1dee2c69.jpg

基本的に昔から、占いとかそういう類の物は好きではないんですよね。
朝のテレビのちょっとした占いも、うざっ!って思うぐらい。
そんなオレなんですが、結果的に気が付けば唯一、
何かあった時につい頼ってしまうのが、この九星気学です。

九星気学とは、簡単に説明すると、
中国で約3000年も前から行われている世界で最も歴史のある占いの一つらしく
(まあ真相は定かではございませんが)、
生年月日の九星と干支、五行を組み合わせた占術らしいです。
主には、方位の吉凶を知るために使われる事が多い様です。

オレが高校生の頃、うちの母親がこの九星気学にはまりだして、
確か中級者クラスぐらいまで勉強したのが切っ掛けで、
何かとあれば方角がどうのとか言う様になって。
確か母親とオレの星が一緒だったとかで、
高二の時に、方角がいいという理由で、
母親と一緒に実家近くのマンションに引っ越しさせられたりしました。
その時は、まあ実家よりは学校が近くなるからいいか!ぐらいな感じでした。
次の年はなんと、これまた今年はこっちの方角がいいからと、
同じマンションの中で違う部屋へ引っ越ししました。
その時はさすがに、はあ?ちょっとやりすぎやろ?って思いましたが、
まあ部屋が洋間で広くなるからいいか!ぐらいな感じでした。

何を隠そう、実はオレが東京に上京したのは、
この九星気学で言うところのオレの星の方角が、
その年は東の方角が凄く良かったんですよ。
いわゆる"大吉方"と呼ばれる方角で、
距離が長ければ長いほど、時間が長ければ長いほど効果が出るらしく、
もう親からは大プッシュされました。
そういう事もあって、母親の知り合いの、
東京は蒲田にある、とある工場に就職する事になったんです。

その工場には事前に、
高三の夏休みに一ヶ月ほど泊まり込みで研修に行かされたんですが、
仕事自体は全くもって自分に合わないしやりたくないとは思ってたんですが、
研修中、休みのたびに街へ繰り出すだびに、
元々都会志向だった事もあって、
東京の凄さ・楽しさ・おもしろさを肌で実感していたのと、
どうしても通いたい格闘技の道場があった事もあって、
大吉方だかなんだか知らないけど、
とりあえず東京に行けるんならなんでもいいか!と、
後先考えず、親が後押しするがまま、上京する事にしたんです。
ちなみにその工場は、結局三ヶ月で辞めてしまう事になるんですが・・・。

その工場で働いていた頃は、超安月給で残業ばっかで、時間も金もなく、
通いたかった道場にも通えず、友達も出来ずと、ほんとに辛い日々でした。
親から電話があるたびに、
「どこが大吉方やねん!」と親のせいにしたりもしてましたねえ。
母親が言うには、大吉方で動いてもすぐには効果が出るとは限らないそうで、
徐々に出てくるからとは言われてはいたんですけど。

原宿のカフェドロペで働く様になって半年ぐらいしてから、
徐々にではありますが、友達も増え、遊びも憶える様になりました。
やはりそれと同時に、東京での生活が楽しくなっていきました。

ある日、ふとした瞬間に、「そういやオレって大吉方で上京したきたんだよなあ」
って思ったんですが、上京前後に母親がしきりに言ってたのは、
東の大吉方で動いた効果というのは、
「全てに於いて発展する」「人に恵まれる」だったんですよ。
それは間違いなく当たってるなあと思う様になって。
ちなみに今改めて東の大吉方の効果を調べてみたら、
他には、「斬新な事で成功する」「何事にも積極的になる」「話術が上手くなる」
とかも。これまたなんか、当たってる様な気もしました。

とは言え、元々占い嫌いな性格もあり、
なんかあるたびにこういうのに左右されるのって、
非常にうっとうしかったので、気にしない様にしてたんですよ。
蒲田から代官山へ引っ越す時とかも、敢えて方角とか調べなかったし。
でもたまに母親から掛かってくる電話とかで、
今のあんたの運気はどうやこうやとか言われるたびに、
それがなにげに当たってたりして、更にうっとうしかったんですが、
元々東の大吉方での効果は、結果論として当たってたのは実感してた事もあり、
確か8年前ぐらいに、何度目かの引っ越したいモードになった時に、
ちょっと方角調べてみっかなあと思って、気学の本を買ったんですよ。

本を読んでいくと、徐々にはまっていって、ちょっと真剣に勉強したろかしら!
とか思って真剣に気学を勉強し始めたんですが、
さすがにやっぱちょっと奥が深すぎて、
独学ではどうしても限界を感じて断念したんですけどね。
でもその時に、大雑把で簡単な方位取りだったら出来る様にはなりました。
まあでも、やっぱりいちいち振り回されるのも嫌だったので、
気学は自分の中では封印というか、気にしない様にはしてたんですよ。

去年、引っ越そうかなあ?どうしようかなあ?っていう時期に、
引っ越しなんてまあ滅多にしない事だしという事で、
やっぱり一応方角ぐらいは調べておこうかなあと、
以前憶えた手法で、事前に自分で調べてみたんですよ。
そしたら去年は、オレの星は西南の方角が大吉方だったんですよ。
ちょうど代官山から西南の方角って東横線上に位置してて、
まさにオレが引っ越したいと思ってる場所じゃん!という一致や、
年の吉方位もあるんですが、月の吉方位もあって、
引っ越そうと思っていた7月が、これまたちょうど西南が吉方位だったんですよ。
そういう偶然か必然かわからない様な結果もあって、
もうこれは今年の7月に越すしかない!っていう決意に繋がったんですよ。
なので候補物件が見付かるたびに、
細かく方位測定盤で調べたりしてチェックしたりしました。

引っ越すと決めたと同時に、
ちょっと独学での方位取りも不安になったので、
珍しく母親に電話して正確に調べて貰いました。
もうかれこれ気学はずっとやってなかったらしく、
知り合いの先生クラスの人に見て貰うとの事でした。
数日後に連絡があって、やはりオレが調べていた通り、
今年のオレの星は西南が大吉方らしく、月の吉方位も7月は西南でした。
あと、日の運勢も調べてくれていて、
七夕の日がめちゃくちゃいいからこの日に引っ越しなさいとの事。
もう七夕に越すのが、気学上では言うことないぐらいの最良の日らしく、
しかも七夕の夜に引っ越しなんて、
ロマンチックなオレとしてはこの上ない日という事もあり、
よっしゃ!だったら七夕に引っ越しだ!って事で、未だ物件も決まってないのに、
管理してる不動産屋に電話して、7月7日で今のアパートの退出も申告しました。
その後、ギリギリまで紆余曲折ありましたが、
予定通り七夕の夜から、今のマンションに住み始める事が出来ました。

西南の大吉方の効果は、「勤労意欲が増す」「物を大切にするようになる」など。
これも結果的に結構当たってます。
まあ勿論、大吉方で動いたから効果がどうとかってのもありますが、
人間やっぱり、いいと言われてる時に動いた方が、
思い込み的にも「なんかいい事あるかも!」って思っちゃうじゃないですか?
自然とポジティブに考えられるっていうか。
そういう勝手な期待感を持つ事も、運気が上がる部分なのかもなあとも、
個人的にはちょっと思ったりもします。

今回の大吉方への引っ越しも、今のところは大大成功だったこともあって、
個人的には、更に九星気学への信頼度が高くなってしまった結果になりました。
そんな事もあって引っ越した後も、どうも運気とかが気になってしまって、
たまに色々調べたりもするんですが、これがまたえれー当たってるんですよね。
マジで怖いぐらいに。
ちなみにオレの星は、去年の運勢は大吉だったんですが、
正にその通りな一年でした。
ぶっちゃけ一昨年までは結構辛い時期だったんですが、
それも調べてみるとなんと、去年までの2,3年は大凶の時期だったらしいです。
まさに!って感じでした。

月の運勢とかでも、今年は運気いいはずなのに、
なんか今月はツイテないなあと思って調べてみると、
大抵運気が良くない月だったり。
なんかやっぱりそういうのに振り回されるは嫌だ!と思って、
なるべく見ないようにはしてたんですが、
今月の余りの運気の無さに、またちょっと調べてみたんですよ。
まさにその通りでした。今月は大凶の運勢らしいです。
やっぱりか、、、どうりで、、、って感じでした。。。
書いてある事、もうほとんどおっしゃる通り!っていうぐらい当たってました。
年の運気的には、今年も結構いい運気らしいんですけどね。
ちなみに気学上での1月は、2月3日までです。
あと、気学上での暦的には、2月4日からが新年のスタートになります。
とりあえず、この八方塞がりで真っ暗闇な1月が、
早く終わってくれないかと、切に思う日々です。