2010年11月27日

スシタイフーンについて

019828dd.jpg昨日、試写で観た「極道兵器」でひと通りスシタイフーンレーベルが今年発表した作品が揃った。「エイリアンVS忍者」「戦闘少女」「冷たい熱帯魚」「ヘルドライバー」「ザボーガー」「極道兵器」。僕の客観的な感想を言うと、ほんとにそれぞれがバリエーション豊かだと言う事。全部が血がドビャーッと出る映画なんでしょ!って思われがちだが、ホントに全然違う。「冷たい熱帯魚」は心と身体にずしんと来る衝撃的な家族映画だし、「ザボーガー」は子供向け懐かしの特撮映画だし、「極道兵器」はマンガ原作だけどまた違った表現のマジアクション映画だ。これだけのバリエーション豊かな映画が一年でそろったのは、俺はやはり、プロデューサー千葉さんの力が大きいと思う。本人には面と向かって言えないが、「この映画作ってよ!」と言っといて最後まで責任とらない人が沢山いるのに、この人、絶対映画を面白く作り上げる。千葉さんの企画を嗅ぎ分ける力は独特だし、感覚がそうさせているのかもしれないが、それぞれの監督を上手く使い分けて自分が思うように「面白い映画」を何種類もつくりあげた。だから、みんなには全部観てほしい!昨日の試写の後、ほんとに心からそう思った。
西村映造


ni4yo4 at 15:19│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by だいちん   2010年11月27日 16:55
全部観たい、というより観ます!
こんな映画が観たかった・・・が全部揃っているスシタイフーン
今後も目が離せません。
2. Posted by ぱいん   2010年11月27日 17:13
自分の地元の長野では、残念ながらどの作品も公開されない可能性が高いですが(既に公開された戦闘少女は未だに公開予定無し)、

これから公開が控えている作品は、全て上京して劇場で観ます

幸運にも自分自身が3つの作品に、エキストラで関わらせて頂けた事を差し引いても、

1人の映画ファンとして楽しみな作品ばかりです

気が早いかもしれませんが、来年以降の新作品のラインナップが早く知りたいですね。
3. Posted by sguts   2010年11月27日 18:14
本当にこれだけのバラエティー豊かな作品がそろうってスゴイことだと思います!
地元山梨では奇跡的に戦闘少女は上映しましたが、今後の作品はどうだかわかりません。
でも全て東京に観に行くでしょう。
映画を観に行く為に片道1時間半をかけて上京。コレ自体が僕にとっては楽しいイベントだと思っています。
4. Posted by オッズワールド   2010年11月27日 23:15
今日、フィルメックスで冷たい熱帯魚観てきました。
凄くいいです。来年も必ず見ます。スシタイフーンが日本映画を大きく変えてくれると自分は信じます。
待ちに待った時代が風向きが変わる予感でワクワクします。
日本映画で世界をぶっ飛ばして下さい

コメントする

名前
URL
 
  絵文字