株)NGU 「元祖!闘魂介護士」の闘魂Blog

6年前より「闘魂介護士」と呼ばれるようになった・・・ 普通の介護福祉士 山出が、事業所の取り組み・活動報告を赤裸々に書いています! さらに、「闘魂介護士」として全国各地で「介護技術」「認知症ケア」等の研修・セミナー等で「闘魂注入」をさせていただいている事を報告や、告知を書いています(^○^) そして、現在の介護の疑問まで書いています。 中心は介護の事ですが、時折おふざけな内容も・・・   ※アントニオ猪木さんの了承はいただいておりません(汗)

2016年04月

地域密着型通所介護 生活維持向上倶楽部「扉」では、

開所当時からメンバーさんが朝「目標シート」を書かれています!
※もちろん強要はしません。書けない時、書きたくない時は書いていただきません。

当初は、その日の目標を決めて活動をする事が目的だったのですが…
すでに、メンバーさんはいつも目標以上の活動となっていますので、新年度から「今日のやりたいこと」「今の気持ち」を教えて下さいシートに変更しました!


御利用を始めの最初の頃は、単語や空白の方でも、一ヶ月パートナーとして関わらせていただくと、メンバーさんの文章に変化が出てきます。

特に、認知症の診断があるメンバーさんの文章にはいつも驚きます。...

嬉しい驚きがあったので投稿します。
利用初日と1ヶ月後の違いを見てもらえたらと思います(≧∇≦)
IMG_0152













(ご利用最初の頃)

IMG_0150













(利用1ヶ月後)

どんなに「思いがあります!」や「自分の思いを語った所で・・・」、相手に伝われなければ意味がありません。

介護とは、相手があっての仕事です!
自分の思いを押し付けることは「ケア」ではありません。
それは、自己満足でしかないように思います・・・十人十色!思いも人それぞれです!

もし思いがあるのであれば、エビデンスのある知識と技術をしっかり持ち・・・
相手に「伝わる」事がなければならないと思っています!

今年度(平成28年度)に入り、定員18名以下の通所介護事業所(デイサービス)が「地域密着型通所介護事業」へ必然的に移行しました。

当法人の生活維持向上倶楽部「扉」も定員10名ですので、「小規模通所介護事業」から「地域密着型通所介護事業」へ移行となりました。

「扉」の活動にとっては、「地域密着」になる事はとてもありがたい事です!!

今まで以上に、地域での活動が出来るのです!

第一弾として、「駄菓子屋」みたいな事を始めました。
これは、地域の方とのつながりと、メンバーさんの活動の一環となります。

機能訓練にもなるため、新たに「機能訓練計画書」に落とし込めます。

さらに・・・ケアマネージャーさんのケアプランにも対応しやすいと感じます。
理由として、ケアプランに①「他者との交流」や②「脳トレ」と書かれている事があります。

①に関して、ご利用のメンバーさんとの交流であれば1ヶ月しないうちに「目標」の達成になります。
目標を達成できたのであれば、次のプランに・・・
なので、「駄菓子屋」を通して「地域の方(子供たち)」と交流していただけることに繋がっています!

②に関して、「脳トレ」と言われるのですが・・・当事業所は「漢字ドリル」や「計算ドリル」「書き取り」などは希望者以外やりません!
なぜなら「認知症ケア」の観点から考えると、本当に必要なことは「手続き記憶」を維持していただく事で、日常生活の維持に繋がらなければならない訳で・・・
認知症ケアの目的を考えると「脳トレ」ってどんなことが必要なのかが分かるはずなのです。
その為「駄菓子屋」をやる事で、メンバーさんがお釣りの計算等をやっていただけることが「脳トレ」になっていると言えます。さらに、この部分で「他者との交流」も図れて一石二鳥に!!

メンバーさんが「呼び込み?」「支払対応」「接客」と本当に楽しそうに取り組んでいます。
P1040261



























そして、駄菓子を購入してくれた子供たちは、室内に入ってきてメンバーさんと必然的に交流をされています!

子供たちが入ってくるようになり、メンバーさん達の活動もさらに向上してきています!

地域密着型になり、本当に当事業所にとっては・・・かなりのプラス要素がいっぱいになったと感じています!
P1040264















P1040295

























P1040296

毎年、4月にセミナーのご依頼をいただいている・・・

公益社団法人 かながわ福祉サービス振興会主催の介護技術セミナー!!
IMG_0132





















今年も無事に終了いたしました(^_^)v

介護施設の職員の現状は厳しい状況となっているようですが、日中の一日セミナーで20人弱参加していただけました。
IMG_0134





















介護技術セミナーになりますので、実技講習がありますので・・・私のスキルでは20人位が適切かと(苦笑)

実はその前の週の20日に、品川区立の新設の特別養護老人ホームで職員研修の依頼があり「介護技術」の研修をさせていただきましたが・・・参加者が50名近くいらっしゃり!!
座学だけなら、過去に300名の方に講演をしたことがありますが・・・さすがに技術となると、50名は行ったり来たりとなり、若干疲労が(汗)

でも、一生懸命に参加していただけたので「闘魂注入」で頑張りました!(自分で自分を褒めています)

かな福セミナーでも、勿論「闘魂注入」で頑張りました・・・ハィ!

今回も、「伝える」研修ではなく、「伝わる」研修を心がけました。

私は、いつも理想論や方法論はお話し致しません。

理想論も方法論も・・・職員の思い・やり方であって、中心に当事者がいらっしゃらないように感じています。

特に理想論に関しては、「その人の思い」でしかないと思っています。
色々な方がいて、色々な考え・思いがあっていいのです!
しかし、その中心には「当事者の方・ご家族」の姿がないと、ただの「自己満足」でしかないように感じています!

私はそのような考えがありますので、セミナーや研修・講演では「エビデンス」の部分をお伝えしています。
勿論、当法人で実践してしっかりと生活の中で成果が出ている事になります!

介護職のサポート次第で、「その方」の病気や障がいを進行させてしまっている事・・・
介護士本位のサポートが「その方」の生活を奪ってしまっている事・・・
結果、業務に追われでいる現状を・・・
参加していただけた方がわかっていただけた様子で、嬉しく感じました!

感想やアンケートにも、「目から鱗でした」や「今までのケアを考えさせられました」などの声をいつもいただけています!

話を聞いたり・実際に実技で体験したりして感じていただいた事だとは思います・・・が、そこで終わってしまったら意味がないですので、実際に自事業所で活かしてほしいといつも感じます。
さらに、介護士が当たり前のように変わってくれれば・・・私がお話をしなくても「当たり前」となる環境になってほしいと感じています!

お昼は・・・毎回いただく食事券で(^○^)美味しくいただきました!!
IMG_0131

地域密着型通所介護事業に行こう始めた「駄菓子屋」

徐々に地域の子供たちに伝わってきました(^○^)

さらに、「中で食べていい~?」って・・・もちろん!!
お菓子を食べながら、メンバーさんと一緒に(^_^)v

メンバーさんが作った竹トンボをお土産に!...

やはり・・・竹玩具作り教室を開催しないと~
P1040261




















P1040270










P1040264

4月25日(月)10:00~16:00
公益社団法人かながわ福祉振興会主催のセミナーが、ウィリングであります!

今年で4年目になります。

私には珍しい一日?セミナーですので・・・時間内に終わるのかな~(-_-;)

ご依頼内容は、昨年までと内容は同じですが・・・さらに実践をしていてわかったこと、そして「なぜ?」の部分をわかりやすく「伝わる」ように私自身に「闘魂注入」しながら・・・頑張りしかないです(汗)...


受講の方にも、「闘魂注入」できるように・・・

そういえばMX-2310F_20160402_152556_001・・・前回は長野県から参加していただけた方がいらっしゃり驚きました!

このページのトップヘ