株)NGU 「元祖!闘魂介護士」の闘魂Blog

6年前より「闘魂介護士」と呼ばれるようになった・・・ 普通の介護福祉士 山出が、事業所の取り組み・活動報告を赤裸々に書いています! さらに、「闘魂介護士」として全国各地で「介護技術」「認知症ケア」等の研修・セミナー等で「闘魂注入」をさせていただいている事を報告や、告知を書いています(^○^) そして、現在の介護の疑問まで書いています。 中心は介護の事ですが、時折おふざけな内容も・・・   ※アントニオ猪木さんの了承はいただいておりません(汗)

2012年03月

タイの大洪水の影響で、生産が遅れていた「送迎車」

注文から3ヵ月・・・やっと納車です!

が・・・なぜ?こんな嵐の日に・・・
IMG_0886
IMG_0882

先日の研修アンケートです・・・

本当に良かった。

いつも、集計するのが怖いです・・・。

IMG_0889

IMG_0880

IMG_0885

IMG_0887


IMG_0883




ケアマネージャーの方より・・・

「デイって看板とかに書いてないから、分かりにくいんじゃない?」と言われました・・・

確かにそうかもしれません。私自身もその思いはあります。

しかし、当事業所は出来るだけ、「介護老人施設」と言う言葉を看板に掲げたくないのです。

なぜなら、いかにも「老人」や「介護が必要になってしまった」等の考えを持ってほしくない思いが強いからです!

昔から「病は気から」や「気は持ちよう」という言葉があるように、

当事業所を利用する事で、「こういう施設を使うようになってしまったか・・・」などの思いを、本人様やご家族様に思って欲しくない・肌で感じてほしくないのです!

今後もこの思いは変わりません。

以前も、生活維持向上倶楽部「扉」の看板を見て・・・「ここは、ドア屋ですか?うちのドアが壊れてしまって・・・」と入ってきてくれた方がいました・・・

ある意味、良かった?のかなと思いましたが・・・事業所としては問題なのかも知れません。なかなか、周知されないと言った現状が出ていました。

しかし最近では、生活維持向上倶楽部「扉」の名前が少しずつ広まってくれています。嬉しい限りです!

これからも、表立って「介護老人施設」や「デイサービス」・「通所介護事業所」は控えたいと思います。ただ、ご指摘もごもっともなので・・・自分たちの思いに反さないよう、ものすごく控え目に揚げるようにしたいと思います。

ただし、基本は・・・通所事業  生活維持向上倶楽部「扉」 で行きたいと思います!

ありがとうございます。


先日、事業所の隣の方から「プチトマト」を頂きました!物凄く甘いおいしいトマトでした!

お隣の方は「農家」です!とてもおいしい野菜を販売しています。

当事業所は、リハビリ・レクリエーションに「農業」を取り入れ、「リハ農」・「レク農」を行っています!

土の香りは、いろいろな効果をもたらすそうです!最近は、コンクリートに囲まれて、息が詰まりそうな思いをします。

地域性にもよりますが、事業所に通ってもお部屋の中にいるのでは「自宅」とそんなに変化がないと思います。

少しでも、外に出る環境を提供出来ればと思っています!

ありがとうございます。

IMG_0879


昨日、東京の特養の「介護技術研修」の講師をしてきました!

新施設を開設したばかりで、引っ越し等があり少人数での研修でした!

そこの施設には、「作業療法士」の方が常勤でいる施設です。

頭の中に・・・一つの不安がありました。

以前「介護技術の研修」などをしている時、「自分のやっている事は、理(作)学療法士の領域」と言われている時期があったので、また誤解されるのでは・・・と。

でも、講習をしている中で介護士の皆さんのやる気・作業療法士さんの考えを知り、その不安は瞬時に打ち消されました!!

もちろん、昨日の研修には「作業療法士」の方も参加していただけました。

そこで、私が一番伝えたかったもの!

「トランス・座位、臥床位でのポジショニング・その他の支援において介護士がしっかりと、介護技術をやれれば・・・理学・作業療法士の方は、自分の仕事に専念できる。」と言う事です!

利用者様に対し、日々の生活支援をしなければならない介護士が、間違った知識・技術で対応することは「生活不快症状」の提供でしかありません。

介護士が「介護技術」をしっかりやる→拘縮予防や関節可動域等の為にリハビリをするのではありません。 そこにつながることを予防する!ここに、介護技術があるのだと思います。筋緊張をとり、安楽な生活につなげる!これは介護士の仕事ですその為に必要な事が「介護技術」なのだと思います。 

ここを、介護士の領域ではないと言われてしまうと「介護士の存在はいらなくなってしまう」ような気がします・・・

昨日の研修では、参加された方全員が真剣でした! 

終わってから、作業療法士の方も含め食事をする時間を用意していやだき色々話すことが出来ました。

その中で、作業療法士の方も私と同じことを思っていたようでした!

やはり、介護士の方がやる気のある施設は講習をしていてとても気持ちが良いです!!

                     ありがとうございます。
                                                                            
IMG_0861
IMG_0866
IMG_0867
IMG_0861
IMG_0862
IMG_0863








 

当事業所の「内覧会」に来ていただいた、「オスマン・サンコンさん」が 3月19日(月)の読売新聞に掲載されていました。
とある施設で利用者様と「囲碁」を打っている写真が載っていました!
サンコンさんは「お年寄りから学ぶ事は多いね。ギニアでは『高齢者が亡くなるのは、図書館が燃えてしまうのと同じ』って言うんだよ」って話されています。

確かに、私たちも「利用者様」から沢山の事を教わっています。いつも利用者様には感謝しています。
そして、サンコンさんは「人の一生は限りがあるけれど、命は、祖先から僕たち、子孫へと受け継がれ、無限になる」と話されています!

だから・・・尚更「利用者様の為に頑張ろう」って思うんです!
            
以前、サンコンさんと銀座で食事(飲み)の機会がありました。その時も、本当に人を大切に思ってい方なのだと感じました。

この気持ちを、私ならびに、当事業所のスタッフ一同、心に留め歩んでいきたいと思っています!

                         ありがとうございます。
内覧会の時の写真です!(ん~私、太りました
P1020039





本日ご利用の方!!
リハビリを頑張ってきたのと、自分で頑張ってやろうとする気持ちが伝わってくる方でした!
とても嬉しく思います!
私たちは、少しでも力になれるように頑張らさせていただきます!

 ありがとうございます。(ご了承のもと写真掲載させていただいています)
IMG_0835


このページのトップヘ