福岡市営地下鉄

2024年05月18日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線、JR筑肥線 姪浜駅

地下鉄線とJR筑肥線との境界駅で、天神方面から来た列車の一部は筑前前原もしくは唐津方面まで直通しています。古くから宿場町として栄えたエリアとなっていますが、地下鉄開通後は駅前再開発も活発に行われ、現在では大型マンションが立ち並ぶ住宅地として発展を遂げています。

DSC03369
駅舎
福岡市交通局管轄の大きな高架駅舎です。駅管轄は地下鉄ですが、エキナカの商業施設はJR九州の「えきマチ1丁目」で統一されています。

DSC03344
改札口
地下鉄仕様の自動改札が並んでいます。18きっぷシーズンにこの駅からJR筑肥線に乗車すると、地下鉄仕様の印を押してくれたりします。

DSC03341
駅名標
シンボルマークは駅近くにある小戸ヨットハーバーのヨットがデザインされています。

DSC03357
駅ホーム
2面4線ホームとなっています。

CIMG0367
かつての駅名標(2015年撮影)
JR線にも考慮してか、シンボルマークの無い国鉄式の駅名標が長らく使用されていました。

下山門駅←(筑前前原、西唐津方面)姪浜駅(博多、福岡空港方面)→室見駅
駅でーたっ!
開業日:1981年(昭和56年)7月26日
所在地:福岡市西区姪の浜
利用者数(乗車):19,188人
駅一覧に戻らんといけん

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月17日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線 室見駅

早良区と西区の境界を流れる室見川沿いにある駅で、この駅から先は西区となります。駅周辺は住宅地が広がっており、各駅何かしらのランドマークがあった空港線の駅では地味な印象が漂う駅となっています。

DSC03411
駅入口
室見川そばにある1番出口。駅の脇には大きめの駐輪場も併設されています。

DSC03308
駅名標
シンボルマークは室見川の流れがデザインされています。

DSC03315
駅ホーム
相対式2面2線ホームです。

CIMG0350
かつての駅名標(2015年撮影)

姪浜駅←(姪浜、筑前前原方面)室見駅(博多、福岡空港方面)→藤崎駅
駅でーたっ!
開業日:1981年(昭和56年)7月26日
所在地:福岡市早良区室見
利用者数(乗車):7,498人
駅一覧に戻らんといけん


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月16日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線 藤崎駅

早良区役所の最寄り駅で、利用者数は隣の西新に劣りますが、一応区の中心駅となっています。福岡タワーをはじめとした海浜エリアである百道浜へのアクセス駅となっており、駅直上にあるバスターミナルからバス乗継となっています。

DSC03446
駅入口
早良市民センター脇にある2番出口。真横にはバスターミナルも併設されています。

DSC03278
駅名標
シンボルマークは駅名の「藤」崎から藤の花をデザインしています。なかなか乱暴な感じになってきました

DSC03287
ホーム壁には別デザインの駅名標も設置されています。なんとなく旧タイプ雰囲気も残したデザインの駅名標ですね。

DSC03280
駅ホーム
相対式2面2線ホームです。屋根が高く、他の駅と比べると少しだけ開放感があります。

CIMG0329
かつての駅名標(2015年撮影)

室見駅←(姪浜、筑前前原方面)藤崎駅(博多、福岡空港方面)→西新駅
駅でーたっ!
開業日:1981年(昭和56年)7月26日
所在地:福岡市早良区百道
利用者数(乗車):10,695人
駅一覧に戻らんといけん


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月15日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線 西新駅

早良区最大の繁華街である西新エリアにある駅で、駅南側を中心に商店街が広がっています。西南大学や高校なども多く立地することから学生利用者も多く、空港線内では博多、天神、福岡空港に次いで4番目に多い駅となっています。駅西側には引き上げ線が設けられており、箱崎線方面から来た一部列車はこの駅で折り返しとなります。


DSC03493
駅入口
西新交差点そばに位置する4番出口。数年前に周辺の再開発に併せてリニューアルされました。

DSC03472
駅名標
シンボルマークは西新のイニシャル「N」と学生街ということでペンと鉛筆を掛け合わせたデザインです。

DSC03460
駅ホーム
島式1面2線ホームです。利用者も多いためか、ホーム幅もやや広めです。

DSC03479
駅通路にはこんなものが
世田谷のイメージが強いサザエさんですが、実は連載当初の舞台は福岡でした。海産物だらけな登場人物の名前も、当時西新に住んでいた作者が百道浜を散歩しているときに思いついたというエピソードもあったりします。

CIMG0317
かつての駅名標(2015年撮影)


藤崎駅←(姪浜、筑前前原方面)西新駅(博多、福岡空港方面)→唐人町駅
駅でーたっ!
開業日:1981年(昭和56年)7月26日
所在地:福岡市早良区西新
利用者数(乗車):20,979人
駅一覧に戻らんといけん


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月14日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線 唐人町駅

中央区北西部に位置する駅で、この辺りからオフィス街を抜けて住宅地エリアに入っていきます。福岡ソフトバンクホークスの本拠地である福岡PayPayドームの最寄り駅となっていますが、駅からドームまでわりと離れており、1kmほど住宅街を歩いてのアクセスとなります。

DSC03531
駅入口
PayPayドーム最寄りとなる3番出口。最寄りと言いつつ、ここからドームまでは徒歩15分程掛かります。

DSC03519
駅名標
シンボルマークは大陸文化の町唐人町を、壺に唐草模様をアレンジした「唐」の文字をのせて表現・・・だそうです。

DSC03506
駅ホーム
島式1面2線ホームです。

CIMG0303
かつての駅名標(2015年撮影)


西新駅←(姪浜、筑前前原方面)唐人町駅(博多、福岡空港方面)→大濠公園駅
駅でーたっ!
開業日:1981年(昭和56年)7月26日
所在地:福岡市中央区黒門
利用者数(乗車):10,840人
駅一覧に戻らんといけん


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月13日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線 大濠公園駅

隣の赤坂駅辺りから続くオフィス街のなかにある駅で、朝夕は通勤客で混雑しています。駅名の通り、駅南側には大濠公園や副駅名にもある福岡市美術館が立地しており、福岡市民の憩いの場として賑わっています。

DSC00240
駅入口
駅北側にある2番出口。駅周辺はオフィスビルやマンションが建ち並んでいます。

DSC01680
駅名標
シンボルマークは駅周辺に西公園や福岡城跡など桜の名所が多いことから桜模様となっています。

DSC01666
駅ホーム
福岡地下鉄線内では数少ない相対式2面2線ホームとなっています。

CIMG0283
かつての駅名標(2015年撮影)


唐人町駅←(姪浜、筑前前原方面)大濠公園駅(博多、福岡空港方面)→赤坂駅
駅でーたっ!
開業日:1981年(昭和56年)7月26日
所在地:福岡市中央区大手門
利用者数(乗車):9,870人
駅一覧に戻らんといけん


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月12日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線 赤坂駅

駅東側を大名エリアをはじめとした繁華街、西側をオフィス街に挟まれた立地となっており、昼夜問わず利用者の多い駅となっています。駅南西には福岡城跡を中心とした舞鶴公園が広がっており、かつての西鉄ライオンズ、ダイエーホークスの本拠地だった平和台球場もこの駅が最寄り駅でした。

DSC02181
駅入口
駅北西にある1番出口。エレベーターも併設されている大きな出入口です。

DSC01749
向かい側にある2番出口
宝石時計店の1階部分に併設されています。

DSC01775
駅名標
シンボルマークは駅の頭文字の「ア」と平和台陸上競技場で活動するスポーツ選手を掛け合わせたデザインとなっています。

DSC01780
駅ホーム
島式1面2線ホームです。

CIMG0274
かつての駅名標(2015年撮影)

大濠公園駅←(姪浜、筑前前原方面)赤坂駅(博多、福岡空港方面)→天神駅
駅でーたっ!
開業日:1981年(昭和56年)7月26日
所在地:福岡市中央区赤坂
利用者数(乗車):14,750人
駅一覧に戻らんといけん


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月11日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線 天神駅

福岡最大の繁華街である天神エリアの中心駅で、西鉄線との乗換駅となっているほか、福岡PARCOなどの商業施設も駅に隣接しています。終日買い物客や西鉄への乗換客やで混雑しており、利用者数は長年地下鉄線内で1番多い駅でしたが、博多駅の利用客増加に押されて、2022年には利用者数2位に転落しています。

DSC00200
駅入口
かつての天神コア脇にあった東5出口。天神地下街への出入口も兼ねており、駅の表記は少し控えめです。

DSC00235
駅西端にある1番出口
大型オフィスビルである福岡天神センタービル1階部分に出入口が設けられていましたが、再開発に伴うビル建て替え工事により現在は閉鎖されています。

DSC03891
改札口
利用者の多い主要駅らしく、自動改札もずらっと並べられています。天神駅の改札口というと私みたいなスピッツファンからすれば聖地みたいなものですね(適当)

DSC03861
駅名標
シンボルマークは天神様と言えば梅の花・・・という訳で梅の花を模しているようですが、なかなかこじつけ感が強い気もします。

DSC03875
駅ホーム
島式1面2線ホームです。博多駅同様ほぼ終日利用者も多く、列車発着時は大混雑しています。

CIMG0015
かつての駅名標(2015年撮影)

赤坂駅←(姪浜、筑前前原方面)天神駅(博多、福岡空港方面)→中洲川端駅
駅でーたっ!
開業日:1981年(昭和56年)7月26日
所在地:福岡県福岡市中央区天神
利用者数(乗車):68,307人
駅一覧に戻らんといけん


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月10日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線、箱崎線 中洲川端駅

九州最大の歓楽街である中洲エリアの最寄り駅あるほか、博多座や福岡アジア美術館などの大型施設も近くに立地しています。貝塚駅まで向かう箱崎線との分岐駅で、貝塚方面からきた列車の半数程度は西新か姪浜まで直通しています。

DSC02073
駅入口
駅南側にある3番出口。中洲交差点そばに設けられた出入口で、駅周辺は歓楽街となっています。

DSC00413
川端通商店街アーケード内にある5番出口
駅周辺には博多座や美術館もあり、駅南側よりは落ち着いた雰囲気です。

DSC02027
駅名標(箱崎線)
シンボルマークは、駅名にある「中」と「川」の漢字をハッピ柄にデザインしたものとなっています。

DSC02035
駅ホーム(箱崎線)
1面2線ホーム×2層式の構造となっています。箱崎線乗り場の1,2番線は地下2階に設置されています。

DSC02049
駅名標(空港線)

DSC02045
駅ホーム(空港線)
空港線は地下3階にある3,4番線を使用しています。

CIMG0515
かつての箱崎線駅名標(2015年撮影)

CIMG0393
かつての空港線駅名標(2015年撮影)

天神駅←(天神、姪浜方面)中洲川端駅(博多、福岡空港方面)→祇園駅
呉服町駅↓(貝塚方面)
駅でーたっ!
開業日:1982年(昭和57年)4月20日
所在地:福岡市博多区上川端町
利用者数(乗車):15,117人
駅一覧に戻らんといけん

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2024年05月09日

服部の駅紹介 福岡市営地下鉄空港線 祇園駅

副駅名で「博多旧市街口」と書かれていることからもわかる通り、かつての博多の中心街は当駅から中洲川端駅付近一帯で、1963年までは国鉄博多駅もこのあたりに立地していました。毎年夏に開催される博多祇園山笠の際は多くの人で賑わいますが、通常時は人通りもそこまで多くなく、利用者数は空港線内では最小となっています。

DSC03589
駅入口
駅北側にある1番出口。JR博多駅から続く大博通沿いにある出入り口で、遠目には博多駅の駅舎も見えています。

DSC03569
駅名標
シンボルマークは博多祇園山笠を模しています。

DSC03560
駅ホーム
島式1面2線ホームです。ホームドアには駅名に因んで、博多の歴史が擬音付きのイラストで描かれています。

CIMG0533
かつての駅名標(2015年撮影)

中洲川端駅←(天神、姪浜方面)祇園駅(博多、福岡空港方面)→博多駅
駅でーたっ!
開業日:1983年(昭和58年)3月22日
所在地:福岡市博多区祇園町
利用者数(乗車):6,678人
駅一覧に戻らんといけん


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)