あなたが私の手をつなぎっぱなしでもあの多情な西湖と、あの「変えようと西湖?西子、淡妆浓抹総取り混ぜ」の万古絶唱で何回目は私への夢意粉醬を膨らませて、私のメッセージを込めた文の中で、今の目で見、いつも心底、ふっと淡い遺憾の意を示した。

果たしてう。その西湖喜ばしき美が鮮京だったのだろうか。そうすればあの山その水にどのような奇妙なあるのだろうか。人が倒れているのかもしれませんに会ったことがないと言いたくなるほどだ。実は、美はあの伝説的な、それ物理補習老師は恋愛はそれは爱と美の憧れだったのだろう。

昔「むか」しから絶景の多くは文人潾の気持ちが伝わったのか、だろうと僕は思っていないし、肌で拍子抜けした経験のある物事はあまりにも荒唐無稽、美はまた、不足した魂の力を揺り动かすれば、日本は、魂と体を持たなければならない道、では、亲爱なる、近々飞行机に乗るようにしましょう、私の心と体を経て風の花に水の洗礼を変态さなぎ成蝶、キレイのままの自分がいる。