株)NGU 「元祖!闘魂介護士」の闘魂Blog

6年前より「闘魂介護士」と呼ばれるようになった・・・ 普通の介護福祉士 山出が、事業所の取り組み・活動報告を赤裸々に書いています! さらに、「闘魂介護士」として全国各地で「介護技術」「認知症ケア」等の研修・セミナー等で「闘魂注入」をさせていただいている事を報告や、告知を書いています(^○^) そして、現在の介護の疑問まで書いています。 中心は介護の事ですが、時折おふざけな内容も・・・   ※アントニオ猪木さんの了承はいただいておりません(汗)

株式会社NGU (Never Give Up)
 ☆生活維持向上倶楽部「扉」(地域密着型通所介護事業) 
 ☆生活維持向上倶楽部「心」(在宅応援型訪問介護事業) 
 ☆「ステップ」      (介護研修事業)
 ☆NPO法人 認知症フレンドシップクラブ 横浜事務局
の活動や取り組みをお伝えするブログです!
また、代表の山出が元祖「闘魂介護士」として、全国各地で介護技術・認知症ケア等のセミナー・講習をしている為、その際の報告や告知等を書いています。
その為、Blogタイトルも・・・ずばり、「元祖!闘魂介護士」の闘魂Blogとなっています(^^ゞ
「闘魂」とは,「己に打ち勝つ」です!!そうです、ブログを通して「闘魂注入」をさせていただきます!
※アントニオ猪木さんの了承はいただいておりません(汗)

この季節に、毎年思い出します。

「扉」を開設した当初、ご利用されていたメンバーさん。

看取りまで関わらさせていただきました。

ご利用当初から、あとどのくらいか・・・と、余命宣告をされていました。

しかし、その期日は過ぎ2年くらい来ていただけていました。

そんな中、奥様より「もう一度一緒に出掛けたい」とお話がありました。

休日であればお力になれる!

メンバーさんに、どこか行きたいところがあるかとうかがうと・・・

小さい声でしたが「箱根」と。

行先は「箱根」に決まったので、色々と計画して、寒い時期になってしまいましたが日帰り旅行に行きました。

日曜日で、道路は渋滞。長い移動時間になってしまいましたが、看護師が体調を考慮し休憩をとりながら。

「彫刻の森美術館・大涌谷・芦ノ湖のコース」

最後に、メンバーさんと奥様が遊覧船に。
車椅子だから乗れない・・・ではなく、車椅子でも乗れるために私たちが付き添いなんです。

日が沈み始めた芦ノ湖。そこにあったメンバーさんと奥様の寄り添う後ろ姿は今でも忘れられません。

家族の絆・愛

本当に素敵でした。

メンバーさん・ご家族から、私たちは本当に沢山の事を教えていただけました。

いや、今でも教えていただき成長しています。


まだまだ、私たちの力不足を実感することだらけです。

だから、常に考え・学び続け前に進まなければなりません。


私たち、専門職が「対応できない」と言ったり、「状況を悪くする関り」ばかりしかできなければ、ご本人・ご家族は「諦め」と「絶望」しかなくなってしまうと思います。

介護と言う仕事・・・今、「あり方」を考え直していかなければならない時代だと思います。


もう、数年前の事になってしまいますが、メンバーさんはご自宅で、奥様に手を握られながら旅立たれました。

そして、今でも奥様とはお会いしています。
IMG_2716

6月9日・23日と、東京都世田谷区の訪問介護連絡会さんでお話をさせていただきました。
IMG_1129IMG_1130












































「座位姿勢と移乗」についての座学&実技をさせていただきました!


私は、「技術研修」でも必ず倫理から話させていただいています。
なぜ?

・・・それは、なぜ「介護技術」を身につけないといけないのか?そして何のために「介護技術」があるのか?
を考え、今までの介護技術でいいのか?を考えていただき、お話させていただいている内容との違いを知っていただきたいからです。
介護技術で本来必要なのは、「手法」や「方法論」ではなく「根拠」だと思います。
そこを認識してから、実技で体験していただいています。

なにより、楽しく一緒に学ぶ事が一番大切かと思います!
2日目には、女優で介護士としても活躍し、現在は看護学校で勉強されている「北原佐和子さん」も駆けつけていただけました!

次回は、9月にお伺いさせていただきます!
IMG_1210IMG_1136IMG_1201IMG_1208IMG_1207

今回は「セミナー」の案内をさせていただきます!

当法人、株式会社NGU主催で開催している「3分野一貫セミナー」を久々の開催が決定しました!

今回のテーマは「じりつ支援について」

講師は 全国で講師として活躍されている

①山下 総司氏 

介護環境についてお話していただきます。

②榊原 宏昌氏

ケアプランについてお話していただきます。

そして・・・おまけで③私が介護技術について。

「環境&ケアプラン&介護技術」

この3つの分野が「じりつ」についてどのように一貫していくのか、私自身楽しみです!

まだ先の予定ですが、もしご興味がありましたらご検討いただき下記リンクよりご登録いただけたら幸いです。

現在告知し・・・5日目?ですが、ありがたいことに45名定員に対し、31名の申し込みをいただいています。

会場の都合上定員越えが厳しく、先着順になります。

詳細は、リンク内にありますのでご参照ください。

https://kokucheese.com/event/index/526151/

先日、同じエリアにある「居宅支援センター」のケアマネジャーの方々と、うちのパートナーの合同で「じりつ」支援に関して勉強会を開催出来ました!


当法人は居宅を持っていませんので、このように別法人の事業所と勉強会が出来る事は嬉しい限りです!
ケアマネジャーの方と、事業所の営業などは一切関係なくつながることが、本来本当に必要な「連携」なのだと感じます。

ただ・・・申し訳ないと思ったのが、「じりつ」の考え方をお話させていただいたのが、私という事。

うちのパートナーもいい刺激を受けたのではないでしょうか?

勉強会の後は、飲み会!!
勉強会の写真はありませんので、飲み会の時の写真を(笑)
IMG_1119IMG_1100IMG_1121IMG_1127IMG_1103IMG_1128IMG_1126

5月26日(土)、自宅から徒歩20分の所にあるデイケアで介護技術の研修を!

建物が・・・まるでお城(^^)
IMG_0987IMG_0988





































いつも、そばを通る時に凄い建物だな〜って思っていました。

 
皆さん、真剣に聞いて頂け、また考える関わりの大切さ、今までの関わり方が足りなかった事に気付いていただけたようで、「こんなんじゃ無理」「辛い」から「これだけで、何でこんなに楽になるの」「笑ってしまう」「勉強不足だ」などの会話が聞こえてきました。
PTさんからは、「単発支援になってました。生活の営みを考えて行きます」と。大切なところが伝わったのだと思いました。

やはり、そこが伝わった事が嬉しいですね!

日々の関わりもですが、研修も相手に「伝える」ではなく、「伝わる」事が大切ですよね。そして、目から鱗でしたや、聞いて満足で終わりではなく、自分達でも実践をしなければと行動に繋がらなければ、お話ししている事がただの自己満足なんだと思っています。
話を聞いていただけた翌日から全員で実践して欲しいです!

私は、介護福祉士ですが・・・最近、PTさんやOTさんから相談される事が増えています。
ただ最近でも、なんで介護福祉士が介護技術を教えてるんだと言われる事もありま・・・慣れましたが(笑) 5年くらい前までは、リハビリの分野だ、越権行為だとしょっちゅう言われてましたので(爆笑)
私は、リハビリとしてのお話しではなく、日常生活内でしっかりと関わる為に介護技術を重要視していますので、リハビリではないんですけどね(爆)

そして・・・終わってから駅近くで!!
IMG_0989IMG_0990IMG_0995

このページのトップヘ