨年の最終戦。最後の最後で怪我をしてしまい、プラスちょっとした事件で精神的に動揺した事も重なって、結局最後の最後で僅か二厘差でチーム内首位打者の座を陥落してしまった去年の最終戦の悔しさを、今年こそは晴らしてやろう!と、自らにリベンジを誓って臨んだ今季の最終戦でしたが、終わってみれば今年も最後の最後で一番悔しい思いをするハメになりました。

火曜日は週に一度のオフにしてたんですが、ほんと帰ってからも悔しさと溜まっている疲れと睡眠不足ップリで、洗濯もほったらかしてずーっと寝たきり老人状態でした。いやほんと、心の底から悔しかったですよ…。コノ悔しさをいつかは逆の思いに絶対にしてやろうとは、心に誓いましたけどね。あ、ぐっすり寝た翌日に(笑)。っていうかコノ記事書くのにも、心の整理が出来ずに三日も掛かっちゃいましたからね。

ちなみに試合後に時間が余ったノデ、遊びでもう一試合やろうって事になって一時間だけやったんですが、まあ遊びだしと思い、最近封印していた隠し球をギャグ混じりで二度ほどやったんですが、試合後の整列時に審判の人が、オレの隠し球をやった時にピッチャーがマウンドに居て、その場合はボークになるんだよっていうのをみんなに教えてくれたんですが、ソレを説明する際に最初「ナガサワさんが隠し球しましたよね?アレってみなさんどう思いますか?」っていう問い掛けをしたんですよ。

いきなりそんな事言うから、オレてっきり「え?スポーツマンシップがない!とかナンか説教でもされんのかしら??」って一瞬焦ったんですが、心ない茶虎メンバーはここぞとばかりに、一斉に「せこい」「卑怯」などの歯に衣着せぬ口激を連発(笑)。いやほんと、オレの人格否定討論会でも始まるのかと思って、一瞬マジで泣きそうになりましたよ。「いやいや、あんなんギャグですよ!」っていう心の叫びさえ、コノ空気じゃ余計に言い訳っぽくて言えん…的な感じでした。まあその後で前述したボークになるんだよっていう説明があって、オレの人格否定討論会ではなかったのでナンとか一命は取り留めましたけど(笑)。

あ、あと今年は元巨人後藤さんそっくりのベネズエラから来たゴンザレスさんや、現巨人村田さんそっくりのロシアから来たムラコビッチさんは来なかったんですが、変わりにサッカーの稲本そっくりの人が来てました(一試合目は応援、二試合目は出場でクリーンヒットも!)。どうやらトルコから来たらしいんですが、オレが「へー!お名前は?」ってお約束のネタ振りをしたんですが、誰も名前までは考えてなかったらしく、「えーと…。」というオチ無しのお粗末な結果に(笑)。っていうか茶虎はやけに各競技のプロ選手とのパイプが太いですねー。

まあそんなこんなで悲惨な最終戦でしたが、今年も終わっちゃいましたねー。今季の成績はダメダメでしたが、今年に入ってから二週間に一度は必ず筋トレは欠かさなかったですし、恵比寿ボウル亡き後も、遠くてもどんなに忙しくても、試合前には必ず週1,2回はオスローに行って自主トレもしましたし、年間7,8回は試合前の早朝オスロー特訓も敢行しました。個人的にやれる事はやった結果ナノで、まあコレが今のオレの実力だと思って納得してます。まあ悔しいですけどね。

さて、来年はナンと、(笑)オフィスナガサワ主催のリーグ戦も開幕予定!(多分)。参加チームは我が三宿ニャンニャンタイガースを筆頭に、ミスチルなかけいさん率いる業界系草野球チーム・三茶阪神タイガース、ピエール瀧さん率いる・ピエール学園、下北沢のライブハウス"Que"の草野球チーム・Ya-Que! Japan などが参加予定の、ナイトでミュージックな香り漂う計6チーム参加予定の草リーグ戦です。ちなみにリーグ戦の名称は来年までに考えます(笑)。っていうか"スペシャ"とかスポンサー付いてくれんかしら?(笑)。

しかし、自分とこのチームの運営だけでもかなりハアハアもんナノに、6チーム参加のリーグ戦ナンて、ほんとに一人で仕切れるのかがちょっぴり今から不安ですけどね。いやー、ただでさえ忙しいのに、相変わらずまた金にならない様な事を考えたモンですよ(笑)。っていうかマジでちゃんとやれるかどうか不安ですわ。でもやれたら楽しそうナンですけどねー。さてどうなる事やら。このプロジェクトも本格始動し次第ココでお知らせします。

という訳で、今回も長々と失礼しました。
今年も一年、青春しましたよおぉぉぉぉ!!
BGMはユーミンの"NO SIDE"ですよおぉぉぉぉ!!(ラグビーやけど)

6c59302d.jpg
前回も書きましたが、昨日は最強敵でもある矢野テクノポリス戦でした。毎回10点差近くつけて負けてたノデ今回もかなりの苦戦も予想されましたが、結果はナンと7-0の完封勝ち!しかもウチの記録上的にはノーヒットノーランという信じられない快挙。いやほんと、矢野テクに勝つって事はウチのチームにとっては長年の悲願だったノデ、正直言って夢の様です。

まあでも、昨日は相手チームも今までの感じからすると戦力的にはフルメンバーにはほど遠い感じでしたし(多分)、ウチは滅多に来れない超草野球級の二人(谷口くん・押田くん)が急遽の揃い踏みという事もあって、対矢野テク戦対策で二人をバッテリーに据えるという飛び道具を使ったノデ、ある意味今日のチームは三宿ニャンニャンタイガース"DX"的な布陣だったんですけどね。

でも気が付くとウチのチームも、滅多に来れない経験者たちが一同に介せば、相当な強いチームになるんだなと改めて再認識しました。両巨頭以外にも、ほんとコレ又滅多に来れない経験者があと三人ほどいるノデ。まあその場合は"三宿ニャンニャンタイガース SUPER DX"って感じになっちゃいそうですけど(笑)。でも"SUPER DX"のメンバー抜きのほぼ毎週来れるメンバーで、今後どれだけやっていけるかがウチのチームの課題でもあるんですけどね。

個人的にも今回の試合にはかなり気合を入れていて、早朝三時に起きて試合直前のオスローバッティングセンターでの特訓も敢行。ちなみに二ゲームほどやってると、なにやら見覚えのあるジャージ姿の奴が隣のゲージに。「おはようございまーす!」との声でふと見てみると、ウチのチームメイトの純くんでした。

彼は試合前によく朝方ココに通っていたのは知ってたんですが、今年になってよく早朝直前特訓をしているオレとはなかなか遭遇しなかったんですよ。でも対矢野テクにチーム一闘志を燃やしていた彼は、今日は絶対来るんじゃないか?という予想もあったんですが、まんまと初遭遇。眠いわ寒いわの中の特訓でしたが、ナンか嬉しくなって一気にテンション上がりました。

昔から頻繁に夜遊びしていた彼とは、10年ぐらい前からの顔見知りナンですが(彼的にはオレがCAVEの時から知っているらしいですが)、今は二年前からの草野球部のチームメイトで、今のチームには欠かせない不動の一番バッター。しかも試合当日の早朝に寝る間も惜しんでバッティングセンターでばったり顔を合わせるナンて、ふと我に返るとナンか変な感じでしたが(笑)、でもたかが遊びとは言えど、30代になっても、野球にそしてチームに、真剣に情熱を注ぐ彼の姿勢には、ちょっとした感動もありました。ちなみに彼は、現在チーム内首位打者です。いつもはヘラヘラしてるんですが、こういう影の努力が結果に出てるんだろうと思います。

帰りに並木橋の富士蕎麦に寄ったら、酔っぱらいのクラブ帰りっぽい若者が一人。この辺はクラブとかもいくつかあるノデ、朝方は結構そういう若者が居たりするんですが、よく見てみるとケツメイシの河野くんでした(笑)。どうやら近くで友達の誕生日会があって、みんなで集まって飲んでたらしいです。

彼は先週の"ダサパ"にも一年振りぐらいに遊びに来てたんですが、最近は滅多に会わないのにコノ三日で二回も(笑)。とりあえず顔を合わせた瞬間にお互いに「あれーーー!ナンでこんな時間にこんな所で!?(笑)」と爆笑。あ、河野くんはかなりの泥酔ップリも手伝って一人で延々大爆笑してましたけど(笑)。

何故か申し合わせた様に二人で鴨南蛮を食べながらしばし談笑。ま、かなりの泥酔ップリでほとんど会話も噛み合いませんでしたけど(汗)。オレはすぐ帰ってチームメイトに起床確認メールしなければならなかったノデ、食ってすぐ帰ろうとしたんですが、気が付くと河野くんは三歳児並みの散らかしップリで(笑)、ちょっと心配だったノデとりあえずタクシーに乗っけちゃおうと思ったんですが、「あ、まだ汁飲みますよお!」との事だったノデ(笑)、先に帰りました。恐らく彼はほとんどの事は憶えてないんでしょうけどね(笑)。

そんな偶然な出会いが重なった試合前でしたが、今日は"DX"だったノデたまたま大差で勝ちましたが、試合時間も7回まできっちりやって1時間半という、とても締まった内容でした。やっぱ矢野テクは気合の入ったいいチームです。恐らく次回はこてんぱんにリベンジされそうな気もしますけど(汗)。

あ、オレの成績は三打席中二打数一安打一犠打でした。間違いなく朝練しなかったらクリーンヒットも犠牲フライも打ててなかったでしょうね。努力は実らないとかなり凹みますが、成果が出るとコレほど嬉しいモノはないです。ま、今年は努力の割りにイマイチ成果は出てないんですけどね(涙)。まあでも来週で今年も最後ナノで、最後まで気を抜かずに、限られた時間の中で出来る限りの準備だけはして臨もうとは思ってます。

それと前回本題にしたUNDER ARMOURのコールドギアモックタートルネックですが、ちょちょちょー暖かくて汗捌けも良くて、かなりいいです!今日は途中雨もちらついたのもあって、激寒だったんですが、かなり重宝しました。いや、いい買い物しましたよ。冬用のアンダーシャツ持ってない人にはかなりお薦めですよ! 

さて来週は、"DX"も"SUPER"も付かない純猫虎で臨む最終戦。今年はナンとか勝ち越している強敵・茶虎のリベンジが心なしか怖いところですが(汗)、チーム一丸となって、力合わせて頑張りますよおぉぉぉぉ!

このページのトップヘ