好きなページをルー大柴ナイズに翻訳できちゃうナイスなツールを発見!
敢えてリンクは貼りませんが、作者のサイトのある通りに、難しい文章を
ルーさんっぽく変えてみました!!


丸三証券を語るキーワード『自主独立』『自主営業』とは?
自主独立について社長の長尾氏はこう語る。「証券市場で何よりも大切なのは形成される価格が公正であることです。仮に誰かが値段をコントロールし、利益をあげるという事になれば、投資家の信頼を失い、市場は崩壊します。だから私たちのような系列化・寡占化されない証券会社が市場の一翼を担い、それぞれの価値観を統合することによって公正な価格を実現していくことが必要なのです。」こうした理念をかかげ、合併・再編・提携とそのあるべき姿を変えざるを得ない企業等が相次いで続出している中、歴史と伝統に甘んじることなく常に社内改革を呼びおこし推し進めながら自主独立の道を歩み満96年を迎えております。また当社は1980年代初頭に業界に先駆けて自主営業を採用しました。自主営業とは言葉のとおり「主体性のある人が自発的に仕事(行動)している」このことを会社が信頼していることです。つまり、本質的には社員個々の主体的な仕事を会社が信頼し、その信頼が社員の自信となり、会社がその自信を支えることで各々が自己実現といいましょうか、さらなるステップアップでの仕事ができる力を身につけられる「信頼関係」のことだと言えます。時間をかけて確立されたこれらの関係は会社や組織それを構成する個人にも浸透し、いきわたり当社の大きな強みとなっています。顧客にはニーズに適合した提案営業が基本の「資産管理型営業」で臨んでいます。提案営業には社員の専門性、その習得のための自己研鑽と自らの判断力を高めることが求められますが、これらは自主営業により社員に自然と身についたものになってます。加えて会社は「レポート営業」や「システムツール」でこれをサポートしております。調査、投資情報、商品部門など複数の発信元から、客観的な資料提供が行われ、提案営業の強力な武器となっています。さらに「スーパーマックス」という独自の投資分析システムで顧客にテクニカル分析をも提供しています。これら投資家の立場にたった営業姿勢が社内の信頼関係以上に顧客との信頼関係を強固なものにしているのです。

小難しくて何言ってるんだかよくわかんないよね。
これをルー語変換すると・・・


丸三セキュリティーズをトークするキーワード『インディペンデンスインディペンデンス』『インディペンデンスビジネス』とは? インディペンデンスインディペンデンスについて社長の長尾氏はこうトークする。「セキュリティーズマーケットゥで何よりもインポータントゥなのはフォーメイションされる価格がジャスティスであることです。仮に誰かが値段をコントロールし、利益をあげるという事になれば、投資家のリライアンスを失い、マーケットゥは崩壊します。だから私たちのような系列化・寡占化されないセキュリティーズカンパニーがマーケットゥのパートゥを担い、それぞれのバリュー観をインテグレイションすることによってジャスティスな価格をインプリメンテイションしていくことが必要なのです。」こうしたアイディアをかかげ、コンビネイション・リオーガナイゼイション・提携とそのあるべき姿を変えざるを得ないエンタプライズ等が相次いで続出している中、歴史とトゥラディッションに甘んじることなく常に社内リフォームを呼びおこし推し進めながらインディペンデンスインディペンデンスの道を歩み満96年を迎えております。またシュラインは 1980エイジビギニングに業界に先駆けてインディペンデンスビジネスをユースしました。インディペンデンスビジネスとは言葉のとおり「インディペンデンスのある人がスポンテイニアス的にワーク(アクション)している」このことをカンパニーがリライアンスしていることです。つまり、本質的には社員個々のサブジェクトゥ的なワークをカンパニーがリライアンスし、そのリライアンスが社員の自信となり、カンパニーがその自信を支えることでイーチがセルフインプリメンテイションといいましょうか、さらなるステップアップでのワークができる力を身につけられる「リライアンスリレイション」のことだと言えます。時間をかけて確立されたこれらのリレイションはカンパニーや組織それを構成する個人にも浸透し、いきわたりシュラインの大きな強みとなっています。顧客にはニーズにコンフォームした提案ビジネスが基本の「プロパティーコントゥロウル型ビジネス」で臨んでいます。提案ビジネスには社員のスペシャリティー性、そのラーニングのためのセルフスタディーと自らの判断力をレイズすることが求められますが、これらはインディペンデンスビジネスにより社員にネイチュアと身についたものになってます。加えてカンパニーは「レポートビジネス」や「システムツール」でこれをサポートしております。調査、投資インフォメイション、商品部門などセベラルのディスパッチ元から、オブジェクティブ的な資料オファーが行われ、提案ビジネスの強力なウェポンとなっています。さらに「スーパーマックス」という独自の投資アナリシスシステムで顧客にテクニカルアナリシスをもオファーしています。これら投資家の立場にたったビジネス姿勢が社内のリライアンスリレイション以上に顧客とのリライアンスリレイションを強固なものにしているのです。


ルー語にするだけでこのおもしろさ&分かりやすさは異常ですなwwwwww