京阪電鉄

2023年12月25日

服部の駅紹介 京阪電鉄鴨東線 出町柳駅

駅周辺は下鴨神社や京都大学などが立地しています。貴船や比叡山方面に向かう叡山電車との乗換駅で、京阪叡電双方の列車到着時には多くの利用者で賑わっています。

DSC03700
駅舎
叡山電車との共同使用駅となっています。京阪乗り場は右側の建物から地下に入ります。

DSC03707
駅北西側に位置する5番出口
駅の脇では鴨川と高野川が丁度合流する、通称鴨川デルタ地帯があります。

DSC03725
駅名標

DSC03719
駅ホーム
島式1面2線ホームとなっています。

神宮丸太町駅←(丹波橋、淀屋橋方面)出町柳駅
駅でーたっ!
開業日:1989年(平成元年)10月5日
所在地:京都市左京区賀茂大橋東詰
利用者数(乗降):39,096人
駅一覧に戻るよう念じる


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月24日

服部の駅紹介 京阪電鉄鴨東線 神宮丸太町駅

左京区南西部の古くからの住宅地のなかにある駅で、京都御所や駅名にもある通り平安神宮などの最寄り駅となっています。かつては丸太町駅を名乗っていましたが、地下鉄烏丸線丸太町駅との混同を避けるため2008年に現在の駅名に改称されています。

DSC03748
駅入口
鴨川沿いの3番出口。河川敷は公園として整備されており、観光客やランニングをしている人も多いです。

DSC03741
駅名標

DSC03735
駅ホーム
島式1面2線ホームとなっています。清水五条駅同様、優等通過駅となっているためホーム幅が狭くなっています。

三条駅←(丹波橋、淀屋橋方面)神宮丸太町駅(出町柳方面)→出町柳駅
駅でーたっ!
開業日:1989年(平成元年)10月5日
所在地:京都市左京区丸太町橋東詰
利用者数(乗降):8,486人
駅一覧に戻るよう念じる

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月23日

服部の駅紹介 京阪電鉄本線、鴨東線 三条駅

祇園四条駅あたりから続いてきた繁華街エリアの北側に位置する駅で、京都市営地下鉄東西線の三条京阪駅との乗換駅となっています。開業から長らく京都側のターミナル駅として機能していましたが、平成元年に鴨東線が出町柳まで延伸してからは途中駅となっており、夜間の一部列車を除いてほぼ全列車が出町柳まで直通しています。

DSC03784
駅舎
駅直上には京阪三条北ビルが立地しています。駅ビル内にはブックオフも入居しています。

DSC03787
鴨川沿いの7番出口
駅前には三条大橋があるほか、鴨川を挟んで向かい側には繁華街である木屋町エリアが広がっています。

DSC03763
駅名標

DSC03756
駅ホーム
2面4線ホームとなっています。京都中心部区間では唯一の待避可能駅となっています。

祇園四条駅←(丹波橋、淀屋橋方面)三条駅(出町柳方面)→神宮丸太町駅
駅でーたっ!
開業日:1915年(大正4年)10月27日
所在地:京都市東山区三条大橋東詰
利用者数(乗降):22,054人
駅一覧に戻るよう念じる

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月22日

服部の駅紹介 京阪電鉄本線 祇園四条駅

四条,木屋町,祇園と言った京都最大の繁華街を形成するエリアの中にある駅で、休日や夜を中心に多くの利用者で賑わいを見せています。鴨川を挟んで向かい側には阪急京都河原町駅が立地しており、乗り換えの案内は行われていませんが乗り換え利用者もそこそこいたりします。

DSC03809
駅入口
駅東側にある7番出口、駅周辺は祇園の繁華街が広がっています。

DSC03816
鴨川沿いの4番出口
阪急京都河原町駅へは川を渡って200m程歩いたところにあります。

DSC03803
駅名標

DSC03797
駅ホーム
島式1面2線ホームとなっています。利用者も多く、ホーム幅は広めとなっています。

清水五条駅←(丹波橋、淀屋橋方面)祇園四条駅(三条、出町柳方面)→三条駅
駅でーたっ!
開業日:1915年(大正4年)10月27日
所在地:京都市東山区四条大橋東詰
利用者数(乗降):49,825人
駅一覧に戻るよう念じる

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月21日

服部の駅紹介 京阪電鉄本線 清水五条駅

鉄道における清水寺のアクセス駅となっていることから2008年に五条駅から現在の駅名に改称されましたが、肝心の清水寺までは駅から1.5km程離れており、大抵の観光客は五条坂付近までバス利用がメインとなっています。駅周辺も住宅やオフィスビルが混在するエリアとなっており、近隣エリアの通勤通学用の駅と言った雰囲気が強くなっています。

DSC03839
駅入口
駅南側にある2番出口、駅前には弁慶と牛若丸のエピソードでも知られる五条大橋があります。

DSC03827
駅名標

DSC03848
駅ホーム
島式1面2線ホームとなっています。利用者もそこまで多くないためか、ホーム幅も狭くなっています。

七条駅←(丹波橋、淀屋橋方面)清水五条駅(三条、出町柳方面)→祇園四条駅
駅でーたっ!
開業日:1910年(明治43年)4月15日
所在地:京都市東山区五条大橋東詰
利用者数(乗降):9,292人
駅一覧に戻るよう念じる

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月20日

服部の駅紹介 京阪電鉄本線 七条駅

鴨川東側の川端通地下に設置された駅で、大正時代の京都市電七条線開業の際に周辺の駅を廃統合する形で誕生しました。駅周辺は三十三間堂や京都国立博物館などが近くにあり、観光需要も高い駅となっています。


DSC03859
駅入口
この駅から先は地下駅となっています。写真は4番出口、脇にはエレベーターも設置されています。

DSC03854
駅名標

DSC03849
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

東福寺駅←(丹波橋、淀屋橋方面)七条駅(三条、出町柳方面)→清水五条駅
駅でーたっ!
開業日:1913年(大正2年)4月27日
所在地:京都市東山区七条大橋東詰
利用者数(乗降):15,855人
駅一覧に戻るよう念じる

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月19日

服部の駅紹介 京阪電鉄本線 東福寺駅

JR奈良線との乗換駅となっており、近年は京阪方面からJRに乗り換えて京都駅方面に向かう利用者も多いようで、利用者数はここ10年で一気に増加しています。伏見桃山駅同様、駅の両端を踏切に挟まれている構造から優等列車が停車できないため、利用者は多いものの各駅停車系統しか停車しない小駅となっています。

DSC00544
駅舎
JRとの共同使用駅となっています。利用者数の割にはかなり小さい駅舎で、列車発着時はかなり混雑します。

DSC00532
駅名標

DSC00531
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

鳥羽街道駅←(丹波橋、淀屋橋方面)東福寺駅(三条、出町柳方面)→七条駅
駅でーたっ!
開業日:1910年(明治43年)4月15日
所在地:京都市東山区本町十二丁目
利用者数(乗降):17,281人
駅一覧に戻るよう念じる


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月18日

服部の駅紹介 京阪電鉄本線 鳥羽街道駅

鳥羽・伏見の戦いの舞台となった鳥羽街道と同じ駅名ではあるものの、肝心の鳥羽街道こと千本通へは西へ2.6km程離れた位置となっています。駅周辺は任天堂の旧本社であるリサーチセンターや医療機器メーカーの工場などがあったりしますが、利用者数は京阪本線内の駅では一番少なくなっています。

DSC00473
駅舎
小さい地平駅舎となっています。写真は従来からの西口駅舎。

DSC00489
反対側にある東口駅舎
2022年6月に新しく完成した駅舎となっています。

DSC00507
駅名標

DSC00501
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

伏見稲荷駅←(丹波橋、淀屋橋方面)鳥羽街道駅(三条、出町柳方面)→東福寺駅
駅でーたっ!
開業日:1910年(明治43年)4月15日
所在地:京都市東山区福稲下高松町
利用者数(乗降):2,225人
駅一覧に戻るよう念じる


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月17日

服部の駅紹介 京阪電鉄本線 伏見稲荷駅

千本鳥居でも有名な伏見稲荷大社のアクセス駅で、初詣シーズンはもとより、近年は外国人観光客でも賑わいを見せています。急行列車も停車するものの、急行自体朝夕のみの運転であるため、日中は他の小駅と変わらない列車本数となっています。

DSC03885
駅舎
方向別の駅舎となっています。写真は大阪方面駅舎、2017年にリニューアルされて綺麗な駅舎となりました。

DSC03888
反対側の京都方面行駅舎
大阪方面と比べるとスペースも狭いため、駅舎も細長いものとなっています。

DSC03873
駅名標

DSC03877
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。伏見稲荷の千本鳥居にちなんでか、ホーム柱も朱色に塗られています。

CIMG6652
リニューアル前の駅舎(2014年撮影)

龍谷大前深草駅←(丹波橋、淀屋橋方面)伏見稲荷駅(三条、出町柳方面)→鳥羽街道駅
駅でーたっ!
開業日:1910年(明治43年)4月15日
所在地:京都市伏見区深草一坪町
利用者数(乗降):3,954人
駅一覧に戻るよう念じる

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2023年12月16日

服部の駅紹介 京阪電鉄本線 龍谷大前深草駅

伏見区北部の古くからの住宅地にある駅で、駅名の通り龍谷大学の最寄り駅となっています。かつては深草駅を名乗っていましたが、2019年に現在の駅名に改称されています。

DSC00453
駅舎
橋上駅舎となっています。2016年にリニューアル工事が行われ、新しい駅舎となりました。写真は東口駅舎です。

DSC00460
続いて西口駅舎、龍谷大学はこちら側となります。

DSC00423
駅名標

DSC00432
駅ホーム
2面4線ホームとなっています。70年代までは駅南側に車庫も隣接していましたが、淀車庫完成にともない廃止されています。

CIMG6629
深草駅時代の駅名標(2014年撮影)

藤森駅←(丹波橋、淀屋橋方面)龍谷大前深草駅(三条、出町柳方面)→伏見稲荷駅
駅でーたっ!
開業日:1910年(明治43年)4月15日
所在地:京都市伏見区深草ススハキ町
利用者数(乗降):7,222人
駅一覧に戻るよう念じる

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)