阪急電鉄

2024年04月17日

服部の駅紹介 Osaka Metro谷町線、堺筋線、阪急千里線 天神橋筋六丁目駅

日本一長い商店街でお馴染みの天神橋筋商店街の北端にある駅で、駅周辺もかなり賑わいを見せています。堺筋線開業までは駅北側に阪急天神橋駅があり阪急京都線の大阪側ターミナルとして機能していましたが、堺筋線開業及び阪急乗り入れ開始とともに廃止されています。

DSC03884
駅入口
駅東側にある1番出口。堺筋線乗り場からは若干離れているためか、人の出入りはやや少なめです。

DSC03848
天神橋筋6丁目交差点そばの9番出入口。商店街も近く、人の往来は結構激しくなっています。

DSC03839
駅南側の12番出口
堺筋線側の出入口ということもあってか、阪急電車の看板も付いています。

DSC03911
駅名標(谷町線)

DSC03928
駅ホーム(谷町線)
島式1面2線ホームです。

DSC03819
駅名標(堺筋線)

DSC03829
駅ホーム(堺筋線)
乗り換え客も多いためか、結構幅の広い島式1面2線ホームです。堺筋線の一部列車はこの先阪急に乗り入れ、北千里・河原町方面に乗り入れていきます。

都島駅←(谷町線大日方面)天神橋筋六丁目駅(谷町線八尾南方面)→中崎町駅
柴島駅←(阪急千里線北千里、高槻市方面)(堺筋線天下茶屋方面)→扇町駅
駅でーたっ!
開業日:1969年(昭和44年)12月6日
所在地:大阪市北区天神橋
利用者数(乗降):16,191人(阪急)33,154人(地下鉄)


niaszs2007 at 20:30|PermalinkComments(0)

2022年02月26日

服部の駅紹介 阪急嵐山線 嵐山駅

括弧書きで(嵯峨野)と副駅名が付いている通り嵯峨嵐山エリアの南端にある駅で、渡月橋などの観光地エリアは駅から500m程離れた場所となっています。近年は大阪や神戸方面における嵐山エリアの玄関口として機能しており、行楽シーズンは梅田や天下茶屋方面からの直通列車が運転されています。

DSC01501
駅舎
観光地の駅らしい大きな駅舎となっています。10年ほど前にリニューアルが行われ、シックな雰囲気に様変わりしました。

DSC02321
改札口
レトロで和風な雰囲気とは裏腹に、改札機は最新型のものが導入されています。

DSC02305
駅名標
松尾大社駅同様、和風なデザインのものとなっています。

DSC02314
駅ホーム
行き止まり式3面2線ホームとなっています。開業当初は6面5線ホームあったようですが、需要がそこまで無かったようで戦後に今の形に縮小されたようです。

松尾大社駅←(桂方面)嵐山駅
駅でーたっ!
開業日:1928年(昭和3年)11月9日
所在地:京都市西京区嵐山東一川町
利用者数(乗降):11,019人
駅一覧にもどるっ!

これにて阪急全駅公開です

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2022年02月25日

服部の駅紹介 阪急嵐山線 松尾大社駅

駅名の通り酒の神様として知られている松尾大社の最寄り駅で、駅前には巨大な大鳥居も鎮西しています。かつては松尾駅を名乗っていましたが、2013年に服部天神や中山観音と同時期に現在の駅名に改称されています。

DSC01500
駅舎
メイン側の西口駅舎、松尾大社や周辺の寺院仏閣に合わせてか和風テイストの駅舎となっています。

DSC02288
反対側の東口、2017年に新設されました。駅の裏には桂川が流れています。

DSC02264
駅名標
周りの雰囲気に合わせて和風なデザインの駅名標となっています。

DSC02266
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。ホーム上屋は少ししか設置してありません。

上桂駅←(桂方面)松尾大社駅(嵐山方面)→嵐山駅
駅でーたっ!
開業日:1928年(昭和3年)11月9日
所在地:京都市西京区嵐山宮ノ前町
利用者数(乗降):5,858人


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2022年02月24日

服部の駅紹介 阪急嵐山線 上桂駅

西京区北東部の住宅密集地の中にある駅で、若干距離はありますが西京区役所へはこの駅が最寄り駅となっています。駅周辺の住宅地からの通勤住宅需要が高い駅で、利用者はそこそこ多くなっています。

DSC02247
駅舎
メイン側の東口、阪急支線の駅らしい小さい駅舎です。5年位前までは駅舎の左隣に阪急そばも営業していました。

DSC02245
反対側の西口、2017年に新しく完成した駅舎となります。

DSC02237
駅名標

DSC02235
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

桂駅←(桂方面)上桂駅(嵐山方面)→松尾大社駅
駅でーたっ!
開業日:1928年(昭和3年)11月9日
所在地:京都市西京区上桂宮ノ後町
利用者数(乗降):9,183人
駅一覧にもどるっ!


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2022年02月23日

服部の駅紹介 阪急千里線 柴島駅

淀川沿いの住宅地と柴島浄水場に挟まれた場所にある駅で、近くには京都線崇禅寺駅も隣接しています。隣の淡路駅や近くにある崇禅寺駅同様、高架工事が進められており、2024年には高架駅舎に切り替わる予定となっています。

DSC02356
駅舎
なかなか古そうな地平駅舎となっています。この駅舎も高架完成まであと数年間の命です。

DSC02331
駅名標

DSC02339
駅ホーム
上屋も短めな相対式2面2線ホームとなっています。写真左側には工事中の高架橋も眺めることができます。

淡路駅←(北千里、高槻市方面)柴島駅(天下茶屋方面)→天神橋筋六丁目駅
駅でーたっ!
開業日:1925年(大正14年)10月15日
所在地:大阪市東淀川区柴島
利用者数(乗降):5,345人
駅一覧にもどるっ!

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2022年02月22日

服部の駅紹介 阪急千里線 下新庄駅

神崎川と東海道新幹線の線路に挟まれたの立地にある駅で、この駅から大阪市に入っていきます。隣の淡路駅同様現在高架工事が進められており、2024年度にはこの駅も高架駅舎に生まれ変わる予定です。

CIMG1248
駅舎(2018年撮影)
写真は東口。改札は地下に設けられており、駅舎に見える建物は駅ホームの側壁でした。2022年現在は高架工事に伴い仮設駅舎になっています。

CIMG1252
反対側の西口
こちらは従来のままとなっています。駅前はかなり狭く、歩道すらろくにありません。

CIMG1243
駅名標

CIMG1245
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

吹田駅←(北千里方面)下新庄駅(梅田、天下茶屋方面)→淡路駅
駅でーたっ!
開業日:1921年(大正10年)4月1日
所在地:大阪市東淀川区下新庄
利用者数(乗降):9,084人
駅一覧にもどるっ!

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2022年02月21日

服部の駅紹介 阪急千里線 吹田駅

駅名標にも括弧書きされているように、吹田市役所をはじめ吹田市民会館や警察署、郵便局など吹田市の各官庁への最寄り駅となっています。とは言うものの、それらを除けば駅周辺はごく普通の住宅地となっており、利用者数や賑わいでいうとJR吹田駅の方が圧倒的で、市の中心駅の役割はJRに取られてしまっています。

CIMG1234
駅舎
小さい地平駅舎となっています。写真は市役所脇にある西口駅舎です。

CIMG1238
反対側の東口
駅前は国道が走っており、交通量も多くかなり騒がしくなっています。

CIMG1229
駅名標

CIMG1231
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

豊津駅←(北千里方面)吹田駅(梅田、天下茶屋方面)→下新庄駅
駅でーたっ!
開業日:1964年(昭和39年)4月10日
所在地:大阪府吹田市西の庄町
利用者数(乗降):17,008人
駅一覧にもどるっ!

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2022年02月20日

服部の駅紹介 阪急千里線 豊津駅

千里線の前身である北大阪電気鉄道開業の際に完成した駅で、千里山延伸までの半年間の間ですが、この駅が終着駅の時代がありました。駅周辺は古くからの住宅密集地となっており、駅前道路も車線が狭いためよく渋滞を起こしている印象です。

CIMG1223
駅入口
関大前駅同様、改札が地下にある構造の駅となっています。駅前は線路や道路、小川などが入り乱れており、かなりややこしい構造となっています。

CIMG1219
駅名標

CIMG1221
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。

関大前駅←(北千里方面)豊津駅(梅田、天下茶屋方面)→吹田駅
駅でーたっ!
開業日:1921年(大正10年)4月1日
所在地:大阪府吹田市垂水町
利用者数(乗降):14,921人
駅一覧にもどるっ!

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2022年02月19日

服部の駅紹介 阪急千里線 関大前駅

駅名の通り、関西大学千里山キャンパスの最寄り駅となっており、通学時間帯は多くの学生で混雑しています。駅周辺は住宅密集地となっているほか、関西大学のある駅北東側は学生街となっており、飲食店が多く立地しています。

CIMG1212
駅入口
改札が地下に設けられた構造となっています。後ろを走っている高架は名神高速道路です。

CIMG1211
駅名標

CIMG1208
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。利用者も多く、ホーム上には売店も設けられています。

千里山駅←(北千里方面)関大前駅(梅田、天下茶屋方面)→豊津駅
駅でーたっ!
開業日:1964年(昭和39年)4月10日
所在地:大阪府吹田市山手町
利用者数(乗降):40,302人


niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)

2022年02月18日

服部の駅紹介 阪急千里線 千里山駅

大正時代の鉄道開業とともに開発された住宅地の中にある駅で、列車はこの先住宅地の中を曲がりくねりながら走っていきます。大正時代の開業時から1963年の南千里延伸までの約40年間この駅が終着駅となっており、路線名もずばり千里山線と名乗っていました。

CIMG1203
駅舎
メイン側の西口駅舎、1988年に完成した駅ビルとなっています。建物内には病院が複数入居しています。

CIMG1199
反対側の東口駅舎
裏口感あふれる小さい地平駅舎となっています。駅前は最近になってロータリーが整備されました。

CIMG1191
駅名標

CIMG1193
駅ホーム
相対式2面2線ホームとなっています。北千里行きホームの上屋はやや短めとなっています。

南千里駅←(北千里方面)千里山駅(梅田、天下茶屋方面)→関大前駅
駅でーたっ!
開業日:1921年(大正10年)10月26日
所在地:大阪府吹田市千里山西
利用者数(乗降):19,496人
駅一覧にもどるっ!

niaszs2007 at 19:00|PermalinkComments(0)