ナガサワブログ PART3~この熱い魂を伝えたいんや~

D級草どインディー老舗クラブ"三宿Web"店長ナガサワの趣味や考え方や日常が垣間見れる独り長文炎上ブログの続々編。

カテゴリ:

IMG_6924


前にも何度かブログで書いてますけど改めて。三宿Web1周年記念アニバーサリーイベントの最終日が終わって、当時の主要スタッフの3人のオレ・マーヴィン・ガリバーはソファー席(今で言うとこのDJブースから前辺り)で疲れ果てて寝てた訳ですよ。夕方になって起きて、腹減ったので3人で世田谷公園付近にあった焼肉屋へ。食った後に店戻って帰ろうと思った矢先にマーヴィンが、「天気いいなあ~今から海行かない??」とか言いだして。間髪入れずガリバーが「いいねえ~海行っちゃおうか!」って言って。当時は日曜日以外は毎日営業してたんですが、さすがに アニバーサリー後は週末前まで休みにしてたんですよ。なので、特に予定も無いしオレも別に行ってもいいかなあぐらいの感じでしたが、オレが「でも1回家帰るの面倒臭くないすか?」って言ったらマーヴィンが「今からタクシーで行っちゃおうよ!」って言いだして。勿論ガリバーもいいねいいね状態。でもオレは1人「え!?ここから海までタクシーって幾らかかんのよ!?」って感じで???状態。てか内心まさか冗談でしょ???とか思ってたら本気でタクシー乗り込んで「逗子までお願いします~」って!うわマジだとか思いながらも言われるがままにとりあえずそのままタクシーで逗子へ。たまたまタクシーの運ちゃんがとても感じのいい人で、談笑しながら逗子へ。ちなみにその時のレシート確かどっかにあるハズだよなあ~と思って家中探したんですが見付からず…。確かどっかにあったハズなんだけどなあ…。

なんで逗子だったかって言うと、当時マーヴィンが長年付き合ってた彼女の実家が逗子だったんですよ。そんな訳での逗子だったんですが、結構道も空いてて約1時間ぐらいで着きましたかね~。気になる料金は1万5千円でした。とりあえず逗子海岸へ行くと海開き前で海の家とかもまだ作ってる最中で。凄くいい天気だったのもあって、マーヴィンとガリバーはなんとパンツ一丁で海に入って行って。オレはそれを羨ましそうに遠目に眺めてたんですが、余りにも気持ち良さそうで、着ていたスーツを脱ぎ捨ててオレもパンイチで海へ。海開き前で誰も泳いで無かったし、最高に気持ち良かったのを憶えてます。

勿論誰もバスタオルも持って来てないし、海の家もやってないから売ってもないしで、海から上がったら自然乾燥待ち(笑)。でも陽も落ちてきて風も出て来てちょっと寒くなってきて、ある程度乾いたら当時海沿いにあったロイヤルホストへ。メシ食ったらミーティングっぽくなって。まずマーヴィンが「オレはマジでもう店長は辞めるから。元々オレはミュージシャンだしさあ、店長なんかやってらんねえよ。っていうか店長がどうとか言うより○○さん(当時のプロデューサー)とは仕事してらんねえよ。」って言いだして。そしたらガリバーが、「じゃあもうみんなで辞めちゃおうか(笑)」って言いだして、オレも元々はマーヴィン前に色々散々悶着があったのもあって、もう充分Webも流行ったし、辞めましょ辞めましょ!(笑)みたいになって。で、そのミーティングではとりあえず、もうオレら3人はWebを辞めようってことで終わって。ちなみにこの件は後のミーティングで当時の社長に全力で慰留されて、せっかく潰れかけた店がようやく流行ったのにここでオレらが辞めたら勿体ないって話しになり、オレがマーヴィンの代わりに店長をやるってことでマーヴィンも納得してそのまま3人は続けることになったんですけど。

話しは戻って、ロイホでそんなミーティングをしてたら当時のマーヴィンの彼女がやって来て。で、その後その彼女の実家にお邪魔してお風呂を借りて汗流して。で、リビングで3人でこの先どうする??みたいな話しになって、マーヴィンかガリバーが「せっかく休みだしさあ、たけっしー(当時のオレの呼び名)の実家行こうよ!ヒッチハイクで!(笑)」とか言いだして。またまた「はあ??ヒッチハイク??オレの実家関西ですよ!??(笑)」とか思いながらも、どうやら本気だったようで直後に出発。3人で海岸通り沿いの道で車止まって貰う様に親指突き立てて「ヘイッ!」ってやって。1人はチョンマゲ、1人は上半身裸のオーバーオール着た大男、1人は人相の悪い全身黒尽くめのスーツ野郎。そんな3人の為に夜中の1時に車が止まる訳もなく(笑)。小一時間ぐらいそんな調子で頑張ったモノの結局一台も止まってくれなくて(当然)、仕方ないからとりあえずどこか泊まれるところ探そうってことでタクシー捕まえようとしたら、当時の逗子は終電終わったらビックリすることにタクシーなんて一台も走ってなくて(笑)。駅前まで行ってもいないんですよ。で、フラッフラで歩きまくってたらようやく一台見付けて飛び乗って。タクシーの運ちゃんにどこか泊まれるところないか聞いたら、24時間営業のサウナが横須賀駅前にあって、そこなら仮眠も出来るっていうんでそこまで乗せてって貰って。結局そこのサウナに朝まで泊まって、横須賀駅前のデニーズで朝食とって、そこから電車とモノレールと船使って浅草まで行って。浅草ではもんじゃ食って花やしきで遊んで。

IMG_6931


IMG_6945






いや、当時のオレって真面目だけが取り柄の様な面白味のない野郎で。あ、喋りの方は当時から面白かったですけど(笑)。なのでタクシーで三宿から逗子まで行くとか、海開きもしてなけりゃ海パンもタオルも何も持って来てないのにパンイチで海入るとか、もうほんとうにカルチャーショックで。もう頭たたき割られた様な衝撃はあったかも。でもそういう無茶苦茶さ加減がどこか心地良かったりもして。なんかあの日の出来事って、当時のオレにとっては人生観や価値観を大きく書き換えられた様な、一生忘れられない劇的な1日だった訳ですよ。なのでそれ以降も何かとあれば逗子海岸に行く様になって。もうほんとうに数え切れないぐらいの想い出がありますよ。夏は若者たちで盛り盛りでうっとうしいのでまず行かないんですけど、夏以外の季節とかによく行きましたね~。正月とか春先とか。デートで行ったり、勿論歴代の彼女とかとも行きましたし(笑)、1人っきりでもよく。早朝から行って波打ち際でひたすらボーッとするのが好きで。何時間でも居れるというか。ロイホがあった時はロイホと海辺を行ったり来たりしてたんですが、ロイホは2007年に閉店してしまって。他には海岸の端にデニーズがあったんですが、そこも2009年に閉店。閉店する日は惜しむ人が多くて、オレもその日(確か平日)デニーズ行きたかったんですが行けなくて、お客さんの中でUstreamで中継してる人が居て、それ家でずっと観てたり(笑)。ちなみに当初デニーズ跡にはマンションが建つって噂だったんですが、結局『なぎさ橋珈琲』というレストランカフェになって、とりあえず海辺の休息所は辛うじてまだあるんですけど。

その初めて逗子に行った日が20年前の1995年6月25日の日曜日で。なのでちょっと前から、今年の6月25日はたまたま営業も無い日だし、天気良かったら記念にちょっとでもいいから逗子海岸に行きたいなあとはずっと思っていて。当日は朝から三宿ニャンニャンタイガースの試合があったんですが終わって1度帰宅して、夕方から長年切って貰ってる金沢文庫の『KOKUA』に髪切りに行って。18時頃に終わって逗子へ。前日試しに「明日の夜逗子で海呑みしない?」って誘ってみたら、うちの野球部の中家くんとその彼女で長年の友達の富士子ちゃんが乗ってきて落ち合うことに。逗子駅前で待ち合わせて3人で歩いて逗子海岸へ。途中コンビニで缶ビール買って行って。

DSC_0009







記念すべきジャスト20周年となる逗子海岸。サンセットにギリギリ間に合った的な。あれからちょうど20年かあと思うと、いやあ~なんかやっぱ感慨深かったですね~。翌々日に迫った海開き直前だったので海の家もさすがにもう組んではありましたけど、思ったよりはごちゃごちゃしてなかったし。あと人も思ったより全然居なくて穏やかで。気温も高かったので水温もちょうど良くて、3人で足だけ海に入ったりして気持ち良かったです。余りの気持ち良さに20年前同様パンイチで入ろうかとも思いましたけど、翌日も営業あるし風邪でも引いたらまずいということで自重。陽が沈んだら一気に肌寒くなったので内心勢いで海入らなくて良かった…とは思いましたが(笑)。途中ビール足りなくなってコンビニ買い行ったり、せっかくなのでと持って来た一眼レフとiPhoneで写真も撮りまくりました(暗くなってからのはほとんどピンボケでしたけど汗)。陽が暮れかけた辺りで、もう1人増えて4人でご飯食いに海岸沿いを移動してたんですが、ふと「わ!ここちょうど20年前に3人でヒッチハイクしようとした場所だ!」ってとこを通って。思えばその道はあの時以来20年振りに通った道でした。たまたまとは言えなんか感慨深かったですね~。そういやあれ以来ここって通ったことなかったわと思って。っていうかあの時ほんとにヒッチハイク出来てたらどうなってたんだろう?とかも思ったり(笑)。

IMG_6929

IMG_6938


DSC_0018


DSC_0046


DSC_0052


IMG_6928


DSC_0063







定食屋で美味しい魚食って飲んでたらもう1人増えて、計5人で駅前の立ち飲み屋へ。平日なのにめちゃくちゃ賑わってましたね~。軽く呑むつもりが延々盛り上がって呑んでて、気が付いたら終電ギリギリまで。いやあ~思い掛けずめちゃくちゃ楽しい1日でした。ぶっちゃけ当日までまだ迷ってましたけどね。天気や体調次第なところもあったし。思えば朝の野球も凄い盛り上がったナイスゲームだったし、まんまと天気も良く記念日に逗子海岸行けたし、急に誘ったにも関わらず4人も来てくれて賑やかに遊べたしと、朝から晩まで久々に楽しい1日でしたね~。ほんとはやることも幾つかあったんですが、半ば無理して行って良かったです。なにげに逗子海岸へ行ったのは約2年振りでした。逗子駅には何度も行ってはいるんですけど、なにげに逗子海岸まで行ったのは久々で。やっぱ人が居ない逗子海岸は最高ですね~。いや、やっぱここはいつ来ても心が洗われるというか。

DSC_0079


DSC_0090


IMG_7007


IMG_7011






もうここ数年ずっと思ってることですし、前にも何度か書いたことあると思いますけど、いつかは逗子・鎌倉に住みたいと思ってます。職さえあればすぐにでもってぐらい(笑)。もうほんとはとっととWeb辞めてあっちに引っ越したい気持ちは満々なんですが、辞めた後の職ってことを考えるとおいそれとはいかず…。逗子・鎌倉でなんかいい仕事あったらなあ。なんか無いですかね??そこそこいい仕事しますよ!(笑)。でもその反面、たまに来るからいいのかなあとかも思ったり。ただでさえ暗い性格なのに、Web辞めて海のそばとかに越しちゃったら、友達もほとんど居ないし、絶対更に根暗な人間になりそうだし(苦笑)。ずっと住むのは嫌だけど、たまに帰る田舎が良く思える的な。でも結婚して子供とか出来たらやっぱ海の近くがいいなあとかは思いますかね~。健康的だし治安もいい気もするし。いつかは嫁と子供と逗子・鎌倉周辺でのんびり暮らしたいなあ。それが最近のちょっとした小さな夢でもあります。とりあえずそれまでは、今後も思い立ったら訪れようと思ってます。20年前、ここの海と出逢えて、ほんとに良かった。オレの究極の癒しスポットです。いやほんとうに、大好きです、逗子海岸。逗子最高!

IMG_6926

zushi10-1


結構マメに天気予報はチェックしてるんですが、
数日前から火曜日は丸一日晴れマークになっていて、
気温もかなり高めという情報はキャッチしていて、
早起き出来たら逗子でも行こうかなあとは思っていて。
っていうかもうかなり行く気満々でしたけど。
そんな事もあってまんまといい感じで早起き出来たので、
行って参りました、16年目の逗子海岸。

行く前に再度予報見たら、
逗子方面は午後から曇りマークだったんですが、
海の空模様は変わりやすいので気にせず出掛けました。
あと今週は昨日から日中は15℃を超える陽気になるらしく、
寒がりなオレにしてはかなり思い切って春先ぐらいの薄着で。

いつもは早朝から行ったりしてたんですが、
今回は10時頃とかなりゆっくりめの出発。
もう定番のコースになりつつあるんですが、
逗子に行く前に一つ手前の鎌倉で降りて、
鶴岡八幡宮にお参りに。
天気いいのもあって、
平日にも関わらず相変わらずかなり賑わってました。

気学的に言うと2月4日から年の切替なので、
そういう観点から言うと2010年の初詣です。
なんかやっぱり神社とかお寺とかっていいですね。
自然と精神的に癒されるというか。
せっかくなのでとおみくじを引いたら、
予想外に大吉でした。
去年は大凶だったんですけどねー。
気分的には全く大吉ではないんですが、
まあ逆に大吉でも引いてちょっとでも気分良くなってくれという、
ちょっとした神のご配慮かと思っちゃいましたけど(笑)。
omikuji


鎌倉駅に戻ってバスで逗子に向かおうと思ったんですが、
時間もあるしちょっと有名なお寺や鎌倉の大仏とかも、
せっかくだし見に行ったりしようかなあとかもふと思ったんですが、
しばし迷った挙げ句、今回は断念しました。
なにげに鎌倉ってあんまりそういうところは行った事ないので、
今度ゆっくりそれだけの為に来たいなあとは思いました。

そんな訳で予定通りバスで逗子へ。
鎌倉から逗子へ向かう時はいつも乗ってるバスなんですが、
ちょっと今日は途中の小坪で降りました。
向かうは魚の美味い定食屋・めしやっちゃん。
小坪には4件ぐらい魚の美味い定食屋があります。
漁港が近いのもあって新鮮で美味しい魚が格安で食べられます。
特に小坪はしらす漁で有名で、
都内では滅多に食べられない生しらすが食べられます。
ちなみに昨年末から3月末までは禁漁時期らしく、
今の時期は食べられないみたいですけど。
めしやっちゃんに来たのは去年の夏以来二度目です。
まんまと飯時に行ってしまったので店は満席、
順番待ちの人も10人ぐらいいたので、
前から一度この辺を散策したかったのもあって、
時間潰しにぶらぶらする事に。

小坪は周りはすぐ海で、近くに逗子マリーナもあります。
道沿いには高々とした椰子の木が延々続いて、
まるで日本とは思えない様な風景です。
とりあえず気になっていたシーサイドリビエラの周りを、
ぐるっと一周しながらちょっとした散歩を。
もうこの頃ぐらいから気温がどんどん上がってきて、
薄手の上着も脱いじゃいました。
ほんとはリビエラの中に入ってみたかったんですけど、
勝手に入っていいものかわからず断念。
でも見てみたかったシーサイドガーデンは外周から見れました。
ちなみにここです。ちょー良さそうじゃないですか?
photo_0GWMRX0X51-00728_400x400


さてのんびりと散策してからめしやっちゃんへ戻ると、
ちょうど並ばずに入れるぐらいになってました。
前回来た時と同じく大好きな刺身三点盛り定食を。
お腹空いてたのもありましたけど、
めちゃくちゃ美味かったです。
ここ最近で食った物の中で一番美味かったかもってぐらい。
特に前回来た時はご飯がイマイチだったんですが、
今回はもう完璧な炊き上がりで。
いやーほんとに美味しかったです。
sashimi


美味しいお刺身を食べた後は再度バスに乗って逗子へ。
駅の手前で降りてそこから徒歩で海岸へ。
またここに来ちゃったなあ〜っと感慨深く思いながら、
海岸沿いをぶらぶらと。
天気はいいんですが薄く曇りがかっていて、
残念ながら富士山は見えず。
っていうか昨日は江ノ島もほとんど見えませんでした。
まあでも眩しいぐらいの日差しで、
気温も高めで非常に気持ち良かったです。

小一時間ぐらい写真撮ったりぼけぼけしたりしてたんですが、
いつもの様に海岸の左側の田越川沿いの防波堤の辺りに腰掛けて、
川越しに見えるデニーズ跡を見ながら、
あぁ、もうあそこにはデニーズはもうないんだよなあ・・・
とか思いながらノスタルジーに浸ってたんですが、
目を凝らしてよく見てみると、
看板になにやら違う店の文字が。
なんとか珈琲とかって書いてあります。
あら??ここってマンション立つんじゃなかったっけ??
とか思いながらも、とりあえずどんな形でもいいから、
なんか飲食入ってるのなら、こんな嬉しい事はないです。

しばしその場でもぼけぼけした後、
ちょっと気になって仕方がないので、
直接デニーズ跡に行ってみる事に。
なぎさ橋珈琲というレストラン風カフェになってました。
駐車場も入口も内装もほぼ旧デニーズそのまま。
どうやら去年の12月にオープンしたみたいです。
とりあえず入ってみると、
ちょうど海の見える窓際の席が空いていたので、
そこで一杯お茶する事に。
メニューもどちらかというと少なめ、
なぎさ橋珈琲というだけあって、
水出し珈琲がウリの様でしたが、
差し当たって飲んでみた感想としては、
そんなにめちゃ美味しいという様なコーヒーではなかったです。
まあそんな事よりも、また今後もあの場所でお茶出来るっていうのは、
逗子フリークとしては心より喜ばしい事です。
なぎさ橋珈琲さん、ありがとう!
nagisa


さて海岸に戻り砂浜に座りこんでしばしぼーっと。
ほんとに気候的には最高で非常に気持ち良かったです。
今度はビニールシートでも持って来て、
昼寝でもしようかなあとかも考えたり。
ほんとはそのまま暗くなるまで居たかったんですが、
4時頃には海岸を跡にしました。

ここ十日間ぐらいなんか精神的に良くなくて、
ずっと低空飛行を続けている様な状態なんですが、
ちょっと癒された様な気がしました。
やっぱなんたってオレの聖地ですからね〜。
毎回ここに来ると心が洗われる様です。
いやーやっぱ海はいいなあ。逗子はいいなあ。
海が見える部屋に住むのがほんと夢ですよ。
環境的にも海の近くって良さそうだし。
いつかもっと歳取ったら、
海の近くでのんびり暮らしたいですね。
いつもながら色んな思いに駆られた、16年目の逗子巡礼でした。
zushi10-4

zushi10-3

いやー、思えば8月中旬頃から、
仕事に遊びにとなんだかんだずーっと忙しくしてました。
まあほとんど仕事でしたけど。
個人的にはほんと、楽しい事から腹立たしい事まで盛り沢山、
常に何かに追われていた様な、常に何かを考えさせられていた様な、
怒濤の三週間でした。
お陰で体力的にはかなり衰退しきっていて、
一昨日の日曜日は久々の完全オフだったんですが、
もうこれでもかってぐらい丸一日寝てました。
7月が個人的にはかなり最悪だったので、8月は元を取り返すべく、
かなり無理気味に色々頑張ったってのはありましたけどね。
お陰で体力と金はかなり激減しましたけど、
ちょっとは夏★体験出来たかも知れないですねー。

一昨日寝まくった事もあって変な生活周期になっていて、
昨日もちょー早寝してしまい、今日も明け方に目が覚めたんですが、
秋に向かって気合い入れ直す意味も込めて、
二週間振りに早朝ジョギングしてきました。
もう完全に膝痛の方は大丈夫そうですねー。
今日も全く痛くありませんでした。
ほんと、膝が痛くないと、7キロなんて全然楽勝で走れます。
まあ徐々にまた距離を増やしていこうかと思ってますけど。
怒濤の三週間も然り、
夏場はなにげに筋トレとジョギングはマメにこなしてた事や、
ある程度の食事制限もしていた事もあって、
この夏のダイエットは大成功でした。
体重は65キロ前後を行ったり来たりな感じですが、
ウエストはかなり減った感があります。
一時期ぱっつんぱっつんだったパンツが、
かなり緩く感じますからねー。
まあでも、これから食欲わくシーズンなので、
油断しない様に今後も地道に頑張ります。

さて、ようやく本題ですが、
もう9月とは言えちょっと早くない?
ってぐらい一気に秋の気配が漂いまくって来てますが、
今更ですが、今年の夏の回顧録を。
夏の回顧録というか、まあオレの場合、
夏イコール海なんですけどね。
去年は引っ越しもあって、一回しか行けませんでしたけど、
今年はのべ総数18名の通称たけSEA軍団と共に、
計三回ほど行って来ました。
全て8月に入ってからです。
ほんとはもっと行く予定だったんですが、
天気悪かったり体調悪かったりと、
タイミング悪くて何度か急遽中止になったりして。
さてそんな訳で、今年の夏の想い出をダイジェストでどうぞ!



140d1fd4.jpg

今年最初の初海は、行く前に小雨が降っていて、
仕事明けってのもあって正直眠いし乗り気ではなかったんですが、
若手のたけSEA軍団たちに、
「行ったら晴れますよ!」って背中を押されて、
んじゃ行くか-!って感じでムリムリ行く事に。
が、逗子に着いたら大雨で(笑)。
でも常に最悪の事を想定して行動する習性のあるオレは、
万が一に備えて、
小坪にある魚の美味しい定食屋に行くコースを考えていて。
大雨の中、とりあえずバスでそのお店へ行く事に。
初めて行ったんですが、評判通りの美味しさと安さで、
半ばテンション下降気味だった、たけSEA軍団も大満足!
しかも食べ終わったら雨も止んで陽も差してきて!
そのまま雨だったら逗子駅周辺でカラオケ大会開くところでしたけど!

せっかく雨が止んだので夏の聖地・葉山一色海岸へ。
勿論海の家はさざ波。
おばさんたちと一年振りの再会。
開口一番「ちょうどあの人今年はまだ来ないわね~って噂してたのよ!」って。
気が付くともうほとんどVIP待遇です(笑)。
五時までのんびり過ごした後、海辺で夜飲みしますか!とばかりに、
隣のブルームーンへ移動したんですが、
イベントがあるらしく満席で、しかもチャージも掛かるとの事で、
さざ波とは逆サイドに位置する海の家MANAへ。

今年の一色海岸には、
なんとビックリ、オレの古巣カフェ・ド・ロペの海の家が出来ていて!
しかもそこでなんと、これまた古巣THE ROOMの佐藤くんがDJをやっていたり。
MANAの隣の別館(?)では結婚パーティをやっていて、
大盛り上がりだったんですが、何人かは見た事がある人もいて。
なんと昔オレがROOMで働いてた頃に、
毎週の様に遊びに来てたお客さんたちでした。
ちなみに小坪の定食屋では、
Webオープン当初によく来てたお客さんとバッタリ会ったりと、
なんかよく昔の知り合いと偶然遭遇した日でしたね~。

陽も落ちてきて、そのままゆる~い感じでMANAで飲んでました。
一瞬また雨が降ってきて風も強くなりましたが、事無きを得ず。
なんだかんだ終電ギリギリまで飲んでました。
寝ないで遊んだので、帰りの電車は爆睡しちゃいましたけど。
いやーでも楽しかった!
海最高!



3b9139a5.jpg

今年二度目の海は、夕方から終電までというコースでした。
前回行った定食屋→海飲みコースを発案して、急遽行く事に。
若手たけSEA軍団と鎌倉を軽くぶらついた後に、バスで小坪へ。
一応事前にホームページはチェックしてたんですが、
なんと目当ての定食屋がお盆休みで!
そんなもんホームページに告知しといてくれよ~とは思いましたが、
気を取り直してとりあえず近所の魚屋経営の別の定食屋へ。
値段はちょい高めでしたけど、さすがは魚屋経営の定食屋!
ハンパ無く美味かったです。
あと味噌汁がちょー美味くて!
出汁が「じゅんじゅわ~」って感じでした!
言うまでもなく、思わずお代わりしちゃいましたけど!

ひとしきり晩餐を楽しんだ後、再度バスで逗子へ。
ほんとは一色に行きたかったんですが、
時間もなかったので、徒歩で逗子海岸へ。
なんかBARっぽい二階建ての海の家の二階で、
終電までのんびり飲む事に。
ちょっとした高台という事もあって景色も良くて、
気温的にもちょうど良くて、なかなか気持ち良かったですね~。
思えば夏の逗子海岸に来たのは、三年振りぐらいでした。
やっぱり夏の逗子海岸は人が多いですねー。
個人的にはやっぱ、夏以外の季節の方が好きですけど。
夕方から終電までという時間的には短いコースでしたけど、
コンパクトでしたけどなかなか乙な時間でした。
夜の海最高!



8fb25173.jpg

さてラストはわざわざWebのスケジュールにまで書いた、
由比ヶ浜ノーナツアー。
せっかく由比ヶ浜行くんだったら、
朝から夏の最後の海行っちゃいますか!って事で、
急遽厳正なるオーディションを通過した、
10名のたけSEA軍団と共に、再び一色海岸へ。
勿論海の家はさざ波。
やばい!天気最高!もうほんとに快晴でした。
平日だったので人もそんなに多くなかったし、
快適な一色海岸でしたね~。
心配してたクラゲもほとんどいなかったし。
今年はもしかすると、
一度も海に浸かれないまま終わるかな~って思ってたんですが、
思いっ切り浸かりまくりました!
いや~あのピリピリ感が、体中の毒素が抜ける感じがして最高です!
前回スルーしてしまった、さざ波のかき氷とラーメンも食べれたし、
もう最高に夏の海を堪能しました!

気が付くとあっという間に時間も経って、
16時半頃解散し、三名のたけSEA軍団を引き連れ、
いざノーナのライブのある由比ヶ浜へ。
バス→JR→江ノ電を乗り継ぎ、由比ヶ浜の海の家へ。
到着した頃には既にライブが始まってしまってました。
実は三年前から、
郷太くんには海の家でライブをする時に誘って貰ってたんですが、
いつもタイミング悪く行けてなくて…。
そんな訳で三年越しの念願のノーナ海ライブでした。
奥の方でライブを見てると、どうやら郷太くんに見付けられた様で、
MCの時ずっとこっち側ばっか見て喋ってました(笑)。
終わった後にお礼のメールをしたら、
「すぐわかりましたよ!(笑)」との事。

初めて行く事もあって、
海の家のライブの音響とかってどんなんやろ??とは思ってましたが、
音的にもステージ的にもなかなかいい所でしたねー。
まず足もとが砂場ってのもなんか良かったですし、
個人的には、青くてやたらとバカでかい、
いびつなミラーボールがちょっと気に入りました(笑)。
あれWebに欲しい!って思いました。
フロアの四分の一ぐらい埋まりそうですけど!

あと実はこの日って、隣の逗子海岸で花火大会をやっていて。
由比ヶ浜からは山越しに見えるんですよ!
ライブが終わった後は、
海岸前にビニールシートを敷いて花火を堪能。
その後もそのまま、不気味で神秘的な広い海を前に、
波の音をBGMにして終電間際までゆるーく飲んでました。
朝から夜まで、ほんと完璧な夏堪能な一日でした!
朝も昼も夜も、海最高!

ちなみに帰り道もテンション高く何故か盛り上がってしまい、
都内に戻ってからカラオケでも行っちゃいますか!
って事で渋谷でオールナイトでカラオケする事になったんですが、
前日ほとんど寝てなかった事もあって、かなり疲れました。。。
直後三日間ぐらい疲れが取れませんでしたから。
カラオケさえやめとけば最高の一日だったんですけどね~。

そんなこんなでしたけど、今年の夏は個人的に、
そこそこ夏★体験物語出来たんじゃないかと思ってます。
まあ物足りなかったと言えば物足りなさ感もなくもないですが、
例年を考えると、まずまずの夏だったかも知れません。
でもまた一年夏が来ないと思うとちょっと切ないですけどね~。
皆さんにとって、今年の夏は如何でしたでしょうか?



b44006e2.jpg


一昨日、天気いいのは予報チェック済みだったので、
第三回一人早朝ジョギング大会慣行して参りました。
それにしてもだいぶ暖かくなりましたね~。
前回の右膝の外筋痛が、つい2,3日前まで違和感あったので、
また再発するんじゃないかと、走る前はかなりびびってたんですが、
今回は予想外にほとんど痛みが走らなくて。
お陰で今回はペースも上げれて、あっという間に5周、
タイムはなんと6分も縮まった1時間2分ちょい。
いずれは更にペースを上げて、
5周を1時間以内ぐらいで走りきりたいんですけどね。

さて、昨日も晴れの予報はチェック済みだったんですが、
いい加減行き着けの金沢文庫に髪の毛を切りに行きたかったのと、
早起き出来たらついでに逗子でも行っちゃいますか!とは思ってたんですが、
まんまと早朝に目が覚めたので、'09初逗子参り決行してきました。

なにげに今年に入ってから忙しかったり、
明日なら行けるなあって日に限って、
体調悪かったり天気悪かったり早起き出来なかったりと、
タイミングがなかなか合わなかったんですが、
昨日はまんまと全てがバッチリのタイミングでした。

のんびりと支度してた事もあって、
結局出発は10時頃、鎌倉に着いたのが11時過ぎぐらいでした。
今回も逗子に行く前に鶴岡八幡宮にお参りにと思って、
一個手前の鎌倉で降りたんですが、
平日の午前中にも関わらず、鎌倉はやたらと人が多かったです。

最近もなんか、やたらと問題・事件続きで全然心休まる暇がないのもあって、
今年も真剣にお参りしてきました。
お参りした後はお約束のおみくじ引いたんですが、
なんと人生二度目の大凶!
余りの不吉な二文字に、正直ちょっとドキッとしましたが、
直後には、そのままやないかい!って、ちょっと笑っちゃいましたけど。
でも大凶って考えようによっては、
今が大凶なんだったらこれからはもう上がるしかない!って考えると、
逆に悪いもんじゃないんですけどね。
ちなみに気学的には、ここ2,3ヶ月は大凶だったらしく(まさにその通り)、
今月からはかなり運気も上昇するらしく、かなり期待はしてんですけどね。
まあまだその予兆は見えないですけど!

お参り後は、最近お約束パターンとなりつつあるバスで逗子へ。
逗子駅のちょい一歩手前で降りて徒歩で逗子海岸へ。
最初はこの辺ってかなり迷ったもんですが、さすがに今やもう手慣れたもんです。
15分ほどの徒歩で今年もまたやって来てしまいました、我が聖地・逗子海岸。

ここに来たのも今年で遂に15年目ですよ。
一番最初にここに来た切っ掛けは、
Web一周年のアニバーサリーイベントの最終日の営業後、
もう精も根も尽き果てたオレ・マーヴィン(初代店長)・ガリバーの主力三人は、
当時Webにあったソファーで店泊してたんですよ。
夕方頃目が覚めて、三人で世田谷公園近くにあった焼肉屋へ。
食後、Webに戻って解散かと思いきや、
当時のWebは日曜以外は営業してたんですが、
イベント明けは週末まで休みにしてたんですよ。
そんな事もあってマーヴィンとガリバーが、
「せっかく休みだし、海とか行きたくない?」みたいな話しを始めて、
オレは最初、今から海??って感じで聞いてたんですが、
じゃあこのまま海行っちゃおうぜ!みたいなノリになってきて。
当時のオレは、だったら一回家帰って着替えて諸々用意して・・・
みたいな風に考えてたんですが、
「よし、じゃあここからタクシーで行っちゃおう!」みたいなノリになってきて、
最初は、は?嘘でしょ??って思ってたんですが、
おもむろにタクシーに乗り込んで「逗子までお願いします!」って。
内心マジで???って感じでしたが、もう流されるがままって感じでした。

タクシーの運ちゃんも気さくな人で、
わいのわいのと会話しながら逗子までタクシーで。
日曜の夕方でしたが結構空いていて、
無茶苦茶な事をやってる現実も相まって、かなり爽快なドライブでした。
一時間半ぐらいでしたかねえ、無事逗子海岸に到着しました。
心配してたタクシー代は約15,000円でした。

着いたのが日の暮れるちょい前ぐらいで、
一週間後からは海開きという初夏のシーズンだった事もあり、
マーヴィンとガリバーはパンツ一丁で海にざっぱー入り出して、
着替えもタオルもないのにマジかよ!と呆気に取られながらも、
余りにも気持ち良さそうだったのでオレも追随して入りました。
パンツ一丁で海に入りながら、全く持って考えられんわ~!とか思いながらも、
今までのオレにはない衝撃的なカルチャーショックに、
どこか心地良さも感じていました。

ひとしきり泳いだ後、タオルも無かったので体が自然乾燥するのを待って、
服を着て当時海岸沿いにあったロイヤルホストで夜ご飯を。
飯を食い終わったらミーティングが始まって。
当時Webにはプロデューサーがいて、
唯一業界経験者だったオレは、入店直後からえらくぶつかってたんですが、
三ヶ月後ぐらいには、もう我慢出来なくなって辞めるか辞めないかってとこまでいって。
当時まだ全然店も流行ってなくて、こんな状態のまま辞めるのはやっぱ嫌だと思って、
「この店に居るには、納得出来なくても、この人の言う事聞かないとしょうがないんだな・・・」
って諦めて、それ以降はなるべく口を出さない様にして、
接点さえ持たない様にしてました。

一周年を迎える半年前には、赤字続きで給料が半月遅れて、
こんなんだったらオレらもう辞めようか?って話しにもなって。
でもどうせ潰れるんだったら、
オレら現場主導で勝手にやっちゃおうよ!って事になって、
元々バンド畑育ちだったマーヴィンとガリバーの存在もあって、
最初はライブハウスにしちゃおう!的な流れだったんですが、
再度三人で話し合った結果、
既にクラブ業界でのキャリアやコネクションも多少あったオレに、
全てを任せてくれる事になって。
それまでラウンジ要素が強かったWebを、クラブ要素の強い店にする事にしたんですよ。
当時はダンスロアまで白かった壁を、三人で勝手に黒く塗ったり、
スピーカーの位置を変えたり、パーテーションの位置を変えたり、照明増やしたりと、
なるべくお客さんが踊りやすい様にと試行錯誤しました。

その三ヶ月後には奇跡的な空前の三宿ブームもやってきて、
閑古鳥が鳴きまくっていたWebは徐々に繁盛する様になって。
いや、もう気が付けば週末は繁盛どころじゃないぐらいの、
有り得ない入りっぷりになってました。
そんな中迎えた一周年パーティだったんですが、
最終日の土曜日に警察の手入れが入るっていう情報が入ってきて、
当時のプロデューサーが、営業するのやめようって言い出して。
それまでほんとに頑張ってきたオレら現場スタッフは、
アニバーサリーの最終日で、間違いなく300人近いお客が来るのわかってて、
んなアホな?って感じでした。
直前までやるかやらないかで揉めてたんですが、
オレら現場スタッフは、しょっ引かれてもいいから何が何でも絶対やる!
ぐらいの勢いもあって、結局上に見張り付けて営業する事に。

途中、情報通り警察の手入れが入ったんですが、
見事な連携プレーもあって特に問題もなくその後も営業出来て。
確か朝の8時半ぐらいまでやってたんじゃなかったですかね。
その最終日の男気のない弱気な対応も然り、イベントの準備段階での手際の悪さも然り、
今までの溜まりに溜まったスタッフの鬱憤が爆発。
前述した様に、オレがプロデューサーとの接点をスルーする様になってから、
とばっちりが全部マーヴィンのところにいっていて。
そんなイベント直後だっただけに、そのロイホでのミーティングでマーヴィンが、
「今まで散々我慢して来たけど、マジでもう店長とかやってらんねえよ!
元々オレはミュージシャンだしさあ、面倒臭い事とかもうやりたくねえよ!
とりあえずあの人(プロデューサー)とは仕事したくねえよ!」
って言い出して、じゃあもうオレら辞めちゃおうか!(笑)って結論に至ったんですよ。
※ちなみにこのストーリーの行く末は、
当時のWebは、あのキャパでは有り得ない程の集客・売り上げがあったので、
社長(オーナー)に「なんとか続けてくれないか?」って引き留めされたんですが、
マーヴィンは頑なに、
「続けるのはいいとしても、オレはもう店長はやりたくないですよ」って言っていて、
まあせっかくオレらの力もあって潰れかけた店が繁盛し出したのに、
その手柄を全部プロデューサーに持ってかれるのもしゃくだよなあってのもあり、
「じゃあオレが代わりに店長やりますから、バンド活動優先で今よりも気楽なポジションでいいから、とりあえずもうちょっと一緒にやりましょうよ!」
って事になり、社長には待遇もかなり良くして貰う事にもなり、
当時副店長兼バーチーフだったオレが、店長を代わって続ける事になったんですよ。

ちなみに何故、海行こう!=逗子だったのかと言うと、
マーヴィンの当時の彼女の実家が逗子だったんですよ。
な訳で、ロイホでのミーティングが終わった頃に彼女がやってきて、
実家に三人を招き入れてくれました。
お風呂を借りた後、居間で三人でこれからどうする?って話しをしてたら、
「たけっしー(オレの当時の呼び名)って実家関西だよね?今からヒッチハイクで三人で関西行こうよ!」
ってまたとんでもない事を言い出して、再度のマジで??状態。
でもまた気が付くと、よっしゃ行こう!って事になり、
海岸通り沿いで夜中の0時頃からヒッチハイクチャレンジ開始。

一人はモヒカンにちょんまげ(マーヴィン)、
一人は上半身裸にオーバーオールの大男(ガリバー)、
一人はこわもてで全身黒ずくめのスーツ姿(オレ)という三人組。
深夜の海岸沿いでヒッチハイクのポーズで行き交う車にアピールしまくるんですが、
そんなもん止まる訳ないっつうの!(笑)。
小一時間ほど頑張ったんですが、やっぱ無理という結論に至り、
泊まれるサウナにでも行こうって路線変更しタクシー探すんですが、
当時の夜の逗子ってほんと人は居ないわタクシーは走ってないわで、
結局一時間ぐらい探しまくってようやく駅前で拾って横須賀のサウナへ。

朝方までサウナに滞在してたんですが、
横須賀デニーズでモーニングを食いながら、
「さて今日はどうしよっか?」って事になり、
確か今度はオレが言い出したんですかねえ?何故か浅草行こう!って事になり、
京浜急行→モノレール→水上バスと乗り継いで謎の三人組はいざ浅草へ。
もんじゃ食って花やしきでジェットコースター乗ったりして遊びまくりました。

その後、他の若手スタッフに電話してレンタカー借りさせて、渋谷で合流。
他のスタッフたちも一人一人レンタで拾いに行って、
梅ヶ丘のガストでお食事会+スタッフミーティング。
オレら三人辞めるからおまえらは好きな様にしろ!みたいな話しをして、
その後は確かレンタカー返してから全員で渋谷のROOMに遊びに行きました。
で、朝まで飲んで遊んで三日振りに帰宅、みたいな。

まあそんな強烈なファーストインパクトがあった場所なので、
来る度に初心に還れるんですよね(長い説明でしたが)。
あとその後も幾度となく訪れてる場所なので、
他の色んな想い出も走馬燈の様に蘇って来たりもしますし。
昨日は予報は晴れだったのに、イマイチ快晴って感じでもなくて、
むしろ時折寒かったりもしました。
あと期待してた富士山は、雲がかってて見えなかったのも残念でしたけどね。

でもやっぱ、何度来ても逗子はいいなあ。
もうほとんど第二の故郷の様な感じですよ。
来る度毎回思うんですが、いつかはここに住みたいなあって思います。
海岸沿いのライオンズマンションの最上階とかに住みたいなあ。
あ、もしくはロイホ跡に建設予定のマンションの最上階だったら最高かも。
まあ今のところは金銭的に無理ですけど。
とりあえず、相変わらず日々色々大変な事ばかりですが、
めげずにがんばろうって思えた、記念すべき15年目の逗子海岸でした。

78ee4f75.jpg

髪の毛切るついでに、
昨日朝から行ってきました。
あ、前にも書きましたが、
今髪の毛をいつも、
金沢文庫のROBくんっていう友達の、
"KOKUA"っていう美容室で切って貰ってるんですよ。

逗子前にはお隣の鎌倉・鶴ヶ岡八幡宮へ。
初詣は先月、
約14年振りに明治神宮に行ったのですが、
厄除けがてらに行ってきました。
鎌倉からはのんびりバスで逗子へ。

一昨日は風も強くてちょー寒くて、
こんな寒いのに海なんか行って大丈夫か??と
ちょっと心配してたんですが、
天気も快晴で風もなく、
コレがもうビックリするぐらい暖かくて。
上着いらないぐらいでしたよ。

そして特筆すべきは、
富士山がちょー綺麗に出てたんです。
今まで逗子に来た中で、
こんなに綺麗に富士山が見えたのは初めてでした。
多少もやがかかってはいたものの、
ほんとに見とれてしまうほど、
綺麗に雪化粧した富士山でした。

行き付けの海岸沿いにあった潰れたロイホが、
さて何に変わっているか?楽しみだったんですが、
予想では違うファミレスが入ってるんじゃないかと思ってたんですよ。
行ってみると建物ごと取り壊し作業が始まっていて、
クレーンでぐしゃぐしゃに壊されてました。
辛うじてまだオレがよく座ってた、
右側の出っ張った海沿いの席は残ってましたけど。
なんかちょっと悲しかったですねー。

富士山は綺麗だわ暖かいわで、
写真撮ったり、
しばしぼーっとしたり音楽聴いたり、
海が見渡せるデニーズでお茶したりしてました。
海水もとても綺麗で透き通ってましたね。
海や波打ち際を見てると、
気が付くといつもの事ながらトリップしてしまってました。
心地よくゆっくりと時間が流れていく様は、
ほんとに気持ち良かったです。

年末辺りから、
ちょっと色々考え事や悩み事が多くて、
海にでも行ってぼーっとゆっくり考えたいなあとは思ってたんですが、
もうなんか逗子ではダメですね。
なんかそういう事を考えようとしても、
逗子海岸には沢山の想い出が詰まり過ぎていて、
そういう想い出が走馬燈の様に次から次へと出てきて、
あぁ、あんな事もあったよなあとか、
そういやこんな事もあったぞとか、
ついつい想い出に浸っちゃうんですよ。
まあでも逆に、初心に還らされるので、
結果的にかなり癒されましたけどね。

二時ぐらいまでそんな感じでぼーっとしてたんですが、
髪の毛切りに行く用事がなかったら、
恐らく延々そのまま日が暮れるまで、
ぼけぼけしてたんじゃないかと思います。
昨日で14年連続で逗子海岸に足を運んだ事になりましたが、
やっぱりココはオレの聖地だわと再認識させられましたね。
まあ来る度毎回思いますけど。
いや、もう恐らく一生の聖地なんだと思います。

余談ですが、
昨日37回目の誕生日を迎えてしまいました。
37ってもうやばいですよねー。
ほんとは昨日は、
岡村靖幸さんからライブを招待されていて、
ZEPP TOKYOにライブを見に行く予定だったんですが、
ご存知の通りそれもなくなってしまって・・・。
まあそれもあって急遽逗子行こう!って事になったんですが、
初の誕生日 in 逗子海岸もなかなか良かったです。

あと一昨日は早寝してたんですが、
早朝起きたら携帯とmixiのメッセージに、
既に10件ぐらいのおめでとうメッセージが届いてました。
その後も誕生日が終わる24時までに(24時過ぎた人もいましたけど)、
沢山のおめでとうメッセージを頂きました。
わざわざメッセージをくれた心ある友人・知人の皆さん、
ほんとにありがとうございました。
マジでとても感激しました。
こういうちょっとした気持ちって、
いくつになってもほんとに嬉しいモンです。
いやほんとに、メッセージが一通届く度に、
つくづくありがたいなあと感じましたよ。

そんな訳で明日はバレンタインキッスです。
昨年同様個人的には、
もう誕生日気分は全然ないんですが、
とりあえず無事に終わる様にだけ祈って頑張ります。
せっかくの豪華メンツなので、
お時間ある方は是非遊びに来て下さい。
舞ってまーーーす!!

41d2cf03.jpg
今年に入ってずっと行きたかったんですが、なんだかんだで行けてなかった我が聖地・逗子へ、一昨日ようやく行ってきました。コレで13年連続で逗子海岸を訪れた事になります。

天気予報で一昨日が晴れるのは知っていて、当日の朝四時ぐらいまでどうしようか迷ってたんですが、部屋の掃除やら洗濯やらをやりながら、やっぱり行ってしまえ!という事で準備をして午前9時前ぐらいに出発。

逗子に行く前に、まず隣の鎌倉に寄って鶴ヶ岡八幡宮へ初詣(おそっ!)してきました。おみくじ引いたら意味深な事が書いてあって、ちょっと考えさせられました。その後軽く鎌倉を散策してから、天気も良かったのでバスを使って逗子へ。

ご存知の通りのいい天気だったんですが、雲が多くて富士山が見えなかったのと、海岸はかなり風が強く結構寒くて。街の中ではTシャツ一枚でもOKなぐらい暖かかったんですが、海岸前に出ると正直冬物の上着でもいいぐらいな感じでした。海岸には人も多く、風が強いのもあってウインドサーフィンをしてる人が沢山いました。

風が強いのはたまに傷ではあったモノの、やっぱ逗子はいいなぁと思いながら海岸を散歩してたんですが、ふと海岸沿いの道路を見ると、ナンと行き付けのロイホが潰れてたんですよ…。逗子に来た時は、ほぼこのロイホの喫煙席の窓際の席を陣取って、ご飯食ったりお茶したりしながら海を眺めてぼーっとするのがお決まりでしたし、初めて逗子に来た時も、夜にこのロイホで当時のWebの仲間(マービン、ガリバー)とご飯食べながらミーティングしたり、その後ももうほんとに色んな思い出が詰まった場所だったノデ、閉店という事実はほんとにショックで、ちょっと凹んでしまいました。。。

せっかく癒されに来たのにロイホショックで傷心、せっかく波打ち際でぼーっとしようと思ってたのに風強くて寒くてぼーっと出来ねえええええって事もあって、小一時間ぐらいで帰ろうとしたんですが、道を間違えて気が付くと又海岸に戻ってきてしまい、こりゃせっかく来たんだからもうちょっといなさいよ!という神の声だと思い(勝手に)、ご飯食ったりなんだかんだで結局4時間ぐらいは居ました。

その後、髪を切りに逗子から三つ隣の金沢文庫へ。え?ナンで金沢文庫って?実は最近髪の毛を切ってくれてるROBくんという子が、金沢文庫にある実家の美容院を継ぐ事になり、先々月からオレも毎月彼に切って貰う為に金沢文庫まで通ってるんですよ。髪切る為だけにココまで来るのは結構大変ですが、気心が知れてるので、オーダーの際にいちいち説明しなくていいから安心して任せられるんですよ。そっちのストレスを考えれば、金沢文庫まで来るという労力はオレにとってはさほどの労力ではないんです。ちなみにコノ日、逗子に行こう!って思ったのも、ココで髪切る予定にしてたからってのもあったんですけどね。

ROBくんの所で髪を切って貰って、さて帰ろうかと思ったんですが、近くに海の公園という人工の砂浜があるんですよ。そこに前から行きたかったんですが、ずっと忙しくて行けなかったノデ、ちょっと今日は行ってみようという事で、歩いて行ってきました。道順を教えて貰って無事辿り着きました。歩いて15分ぐらいだったでしょうか。実はこの海の公園は、10年近くずっと行きたかった場所だったんです。

オレにとって、価値観や考え方に大きな影響を与えたドラマが三つあるんですが、そのうちの一つが96年にTBSで放映された「その気になるまで」っていうドラマがあって。その舞台がこの辺りで、ドラマの中でよくこの海の公園やシーサイドラインが出て来るんですよ。ナノで、一度でいいからここに来てみたいなぁっていう願望がずっとあって。海岸に着いて辺りを見回して、「わっ!ココだ!」って軽く感慨に耽ってしまいました。

人工の海岸ナノで、勿論波もほとんどない穏やかな所です。前には八景島シーパラダイスが臨みます。とても広い砂浜で緑も多く、たまたまサンセットタイムだったノデ沈む夕日も綺麗で、風も強くなくてさほど寒くなかった事もアリ、しばしぼーっとしてました。帰りは勿論初乗りのシーサイドラインで金沢八景まで行きました。途中には"アノ"野島公園駅も。いやーコレ又感慨深いなぁとか思いながら通過しました。

勿論逗子も思い入れが深く大好きな場所ナンですが、初めて来た海の公園も予想外にかなり気に入ってしまいました。ドラマのイメージもあるんですが、どこか哀愁と黄昏感が強く感じられる(物凄く勝手に)いい場所でしたねー。兎にも角にも、逗子といい海の公園といい、やっぱり海はいいなぁと思った一日でした。

0eb33688.jpg

前期の野球部の活動も、今週火曜日の締めの練習でしばらくお休み。さて夏はやっぱり海です!ほんとは先週行く予定が、あいにくのアメフリで泣く泣く中止。という訳で改めて昨日行ってきました。予報は曇りだったんですが、最近の暑さだったら大丈夫でしょ!という事で曇天決行でした。でも01年に一色海岸に行きだしてからというモノ、行く前にどんな悪天候予報でも、現地に着くと毎回天気が悪かった事がなかったノデ、又今年もナンとかなるでしょ!とは思ってたんですけど。

今回はオレ含めた計六名の"たけSEA軍団"で行ってきました。大人数の割りには大幅な遅刻者も出ず、珍しく快調な滑り出し。電車の中ではかなりやっぱ曇ってたんですが、段々と晴れ間も見え隠れしてきて、逗子に着いた頃にはパッカーン!とばかりのちょちょちょー快晴に。

いつもの如くバスで一色まで。今年初の一色ともあって、既にわくわく状態のたけSEA軍団ご一行。狭い海岸通りでいくつか工事してたお陰で、到着は予定より大幅に遅くなりましたが、無事今年も我が聖地・一色海岸へ到着。

早速毎回愛用している海の家"さざ波"へ。いつものおばちゃんたちが居て、今年も例年の様に"たけSEA軍団割引き"してくれました。いやー、ほんといつも感じのいいおばちゃんたちです。梅雨明け前の平日という事もあり、プライベートビーチ並みのガラ空きでした。天気の方も予報通り基本的には曇り空でしたが、適当に晴れ間も出てちょーど良いぐらいの陽気。

いやーソレにしても、場所は一色・さざ波、目の前には海、波音をバックにBGMはヤマタツ、気の合う仲間たちと午前中から生ビール飲んでる様を我に返り、「いやあ、生きてて良かったなあぁぁぁぁ!」と103回ぐらい連呼してました(笑)。でもほんと、今年もココに来れた事を心から感謝しましたよ。大袈裟じゃなく、ココに来るのが楽しみで一年間頑張ってる様なモンですモン。そのぐらい今やオレにとってココは楽園ナンですよ。さざ波が終わる午後五時まで、各々飲んだり食ったり焼いたり泳いだり寝たりボケーッとしたりと、終始自由にくつろぎ放題のたけSEA軍団でした。

さて去年も書きましたが、さざ波のメニューでオレのちょちょちょーお薦めが、かき氷ナンですよ。マジうまいんです。いつもは毎回三個は食べるんですが、昨日はちょっと抑えめにして二個でした。かき氷ナンてどこで食っても一緒でしょーと最初はみんな思うんですが、毎回初めて来た人とかに薦めると、半信半疑で頼んで食べた直後に「ほんとだー!こりゃうまいー!」と実感してくれます。シロップの量と氷の細かさが断然抜群ナンですよ。口の中でとろける感じ。去年逗子のとある海の家で食べたかき氷ナンてちょちょちょーまずかったですモン。ちなみに一昨日、デニーズで頼んだイチゴのかき氷よりもやっぱ美味かったです。オレにとっては究極の夏のデザートですよ、さざ波のかき氷は。

五時にさざ波が閉店後、一色ではお約束のコースになりつつある、深夜までやっている隣の海の家"BLUE MOON"へ移動。今年で10周年らしいです。今年は内装やスタッフもちょっと変わってました。七時半ぐらいになってようやく空も暗くなってきて、ちょちょちょー雰囲気抜群。昼の海も素晴らしいですが、夜の海も最高です。ほんと、近所に住んでたら毎晩飲みに来ますよ、マジで。っていうかほぼ満席状態で、昼よりも人が居た様な感じ。結局十時前まで飲んだり食ったりしてました。六月はワールドカップに振り回されまくりで、もう心身共に疲れ果ててましたが、久々に癒されましたよ。先週末とか疲れがドッときて体調が最悪で、もうほんとやばかったんですよ。いやあほんと楽しい一日でした。やっぱ一色海岸は夏の聖地だって事を今年も改めて痛感しましたよ。勿論ですが、又行きますよおぉぉぉぉ!!!

1b2ef58d.jpg
もうほんと昔からある男性情報誌です。昔からずーっと思ってたんですが、ブルータスってほんとセンスいいです。毎回チェックしてる訳ではないんですが、見る度に思ってました。非常に視点が斬新且つセンスが抜群。

さっき晩飯食いがてらに渋谷までぐるりと散歩してたんですが、本屋の前を通り掛かって、あっそういえば!と思って立ち寄ってみたらありました。ナンか今回海特集やってるっていうのを聞いて、そらあんた買わずにいられまっかいな!とばかりに気になってはいたんですが、なかなか本屋に行くタイミングが無くて。

早速さっき家でゆっくり見ましたけど、いいですよおぉぉぉぉ。世界中の多数のビーチが紹介されてます。日本のビーチも幾つか。オレの夏の聖地・葉山一色海岸もほんのちょこっとですが載ってます。っていうか、色々なビーチの写真見てるだけでほんと癒されます。海大好きな人は要チェックですよ!

さて、梅雨ももうちょっとで終わり、本格的な夏のシーズン到来です。夏と言えばやっぱ海。オレの一色・さざ波カウントダウンは、もう既にスタートしてますよおぉぉぉぉ!

fcde117a.jpg

4月11日からずーっとサイトのリニューアルの為お休みしていた、毎日欠かさずチェックしていた大好きなサイト"今日の逗子海岸"が、昨日からサイト名も変えて遂にリニューアル!

昨日ブックマークから飛んでみたら変な表示が出ていたノデ、そろそろだろーなーって思ってたんですが、今日も同じ表示だったノデ、逗子市のホームページから改めて入ってみたら、やっぱリニューアルされてました!

やっぱ昨日から逗子は海開きしたみたいですねー。まあでもまだまだ天気も気温もイマイチなので、人もあんま少なかったんじゃなかったんでしょうか?いやー、でもこのサイトの復活はほんと待ち遠しかったです。ほんとは今日は、違うネタでブログ書く予定だったんですが、延期にして急遽の書き込みです。

ココから飛んでみてください。

I LOVE 逗子!

c413b883.jpg

昨日、モロ病み上がり状態での怒濤のWeb13時間大掃除で、もはや精も根も尽き果ててたんですが、たまたま寝る前に逗子・葉山の天気予報を見たら(ブックマークに入れてます・笑)、明日は快晴で明後日からは向こう一週間ぐらいぐずつく予報で、今年に入ってずっと逗子海岸に行きたかったノデ、えーだったら明日休みだし行きたいなあと思ったんですが、流石にコノ疲れップリからいくと爆睡しそうな予感充満で、もし早起き出来て体調も良かったら行こう!って思ってたんですよ。んで布団入って速攻爆睡したんですが、ナンかわかんないんですが4時半頃に目が醒めちゃって。でもトイレに行こうと起きたら、案の定疲れがずしっときてて。うわーさすがにコリャしんどいなあとは思ったんですが、なかなか寝付けなくてテレビとか見てたら目が冴えてきて。そうこうしてるうちに、天気的にもタイミング的にも今日しか行けそうな気配もなかったノデ、がんばって行ってみっかー!と決意。諸々用意して7時頃に家を出て9時過ぎには逗子に到着。逗子駅に着いた頃はまだ寒かったんですが、歩いて海岸に着いた頃にはかなり暖かくて。いやー、帰って来たぞー!って感じで軽く散策したあと、とりあえずお腹が空いてたノデ、逗子に来ると必ず行く海岸通り沿いの海の見えるロイヤルホストの、喫煙席の窓際の右端の通称ナガサワシート(勝手に)をいつもの様に陣取りモーニングを食べた後、又海岸に戻って今度はゆっくりのんびりボケボケタイム。波打ち際のそばを陣取って適当に座ってたんですが、結構人が多かったですねー。ボケーッと物思いに耽りながら音楽聴いて海を見てたんですが、部活かナンかで大量の中学生が海岸を一生懸命走り込みとかしていて、なかなかいい光景でした(正直うざかったですが)。ほんと海前ではトリップしてしまうオレ、気が付くと昼前になってて。ハッと周りを見渡すと大量中学生どころか、広い海岸にオレ含めて五人ぐらいしか居なくて。おープライベートビーチ☆てな感じで、ゴロ寝したりと更にくつろいじゃいました。とりあえず今日のところは12時を過ぎて海岸を後にしたんですが、ほんと天気も良くて日が暮れるまで全然居れるって感じでしたねー。ちなみに"今日の逗子海岸"の写真撮ってる人を一応捜してはみたんですが、やっぱ見つかりませんでした。っていうか確か8時から9時ぐらいの間にだいたい撮ってるみたいナンで、ちょっと遅かったカモ知れません。あと今日で、94年から季節問わず13年連続でコノ逗子海岸に来てる事になります。ちなみに前回は夏の海水浴時だったノデ、人は多いわ海の家はガンガン建ってるわで、全然いつもの逗子の雰囲気がなかったんですが、やっぱ今日はいつもの逗子でした。逗子はやっぱ夏より夏以外の季節の方が断然いいです。静かで人けが少ない方が個人的には好きナノで。しこたまボケボケして自分の世界に入ってたんですが、やっぱほんと海に来ると毎回そうナンですが、頭の中が真っさらになって初心に返り、冷静に物事が考えられるんですよね。この後、隣の鎌倉・鶴岡八幡宮で、一足遅い初詣もしてきました。悩み事や迷い事、ココ最近溜まっているストレスに対する打開策を海に居た時にずっと考えていて、やっぱああするしかないかなあ・・っていう自分なりの結論が、おみくじ引いたらソコにも正に同じ事が書いてました。ちなみにおみくじに書いてあった運勢は吉。昨日までの疲れも抜け切らぬまま、今日も数時間しか寝ずに結構歩いたノデ疲れも又溜まっちゃいましたが、でも精神的にはかなり癒されて、今日はほんとわざわざ行って良かったです。やっぱ逗子はオレの聖地だぜ!って、改めて思いましたね。

このページのトップヘ