ni_ne4649

街とリズム

大塚久生( ニーネ(G&vo)、コトリブラックバード(Dr))のブログです

6 7月

ありがとう

7/1、吉祥寺sutekinaでのすみっこクラブ3を見に来てくれた人、どうもありがとう。最高でした。忘れられない夜になりました。

ニーネ、セットリスト
01_街とリズム
02_課金廃人
03_日本人学校GoGo(スワイマイ婆さん編)
04_SUMMER MELODY
05_先輩とうどん
06_水ギリギリの手すりに沿った散歩コース
07_ロマンチック

トリプルママ、The90$と、カフェでバンドライブ。最高でした。ニーネは吉祥寺の曲と、まあまあ最近の曲中心のセットリスト。

この日はメチャクチャ暑くて、ベランダの緑も萎れており、僕も寝起きに自転車で向かい、汗でビショビショになりながらsutekinaへ。リハーサル、The90$もトリプルママもリハから仕上がってました。これは楽しい夜になると、感じました。

本番、トリプルママ。茅野剛撮影。
20220701、吉祥寺sutekina (6)


本番前のニーネ。茅野剛撮影。だんだん体が温まってきました。
20220701、吉祥寺sutekina (7)


sutekinaでのニーネ、水庭撮影。ドライフラワーが素敵なsutekinaのステージ。
20220701、吉祥寺sutekina (1)

20220701、吉祥寺sutekina (2)

20220701、吉祥寺sutekina (3)



そして、この動画はドンちゃんが撮ってくれました。




そしてThe90$



ライブ後の集合写真。水庭撮影。sutekina、今月7/18で一旦休業になります。素敵なところなので、ぜひ。再開した時にまた「すみっこクラブ」、やれたらいいな。
20220701、吉祥寺sutekina (4)



ライブ後、同じ吉祥寺でライブをしていたトモさんに会いました。まちゃまちゃさんにも会えました。


ここ数日は、詩集の作業で、写真をスキャンしたり、過去の歌詞を書き出したりしています。忘れていた曲などもあり、過去音源を探して聞いています。

今日はちょっと涼しくて助かりました。

熱中症など気を付けて下さい。
24 6月

ありがとう!&うれしい報告!

小雨のパラつく6/18、下北沢ろくでもない夜での円盤少女企画のニーネとサード・クラス、見に来てくれた人、ありがとう。楽しかったです!

01_Let's Sing a Song
02_初めからいい顔で
03_開戦当日
04_空を見ていると
05_先輩とうどん
06_かまとと
07_自分のことが出来たら
08_タイ料理

選曲は3人で意見を出し合って決めました。ろくでもない夜、とてもやりやすいステージでした。レッドクロスの日はろっきーは僕のベースを使ってのステージでしたが、この日はいつものフライングVベース。たくさん光って、回ってました。
20220618_ろくでもない夜 (1

20220618_ろくでもない夜 (2)



茅野くん撮影のニーネ。
20220618_ろくでもない夜_ (4)

20220618_ろくでもない夜_ (5)

20220618_ろくでもない夜_ (6)



慎介撮影のリハの写真。
20220618_ろくでもない夜_ (13)

20220618_ろくでもない夜_ (14)



こちらは本番配信動画からのスクショです。
20220618_ろくでもない夜_ (10)

20220618_ろくでもない夜_ (11)





そしてサード・クラス。この日はサダと僕も参加して、四人で演奏しました。
01_手帳
02_やさしさの中のおせっかい
03_年上想い
04_どたんばのパワー
05_白い太陽
06_全否定ではない
07_ヒカリを見せて
08_ミッシェル(ものすごい(笑)完成度の)
09_駒場北4丁目

リハから出番前、本番もずっと楽しかったです。全部好きな曲でした。サード・クラスの曲は非常に複雑で、弾くので精一杯なのですが、それでも笑ってました。サード大塚さんは相当高度な演奏をしながら笑ってました。みんなで演奏して楽しいって、最高に幸せです。今のニーネでもしばしば感じます。
20220618_ろくでもない夜_ (8)

20220618_ろくでもない夜_ (7)

20220618_ろくでもない夜_ (9)




円盤少女も元気いっぱいで盛り上がりました。楽しい企画に誘ってくれてありがとう。




リハが終わってから本番までの間に、同じ下北のラプソディに岩島センパイがいると聞き、会いに行きました。10数年ぶりでした。とてもうれしかったです。また何か一緒にやれたらいいな。



そして、次のニーネのライブは吉祥寺sutekinaです。ライブハウスのような音響設備ではない喫茶のようなところですが、上下のお店が入っておらず、大きな音を出しても大丈夫ということなので、前回弾き語りでスリーマンしたメンツが今度はそれぞれバンドで、ドンちゃんのThe9O$、シンムラくんのトリプルママと、ニーネのスリーマンでやります。どう演奏するか、思案中です。ぜひ楽しみにしていてください。

7/1(金)吉祥寺sutekina
『すみっこクラブ3』
w/The9O$、トリプルママ(シンムラテツヤ)
open18:30/start19:00
料金:チャージフリー投げ銭(要オーダー)

チャージフリーの投げ銭形式ですので、気楽に遊びに来て盛り上げてください。お待ちしております。
7月1日(金)すみっこクラブ3吉祥寺sutekina



そして、最大級にうれしい報告です。

点滅社さんという立ち上がりたての出版社の記念すべき第一冊目の作品としてニーネの詩集『自分の事ができたら』を発行したいという、とてもうれしいお話をいただきました。丸一冊、全部ニーネです。

既に僕も点滅社さんも作業に取り掛かっております。かなり古い曲から最近の曲や、未発表曲など、プロフィールや写真なども掲載予定です。noteの熱い記事、ぜひ読んでください。


点滅社さんのnote
https://note.com/tenmetsusya/n/ncde41885be87

僕のツイート。



僕らの曲を聴いて、本を作りたいと思ってくれる人がこの世に存在すると知り、とても勇気づけられました。点滅社さん、応援していきます。完成したらぜひ自分の分や、プレゼントに購入してください。よろしくお願いします!

16 6月

ありがとう!!

6/12新宿RED CLOTHでのニーネ、見に来てくれた人どうもありがとう。ザ・ノックダウンズ新譜『ザ・ノックダウンズの王将』リリースイベントでした。楽しかった。

【ニーネ・セットリスト】
01_Let's Sing a Song
02_初めからいい顔で
03_先輩とうどん(バンドで初演)
04_天気みたいに
05_SUMMER MELODY
06_うつぎみDXOK

ザ・ノックダウンズ、楽しかったなあ。ろっきーはニーネでのべースとザ・ノックダウンズのギター、がんばってました。ニーネは半分最近の曲、後半は昔の曲で。ソロ用に作った「先輩とうどん」を初めてバンドでやりました。

茅野くん撮影のザ・ノックダウンズ
ザ・ノックダウンズ


こちらは水庭撮影の二枚。ギターパンダ、山川ノリヲさんと。
水庭撮影 (1)

水庭撮影 (2)


ライブ後に今度の土曜日に一緒の円盤少女と。
茅野くん撮影


6月18日(土) 下北沢ろくでもない夜
『円盤少女の偶然アパートメント!』
op18:30/st19:00
前売当日¥2400円(オーダー別)
w/円盤少女、2人サード・クラス
予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「6/18ニーネ予約」のタイトルでお名前(フルネーム)、ご連絡先、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで前売料金でご入場いただけます。

この日はニーネも演奏しますし、サードクラスでは僕とサダも演奏します。ぜひ応援に来てください。
20220618ろくでもない夜
1 6月

ありがとう!!!

5/29吉祥寺sutekinaでの「すみっこクラブ2」、見に来てくれた人、どうもありがとう!楽しかった。

【セットリスト】
01_Let's Sing a Song
02_留年が決まった日(初演)
03_先輩とうどん
04_マカロンの歌
05_職務質問(「コールドターキー」ジョンレノン・カバー)(即興)
06_発明が起こる時
07_床屋のペン
08_酔っぱらっている

地元、吉祥寺での弾き語り。末広通のsutekina。ドライフラワーに囲まれた、お店の名前通り、本当に素敵な空間でした。今回も写真多めです。撮影は茅野くん。まずドンちゃんがリハをして、その次、僕のリハーサル。自転車でギターを担いで到着して汗だくでした。ドンちゃん用のセッティングのカラオケエコーをそのまま流用させてもらい、ほんのちょっとだけ軽めにして、普段よりエコー多めにしました。
20220529_sutekina_リハ

本番前にサダが登場。
20220529_sutekina_リハ後

最近の活動など話中。
20220529_sutekina_リハ後

ただのマスクした僕です。すいません。
20220529_sutekina_リハ後

みんなとひとしきり話をして、本番前の夕暮れ時、キャメラマン茅野くんと末広通へお散歩。シャッターの閉まった二丁目SOZAI屋さんの前で。
20220529_リハ後_末広通


本番スタート。あまり見かけない珍しいかっこいいギターをストラップなしで弾くシンムラくん。リハの時にドンちゃんがビートルズの曲をやっていて、すごくよくて、その流れで、みんなビートルズを一曲ずつやろうかという話になり、シンムラくんは自作の日本語歌詞でポールの曲「I Will」を披露。完成度が高く、僕は何をやろうか、ムーーー、、、、、、、、、、、、、、と悩みながら見ていました。
20220529_sutekina_本番_シンムラくん

現場では、自分的には、半分くらいソロ曲のイメージのセットでしたが、まあまあニーネ名義の曲やってました。ビートルズカバーは悩みに悩んでギリギリビートルズと言えなくもないということで、1969年のジョンレノンのソロ曲「コールドターキー」を即興的にでっち上げた日本語歌詞「職務質問」で。
20220529_sutekina_本番_大塚

ドンちゃんはストーンズ、ボブディラン、デビッドボウイなど、僕の大好きなロックの先輩たちのカバーなどを交えてのステージ。ビートルズカバーはリハの時に歌っていた曲とは違う曲で「カムトゥギャザー」でした。かっこよかった。
20220529_sutekina_本番_ドンマツオ
さらにアンコールで、オープンGでの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」も。


この素敵なsutekinaさんが七月いっぱいで建物が取り壊しになってしまうので一旦休業ということで、その前にここで同じメンツでバンドでやろうぜぇぇ!!!!!!!!ということで調整中です。詳細はまた近々。

終演後三人で。
20220529_sutekina



次の僕のライブは6/12に新宿レッドクロスでニーネでやります。ろっきーのバンド、ザ・ノックダウンズのNEWアルバムのリリース・イベントです。

6/12(日)新宿redcloth
op17:00/st17:30
予約¥3000/¥3500円(オーダー別)
出演:ザ・ノックダウンズ、ギターパンダ、無限放送47
予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「6/12ニーネ予約」のタイトルでお名前(フルネーム)、ご連絡先、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで前売料金でご入場いただけます。
ノックダウンズノックダウンズ


お待ちしております!
16 5月

ニーネ出演キャンセルのお知らせ

5/12に検査でろっきーがコロナに感染していることが判明しました。5/16難波meleのニーネ、とても楽しみにしていたので非常に残念なのですが、今回は出演を取りやめさせていただくことになりました。申し訳ございません。

ニーネは出演出来ませんが、イベントは開催します。新たに暗闇ひとりぼっちさんが出演してくれることになりました。

主催者ひよこさんの初イベントです。ぜひ、よろしくお願します。



5/16mele
8 5月

ありがとうございます!

5/6、高円寺グリーンアップルでの『僕と天才』見てくれた人どうもありがとう。たくさん笑いました。

大塚セットリスト
01_ブルーライト小金井
02_かっこつけていこう
03_缶ペンケース
04_先輩とうどん
05_人生で数回しか会わない人
06_プレゼント(ザ・ポテトチップスのカバー)
07_透明な空
08_クレイジーラブ

大塚&はかまだセッション・セットリスト
01_こいのぼり
02_床屋のペン
03_父親の背中を見てた
04_マラソン大会
05_北国の春(千昌夫カバー 1番のみ)
06_熱き心に(小林旭カバー)
07_悲しみよこんにちは(斉藤由貴カバー)
08_父親に本音を言ってから死にたい
09_星占いキラキラ
10_EC_ももひき


まず当日、グリーンアップルに到着し、コロナのチェックをしました。僕もはかまだくんも陰性でした。大丈夫ということでツーマンは決行になりました。

僕は久々曲、初演奏のソロ曲、モリクンのカバーなどをやりました。

たくさん写真を撮ってもらいました。僕のソロは水庭撮影です。
20220506_greenapple_02
20220506_greenapple_01


はかまだくんが映ってる写真は茅野くん撮影です。はかまだくんの歌はいつもよりもいっそう心に沁みました。はかまだくんはソロではカシオトーンを使いこなしているイメージですがギターもとても上手です。この日も素晴らしいフォークシンガーでした。
20220506_greenapple_05

セッションはコラボアルバムからの曲、カバー、テーマだけ決まったアドリブ曲などやりました。いきなりリハの時と違うリズムでのスタートだったり、基本アドリブなのでどう終わるか!?とハラハラする場面もありましたが、無事最後までやりきりました。気づいたら小一時間経っていました。
20220506_greenapple_06

20220506_greenapple_07

20220506_greenapple_08
アンコールをいただき、演奏を始める前に、ステージにケーキが登場したので、なんだなんだ!?誰か誕生日か!?とザワつきましたが、なんと、主催ハナウタヤさんからのレコ発のお祝いでした。ありがとうございました。

終演後、このラストの曲の動画を見せてもらったら、サイケな照明がどことなくプライマルスクリームみたいな雰囲気を醸し出していて、はかまだくんと笑いました。

グリーンアップルは各所にアルコールを置いていたり、靴底を消毒してくれたり、コロナ対策をどこよりも徹底的にやっています。ケーキのロウソクの火を吹いて消していいものか悩みましたが、手であおって消しました。その時はみんな、お仏壇を連想し、たぶんどこからか線香の香りがしたような気がしたんじゃないかな。

終演後。はかまだくんと。ライブ中はあんなに笑っていたのに、二人ともスマしてました。
20220506_greenapple_09

いただいたケーキ。ごちそうさまでした。
レコ発お祝いにいただいたケーキ

そしてケーキを運んでくれたハミルパちゃんと。(目が閉じてる瞬間でごめんなさい!)
20220506_greenapple_10


この中のリンクのツイキャスで今回の配信アーカイブが見れます。楽しいです。ぜひ。



そして、ニーネの次のライブは5/16難波meleです。
5月16日(月)難波mele
『Run Chick Run』
w/オータムス、The Dahlia、釈迦・ブッダ・ヘンミ(from a.m.小径団地)
開場18:30/開演19:00
前売り2500円+ドリンク代/当日3000円+ドリンク代
予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「5/16ニーネ予約」のタイトルでお名前(フルネーム)、ご連絡先、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで予約料金でご入場いただけます。
5/16難波mele


そしてソロは5/29sutekina。ドンちゃん、シンムラくんとです。
5月29日(日) @吉祥寺sutekina
“すみっこクラブ2”
open 18:30/start 19:00
投げ銭(要オーダー)
出演:ドンマツオ、大塚久生(ニーネ)、シンムラテツヤ

シンムラくんが絵を描いたかっこいいフライヤー。
5/29sutekina

お待ちしております。
26 4月

ありがとう!

土曜日、4/23新宿redclothのニーネを見に来てくれた人、どうもありがとう!

ニーネ・セットリスト
1.タイ料理
2.否定的
3.Let's Sing A Song
4.初めからいい顔で(初演)
5.天気みたいに
6.日本人学校Go Go 剣道編(初演)

バンドのライブは1月以来。その間にCDR『カブトガニの思い出』を発売して、収録曲「初めからいい顔で」を初めてライブでやりました。今までライブで何度もやりながら曲を完成させていくことが多かったのでいつもと違う手応えでした。

モリクンとはかなり久々でした。前もレッドクロスだったような。1988年にザ・ポテトチップスを大学の野外ライブで見たという話を、モリクンに話しました。その日は無料のイベントにニューエストモデルが出るというので見に行きました。ニューエストモデルより前にザ・ポテトチップが登場し何曲目かにキンクスの「Victoria」の日本語カバー「びくともしない」をやりました。かっこよかったです。この人、ロックが大好きで純粋な心の持ち主なんだなー、と感じました。その時もかっこよかったのに約34年経った今もロックしててかっこよかった。

20220423_redcloth_01

20220423_redcloth_02

20220423_redcloth_03

20220423_redcloth_04

20220423_redcloth_05

20220423_redcloth_06

20220423_redcloth_07

20220423_redcloth_08

20220423_redcloth_09

今日はろっきーパパが見に来てくれていたので、ライブ後にろっきーのパパと。このあと3枚は水庭撮影。
ニーネ 20220423_redcloth_水庭 (1)

ニーネ 20220423_redcloth_水庭 (3)

ニーネ 20220423_redcloth_水庭 (2)



ニーネの次のライブは五月大阪難波です。
5月16日(月)難波mele
『Run Chick Run』
w/オータムス、The Dahlia、釈迦・ブッダ・ヘンミ(from a.m.小径団地)
開場18:30/開演19:00
前売り2500円+ドリンク代/当日3000円+ドリンク代

予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「5/16ニーネ予約」のタイトルでお名前(フルネーム)、ご連絡先、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで前売料金でご入場いただけます。


よろしくお願いします!
20220516_mele_ニーネ

その次は6/12に東京でやります。詳細は未定です。

そして、それらの前に、僕ははかまだくんとソロ弾き語りツーマンやります。

5/6(金)高円寺グリーンアップル
「僕と天才」レコ発2マン
*出演*
大塚久生(ニーネ)
はかまだ卓(サード・クラス)
OPEN18:30/START19:00
前売2500円(+1D)/当日3000円
配信2000円(アーカイブ2週間)

予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「5/6大塚予約」のタイトルでお名前、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで予約料金でご入場いただけます。

ニーネの曲もやりますが、2月にリリースしたはかまだくんともコラボアルバムに収録したソロ曲もやります。ぜひ、見に来てください

12 4月

大阪なんばライブ!

五月のニーネ・ライブ、決まりました。

5月16日(月)難波mele
『Run Chick Run』
w/オータムス、The Dahlia、釈迦・ブッダ・ヘンミ(from a.m.小径団地)
開場18:30/開演19:00
前売り2500円+ドリンク代/当日3000円+ドリンク代

予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「5/16ニーネ予約」のタイトルでお名前(フルネーム)、ご連絡先、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで前売料金でご入場いただけます。


よろしくお願いします!
20220516_mele_ニーネ


そしてその前のライブです。来週です。

4/23(土)新宿レッドクロス
「Big Pink」
open17:30/start18:00
adv¥2500/door¥3000
w/モリクン&ザ・ボケッツ
オータムス

予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「4/23ニーネ予約」のタイトルでお名前、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで予約料金でご入場いただけます。



その二つのライブの間に、僕ははかまだくんとソロ弾き語りツーマンやります。

5/6(金)高円寺グリーンアップル
「僕と天才」レコ発2マン
*出演*
大塚久生(ニーネ)
はかまだ卓(サード・クラス)
OPEN18:30/START19:00
前売2500円(+1D)/当日3000円
配信2000円(アーカイブ2週間)

予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「5/6大塚予約」のタイトルでお名前、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで予約料金でご入場いただけます。

よろしくお願いします。



そしてそして、ニーネは、新音源『カブトガニの思い出』を販売しております。

1/10にライブで演奏した「日本人学校GoGo」以外は未披露曲です。今年の2,3月に作って録音しました。ライブで披露する前に新しい曲を販売するのは初めてです。4曲入り、31分。ボリュームあります。


ニーネ『カブトガニの思い出』
サバービアレコード SBBR033

1.人生で数回しか会わない人 (5:00)
2.初めからいい顔で (7:00)
3.日本人学校GOGO(カブトガニ編)(13:21)
4.留年が決まった日 (5:14)

【CD-R】『ニーネ/ カブトガニの思い出』
https://ninedxok.thebase.in/items/60663662

【デジタル音源】『ニーネ/ カブトガニの思い出』
https://ninedxok.thebase.in/items/60638532




そしてそしてそして、サダが収録曲について語っています。












4曲全部やっています。サダ目線なので、想像も含まれていますが、ぜひ読んでみてください。全部だと多すぎるので、それぞれの一つ目を貼ります。

二曲目


三曲目


四曲目


ライブで披露していない曲をリリースしたので、今は、ろっきー、サダと三人で、ライブに向けて特訓中です。

ライブで会えたらうれしいです。予約お待ちしてます。
31 3月

「来ちゃったくん」のLINEスタンプ

ニーネのリハ、休まずにやっています。4月のライブで会えたらうれしいです。




唐突ですが、「来ちゃったくん」のLINEスタンプの第二弾を作りました。

急に思い立ち徹夜で作りました。

https://store.line.me/stickershop/product/18942747/ja?utm_source=gnsh_stickerDetail

来ちゃったくん

来ちゃったくん

来ちゃったくん


こんなのとか、
来ちゃったくん

こんなのとかあります。
来ちゃったくん




ちなみに数年前に作った第一弾はこんなでした。
https://store.line.me/stickershop/product/1024889/ja



スクリーンショット (233)

来ちゃったくん

来ちゃったくん



第一弾と第二弾を比べると、いつの間にか、目が変わってました。

どうぞよろしくお願いします。
26 3月

ニーネ『カブトガニの思い出』販売開始しました!!

ニーネの新音源『カブトガニの思い出』が完成しました。本日2022/03/26リリースです。

今回のCDRは、はかまだくんとのコラボを作った勢いのまま作成しました。

1/10にライブで演奏した「日本人学校GoGo」以外は未披露の新しい曲です。今年の2,3月に作って録音しました。ライブで披露する前に新しい曲を販売するのは初めてです。4曲入り、31分。ボリュームあります。僕らとしてはアルバムといってもよい内容になっています。ストレートなロック・アルバムです。これを聴いて、4月23日の新宿redclothでのライブを見に来てくれたらとてもうれしいです。


ニーネ『カブトガニの思い出』
サバービアレコード SBBR033


1.人生で数回しか会わない人 (5:00)
2.初めからいい顔で (7:00)
3.日本人学校GOGO(カブトガニ編)(13:21)
4.留年が決まった日 (5:14)

ぜひ、聞いてください。

下のリンクのsuburbia records shopで本日より販売開始しました。よろしくお願いします。

【CD-R】『ニーネ/ カブトガニの思い出』
https://ninedxok.thebase.in/items/60663662

【デジタル音源】『ニーネ/ カブトガニの思い出』
https://ninedxok.thebase.in/items/60638532



カブトガニの思い出 ジャケット01



今回は初挑戦の見開きジャケです。今朝印刷物が届き、ひたすら組み立てました。内側に歌詞を記載してあります。
カブトガニの思い出 印刷


ちゃんと思った通りに組み立てられるか不安もありましたが、思っていた通りのものが作れました。
カブトガニの思い出



カブトガニの思い出
見開きジャケって自分でも作れるんじゃないか?と思いチャレンジしました。出来てうれしい。

カブトガニの思い出


ニーネ!ライブ情報!!!

4/23(土)新宿レッドクロス
「Big Pink」
open17:30/start18:00
adv¥2500/door¥3000
w/モリクン&ザ・ボケッツ
オータムス

予約希望の方はinfo@ni-ne.netまで「4/23ニーネ予約」のタイトルでお名前、枚数を送信してください。返信が届きましたら受付完了です。当日お名前を言っていただくことで予約料金でご入場いただけます。
よろしくお願いします。
4 3月

PV「缶ペンケース」

はかまだくんとのコラボレーションアルバム『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス)/僕と天才』から、僕のソロ曲、「缶ペンケース」のPVを作りました。カメラマンの茅野くんに撮ってもらったものや携帯で撮影した写真、動画などから作りました。僕のソロ曲のPVはこれが初めてです。


https://www.youtube.com/watch?v=d2n9kXopAi4

先日ツイートした「狭いところで撮影した動画」は使いませんでした。他の場面と合わせるのが難しかったです。


そして、この「缶ペンケース」に、同世代で、雑誌「昭和40年男」の副編集長、「昭和45年女」の編集長で、ビートルズ関連の本の編集などもやっている竹部吉晃 さんからコメントをいただきました。


「今の若いビートルズファンはつくづく恵まれているなと思う。

CDやDVDも良質なクオリティのものがたくさん出ているし、ネットで普通に貴重な映像や音源や写真を観ることができる。なにより、同志のファンを簡単に見つけ、ファンでいることを共有することができる。

それに比べ80年代前半のビートルズ事情は今が信じられないくらい悲惨で暗いものだった。ポールが成田で捕まり、ジョンは亡くなり、ジョージはオーストラリアで隠遁、リンゴは石器人になってしまった。ビートルズ再結成の可能性が完全に潰えたのがこの時期だった。

また時代はテクノやニューウエーブ全盛ということもあり、ビートルズ自体も目立ったリリースもなく、完全に過去のものに追いやられてしまった感があり、ポールのファンだなんてロックファンの前では口が裂けても言えなかった。よって興味はレア音源の海賊盤。ファンでいることを確認するのはファンクラブ主催のフィルムコンサートのみだった。これも今考えたら秘密集会のような閉鎖的な雰囲気で、会場には異様な空気が流れていた。それでも当時はここでしか映像が観れなかったから、グッズを買うための小遣いを手にして、毎回楽しみにして足を運んだ。でもそこで知り合いができることはなかった。

「缶ペンケース」を聞いているとそんな当時のビートルズファン事情を思い出してしまう。九段会館や千代田公会堂に朝イチで並んでいた10代の頃の自分が蘇ってくる。

竹部 吉晃 (昭和40年男副編集長/昭和45年女編集長)」


80年代のビートルズ・ファンのおかれた境遇は、まさに竹部くんの言っている通りでした。

僕は口を開けばビートルズやストーンズの話しかしないので、あきれられて、やがて他の人とは共有できないんだな、と知り、一応当時の流行っていた洋楽なども聞いてはいたので、友達とはなるべくそっちの話をするように気を付けて、一人きりで、ビートルズ・シネ・クラブ主催のビートルズ復活祭というフィルムコンサートに行って、興奮しても、そこにいる誰かと会話をすることもなく帰っていました。行った話も、誰にもしません。でもロックを聞いているだけで幸せだったので、全く寂しいとは思いませんでした。2000年以降くらいにバンド関連で会う人たちで、同じことしてたよ、っていう人には結構会いました。

グッツは缶ペンケースだけでなく、他にもカレンダーや写真、マフラーなど、たくさん買っていました。本もたくさんあります。当時購入していたビートルズグッズもPVに写すか迷いましたが、出すのが大変なので、LPレコードだけにしました。

レア音源や動画は、ネットなどのない時代なので、本で「こういうのが存在する」などと調べて、youtubeももちろんないので、歩き回ってレコード屋さんで探して、購入して聞くしかありませんでした。そうやって苦労して買った海賊盤のレコードが片面溶けていたこともありましたし、ビデオが恐ろしく画質の悪いものであることもよくありました。勉強代です。

「リンゴは石器人」というのは、リンゴが主演の映画「おかしなおかしな石器人(Caveman)」のことで、もちろん、僕はこの映画も大好きでした。

この「缶ペンケース」というのは本当にただの思い出の歌です。35年くらいか、もう少し前か。昔の缶ペンケースがまあまあキレイな状態で出てきたので、歌にしました。裏にはたけし軍団のシールが貼られてました。貼ったのは僕です。ただただ楽しく聞いてもらえればうれしいです。この曲の演奏には、はかまだくんがピアノで参加しています。

この曲を収録している大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス)のコラボアルバム『僕と天才』は、下のリンクで販売しています。

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070
1 3月

8曲目「ももひきの歌」のこと

はかまだくんとのコラボアルバム『僕と天才』の曲解説&備忘録、8曲目です。最後の曲です。

8.ももひきの歌
タイトルは「ももひきの歌」なのか「ももひきBOY」なのか、僕らの間でも定まっていません。さっき確認したら、CDRのジャケには「ももひきの歌」と書いたのにmp3の方は「ももひきBOY(LIVE)」になってました。激しめのロックンロールバージョンのももひきソングです。

コラボアルバムの1曲目に収録した、2021/11/15のスタジオでのリハーサルの日に即興で録音した「ももひきBOY」を元に、2021/12/3にライブでやったものです。

はかまだくんがボーカルの曲は、はかまだくんに僕がついていく形なので、ライブでこの曲が始まった時、イントロからリズムが違ったので、焦りました。コードもその場で決まっていきます。はかまだくんのひらめき次第です。次はどう行くかと、考えながら、ギターを弾きました。この日はこの歌の前に長渕剛のカバーをやったりした影響も多少あったかもしれませんが、かなり力がこもっています。とても盛り上がりました。

内容はどちらもももひきの歌ですが、こっちでは強気です。そして、ももひきに対する気持ちが熱いです。歌い終えた後、ももひきの歌はこれが限界だ、と、はかまだくんが言っていました。歌い切ったと思います。

元のポワポワしたリズムのバージョンも好きですが、はかまだくんがこのロックのリズムを選んでくれたおかげで、コラボ・アルバムのアンコール曲らしい、いい締めの曲になりました。

録音的には、割れて歪み気味のボーカル&カシオトーンの音源と、ギターアンプの近くで録っていたエア音源の2種類の音を使いました。それぞれを複製して、別のイコライジングをかけて、合計4つのトラックを作ってミックスしました。ライブっぽさが録れててよかったです。



これでコラボアルバム収録曲の解説はおしまいです。良いものが作れたと思っています。楽しんでもらえたらうれしいです。


この曲を収録している大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス)のコラボアルバム『僕と天才』は、下のリンクで販売しています。


『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070
28 2月

7曲目「父さんと意気投合したい」のこと

はかまだくんとのコラボアルバム『僕と天才』の曲解説&備忘録、7曲目です。

7.父さんと意気投合したい
お父さんと、別に喧嘩はしてないけど、仲直りして、意気投合したい、と歌う、息子の切ない歌です。

はかまだくんの一人での弾き語りなので、はかまだくんが自分のソロ作品に入れても良い曲なのですが、アルバムの中にこの歌を入れることで、他のお父さんの歌がおもしろいだけではなく、複雑な気持ちがあるんだということが伝わる、と思って、入れさせてもらいました。

この曲の演奏は、完全に、はかまだくんのソロ弾き語りです。2021/12/03の阿佐ヶ谷ハーネスでのはかまだくんと僕のイベント『天才と僕』での第一部、はかまだくんコーナーのラストに歌った曲です。

二ヶ所で録音した音源を元にして、速さを微妙に揃えて(なぜかデジタルでも別のレコーダーで録音するとほんの少しズレたりします)、イコライジングして、ミックスしました。それと、曲中の必要ないと僕が判断した部分をほんの少しカットしました。もしかしたらはかまだくんだったらカットしなかったかもしれませんが、今回は任せてもらっていたので切りました。

この音源は、はかまだくんのソロライブの後半も後半、この歌の前の歌を歌い終わった時に、まだ持ち時間が結構残っているのに、「終わりです!」とはかまだくんが言ったので、「まだ、時間があるのでもう一曲!!」と叫んだら、即興で歌ってくれた歌です。

はかまだくんのすごいところは、歌詞も曲も即興で、これだけハイクオリティのものを作ってしまうところです。これは今回のアルバムの他の曲全てでも言えます。リハスタや共演中のムチャ振りの時もそうです。必ず期待以上、もしくは、予想外のことをします。

普通は途中で言葉に詰まってしまったり、あまりメロがなかったり、何かの替え歌みたいだったり、よくあることを言ってるだけだったり、誰が作ってもよいような歌でしかなかったり、繰り返しばかりになってしまったりするものです。

即興で、これだけ、オリジナリティのある歌詞と曲を歌える人はなかなかいません。完全に、はかまだくんが歌うしかない、はかまだくんの歌です。誰かを勇気づけるために歌った歌とかでもなく、本当に、はかまだくんが思ってることを歌った歌です。しかも普段使うような簡単な言葉で。

でも、これを聞いて、ああ自分の歌だと、思う人がたくさんいると思います。ドブリンさんもコメントでそんなことを言っています。

お父さんと打ち解けたい、というテーマにもかかわらず、会場でこれだけ、爆笑じゃない、絶妙な、クスクス笑いが起こるのも、はかまだくんが長年かけて築き上げたキャラクターあってこそのことです。僕も「いい歌だなー」と思っているのに、笑いをこらえられませんでした。歌い終わった時に「いいぞー」と叫んでいる声は、僕のバンド「ニーネ」のドラマーのサダです。

僕のとらえ方としては、アルバムは、ここがラストです。最後の曲でした。

そして、八曲目はアンコールみたいなものとして聞いてください。その曲のことは次のブログで。




この曲を収録している大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス)のコラボアルバム『僕と天才』は、下のリンクで販売しています。


『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070




今日は和室を借りて、狭いところと、広いところで、はかまだくんとのコラボアルバム収録の僕の初のソロ曲「缶ペンケース」のPV撮影をしてきました。たくさん撮りすぎてどれを使えばよいかわからないくらいです。近日中に公開出来るようにがんばります。
PV撮影_20220228



28 2月

6曲目「先輩とうどん」のこと

はかまだくんとのコラボアルバム『僕と天才』の曲解説&備忘録、6曲目です。

6.先輩とうどん
とある大学のとある部に所属していた、お酒が好きな先輩と、お酒が全く飲めない後輩のお話です。後輩側の歌です。

その部では毎週のようにミーティングの後に駅前の飲み屋で飲み会を行っていました。ほとんどの部員が参加するのですが、その後輩は人づきあいが苦手なのと、お酒が飲めなかったので「早く帰ってドラえもんを見なければいけないので、すみません」といって、毎週帰っていました。

来ないとわかっていても、毎週先輩は声をかけてくれます。後輩はある週「ちょっと行ってみようかな」という気持ちになり、行ってみることにしました。いつも来ない者が来たので、みんなちょっと驚いて、「お!珍しい!来たの?」などと声をかけました。そして部員のみんなと飲めないお酒を飲みました。昭和の飲み屋さんの二階のお座敷です。

後輩は本当にほとんどお酒が飲めなかったので、すぐにかなり酔いました。

終電が近くなり、先輩が、「そろそろ帰ろう」と声をかけてくれました。家が同じ方向で、近い駅から通っている者同士だったので。二人は東京の郊外の同じ市から通っていました。

飲み代を部活の会計の役職の先輩に渡して、外に出ると、部員のみんながよく飲んだ後に寄るうどん屋さんがあり、時計を見ると、まだ少しだけ時間があったので、「食べていこうか」と先輩が言いました。二人はうどんを食べて、電車に乗って帰りました。

という、そんな始まりの歌です。歌ではそこから先も歌っています。聞いてください。これは実話で、後輩が僕です。

2022/01/13のはかまだくんとスタジオに入ることになっていた日の前の晩に作りました。はかまだくんの作る物語の歌を意識して、自分の昔話を歌にしたいと思い作りました。その日は出かけていたので、自転車のライトと街灯以外真っ暗な道で、自転車を漕ぎながら考えました。30数年前のその夜のことを思い出しながら、それを今の自分なら出来るか?と自問する歌にしようと設定を決めたらそこからは早かったです。

何度も自転車を止めて携帯に歌詞をメモしました。家に帰り、ギターで、いくつか曲を考えました。その中で、一番今まで作った曲っぽくないもの、ニーネっぽくない曲にすることにしました。ソロなのでいろいろ挑戦してみたいという気持ちがあったので。

あくる日、スタジオで、一度はかまだくんに歌って聞かせて、はかまだくんが選んだリズムパターンに合わせて、はかまだくん(カシオトーンのリズム&ピアノ)、僕(ギター、ヴォーカル)の4chで録音しました。はかまだくんはその場での即興演奏です。

ただし、この時、リズムと、ピアノが別のチャンネルに録れていると思っていたものを帰宅後聞くと、リズムとピアノがステレオで同じチャンネルにかぶって録れていました。そのため後でちょっと苦労しました。

ピアノはアドリブなので使える部分と使えない部分がありました。使える部分を生かして、あとは、わずかにあったリズムのみの部分などを組み合わせて、リズムとピアノのトラックを作り直し、ベースと、ギターを何本かと、後ろでずっと鳴り続ける謎のどんより揺れるシーケンサーの音を追加録音しました。

この曲も「缶ペンケース」と同じようにはかまだくんのピアノがいい味を出してくれてます。はかまだくんのピアノが入っていることでかなり柔らかいサウンドになっています。


ニーネとは遠い曲にしようと思っていたのですが、かぶせたギターのフレーズはニーネの「本当の先輩」のフレーズと似ています。同じフレーズも弾いています。それがしっくりきました。どちらも先輩後輩ソングなのはたまたまです。

サダも(同じ部にいました。サダは僕の後輩でした。)気に入ってくれていて、ニーネでもやりたいと言っています。


この曲を収録している大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス)のコラボアルバム『僕と天才』は、下のリンクで販売しています。


『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070



このアルバムに、はかまだくんの昔からの友人である、漫画家の笠辺哲さんから、コメントをいただきました。僕は会う前から笠辺さんのファンで、『短編マンガ集』『フライングガール』『ももきや』『ラタキアの魔女』など、たくさん単行本を持っています。



「僕とはかまだくんとは古い友人である。そして大塚さんとはニーネのベスト盤発売時にコメントを書かせてもらった縁がある。

僕の中では全く別の場所に存在する二人がつるんでアルバムをリリースするに至ったというのは奇妙な感じである。はかまだくんによると、20何年も東京で音楽をやってると知り合うべき人とはだいたい知り合う、らしい。

ああ、そういうものかなと思ったが、「知り合う」のと「一緒にアルバムを作る」の間には相当な距離がある、音楽家同士にしかわかり得ない波長の一致があったのだろう。

資料の解説を読むと、二人がスタジオに入り、即興で演奏したものを素材に、大塚さんが楽曲に組み上げていったそうだ。

そのサウンドがとにかくかっこいい。はかまだくんの異様な歌詞とボーカルとが渾然一体となって名状しがたい名盤となっている。

「僕と天才」発売おめでとうございます。

※ブログに上げてもらったあと見てみたらコメントなんて慣れないもの書いたせいか、ぎくしゃくした文章にギョッとしました。ですます調に変換してお読みください…。(笠辺哲)」


ありがとうございます。



また今日もここまでの話とは全く関係のない写真ですが、今日の夕方の手すりのある池のある公園です。人が来ると鴨と鯉が寄ってきます。何も持っていなくて申し訳なかったです。
手すりのある池のある公園
26 2月

5曲目「父親の背中を見てた」のこと

はかまだくんとのコラボアルバム『僕と天才』の曲解説&備忘録、5曲目です。

5.父親の背中を見てた

はかまだくんの父親シリーズのひとつです。

お父さんが教師で、ちゃんとしてないと困る、と言われ続けてきた息子が、親子の確執を感じながらも、どうしようもないほど父に認めてもらいたい、どうしても気になる存在、みたいな関係の設定の歌なんじゃないか、と解釈しています。想像です。真実はわかりません。

スタジオで録音した時点では、ひたすらカシオトーンのリズムパターンワンコードに合わせて、はかまだくんが即興の歌詞を、約二分、歌いました。僕ははかまだくんが閃いてコードを鳴らしながら歌うままに合わせて、ただただギターを弾きました。

三回ブレイクがあったのと、キメパターンがラスト付近に一度あったのと、最後の最後に2コード目が一度だけ出てきました。このほんの数秒の2コード目がものすごく活躍しました。間奏は無し。ギターもワンコードのカッティングのみでした。はかまだくんのボーカル、カシオトーン(2ch)、ギターの4chで録音しました。

曲調がトロピカルなムードだったので、はかまだくんは全く意識していなかったと思いますが、僕的にはキンクスのエイプマンみたいな感じに出来ないかな、と思いました。

まず、はかまだくんがカシオトーンのリズムパターン
を探している時に一瞬鳴らしたいい感じのフレーズがレコーダーに残っていたので、それをループしてイントロにすることにしました。更にブレイクの度にそのフレーズかぶせることにしました。

あとは、2コードの曲に変えたいと思ったので、全体を構成し直すことにしました。ラストに一度出てきた2コード目のパターンをコピペし全体を2コードの構成にして、間奏の前後にキメを配置して、ギターソロを入れることにしました。

ギターソロはジョージ・ハリスンが、昔のロックの曲のカバーや、オール・マイ・ラヴィングなどで、よくやる弦を二つずつ爪弾くハモってるみたいなメロディにしたいと思いました。自分で考えたフレーズで、それほど大したフレーズでもないのに、意外に難しくて、何度も弾き直しました。

キメの回数など、数パターン考えて悩みましたが、最終的には2分50秒の曲にまとまりました。

これも任せてもらって、好き放題に編曲させてもらって、満足のいくものが出来ました。はかまだくんならではの、はかまだくんにしか作れない歌です。とても好きな曲です。

コラボアルバムは、こちらで販売中です。

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070

このアルバムはmp3とCD-Rで販売しています。CD-Rの方はジャケは印刷業者に出したものを組み立てています。CD-Rは今のところ、発送したものは全てフル再生して確認していますが、もしも問題があった場合は連絡してください。



今日の夕焼と富士山です。
2022/02/26の夕焼と富士山
25 2月

4曲目「床屋のペン」のこと

『僕と天才』の曲解説&備忘録、4曲目です。

4.床屋のペン
久々に床屋に行ってお店オリジナルのペンをもらってうれしかった人の歌です。歌詞の中に出てくるサインポールというのはどんなものか、wikiのリンクを貼っておきます。

サインポール

はかまだくんとコラボアルバムを作るためにスタジオに入った時点で、僕はミニアルバムのつもりだったので、自分の曲を2曲しか用意していませんでした。スタジオに入る前夜に作った2曲「缶ペンケース」「先輩とうどん」です。

そして1/13にレコーディングして、その後ひたすらそれをミックスして、いろいろ作業を進めていくうちに、作品全体の内容から考えて、はかまだくんと二人でライブをした日に、はかまだくんが一人で即興で歌ったお父さんのことを歌った歌を入れたい、と思うようになりました。あれを入れた方が他の「お父さん」のことを歌った曲がより引き立つと思いました。

ただし、そうするには、はかまだくんの曲と僕の曲のバランスを考えると、僕がもう一曲作らなければいけない。だったらソロ曲を一曲作って、はかまだくんのそのソロ曲も入れて、8曲入りのアルバムにしてしまおう、それがベストだと思いました。

そう思った時に、最近あまりツイートをしない、「タイミングの悪い男ランキング1位」のサダがツイートをしました。それが1/26のこのツイートです。



絶妙なタイミングでした。(はかまだくんの占いによるとサダは今絶好調に調子が良い星の状態だそうです。)


これを元にちょっとだけ曲を考えて、ちょうどその日、ニーネのリハだったので、その辺の話をサダから詳しく聞き、サダとろっきーに合わせてもらって、ほんのちょっとだけ試させてもらいました。

その後、家に帰り完成させました。そんな曲です。出来上がった歌の内容は、サダから聞いた話とは設定からだいぶ違います。


録音に関しては、この歌で初めて、音源編集ソフトでドラムの打ち込みをしました。今までは90年代からずっとシーケンサーを手打ちしていました。今後自分で打ち込みくらい出来ないとダメかなと思っていたので良いきっかけになりました。

ということで、「床屋のペン」は全て一人で録音しました。僕のソロ音源です。昔のシーケンサーと違ってかなり本当のドラムのような音がするので驚きました。


コラボアルバムは、こちらで販売中です。

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070

このアルバムはmp3とCD-Rで販売しています。CD-Rの方はジャケは印刷業者に出したものを組み立てています。CD-Rは今のところ、発送したものは全てフル再生して確認していますが、もしも問題があった場合は連絡してください。


ダブくんから、コラボアルバム、内容もサウンドもすごくよかった、と連絡をもらってうれしかったです。聞いてくれた人から感想を聞くのはやっぱりうれしいです。

そして、はかまだくんのお知り合いの漫画家ドブリンさんからも感想をいただきました。


「はかまださん!!最高最高のアルバムありがとうございます!!

歌はどれもみんな、ほんとに個人的なものだと思うんです。はかまださんの歌、大塚さんの歌。だけど、その中に、わたしの物語も紛れている…そんな気がしました。たぶん色んな人の物語も、きっと紛れ込んでいると思います。

そんな素敵なアルバム!!ありがとうございます!!てかしょっぱなからかっこよかったです!!最後もなんか笑えてしんみりしました^o^

ドブリン」

ありがとうございます。



ぜひ、聞いてもらえたらうれしいです。


関係ありませんが、今日の田無タワーです。
IMG_20220225_155821
25 2月

3曲目「父親に本音を言ってから死にたい」のこと

『僕と天才』の曲解説&備忘録、3曲目です。

3.父親に本音を言ってから死にたい
はかまだくんとのコラボを作るにあたり、まず録音したいと思ったのは、この3曲目に収録した「父親に本音を言ってから死にたい」でした。この曲の元になった曲は、2021/12/3のハーネスでのライブ『天才と僕』の当日の、はかまだくんのソロ・リハーサルの一曲目でした。いきなり「父親に本音を打ち明けてから死にたい」と歌い出したので、ド肝を抜かれました。その時この曲は一番だけでした。その時の歌詞は今回の音源には入っていません。「新曲なの?すごくかっこいいね。」と言ったら、ほんの肩慣らしのアドリブだと言うので倍驚きました。

今年になりコラボを作る話が本格化し、2022/1/13に二人でスタジオに入った時、はかまだくんはその曲のことをあまり覚えていなかったので、本当に即興であんなのを歌うんだ、とまた驚きました。


このアルバムのはかまだくんの曲のキーワードになっている「お父さん」と「ももひき」が出てきます。お父さんとの確執と、お父さんに理解してほしい息子の気持ちを歌った歌なのかなと解釈しています。真実はわかりません。こういう歌を歌う人には今まで会ったことありませんでした。父親に本音を言える人って世の中にほとんどいないんじゃないでしょうか。

「こういうコードで、こんな感じに歌ってたよ。」と、はかまだくんの歌を逆に教える感じで歌って見せたら、「じゃ、やってみましょう」ということになり、数回軽く試し、「では本番」と、本番を録音しました。はかまだくんがカシオトーンでリズムとコードを鳴らしながらその場で作った歌詞を歌い、僕はそれに合わせてギターを弾いて4chで録音しました。

本番の録音はCDRの音源では1番と3番に使っています。3番構成にしたいと思ったので、2番ははかまだくんが練習していた時に試しで歌っていた歌声を使いました。

前奏、間奏、エンディングは特になかったので、その日にスタジオで一緒に出していた音から勝手に組み立てて作りました。ギターはいくつか追加録音しました。

これを聞いて、「親より先に死んではいけない」というアンサーソングを作ろうかと思いましたが、なかなか難しかったので断念しました。はかまだくんも同じことを歌にしようかと考えたそうですがはかまだくんも現段階ではその曲は作っていません。

今回、この音源を一番最初に仕上げました。かなり時間をかけましたが、これが出来たとき、すごくはかまだくんらしいし、僕の好きに編曲ミックスさせてもらって満足いくものが出来たので、このコラボはいける、と思いました。はかまだくんにしか作れないかっこいい曲です。

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070
24 2月

2曲目「缶ペンケース」

今日は、ニーネのリハをしました。サダとろっきーと三人で、まだ他の人には聞いてもらったことのない曲をレコーディングしています。


ということで、2/23発売した『僕と天才』の曲解説、2曲目をしたいと思います。

2.缶ペンケース
昨年、実家の机の引き出しから出てきた高校時代に買ったビートルズの缶ペンケースの裏にたけし軍団のシールが貼ってあったことを元に作った歌です。

去年ツイートしたことがありますが、これが実物です。
缶ペンケース_BEATLES


缶ペンケース_たけし軍団


去年の前半のまだまだ寒かったある日、サダと二人でスタジオに入って、サビの部分だけ軽く歌ったことがありましたが、その時は全く反応がなかったので、そのまま作るのをやめていました。

今回はかまだくんとコラボすることになり、はかまだくんに「作りかけの曲とかないですか?」と言われ、思い出し、はかまだくんの網走のことを歌った歌などのように、自分の昔話的なストーリーを歌にしたら使えるかもしれないと思い、はかまだくんと二人でスタジオに入ることにした日の前日の、2022/01/12の夜に作りました。

はかまだくんがスタジオで弾いてくれたとても印象的なピアノを各所に散りばめました。ギター、ベースは後日弾いて、ドラムの音は僕が昔から使っていたシーケンサーで手打ちで鳴らしてオーバーダビングしました。

缶ペンケースの裏にはたけし軍団が貼ってある、と歌っています。ちょっとふざけたように感じるかもしれませんが、自分はこの歌はとても気に入っています。1980年代当時、ビートルズ・シネクラブに入っていて、復活祭に行ったり、高田馬場のビートルズ・グッズを売っていたお店のゲットバックに行って、僕と同じようなことをしていた人が意外にたくさんいるんじゃないかと思います。

この歌は、はかまだくんと会わなければ作れなかったと思います。

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070
23 2月

本日リリース日です。

僕と天才ジャケット_omote_s

日付が変わり、本日2/23、サード・クラスのはかまだ卓くんと僕ニーネ大塚のコラボアルバム『僕と天才』、リリースになりました。

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』mp3
https://ninedxok.thebase.in/items/59303036

『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』CD-R
https://ninedxok.thebase.in/items/59303070

2/23のリリース日程ははかまだくんが考えてくれました。聞いてもらえたらうれしいです。予約販売の分は先程投函しました。到着までお待ちください。もしも問題があった場合は連絡してください。


2/22は猫の日だったそうで、一度だけ2001年にJAMでのライブでやったことのある曲の、「『ねこりん』の音源はありませんか?」的な水庭の提案で、『僕と天才』の発送作業をしながら探してみましたが、ほとんどボーカルの聞こえないリハ音源しか見つけられないうちに日が変わってしまいました。その代わりに、「自分のことが出来たら」の出だしとほぼ同じフレーズが途中で出てくる「自分のことが出来たら」の元になった曲や、「自分のことが出来たら」「はなそうぜ」「天気みたいに」「うつぎみDXOK」「終わりの歌」などのデモが発見され、MDで一応聞けました。20年以上前の音源なので、今回聞かなければ思い出さなかったと思います。シーケンサーの手打ちでデモを作っていたりしていて、今回のソロ音源にもつながる気がしました。


それはさておき、『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』の備忘録です。
まずは、1曲目、オープニングナンバーの「ももひきBOY」から。

この曲は12/3の阿佐ヶ谷harnessでのライブのために、2021/11/15の真昼間に、はかまだくんと二人でスタジオリハーサルをした日の音が元になっています。北海道の少年がももひきをはいて学校に行った日のことを歌った歌です。

長渕や松山千春の曲を試していて、ちょっとライブの宣伝用の動画も撮影しようか、という流れになった時にはかまだくんが歌った歌です。歌詞は即興だと思いますが、コードもはかまだくんのひらめき次第だったので、どんどん変わっていくカシオトーンのコードに合わせてギターを弾きました。

この日はギター、キーボード、ボーカル2つで、ライン音源を録っていた予定でしたが、その当時、スタジオのミキサーの調子が悪く、断線で、2チャンネルしか録れていませんでした(ニーネのリハでも断線による録音失敗が続いていました。最近は修理されて解決しています)。はかまだくんのボーカルと、僕のギターのみが録れていたので、はかまだくんのボーカルのチャンネルから、歌っておらずギターも鳴っていないタイミングのリズムを切り取って全編でリズムが鳴っているようにコピペして編集しました。あとは、ブレイクのポイントを数ヶ所変えたり、ギターと、ベースと、木琴の打ち込みを足しました。キーボードははかまだくんがカシオトーンで弾いてた音で、ボーカルのマイクが拾っていた音です。

イントロは、全然関係ない時に鳴らしていたギターと声から作りました。

そんな感じでこのアルバムは始まります。

なかなか面白いアルバムになってます。ぜひ聞いてください。
21 2月

『僕と天才』リリース情報!

サードクラスのはかまだくんと僕のコラボ・アルバム『僕と天才』を2/23から販売します。ニーネのショップで販売します。

予約販売の受付を開始しました。
【CD-R】『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』

ダウンロード音源での販売と、CD-Rでの販売です。CD-Rのジャケは今回は印刷業者に発注したものを切って組み立てました。



はかまだくんと一緒に組み立てをする予定でしたが、感染拡大のことなども考慮し、一人でCD-Rを焼いて、ジャケを組み立てました。そして、はかまだくんにはその間に「父親に本音を言ってから死にたい」の動画を作成してもらいました。


はかまだくんの初作成PVです。最高です。


コラボ作品を作ることになったのは、お互い初めてのことで、自分としては、過去に健太郎、山口と「大塚久生バンド」名義の音源は作りましたが、その時はニーネの曲を演奏していましたので、初のソロ名義での販売音源になります。

以前、はかまだくんと共演したイベントのリハーサルで「ローズタウン」を聴いて、歌詞の内容がすごすぎて、衝撃を受けました。これははかまだくんの妄想に違いない、と思い込み、「あの歌、キンクスの空想の街のアルバム、ヴィレッジグリーンみたいですごいね。妄想なの?」、「実話です」と交わした会話が今回のコラボレーションにつながってます。

今年頭にはかまだくんから「コラボアルバムを作りませんか?」と声をかけてもらい、ライブやリハで何度かはかまだくんのアドリブソングなどを聴いていたので、二人でやれば絶対にいいものが録れると思い、「作ろう。」と即答しました。

そして、2022/01/13にスタジオに入り、はかまだくんが今のところまだ曲としては完成させていないけど、かつてアドリブで歌っていたのを覚えていたことにテーマを絞り、一緒に演奏しながら歌ってもらい、僕も今回声をかけてもらってから作った歌をスタジオで即興で一緒に演奏してもらい、レコーダーで録音しました。その時の演奏は全て手探りの即興です。

その後は「大塚さんのセンスを信頼してますので」と全て僕に任せていただきました。10000ピースのパズルを組み立てるように、ひたすら編集しました。二人でスタジオで出した音から、とにかく使えそうなところを拾い上げました。本来ははかまだくんは使われると思っていなかったと思われる部分も使いまくっています。あとは一人で家やスタジオでたくさんオーバーダビングしました。お互いの良さの出た作品になっていると思います。少なくとも僕は新しい扉をあけられたと思っています。

【CD-R】『大塚久生(ニーネ)&はかまだ卓(サード・クラス) / 僕と天才』

収録曲
1.ももひきBOY
2.缶ペンケース
3.父親に本音を言ってから死にたい
4.床屋のペン
5.父親の背中を見てた
6.先輩とうどん
7.父さんと意気投合したい
8.ももひきの歌

ぜひ、聞いてください。一つ一つの曲については少しづつ書いていきたいと考えてます。
Archives
  • ライブドアブログ