騎馬戦士たちに戦いをまかせると、シルクは戦列をはずれて、峡谷の中央にいたガリオンとレルドリンのところへやってきた。「こんにちは、おふたかた」悠然と挨拶し、「待たせ

すぎなかっただろうね」
「どこでナドラク人を召集したんだ?」ガリオンはきゅうに気がぬけて、ふるえながらたずねた。
「そりゃ、ガール?オグ?ナドラクにきまってるさ」
「なんでかれらはぼくたちを助けたんだろう?」
「金を払ったからだよ」シルクは肩をすくめた。「きみには多額の貸しができたぞ、ガリオン」
「こんなに大勢のナドラク人をこんなに短時間にどうやって見つけたんです?」レルドリンがきいた。
「ヤーブレックとおれは国境のすぐ向こうに毛皮貿易の根拠地を持ってるんだ。去年の春、毛皮をもちこんできた猟師たちがそのすぐ先で酒をのんでばくちを打っていたんで、雇った

のさ」
「あぶないところだったんだ」ガリオンは言った。
「わかってたよ、なにせ、さわりごこちのいい火だったもんな」
「やつらが水をかけはじめるまでは、うまくいってたんだ。そのあとさ、事態が苦しくなりだしたのは」
 進退きわまった数百人の信者は、雨溝の急斜面をよじのぼり、その上の荒れはてた湿原へのがれることで全滅をまぬがれた。しかし、大多数の信者は逃げられなかった。
 大襲撃のひとにぎりの生き残りをリヴァの軍が掃討している雨溝から、バラクが馬にまたがってでてきた。「降伏のチャンスを与えてやるかい?」と、ガリオンにたずねた。
 ガリオンは数日前のポルガラとの会話を思いだし、一瞬考えこんでから言った。「そうすべきだろう」
「むりをすることはないんだぜ」バラクは言った。「この状況だ、最後のひとりにいたるまであの世へ送りこんだからって、だれもおまえをとがめはしない」
「いや。そこまではやりたくない。生存者たちに、武器を捨てれば命は助けてやると言ってくれ」
 バラクは肩をすくめた。「そう言うんならな」
「シルク、この悪党!」フェルトの上着に目をむきたくなるような毛皮の帽子をかぶった、長身のナドラク人がわめいた。「こいつらはみんな金を持ってて、金の鎖や腕輪をしている

と言ったろう。こいつの体についてるのはノミだけだぞ」
「ちょっと誇張したんだよ、ヤーブレック」シルクはいんぎんに仕事の相棒に言った。
「はらわたをひきずりだしてやりたいよ、わかってるのか?」
「なんと、ヤーブレック」シルクはおどろいたふりをした。「それが兄弟分にたいする口のききかたか?」
「兄弟分がきいてあきれらあ!」ナドラク人は鼻をならしてたちあがると、かれをいたく失望させた死体のわき腹をこっぴどくけとばした。
「パートナーをくむときにそれで意見が一致したじゃないか――たがいを兄弟みたいに扱うことにしようってな」
「こじつけるんじゃないよ、このイタチ野郎が。それにな、おれは二十年前に兄貴をナイフで刺してるんだ――おれに嘘をついたみせしめに」
 数の上ではまさっていた信者たちの最後のひとりが武器をなげ捨てて降伏したころ、ポルガラ、セ?ネドラ、エランドが薄ぎたない小男のベルディンにともなわれて、用心深く峡谷を

やってきた。
「アルガーの援軍の到着までには、まだ数日かかる」背中の曲がった醜い魔術師はガリオンに言った。「せきたてようとしたんだが、連中は馬にたいしてえらくやさしいんだ。どこで

ナドラク人を調達したんだ?」
「シルクが雇ったんだよ」
 ベルディンはよしよしというようにうなずいた。「傭兵はつねに最高の兵になる」
 品のない顔つきのヤーブレックはポルガラに気づいてさっきから目をぎらつかせてじっと見ていたが、やがてこう言った。「あいかわらずきれいだな、あんたは。おれにあんたを買

わせるって話だが、気は変わったかい?」
「いいえ、ヤーブレック。まだよ。ミングで到着したわね」
「どっかの嘘つきこそ泥が戦利品があると言ったからさ」ヤーブレックはシルクをにらみつけると、足もとの死体をこづいた。「はっきり言って、死んだニワトリの羽根でもむしって

たほうがよっぽど金になった」
 ベルディンがガリオンを見た。「息子にひげが生える前に会う気があるんなら、出発したほうがいい」
「捕虜のことでちょっと決めなくちゃならないことがあったんだ」
「なにを決めるってんだ?」ヤーブレックが肩をすくめた。「一列に並ばせて、首を切っちまいなよ」
「絶対にだめだ!」


 ドルマントとエンバンの二人の大司教は、ウォーガン王の軍勢のことを聞いて大いに安心し、アニアスがみずからの悪行を暴露したと聞いてさらに安心優悅 避孕したようだった。
「近衛隊長はアニアスとマーテルとオサの関係まで含めて、すべてを証言してくれるでしょう。ただ一つ残念なのは、アニアスとマーテルに逃げられたことです」スパーホークが言った。
「事態が変わったことをオサが知るのはいつごろになるだろうな」エンバンが尋ねる。
「こちらでの事態の変化をオサが知るのは、ほとんどわれわれと同時と考えていいでしょう」アブリエル騎士団長が答えた。
 エンバンは忌々しげにうなずいた。「またしても魔法か」
「ウォーガンが軍団を再編成して、ゼモック軍との対決に向けてラモーカンドへ向かうには、まだかなり時間がかかるのではないかね」とドルマント。
「一週間から十日はかかるでしょう」ヴァニオンが答えた。「行軍を始めるにはもっとかかります。先遣隊ならすばやく動けますが、主力部隊となると、敵にしろ味方にしろ、動きだすには一週間はかかります」
「軍隊は一日にどのくらい進めるのかね」エンバンが尋ねる。
「最大十マイルです、猊下《げいか》」
「ばかなことを言うな、ヴァニオン。十マイルくらい、わたしだって四時間もあれば歩ける。こののろまのわたしがだぞ」
「それはお独りだからですよ、猊下」ヴァニオンは笑みを浮かべた。「独りで散歩をするなら、最後尾の隊列の乱れを気にする必要もありません。夜になったらマントにくるまっ優悅 避孕て、藪《やぶ》の中にでも寝転がればそれでいい。軍団が野営するには、それなりの時間がかかるんです」
 エンバンはうなり声を上げ、苦労して立ち上がると、サー?ナシャンの書斎の壁にかけられたイオシア大陸の地図の前に行って距離を測った。
「両軍が出会うのはこのあたりになるな」と指で地図上の一点を示し、「カモリア湖の北の平原だ。オーツェル、このあたりはどんな土地だ」
「ほぼ平坦地じゃな。ほとんどが畑で、ところどころに木立が点在しておる」
「作戦を立てるのはウォーガンに任せてはどうかな、エンバン」ドルマントが穏やかに提案した。「われわれにはなすべき仕事がある」
 エンバンは弱々しい笑い声を上げた。
「どうも生まれながらの世話焼きでな。を突っこまずにはいられない性質《たち》なのだ」考えるように背後で手を組み、「ウォーガンが入城すれば、カレロスの秩序はふたたびわれ優思明われの手に取り戻される。デレイダ隊長の証言で、シミュラの司教の立候補は完全に粉砕されるだろう。だったら、すぐに選挙をやってしまってはどうかな――聖議会が一息ついて、うるさいことを言い出す前に。大司教というのは政治的な動物だ。考える暇など与えたら、現在の情勢を利用しようとあらゆる手を打ちはじめるだろう。無数の泡沫《ほうまつ》候補が乱立するような選挙はごめんだ。できるだけ簡単に済ませたい。そればかりか、新市街を放棄して炎上させたことで、われわれは相当数の大司教を敵に回している。聖議会がまだ感謝の涙を流しているうちに総大司教の椅子を埋めてしまわないと、失った屋敷のことやら何やら、すぐにぶつぶつ言いはじめるだろう。今はまだわれわれが優位に立っている。支持が揺らぎはじめる前に、それを利用しない手はない」
「ずっとそのことばかり考えていたのではないのか、エンバン」とドルマント。
「誰かがしなくちゃならんことさ」
「とにかくウォーガンを入城させるのが先決だ」ヴァニオンが言った。「何か手伝えることがあるだろうか」


なっぴの昆虫王国 素朴な疑問と回答
その3

Q.1 なっぴの使うアイテムは?
A.1 なっぴはキュー以外にも虹のかけらから作った様々なアイテムがあります。(画像参照ください)これは、バイスがテンテンに渡したものです。他には『デリートガン』という人間界に来たムシビトを送還できる銃も使いました。マンジュリカーナの使う『七龍刀』も使えますが、なっぴはそれを『レインボースティック』として用いています。

Q.2 由美子のアイテムは東芝 冷氣機
A.2 青龍刀(ブルー・ストゥール)がフローラ国の龍刀ですが、主に防御用です。ヨミ族のインディゴ・ソード(藍龍刀)、グリーン・サイス(緑龍刀)、ツインドラゴン(黄龍刀)も持っています。それからパピィの力でムシビトの召還もできます。

Q.3 巫女たちは今どうしているの?
A.3 三章ではシンクロしてレムリア、アガルタの『エピソード2』が登場します。期待してください。

Q.4 聖三神のうちアマオロスだけ子だくさんなのは何故?
A.4 聖三神『アマテラス』『ツクヨミ』『アマオロス』の中で『アマテラス』は『イオナ』、『ツクヨミ』は『クシナ』そして『アマオロス』は『ミコト(レムリアではカブト)』『オロチ』『マオ』『ヒメカ』の三男一女と子だくさんです。それ高血壓中醫は地上に命を産むためにです。産まれた神は人型の神(偶生)でした。『ミコト』と『ヒメカ』が地上、『マオ』と『クシナ』が海に生き物を産み、『オロチ』は根の国(星の中心)『イオナ』は天から見守る役目だったのです。そして聖三神は消えてしまいました。

Q.5 マナの力とは結局なに?
A.5 宇宙の真理は混沌とした『タオ』から『マナ』と『ヨミ』が産まれ、そして聖三神、創五神が産まれました。(実は『イオナ』も聖三神の『アマテラス』から産まれたのですが、人型ではなくなったのです)その宇宙の真理のひとつ『マナ』の元へ導く正しき光を『マナの力』と言います。それは『アマテラス』より『イオナ』が多く持っていました。が最高神とされていましたのでそれを『イオナの力』と呼び、なっぴはそれを扱えるため『アマテラスの末裔』と呼ばれます。でも実は『マナとヨミの子』と言った方が正しいのです。

Q.6 オロシアーナとの関係は?
A.6 オロシアーナは同様に言うなら『アマオロス』の唯一の娘『ヒメカの末裔』となります。そして『クシナの末裔』が『エスメラーダ』ということになります。

Q.7 第三章はいつから?
A.1 予定では11月21日からですPanasonic冷氣

ではこの辺で、なっぴっぴー

前作、前々作は下記で飛べます。

↑このページのトップヘ