株)NGU 「元祖!闘魂介護士」の闘魂Blog

6年前より「闘魂介護士」と呼ばれるようになった・・・ 普通の介護福祉士 山出が、事業所の取り組み・活動報告を赤裸々に書いています! さらに、「闘魂介護士」として全国各地で「介護技術」「認知症ケア」等の研修・セミナー等で「闘魂注入」をさせていただいている事を報告や、告知を書いています(^○^) そして、現在の介護の疑問まで書いています。 中心は介護の事ですが、時折おふざけな内容も・・・   ※アントニオ猪木さんの了承はいただいておりません(汗)

2017年09月

認知症フレンドシップクラブ主催の「RUN伴」

今年は、「地域を染める」がテーマで開始!!

神奈川県でも「RUN伴2017神奈川」として 9月16日~18日にかけて開催しました。

当法人としては、RUN伴に今回で3回目の参加・・・前2回は、泉区として横浜市唯一の参加でした。
IMG_3837
















参加にあたり、1回目は横浜での参加がないため自事業所を中心に参加をしようとなり、当時幹事をしていた「泉区通所介護事業所連絡会」と一緒にと考え、お声を掛けさせていただき区内の数事業所が協力をしていただけました。

2回目は、さらに広がりグループホームなども参加いただけましたがやはり横浜市では・・・泉区だけの参加。

2回目開催の前に、認知症フレンドシップクラブ横浜事務局を全国で20番目に立ち上げました。

そして、今年の開催には横浜市の他の区からも参加していただきたいと、色々動きました。その結果・・・10区からの参加があり、しかも「横浜市後援」もいただく事が出来ました!

さらに泉区では、昨年参加していただけた方は9,5割参加していただけたことと、新たに応援や参加・場所の提供などをしていただけました。
IMG_3828













IMG_3865



















今回は、泉区内に6ヵ所ある「地域ケアプラザ」の中から4地域ケアプラザが参加協力していただけました。
☆踊場地域ケアプラザ(初年度から協力参加) ☆新橋地域ケアプラザ(2回目から参加)
☆下和泉地域ケアプラザ(ゴールイベント協力) ☆上飯田地域ケアプラザ(ゴール応援)

これは、地域が開かれていくための一歩となったと感じます!

そして、今回は「RUN伴本線」として、ゴールが横浜市泉区となり神奈川県全域から「タスキ」が繋がってきました!
その為、当法人のパートナーでゴールイベントの準備を!3ヵ月間ほぼ毎日22時過ぎまで・・・パートナーに感謝です。

そのおかげもあり、最終日のゴールイベントには、神奈川県内から累計約300名の方が集まってくれました!!
IMG_3979














色々な事は今年もありましたが・・・

得られたものは多いと思います。

これから、更なる一歩を踏み出して行きたいと思います!
IMG_3949


















IMG_3910IMG_3960IMG_3978IMG_3980 (1)





























































































RUN伴神奈川ゴールイベントの告知特設ページを作りました!

9月18日(月・祝)にRUN伴神奈川のゴールイベントが開催されます。
場所は、横浜市泉区の泉区役所と区役所裏の遊水地内で14時~17時の間
に行われます!

詳しくは、下記アドレスにアクセスしていただけたらと思います。
是非是非、皆様のご参加をお待ちしております!

地域全体の力で「認知症になっても暮らし続けられる街」を作っていきましょう!!


http://dfc-goal.ngup.jp/ 
(↑RUN伴神奈川ゴールイベント特設ページ↑)

共同通信社から、「自立支援」の記事が記載されている地方紙が送られてきました!
最近、自立支援に関して…どうすれば良いのでしょうか?や、見学させていただきたいのですが…と、他県の事業所や介護職の方からの問い合わせが急増していた理由が分かりました。

また、以前より問い合わせがありましたが、自立支援への計画書の書き方や考え方についての問い合わせや、それに関連してか、通所で「機能訓練Ⅱ」をどの様に落とし込んだらいいのか?どうやって職員教育をすればいいのか?認知症緩和プログラムはどうしたらいいのか?…と言う問い合わせが∑(゚Д゚)
なかなかお答えする事が難しく(汗)...
何故なら、うちで取り組んでいる活動は…特別な事をやっているのではなく、介護保険で定められている、「生活」としての関わりで…
そこに、介護技術をしっかり身に付け関わりをさせていただいているだけなので…
それが改善や維持となり、ご自宅の生活に繋がっているだけなんです。

ただ…ひとつだけ言えるのは、開所当時からパートナー全員が「考えるサポート」と「根拠に基づく介護技術」を常に継続していると言う事です。

・神奈川新聞 ・山陰中央新報 ・山口新聞 ・室蘭民報 ・茨城新聞 ・上毛新聞 ・埼玉新聞 ・日本海新聞 ・東典日報 ・佐賀新聞

このページのトップヘ