2022年09月10日

訪問介護でのサービス

当社でも訪問介護事業所を運営しています。

そこで疑問に感じていることを・・・

いわゆる「片付けられていない部屋」のサービス提供です。
よく、先ずは部屋の片づけからはじめて生活支援に・・・となる話を聞きます。

介護保険のサービスだと自己負担額が抑えられるため、「安いから訪問介護で片付けてもらおう」と言った考え方をお持ちのCMもいらっしゃるようで。これはとんでもない考え方です。
確かに、認知症になられてしまって片付けられない状況になってしまったという方もいらっしゃいます。しかし・・・サービスに入るのが大掃除的な介入からはどうなのでしょうか?
基本として「訪問介護では大掃除はサービス提供外」となっているはず。
今まで介護保険サービスの利用を拒否されていたから、今後のサービス提供につなげるための導入で・・・って。これは、本当におかしな話ではないでしょうか?

先ず、「今まで利用を拒否された」との発想があるから大掃除をやってくれない?となってしまっている事。「拒否」されているという考えではなく、「選ばれていないだけ」という事です。
「今まで介護保険の利用を選ばれないで生活されていた」その結果「片付けられていない部屋」となってしまったという事です。
周りは介護サービスを必要と考えていても、ご本人が望んでいないのであれば「大掃除」を導入として次につなげるという考え方にはならないように感じます。

サービスにつなげるのであれば、専用の業者に入っていただけるようにし廃棄等をしていただくべきではないでしょうか?
そして、その綺麗になった環境を維持するためにも訪問介護のかかわりを考え話を進めていくべきです。
そこから、本来の「生活支援:身体介護」の必要なサービスを一日でも早く介入し状況の維持ができるようにかかわりを継続することが本来の在り方だと思います。

さらに・・・「数百円で料理作ってもらったり・掃除してもらえるのだから訪問介護入れよう」と言っているCMが現実的にいらっしゃいます。これは、かなり問題です。
訪問介護は便利屋ではありません。
安いからと、必要ない方にまで訪問介護を使う・・・こんな考えのあるCMがいるのは悲し現状です。これでは介護保険がパンクに向かう理由の一つになっている事、訪問介護に人が集まらない理由のひとつになってしまっていると思います。

本当に必要なサービスを提供し、その方が居宅で「少しでも豊かな生活」につながるかかわりをしていくことが重要です。
まだまだご自分でできる方はたくさんいらっしゃいます。それを「やってもらえばいい」で訪問介護を利用している現状もありますので、「生活の営みの継続」につながるかかわりが出来るように訪問介護の在り方を見直す時期なのではないでしょうか・・・?

ngutoukon at 15:51|PermalinkComments(0)

2022年08月24日

代表山出の研修(セミナー)予定

新型コロナウイルス感染症が発生して3年目。
終息するどころか、逆に感染者数が増えている状況ですね。

感染予防と言われていますが、正直感染予防しても感染してしまっているのが感染者数からもわかります。

1年目・2年目と感染者数が増えるとご依頼いただいていた研修(セミナー)は軒並み延期もしくは中止となっていましたが・・・ここ最近では、開催をされるところも増えてきています。
また、オンラインからリアルに戻ってきています。

1年目・2年目はオンラインでのご依頼を引き受けていましたが、今年は継続的にご依頼を頂いている法人さんのみオンラインを引き受けさせていただいています。
集合研修(セミナー)が減っている中・・・事業所改善や法人内研修が増えています。

さて、どなたでも参加いただける研修(セミナー)情報になります。
現在日程調整済みのご依頼
  8月28日  快護幸友会
10月15日  4分野一貫セミナー㏌愛知
10月29日   4分野一貫セミナー㏌沖縄 
11月12日   日本通所ケア大会(広島)
12月16日   かなふくセミナー
令和5年のご依頼は日程調整中になります。

ご興味がありましたら是非。
ご連絡をいただけましたら主催者をご紹介させていただきます。

現在、この他に月7~9本のお仕事を頂いております。
月に6本までとしていましたが・・・
ありがたいことに、一度ご依頼を頂きお話をさせていただくと継続でのご依頼を頂けています。

ngutoukon at 17:34|PermalinkComments(0)

2022年07月06日

驚きの訪問!!

本日、令和4年7月6日(水)
地元の立場駅で街頭演説をされていた方が、終了後に・・・
生活維持向上倶楽部「扉」を訪問!

小泉進次郎衆議院議員がいらっしゃるなんて(驚)
短い時間でしたが、メンバーさんにお声を掛けていただけたり、お話をさせていただく機会を頂けました!!
もちろん、うちから「来てください!」とお願いをしたのではありません(笑)

突然のことで、メンバーさんもパートナーもビックリ。
近所の方から・・・やっぱり「扉」さんは不思議なところ。本当に介護事業所なの?って言われちゃいました(爆笑)

IMG_2922




















IMG_2927




















IMG_2932




















IMG_2937 (1)




















IMG_2938


ngutoukon at 14:03|PermalinkComments(0)

2022年04月07日

泉区応援プロジェクト

開催間近ですが情報解禁。

横浜市泉区で150発の花火を打ち上げます!

時間・場所は密を回避する為に非公開となってしまいますが()

泉区役所も後援に入っていただけ、かなり力を貸していただけています。

https://www.townnews.co.jp/0107/2022/04/07/619728.html

横浜市泉区内で、異業種交流会 アイディーズ〜地域創造チーム〜を有志と設立しました!

先ずは、区内で「泉区応援プロジェクト」として、コロナウイルス感染症で楽しい思い出が少ない子ども達に小さな思い出になる様にと同時に、医療・福祉でコロナウイルスと向き合って生活を支えている方々、コロナ禍で下を向いた生活を送る事になってしまった区民が一瞬でも「心を一つ」に必然的に上を向けるように花火を打ち上げる為に皆んなで動いて来ました!

アイディーズの活動第一号。

ここから、泉区の地域創造の為に皆んなで力を合わせて活動し、次世代に繋げていけるチームになる活動をして行きたいと思っています。

#住むなら泉区

#暮らし続けられる街泉区を創造

#アイディーズ

#地域創造チーム




ngutoukon at 17:34|PermalinkComments(2)

2022年02月23日

BCP(事業継続計画)

BCP対策という言葉を聞いたことはありませんか?
ここ最近、この対策に向けての準備が必要となってきています。

▢BCP(事業継続計画)とは?
企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

図 BCP(事業継続計画)の役割

現在のような感染症の蔓延やいつ起こるか分からない地震など・・・
いつ何が起こるか分からないのが現状です。

当法人の様に、小さな企業に関しては何か大きなことが起こると運営が厳しくなってしまうのが現状です。そのためには、横のつながりをしっかりと構築しておく必要があると思います。

ここで問題になってくるのが、「つながりの範囲(エリア)」になってくるのではないでしょうか?

行政等が挙げている内容だけではなく、オリジナルのBCP対策を構築していかなければならないと感じます。
しかし、現状はどうでしょうか?
どのような構築が必要なのか・・・本来は、その点について書いた方がいいのかも知れませんが。
当法人の考え方と構築の仕方になってしまいますので・・・知りたい方は、お問い合わせいただけたらと思います。

BCP対策に関しては、視点の変更が重要になてくるのかも知れませんね・・・

ngutoukon at 13:09|PermalinkComments(0)