その他鉄道 中日本

2024年05月20日

服部の駅紹介 JR北陸新幹線、北陸本線、小浜線、ハピラインふくい 敦賀駅

嶺南エリアの中心都市である敦賀市の中心駅で、北陸本線やはぴラインふくい、小浜線など県内各方面へ向かう列車が発着するターミナル駅となっています。2024年には当駅が北陸新幹線の暫定終着駅となりましたが、大阪・名古屋方面への特急乗り継ぎなどの課題も多く、一刻も早い大阪延伸が望まれますが・・・

DSC02238
駅舎
在来線側の西口駅舎、新幹線工事に先立った2015年に完成した駅舎です。駅舎の背後には新幹線の高架が要塞のようにそびえ立っているのが見えます。

DSC02031
新幹線側の東口。ロータリーも大きいため送迎車の姿がちらほら見受けられますが、現状駅前には何もなく人通りはほとんどありません。東西連絡通路のようなものも無いため、反対側に行くには2km程大迂回をしなければなりません。

DSC02179
駅名標(小浜線)

DSC02183
駅ホーム(小浜線)
小浜線は西口側の1,2番線を使用していますが、定期列車は全て1番線を使用しており2番線を発着する定期列車はありません。北陸新幹線大阪延伸ルートが小浜になった場合、小浜線もハピラインに移管されるんでしょうかね。

DSC02125
駅名標(北陸本線、ハピラインふくい)
デザインはJR西日本のものを踏襲しています。

DSC02157
駅ホーム(北陸本線、ハピラインふくい)
ハピラインふくいを含む北陸線系統の鈍行列車はは3~7番線を使用しています。写真は3,5番線、ちょうど貨物列車が通過していきました。

DSC02162
3,5番線ホームの米原寄りにある4番線
主に関西方面から来た新快速が使用していましたが、現在ここを使用する列車は運転されていないようです。

DSC02120
続いて6,7番線
主にハピラインふくいの普通列車はこのホームを使用しています。

DSC01977
駅名標(北陸本線)

DSC01968
駅ホーム(北陸本線)
新幹線開業後、米原・大阪方面から来た特急列車は新幹線高架下にある31~34番線に発着しています。写真は33,34番線、31,32番線は降車専用ホームとなっています。

DSC02001
新幹線改札口
米原・大阪方面から特急連絡需要も高いため、改札機の台数はかなり多くなっています。これだけの量設置されていても、繁忙期はかなり混雑しています。

DSC02057
駅名標(北陸新幹線)

DSC02093
駅ホーム(北陸新幹線)
2面4線ホームとなっています。高架の高さ的に難しいのは承知の上ですが、九州の暫定終着駅みたいに新幹線と特急が対面乗換出来ればよかったんですがね。

CIMG0241
仮設駅舎時代の西口(2013年撮影)

DSC02102
JR時代の在来線駅名標(2021年撮影)



新疋田駅←(北陸本線 近江塩津方面)敦賀駅(福井、小松方面)→南今庄駅
西敦賀駅←(小浜線 東舞鶴方面)
越前たけふ駅↓(北陸新幹線 東京方面)
駅でーたっ!
開業日:1882年(明治15年)3月10日
所在地:福井県敦賀市津内(新幹線)福井県敦賀市鉄輪町(在来線)
利用者数(乗車):3,374人(新幹線開業前)
駅一覧に戻せる(新幹線)

niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年05月18日

服部の駅紹介 JR北陸新幹線、ハピラインふくい 福井駅

福井県福井市の中心駅であるほか、えちぜん鉄道や福井鉄道などの鉄道路線が乗り入れる県内最大の交通ターミナル駅として機能しています。駅周辺は福井の中心市街地が広がっているほか、近年は駅前再開発に伴う商業施設のオープンも盛んで、空洞化が叫ばれる地方都市の中心駅では珍しく日中は地元の買い物客で賑わっている印象です。

DSC02963
駅舎
在来線側の西口駅舎、2005年に完成した高架駅舎です。駅前には巨大な恐竜の像もあり、ちょっとした撮影スポットにもなったりしています。

DSC03002
新幹線側の東口駅舎
在来線高架駅舎完成から遅れること約20年で完成した駅舎です。駅舎内には展望デッキもあります。

DSC02940
改札口
新幹線開業後はハピラインふくいに移管されましたが、改札機など雰囲気はJR時代のままです。

DSC02887
駅名標(ハピラインふくい)

DSC02922
駅ホーム(ハピラインふくい)
後述の切り欠きホームを含む2面5線ホームとなっています。新幹線開業後、最大で4両編成しか入線しなくなったこともあり、長いホームもかなり持て余し気味です。

DSC02927
ホーム単にある切り欠きホームの2番線
越前花堂から分岐しているJR越美北線が使用しています。ハピライン移管でJR飛び地路線となりましたが、現在も福井駅まで乗り入れています。

DSC01350
新幹線改札口
通路路を挟んでA改札、B改札がそれぞれ設置されています。A改札の内部には越前そばの立ち食いも営業しています。

DSC01370
駅名標(北陸新幹線)

DSC01393
駅ホーム(北陸新幹線)
島式1面2線ホームです。在来線とえちぜん鉄道の乗り場に挟まれてスペースが限られていたこともあり、新幹線では唯一の島式ホームだけの構造となりました。(通過線付きであれば三島駅もこの構造ですが)

CIMG4230
新幹線駅建設前の東口(2014年撮影)
現在の新幹線乗り場のスペースには駐車場やレンタカー屋が設置されていました。

DSC00283
新幹線の高架が現れた時期の東口(2019年頃撮影)

DSC03185
JR時代の在来線駅名標(2021年撮影)

越前花堂駅←(九頭竜湖、敦賀方面)福井駅(小松、金沢方面)→森田駅
越前たけふ駅←(北陸新幹線 敦賀方面)(北陸新幹線 東京方面)→芦原温泉駅
駅でーたっ!
開業日:1896年(明治29年)7月15日
所在地:福井県福井市中央
利用者数(乗降):20,602人(新幹線開業前)
駅一覧に戻せる(新幹線)


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年05月17日

服部の駅紹介 JR北陸新幹線、ハピラインふくい 芦原温泉駅

あわら市北部の旧金津町の中心駅で、1972年までは金津駅を名乗っていました。駅名にある芦原温泉は駅から西へ5km程離れた位置に立地しており、駅周辺は古くからの住宅地が建ち並ぶエリアとなっています。

DSC03827
駅舎
新幹線駅舎と在来線駅舎は完全に分けられています。写真は新幹線の正面口駅舎、新幹線開業に伴いロータリーも新しく整備されました。

DSC03787
反対側の東口
駅周辺は住宅と工場が混在したエリアで、人通りも殆どありません。

DSC03762
駅名標(北陸新幹線)

DSC03764
駅ホーム(北陸新幹線)
通過線の無い相対式2面2線ホームです。

DSC03806
続いて在来線の正面口
新幹線正面口に並んで設置されています。2023年に在来線駅舎前に交流施設「アフレア」が完成しました。

DSC03810
駅入口
アフレアに隠れた立地で乗り場が設置されています。リニューアルはされているものの、駅舎自体は従来の古い駅舎のままです。

DSC03839
駅名標(ハピラインふくい)

DSC03847
駅ホーム(ハピラインふくい)
2面3線ホームとなっています。

CIMG4259
かつての在来線駅舎(2014年撮影)
アフレアに隠される前の駅舎です。

CIMG4271
かつての東口駅舎(2014年撮影)

DSC03240
JR時代の駅名標(2021年撮影)
JR西日本では珍しく、市町村表記のある駅名標でした。


丸岡駅←(福井、敦賀方面)芦原温泉駅(小松、金沢方面)→細呂木駅
福井駅←(北陸新幹線 敦賀方面)(北陸新幹線 東京方面)→加賀温泉駅
駅でーたっ!
開業日:1897年(明治30年)9月20日
所在地:福井県あわら市自由ヶ丘(新幹線)福井県あわら市春宮(在来線)
利用者数(乗車):1,690人(新幹線開業前)
駅一覧に戻せる(新幹線)


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年05月16日

服部の駅紹介 JR北陸新幹線、IRいしかわ鉄道 加賀温泉駅

加賀市の北中部の住宅地に位置する駅で、市の中心駅は隣の大聖寺駅ではあるものの、新幹線が停車したり、駅前には大型ショッピングセンターがあったりで市の駅の中では一番賑わいがある印象です。駅名の加賀温泉ですが、周辺エリアに点在する片山津温泉・山代温泉・山中温泉などの温泉街を総称した通称で、加賀温泉と言う温泉街がある訳では無いようです。

DSC03574
駅舎
新幹線側となる南口駅舎。新幹線建設工事に伴い7年程仮設駅舎で営業していましたが、2024年にようやく駅舎が完成しました。

DSC03558
反対側の北口駅舎
新幹線建設工事に併せて2020年に新設されました。

DSC03685
駅名標(IR線)

DSC03698
JR時代の駅名標にIRのロゴが貼られた駅名標もあります

DSC03688
駅ホーム(IR線)
2面4線ホームとなっています。新幹線開業前まで長大編成の特急列車も運行されていたため、ホーム上屋もかなり長めです。

DSC03616
駅名標(北陸新幹線)

DSC03619
駅ホーム(北陸新幹線)
通過線付きの相対式ホームです。

DSC03386
南口完成前の仮設駅舎(2022年撮影)
南口正面に建てられていた仮設駅舎で、2017年から約7年間使用されていました。

DSC03346
JR時代の駅名標(2022年撮影)


大聖寺駅←(福井、敦賀方面)加賀温泉駅(小松、金沢方面)→動橋駅
芦原温泉駅←(北陸新幹線 敦賀方面)(北陸新幹線 東京方面)→小松駅
駅でーたっ!
開業日:1944年(昭和19年)10月11日
所在地:石川県加賀市作見町
利用者数(乗車):1,298人(新幹線開業前)
駅一覧に戻せる(新幹線)


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年05月15日

服部の駅紹介 JR北陸新幹線、IRいしかわ鉄道 小松駅

石川県南部の主要都市である小松市の中心駅で、金沢方面から来た普通列車の半数はこの駅止まりとなっています。駅周辺は市の中心市街地が広がっていますが、近年は駅裏の国道沿いに商業施設が集中していることもあり、駅前の商業施設や店舗はなかなか苦戦を強いられている雰囲気です。

DSC00007
駅舎
写真はIR(在来線)側の西口駅舎。2002年に完成した高架駅舎です。

DSC00031
反対側の東口駅舎
新幹線工事に伴い増築された新しい駅舎です。駅前には建設機械メーカーのコマツの博物館も隣接しており、展示されているクソデカダンプカーも眺めることが出来ます。

DSC03951
駅名標(IR線)

DSC03938
ホーム上にはJR時代の駅名標にIRのロゴを取り付けただけの駅名標も設置されています。

DSC03946
駅ホーム(IR線)
2面3線ホームです。かつては特急利用者で賑わっていたホームも、新幹線開業により閑散としてしまっています。

DSC00055
駅名標(北陸新幹線)

DSC00081
駅ホーム(北陸新幹線)
通過線の無い相対式2面2線ホームです。

CIMG4290
新幹線開業前の東口(2014年撮影)
当時の写真を今見ると、新幹線駅を造るスペースは確保されてたみたいですね。

DSC03506
JR時代の在来線駅名標(2022年撮影)


明峰駅←(福井、敦賀方面)小松駅(金沢、富山方面)→粟津駅
加賀温泉駅←(北陸新幹線 敦賀方面)(北陸新幹線 東京方面)→金沢駅
駅でーたっ!
開業日:1897年(明治30年)9月20日
所在地:石川県小松市八日市町(新幹線)石川県小松市土居原町(在来線)
利用者数(乗車):3,282人(新幹線開業前)
駅一覧に戻せる(新幹線)


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年02月12日

服部の駅紹介 JR七尾線、のと鉄道 七尾駅

※2021年3月撮影
能登半島最大の都市である七尾市の中心駅で、金沢方面から来た普通列車は全てこの駅止まりとなっているほか、七尾線とIRいしかわ鉄道の一部を統括する七尾鉄道部・七尾運転区も当駅に所在しています。余談ですが、この駅は私がJR西日本全駅制覇を達成した場所のため、石川に縁もゆかりもないですが少し思い入れのある駅らしいです。(どうでもいい)

DSC00182
駅舎
国鉄時代の雰囲気を残す大きなコンクリート造りの駅舎です。駅舎の2階部分には七尾鉄道部の事務所も入居しているようです。

DSC00162
駅名標

DSC00170
和倉温泉駅でも見かけた和風デザインの駅名標が当駅にも設置されています。

DSC00165
駅ホーム(JR線)
2面3線ホームとなっています。主に特急列車が1,2番線、当駅止まりの普通列車が3番線を使用しています。

DSC00191
のと鉄道乗り場
JR駅舎端にのと鉄道専用の乗り場が設けられています。

DSC00194
駅ホーム(のと鉄道)
行き止まり式1面1線ホームで名前はズバリ「のとホーム」です。三セク移行前は0番線とか呼ばれたりしたんですかね。

徳田駅←(七尾線 金沢方面)七尾駅(和倉温泉、穴水方面)→和倉温泉駅
駅でーたっ!
開業日:1898年(明治31年)4月24日
所在地:石川県七尾市御祓町
利用者数(乗車):1,114人(JR西日本)366人(のと鉄道)
駅一覧に戻ることを祈る

niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年02月11日

服部の駅紹介 JR七尾線、のと鉄道 和倉温泉駅

※2020年11月撮影
能登地方有数の温泉地である和倉温泉の玄関口となる駅ですが、温泉街までは若干離れており駅からタクシーや送迎バスでのアクセスが主となっているようです。当駅から隣の七尾駅まではJR七尾線とのと鉄道の二重戸籍となっており、金沢方面から来たJRの列車は当駅までの運行となりますが、のと鉄道の列車はこの駅から先七尾駅まで運行されています。

DSC03597
駅舎
主要駅ではありますが、2022年3月に無人化されました。駅舎内には観光案内所も入っています。

DSC03550
駅名標
JR管轄駅のため駅名標のデザインもJR仕様です。JR西では珍しく駅所在地の市町村の表記もあります。

DSC03566
温泉地の雰囲気に併せたおしゃれなデザインの駅名標も設置されています。

DSC03552
駅ホーム
相対式2面2線ホームです。基本的には駅舎側の1番線を使用しますが、1番線に列車が停車している場合は向かい側の2番線を使用することもあります。

七尾駅←(七尾、金沢方面)和倉温泉駅(のと鉄道 穴水方面)→田鶴浜駅
駅でーたっ!
開業日:1925年(大正14年)12月15日
所在地:石川県七尾市石崎町
利用者数(乗車):438人(JR西日本)200人(のと鉄道)
駅一覧に戻ることを祈る


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年02月10日

服部の駅紹介 のと鉄道 田鶴浜駅

※2020年11月撮影
七尾市に存在した旧田鶴浜町の中心駅で、伝統産業である「田鶴浜建具」にちなんで「たてぐのまち駅」という愛称が付いています。駅周辺はかつての町の中心部らしく古くからの住宅地が広がっているほか、駅の南側には高校もあり利用者は他の駅と比べると少し多くなっています。

DSC03502
駅名標
かつての町の中心駅らしい立派な造りの地平駅舎です。時間限定ですが委託の窓口も営業しています。

DSC03510
駅名標
駅舎壁には古そうな駅名板も設置されています。

DSC03518
ホームにある自立式駅名板

DSC03520
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

和倉温泉駅←(和倉温泉、七尾方面)田鶴浜駅(穴水方面)→笠師保駅
駅でーたっ!
開業日:1928年(昭和3年)10月31日
所在地:石川県七尾市田鶴浜町
利用者数(乗車):197人


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年02月09日

服部の駅紹介 のと鉄道 笠師保駅

※2020年11月撮影
昭和初期に旧中島町南部に存在した笠師保村にある駅で、七尾線開通時に村からの要望で作られた請願駅となっています。「恋火駅」という愛称が付いている通り、毎年7月に開催される能登キリコ祭りのシーズンには駅近くの神社にて「塩津かがり火恋祭り」が行われています。

DSC03492
駅舎
古くからの木造駅舎ですが、2015年にリニューアルされて小綺麗になりました。

DSC03468
駅名標
能登中島駅同様、国鉄時代からの古そうな駅名板が残っています。

DSC03470
ホーム上の自立型駅名標

DSC03474
駅ホーム
棒線式1面1線ホームとなっています。

田鶴浜駅←(和倉温泉、七尾方面)笠師保駅(穴水方面)→能登中島駅
駅でーたっ!
開業日:1928年(昭和3年)10月31日
所在地:石川県七尾市中島町塩津
利用者数(乗車):30人
駅一覧に戻ることを祈る


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年02月08日

服部の駅紹介 のと鉄道 能登中島駅

※2020年11月撮影
七尾市北部にある旧中島町の中心駅で、駅の北側には古くからの集落も形成されています。町の中心駅らしく観光列車であるのと里山里海など優等列車が停車しており、のと鉄道中間駅の中では一番大きい主要駅となっています。

DSC03405
駅舎
古いながらも手入れがしっかり行われて綺麗な木造駅舎となっています。時間限定ですが窓口も営業しているほか、駅舎内の旧事務所スペースにはお土産屋も営業しています。

DSC03430
反対側の鉄道公園口
駅の裏には七尾市児童公園があり、公園側からも駅にアクセスができる構造となっています。

DSC03412
駅名標
国鉄時代からの古そうな駅名板が残されています。

DSC03423
ホーム上の自立式駅名標とホーロー型駅名板
愛称は(演劇ロマン駅)、駅近くに能登演劇堂なる劇場が立地していることからこの名前が付けられています。

DSC03421
駅ホーム
2面3線ホームとなっています。駅の裏の3番線は後述の保存車両が停車しているため、現在使用されていません。

DSC03457
3番線に停車する保存車両
かつての郵便車がホーム上に保存されています。本州で一般公開されているのはここだけで、地味に超貴重なものだったりします。


笠師保駅←(和倉温泉、七尾方面)能登中島駅(穴水方面)→西岸駅
駅でーたっ!
開業日:1928年(昭和3年)10月31日
所在地:石川県七尾市中島町浜田
利用者数(乗車):115人
駅一覧に戻ることを祈る

niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)