京急電鉄

2024年03月12日

服部の駅紹介 京急電鉄空港線 羽田空港第1・第2ターミナル駅

1998年の羽田空港駅延伸に伴い完成した駅で、国内線が就航する第1・第2ターミナルのアクセス駅となっています。利用者数は京急線内でも5番目に多い駅で、ほぼ終日大きなスーツケースを持った利用者で賑わっています。

DSC05729
駅入口
主にJALなどが使用する第1ターミナル側の出入口、駅西側に設けられています。

DSC05712
続いてANA等が使用する第2ターミナル
駅東側に設けられた出入口で、旅行の際にANAばっかり使ってきた私にとってはこちらの方が馴染み深いみたいです。(どうでもいい)

DSC05708
駅名標

DSC05696
駅ホーム
島式1面2線ホームです。ホーム幅も広く、大きな荷物を持った利用者で混雑しても対応できるようになっています。

CIMG0009
羽田空港国内線ターミナル駅時代の駅名標(2015年撮影)

羽田空港第3ターミナル駅←(京急蒲田、品川方面)羽田空港第1・第2ターミナル駅
駅でーたっ!
開業日:1998年(平成10年)11月18日
所在地:東京都大田区羽田空港
利用者数(乗降):60,345人
駅一覧に戻る業務


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

服部の駅紹介 京急電鉄本線 追浜駅

横須賀市北端の住宅地の中にある駅で、駅前通りには大きな商店街も形成されています。横浜DeNAベイスターズの2軍球場である横須賀スタジアムの最寄り駅となっており、駅名標もベイスターズ仕様となっているほか、接近メロディも熱き星たちよが採用されています。

DSC05941
駅舎
小さい橋上駅舎となっています。ペデストリアンデッキが付いており、駅前のマンションや商店街に連絡しています。

DSC05927
駅名標
2020年に【横須賀スタジアム】の副駅名が付くようになりました。

DSC05913
ホーム上にあるベイスターズ仕様の駅名標、写真は山崎康晃選手仕様のものです。他にも佐野、今永、宮﨑各選手仕様の駅名標もそれぞれ設置されています。

DSC05909
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。2022年にはホームドアも新設されました。

金沢八景駅←(品川、泉岳寺方面)追浜駅(浦賀、三崎口方面)→京急田浦駅
駅でーたっ!
開業日:1930年(昭和5年)4月1日
所在地:神奈川県横須賀市追浜町
利用者数(乗降):32,213人
駅一覧に戻る業務


niaszs2007 at 08:29|PermalinkComments(0)

2024年03月11日

服部の駅紹介 京急電鉄空港線 羽田空港第3ターミナル

羽田空港国際線ターミナル完成に伴い2010年に完成した駅で、2020年にはターミナルの名称変更に伴い「羽田空港国際線ターミナル駅」から現在の駅名に改称されています。国際線⇔国内線ターミナル間の移動手段としても活用されており、乗り継ぎの航空券とパスポートを提示すれば隣の第1・第2ターミナル駅まで無料で乗車できる特例措置もあったりします。

DSC05668
駅入口
混雑緩和のためか、上下線で出入口がそれぞれ分離された構造となっています。写真は品川方面乗り場の出入口。駅名の表記は無く、入口には「京急線のりば」とだけ記載があります。

DSC05670
続いて空港第1・第2ターミナル方面行き乗り場入口
乗り継ぎ利用の需要もそこまで高く無いようで、実質降車専用乗り場のような雰囲気です。

DSC05656
駅名標

DSC05660
国際線ターミナルで外国人需要も高いためか、英語表記がメインの駅名標も設置されています。

DSC05662
駅ホーム
相対式2面2線ホームです。

CIMG9099
国際線ターミナル駅時代の駅名標(2015年撮影)


天空橋駅←(京急蒲田、品川方面)羽田空港第3ターミナル駅(羽田空港方面)→羽田空港第1・第2ターミナル駅
駅でーたっ!
開業日:2010年(平成22年)10月21日
所在地:東京都大田区羽田空港
利用者数(乗降):8,431人
駅一覧に戻る業務


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年03月10日

服部の駅紹介 京急電鉄空港線 天空橋駅

1993年に現在の空港アクセス線建設に併せて開業した駅で、1998年の延伸までの5年間は羽田駅を名乗り羽田空港へのアクセス駅として機能していました。空港ターミナルの移転及び空港線延伸後は駅周辺に空き地しかない寂しいロケーションでしたが、近年は再開発も進み駅前にはHANEDA INNOVATION CITYなる複合施設も完成しています。

DSC00314
駅入口
地下駅となっており、小さい出入口があるのみとなっています。写真はA1出口、左側には東京モノレールの駅舎も建っています。

DSC00310
2020年に完成したHICity口
HANEDA INNOVATION CITY完成に伴い新設されました。

DSC00305
HICity口の改札口
東京モノレールと仲良く改札機が並べられています。色合い的にお正月に放送している芸能人格付けチェックを髣髴とさせるのは私だけでしょうか。

DSC00301
駅名標

DSC00692
駅名標(2022年頃)
2022年の1か月間限定で、マルちゃんのカップ麺QTTAとコラボした駅名標が設置されていました。

DSC00695
駅ホーム
相対式2面2線ホームです。

穴守稲荷駅←(京急蒲田、品川方面)天空橋駅(羽田空港方面)→羽田空港第3ターミナル駅
駅でーたっ!
開業日:1993年(平成5年)4月1日
所在地:東京都大田区羽田空港
利用者数(乗降):12,581人


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年03月09日

服部の駅紹介 京急電鉄空港線 穴守稲荷駅

首都高羽田ICそばの住宅地の中にある駅で、駅名の通り穴守稲荷神社の最寄り駅となっています。大鳥居駅同様、駅周辺には羽田空港利用者向けのビジネスホテルが点在するほか、ヤマト運輸をはじめとした物流施設もいくつか立地しています。

DSC05646
駅舎
周辺の駅が高架化、地下化されるなか、線内唯一の地平駅舎となっています。

DSC05632
駅名標
ヤマト運輸の物流施設である羽田クロノゲートが最寄り駅であることから、(ヤマトグループ 羽田クロノゲート前)と副駅名が付いています。

DSC05634
駅ホーム
相対式2面2線ホームです。近年は利用者も多く、転落防止のために柵が設置されています。

大鳥居駅←(京急蒲田、品川方面)穴守稲荷駅(羽田空港方面)→天空橋駅
駅でーたっ!
開業日:1902年(明治35年)6月28日
所在地:東京都大田区羽田
利用者数(乗降):15,350人
駅一覧に戻る業務


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年03月08日

服部の駅紹介 京急電鉄空港線 大鳥居駅

環八通りと産業道路の交差部分にある駅で、駅名は穴守稲荷神社への参道に大鳥居があったことに因んでいます。駅周辺はマンションなどが多く建ち並ぶ住宅地となっていますが、羽田空港まで電車で10分以内というロケーションなこともあり、「羽田空港」の名前が付いたビジネスホテルも多く立地しています。

DSC05605
駅舎
1997年に地下化されています。写真は西口駅舎、建物内にはフィットネスジムも併設されています。

DSC05621
反対側の東口
建物内には弁当屋やカラオケボックスが入居しています。

DSC05596
駅名標

DSC05598
駅ホーム
相対式2面2線ホームです。

糀谷駅←(京急蒲田、品川方面)大鳥居駅(羽田空港方面)→穴守稲荷駅
駅でーたっ!
開業日:1902年(明治35年)6月28日
所在地:東京都大田区西糀谷
利用者数(乗降):22,726人


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年03月07日

服部の駅紹介 京急電鉄空港線 糀谷駅

大田区南部の住宅地に位置する駅で、駅前には環八通りが走っています。駅周辺は商店街や古くからの住宅が密集する下町エリアとなっていますが、2000年代以降高架工事に併せて周辺の再開発も行われ、駅前には大型マンションの建設も進んでいます。

DSC05580
駅舎
2017年に完成した高架駅舎です。駅舎完成に併せて駅前ロータリーも整備されました。

DSC05572
駅名標

DSC05564
駅ホーム
相対式2面2線ホームです。

京急蒲田駅←(京急蒲田、品川方面)糀谷駅(羽田空港方面)→大鳥居駅
駅でーたっ!
開業日:1902年(明治35年)6月28日
所在地:東京都大田区西糀谷
利用者数(乗降):23,106人


niaszs2007 at 19:30|PermalinkComments(0)

2024年03月06日

服部の駅紹介 京急電鉄本線 浦賀駅

三浦半島最東端の観音崎や黒船来航で知られる浦賀エリアのアクセス駅として機能しています。泉岳寺から続いた京急本線の終着駅ですが、優等列車の大半が久里浜線直通となるため早朝と夜間を除いて普通列車が発着するのみの支線のような駅となっています。

DSC06249
駅舎
築堤上に設けられた地上駅です。駅の下にはバスロータリーがあり、観音崎や久里浜方面に向かう路線バスが発着しています。

DSC06221
駅名標

DSC06222
駅ホーム
島式1面2線ホームとなっています。

馬堀海岸駅←(品川、泉岳寺方面)浦賀駅
駅でーたっ!
開業日:1930年(昭和5年)4月1日
所在地:神奈川県横須賀市浦賀
利用者数(乗降):15,181人
駅一覧に戻る業務

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年03月05日

服部の駅紹介 京急電鉄本線 馬堀海岸駅

開業当時は駅名の通り海岸そばに駅があったようですが、現在では住宅開発が進み、駅から海岸までは400m程離れてしまいました。駅周辺は新興住宅地が広がっているものの、近年の都心回帰の煽りを受けてか、利用者数も減少傾向です。

DSC06281
駅舎
昭和末期に建てられた地上駅舎となっています。かつては品川寄りに駅舎があり、現在でも階段の跡が残されています。

DSC06272
駅名標

DSC06265
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

京急大津駅←(品川、泉岳寺方面)馬堀海岸駅(浦賀方面)→浦賀駅
駅でーたっ!
開業日:1930年(昭和5年)4月1日
所在地:神奈川県横須賀市馬堀町
利用者数(乗降):6,769人
駅一覧に戻る業務

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年03月04日

服部の駅紹介 京急電鉄本線 京急大津駅

隣の堀ノ内駅同様、横須賀市郊外の住宅地の中にある駅で、利用者数は京急線内ワースト4位の少なさとなっています。駅の脇には開業時の駅整備とともに現在の位置に移転された大津宿守稲荷が隣接しており、現在も駅員の手で手入されています。

DSC06311
駅舎
手入はされていますが、古めの木造駅舎が残っています。駅舎脇には大津宿守稲荷の鳥居も並んで建っています。

DSC06299
駅名標

DSC06303
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

堀ノ内駅←(品川、泉岳寺方面)京急大津駅(浦賀方面)→馬堀海岸駅
駅でーたっ!
開業日:1930年(昭和5年)4月1日
所在地:神奈川県横須賀市大津町
利用者数(乗降):3,806人
駅一覧に戻る業務


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)