2015年08月

自分らしく、今までは、社会的役割や枠組みがあり、できなかったことを
残された人生、悔いのないよう、自分に正直に、やっておきたい。
そう思っておられる。

なるほど???。
できる範囲であれば実現されたらいいかと思うが、なにぶん、家族の了解やお金が必要な詩琳 好唔好ので、
自分ひとりの判断で独走してもいいのかどうかだ。
自分は納得できても、家庭が破綻し、家族が散り散りに離散したりしたら、
自分はそれでも楽しいか、どうかだ。
そのあたりは、それぞれの人の価値観に詩琳よるものだろう。

今まで、頑張って、まともに来た人生だけに、揺り戻し的な反動が大きいのだろう。
溜まってるのものが、堰を切ったようにどどっと出ると、すごい勢いがある。
お二方、どうされるのかは存じないが、そ詩琳れぞれに後悔のないように過ごしていただきたいものだ。




昨日は、出先への移動時間中に、ブログ記事を書いた。
ガラケーの電池がレベル4になってしまいつつ、一生懸命、熱を入れて入力した。
あまりにも自分の胸の内をさらしすぎたせいで、アップしようか悩んだ。

アップしないんだったら、と、ついでに自問自答して、自分にあれこれ問い正してみた。
それは、わたしの実家に行く道中のことだった。

2つの場所で、2つの用事を済ませて、帰路、電車の中でブログ記事を仕上げた。
行きに書いたものと、感想は少し違っていて、爽快感、すっきり感、自分でのもやもや感、解消、
結論の方向性は、こっちだなあ???と感じた。
そして、思った。
ああ、アップし。

自分の胸の内をさらして、なにが嬉しい?
恥である。
ひとつ、恥の流出を未然に防げた。



音がある生活が好きです。いつも數學補習かけているのですが、最近は
童謡を聞いててね。嫌なことがあったりしても、魅き込まれてて忘れ
ていいものです。音楽は心を和ませてくれますし、なんか心に元
気がでてきます。笑えてくるのです。童謡っていいいものです。
いっしょに口ずさむのです。幼いころの心になってる。幼稚なの。

今日は友人が、二人夜に泊りがけで遊びに来てくれます。
心の通じるいい友人です。
久しぶりに会え歐洲旅行團、楽しみ楽しみ。だから、いま、ブログ早めに書きま
したのよ。

ふりかえりつつもいいかぁ

なんでもかんでもを
楽しんじゃおうそれがいい
自分がいいのだから
自分がいいと思って
やってきたことなんだから

あーありっぱには
生きられない人生だったが
まあいいか
まあそれでいいまあそれがいい
もう考えない

やすもうやすもう
それがいいそれでいい
深く考えてまた考えすぎずに
いいとおもう
いいとしていこうかなあ

↑このページのトップヘ