株)NGU 「元祖!闘魂介護士」の闘魂Blog

6年前より「闘魂介護士」と呼ばれるようになった・・・ 普通の介護福祉士 山出が、事業所の取り組み・活動報告を赤裸々に書いています! さらに、「闘魂介護士」として全国各地で「介護技術」「認知症ケア」等の研修・セミナー等で「闘魂注入」をさせていただいている事を報告や、告知を書いています(^○^) そして、現在の介護の疑問まで書いています。 中心は介護の事ですが、時折おふざけな内容も・・・   ※アントニオ猪木さんの了承はいただいておりません(汗)

2014年07月

7月29日・30日 東京ビックサイトで(株)高齢者住宅新聞主催の

「高齢者住宅フェア 2014」が開催。

そこで、大建工業株式会社のブースに・・・私が、映像出演(^^ゞ(去年も出ていましたが・・・)

商品名は「ひきドア」!!

昨年、この商品の検証・実際の介助面での使用法を伝える動画撮影で依頼をいただきました!

今年に入って、再度撮影があり・・・その時の映像が使われています。



ここでは、商品の使用法についての映像なのですが・・・

実は、移乗技術をしっかりと紹介させていただいているのです!(もちろん、当事業所ではスタッフ全員が実践しています)

どんなに、良い商品(ハード面)があったとしても、それを使いこなす技術(ソフト面)がしっかりしていないと意味がないですからね(-_-;)


どんな商品か気になる方はこちらを↓↓↓
http://www.daiken.jp/b/movie/parts/door_028.html

現在、某企業様の商品開発にも協力させていただいています・・・
こちらも、近々発表出来ると思います!

どちらも、「介護福祉士」としてご依頼をいただけました!

昨日19:00~21:00に

NPO法人 みんなのみらいサポート主催の「よこはま介護塾」で移乗技術の研修をさせて頂きました。

参加人数は16名 19:00~と遅い時間帯の研修ですが、皆様真剣!!

私は、研修の始まりに必ず「職業倫理の確認」についてお話させていただいています。介護保険法(なぜ介護保険が適応になっているのか・・・等)を確認し、今のサポートの現状や、職場で全介助ありきのサポートや職員本位のサポート、自己満足のサポートではないか?の確認をしていただき、今の移乗技術の方法が、なぜ望ましくないのか。方法論ではなく、「根拠」をしっかりと落とし込んでいくことをお話させていただき、1時間移乗技術の実技を行いました。

今までの方法が、ご利用者にどれだけ負担があったか・・・根拠を落とし込むことで負担が軽減出来るか・・・を感じて頂きました。

現在、この「よこはま介護塾」では月に2回、お話させていただいています!
RIMG1101-300x200[1]

平成26年7月27日(日)13:30~より
ご家族勉強会・懇談会を開催致しました。

今回は、14名のご家族が参加していただけました。

勉強会のテーマは「介護事業活用の為の連携について」

生活相談員よりお話させていただきました。

なぜ、連携が大切なのか?連携とはどういうことか?中心となる所は?現状はどうなのか?等・・・

難しいテーマだったと思います。

介護保険法・介護福祉士法・社会福祉士法に定められている事・・・
各専門職(介護士・相談員・看護師・ケアマネージャー・医者)の役割・決まり。

その事を踏まえて、当事業所の連携方法・どのように他事業所に報告しているか、またその内容など・・・

他事業所と連携をとれることで当事者の方・ご家族の生活がもっと変わってくると思います!

当事業所では、2事業所とショートステイの連携の送りが出来る提携を取らさせていただけました。

各介護事業所だけではなく関係事業所がもっと連携をし、暮らしやすい地域の構築が出来ればと考えています。
IMG_6279IMG_6282

本日14:30~より、ハワイアンバンドのライブを開催致しました(^_^)/

皆様の笑顔が最高でした!!

そして・・・ハワイアンバンドと言えば(^^ゞ 元ハワイアンバンドマンのメンバーさんの出番です(^o^)/

担当はスチールギター。

当事業所をご利用になり、日々の取り組みの中で1年半かかりましたが、「音」から「曲」になり・・・

今回で2回目のライブです(^○^)

とても活き活きされた表情が印象でした。
やはり、もう一度出来ると言う事は・・・ご本人にとって最高の気分だと思います!
IMG_6275IMG_6238IMG_6268

7月20日(日)に
スタッフに、車椅子サポート研修を開催しました!!
きっかけは、「車椅子で海行けますか?」とスタッフからの一言でした・・・

基本がわかっていれば行ける!と言う事で、江ノ島の横、腰越海岸に行ってきました(^_^)/

スタッフのお母様が、車椅子での生活を送られているのですが・・・
「車椅子になったからどこにも行けない・・・」と言う気持ちを持って欲しくないので、急遽スタッフ研修を兼ね行ってきました!
お母様に協力していただき、スタッフに砂浜でどのように車椅子サポートをするのか伝えました。
引き動作・押し動作・バランス・体の使い方・・・等など しっかりサポート出来れば、必要以上の「力」はいりません。

海からすぐそばにお住まいなのですが、海の家や波打ち際に7年ぶりに行くことが出来たそうです!
2年前には「バリアフリーじゃないから外出が出来ない」という理由が、介護専門職の言い訳にならないように・・・車椅子で江ノ島を昇り頂上まで行ける事も実証しました。もちろん、頂上の展望台の螺旋階段を上がり屋外展望台まで!

専門職が「知識・技術」をしっかり持つことで、当事者の方の生活を奪うのではなく、広がる事が出来ます!
その方が本当に行きたいところへ・・・

10483248_482358095232656_3835832236117511571_n[1]※少し力が入ってしまっています。その理由は、前輪(キャスター)が上がっていない為と、重心の落とす位置がずれている・腕をたたんでしまっているからです。

10372515_482358221899310_1065698157994279176_n[1]


















10378128_540915689353297_5861623335827521878_n[1]

月に2回 NPO法人 みんなのみらいサポート主催の「よこはま介護塾」で・・・

介護技術についてお話をさせていただいています。

ここでお話させていただき、思う事ですが・・・

初めの頃、受講していただいていた方の学びが「点」であったのが、

最近では「線」と繋がってきているように思います!!

たとえば、「認知症」と「介護技術」は別々・・・と言った状態のように思いました。
しかし、ここが「線」としてつながることで、「現場で成果が出てきました」とお話を聞くことが多くなってきました。

お話させていただく側としては、成果が出ていると聞く事は嬉しい事です。

次のステップとして、「面」でのサポートに繋がるようにお伝えさせていただきたいと思います。

「点」から「線」・・・そして「面」でのサポートを、当事者の方々の生活の為に繋がって行って欲しいと思います。

NPO法人 みんなのみらいサポート 「よこはま介護塾」は、定額制の夜学のセミナーです。ご興味のある方は ホームページ http://m-mirai-s.com をご覧いただければと思います。

生活維持向上倶楽部「扉」からも、「認知症キャラバン・メイト」のメイトが誕生です!

と、言っても代表の私が講習を受けてまいりました(^^ゞ

今後も、地域の為に歩んで行きたいと思います。

8月には、地域ケアプラザ様より「地域の方の為の認知症勉強会」のご依頼をいただいていますので、「認知症サポーター」の事についてもお話をさせていただこうと思います。
IMG_6157IMG_6158

このページのトップヘ