『蒼の彼方のフォーリズム』 応援バナー spr002_bn21


・あらすじ
小さかった頃に見上げた空に、
いちばん近くにいるのが、
自分だと思っていた。
これがあれば、どこへも行けると。
誰よりも先に、彼方へ行けると。
そう、信じていた――――

空を飛ぶことが、自転車に乗るぐらい簡単にできる世界。
そこで流行しているスポーツ『フライングサーカス』。
かつて、そのスポーツで将来を期待されていた主人公は、
圧倒的な敗北による挫折と、ある理由からそこを離れていた。
だが、転校生である倉科明日香と出会い、
空の飛び方を教えるうちに
昔の熱が戻ってくる。立場が変わっての
『フライングサーカス』 への出場。
明日香の手を握った主人公は、
今度はどこまで高く飛べるのか。
『空を飛ぶ』ことを巡って出会った
ふたりと、その仲間たちが贈る
青春恋愛物語。


・基本情報
発売予定日:2014年9月26日
メーカー:sprite
企画:木緒なち
シナリオ:木緒なち/渡辺僚一/陸奥竜介
原画:鈴森/悠木いつか/丹羽ことり(SD)
声優:澤田なつ(倉科明日香)/紺野由梨(鳶沢みさき)/瀬良みと(有坂真白)/三代眞子(市ノ瀬莉佳)/北見六花(佐藤院麗子)/小鳥居夕花(乾沙希)/緒方恵美(各務葵)/平林哲平(青柳紫苑)/鈴田美夜子(青柳窓果)/桃井穂実(保坂美里)/白瀬隼人(木島宇人)/豊滝弥実(白瀬みなも)/大和えみ(有坂牡丹)/梅咲チャーリー(真藤一成)/納美夕子(イリーナ・アヴァロン)/陽月ひおり(虎魚有梨華)/夕城美馬(我如古繭)/深城かなみ(黒渕霞)
BGM:Elements Garden
ムービー:神月社
歌:川田まみ(OP『Wings to Courage ~空を超えて~』、グランドED(曲名不明))/KOTOKO(挿入歌『INFINITE SKY』)/澤田なつ(倉科明日香シナリオED『空恋 -sorakoi-』)/紺野由梨(鳶沢みさきシナリオED『Sense of life』)/瀬良みと(有坂真白シナリオED『Millions of You』)/三代眞子(市ノ瀬莉佳シナリオED『NIGHT FLIGHT』)

プレイ時間はクリック進行で1時間程度
Hシーンは無いです


流れとしては
主人公・日向晶也が2年生に進学して2週間ほどすぎたある日、登校途中に転入生の倉科明日香が鍵を落として悩んでいるのを助ける。遅刻を免れるために彼女と一緒に空を飛んでいたのを、フライングサーカス(以下FC)の優秀な選手であったものの、過去の挫折によって競技から離れていたことを惜しく思うかつての恩人である各務葵に見られ、明日香が空を飛べるようになるための指導員に任命される

隣に引っ越してきた市ノ瀬莉佳と知り合う。彼女の不注意で着替えを見てしまったことから悪印象を与え、また明日香の指導をしている姿を見られ、彼女と付き合っていると勘違いされる

晶也の指導もあって、空を飛ぶことに慣れていく明日香。その過程でクラスメイトの鳶沢みさき、みさきを慕う後輩の有坂ましろと仲良くなっていく

明日香の指導をしている最中、青柳紫苑と佐藤院麗子が揉めている所に出くわす2人。首を突っ込む明日香。同じ学院の紫苑がFCで10連敗したということで、FC未経験の明日香がリベンジに挑み、晶也は彼女のセコンドをすることに

まだ空を飛ぶことにも慣れていない上に、FC経験の差もあり、始終圧倒される明日香。残り50秒というところで奇策―麗子が縦軸の動きに弱く、また明日香も下降に慣れているだろうということで、高みから麗子の背中をタッチする―をかける。初撃を外されるも、逆方向へ瞬発する、エアキックターンという高等技術によって1点獲得する

2人の姿に感銘を受ける紫苑。唯一のFC同好会員であった彼は、2人を同好会に勧誘する。過去のトラウマから断りを受ける晶也だったが、面白そうだと感じたみさき、みさきに付き従うましろ、紫苑の妹でクラスメイトの窓果、そして明日香は先んじて入会を決定し、葵も顧問に就任する

尚も入会を渋る晶也だったが、葵に指導者不足を指摘され、また空を飛ぶことを楽しいと口にする明日香の姿が幼い頃の自分と重なり、彼女に空を飛ぶ楽しさを極めさせてやりたいと思ったことから、FC部のコーチ就任を引き受け、早速指導を開始する


で終わりです

以下、個人的な感想など


演出について
最近は最早主流になってきた感がありますが、セリフ途中で立ち絵・CGの表情が変わるタイプです
また、話形式なので、区切れ目で次回予告ムービーが入ります。恐らく、『世界でいちばんNGな恋』みたく、各話の頭にもOPが入って来るだろうと思います
曲を変えろとまでは言いませんけど、マンネリ防止のために、ルートに入ったらムービーが微妙に変わる仕様とかだと嬉しいですね(チラッ

後は、両側から話しかけられている点を強調するために、セリフがモノラルになるのなんかや、
WS000008

空を飛んでいるときに、立ち絵が微妙にユラユラするのなんかは面白いなと思いました(画像だけだとまず間違いなく伝わらないでしょうけど)
WS000014


絵とエロについて
看板絵師だった春夏冬ゆうさんが退社され、外注という形でも今回は参加されませんでしたが、氏のテイストを維持しつつ、可愛らしい絵に仕上がっているなと思います。お二人も新人ということですし、ケロQやあかべぇみたく社内教育が充実しているんだろうなと窺えます
CGも欲しい所でちゃんと使われており、少ないと感じることはなかったですね
ただ、これってどうなん(私のプレイ環境下では確認できませんでした)

WS000028



SD絵もいい具合にアクセントになっており、可愛いですね
WS000029


エロは……どうなんですかね。ライター的にはそこまでエロがダメという評判も聞かないですし、恋チョコも各ヒロイン3回とそこそこみたいです。今のご時世だと4ヒロイン×3回=12枠だと「少ない」という評価になりそうですがspriteは隙あらば一般に進出しようとしているように感じられますし、そこまで濃く・多くならないのではないかなと思います
公式やげっちゅで公開されているお色気CGを見る限りエロい体つきを描くなと思いますし、このCGなんかはバランスボール?越しに見える黒パンツが非常にフェティッシュだなと思うので、エロにも力を入れてくれると嬉しいんですけどね(チラッチラッ


システムについて
恐らくは充実している方なんじゃないかなと。各項目について説明文がちゃんと出るのも嬉しいですね。あまり機能を充実されても、何がどうなるのか変わるのかわからないと変えようが無いですし
レビュワーとしてはバックログからのジャンプ機能があるのも嬉しい
メッセージフォントが3種類からしか選べないのと、ショートカット設定が無いのは気になりましたけど、体験版仕様で一部機能が削られてるみたいですし……大丈夫ですよね?(チラッチラッチラッ
WS000033


テキスト・ストーリーについて
恐らく体験版部分は木緒さん。特に読みづらい部分があるわけでもなく、不快なキャラがいるわけでもなく、それでいてヒロインも全員可愛らしさが引き立っていて、よかったなと思います
ただ、明日香が麗子にFCで対決を挑む部分の流れがちょっとなー……と感じてしまいました。2人で「院」を賭けて戦うというのもよくわからないですし(後で説明されるのかもしれませんが)、麗子も「勝ったら~」と言っていた割に、1点取られただけで引き下がってますし(ショックを受けて気が回らなかった所もあるのでしょうが)
また、『フライングサーカス』という架空のスポーツがシナリオ全体の主軸になってくるわけですが、『アンチグラビトンシューズ』というオーバーテクノロジーを使用している分、技の凄さが伝わりにくいように感じました。『ワルキューレロマンツェ』におけるフェザーズフライは「槍で兜の羽を落とす」ということで、明らかに凄いとわかりましたが、「エアキックターン」が高等技術と言われても、アンチグラビトンシューズで色々する難しさ自体はよくわかりませんし……

主人公についてはまあ「THE エロゲ主人公 of 学園モノ」って感じです。挫折経験持ちということですが、必要最低限の卑屈さに留められていて鼻に付くこともありませんでしたし、立ち居振る舞いに関しては好感が持てました。なんとなくワルロマの貴弘と被る気が


以下、キャプ画を交えつつ
WS000001

WS000002

WS000016

WS000017
晶也は幼い頃に女の子と約束をしており、明日香は幼い頃に女の子に救われた過去があります
幼明日香が幼晶也を女の子と間違えた可能性については、明日香が久奈浜島に行ったことがあると、ないし晶也が本土に行ったことがあると発言していないことや、回想CGの晶也が明らかに男の子である点を踏まえると、まず無いかと
まともに考えるのなら、晶也の出会った女の子はみさき・ましろ・莉佳の中の誰かで、明日香の出会った女の子は敵校の誰か(霞辺りが怪しい)になるんじゃないかなと


WS000004

WS000007
創作でオーバーテクノロジーを出す場合、往々にして世界観の整合性を取るのが面倒になりますが、当作ではグラシュの使用地域に限定を掛けることで解決を図っていて上手いなと
ただ、空港法との兼ね合いを図るのなら、都市部での使用を禁じ、田舎での使用を全面的に許可すればいいように思われますが、「一部の地方都市」に限定されている様子
停留所の設置やらで初期費用がかかるのでしょうが、利便性や発展性や希少性を考慮すると、どこも導入したがるんじゃないかと
何が言いたいのかというと、田舎が舞台の作品特有の誘致や利権を巡った話がシナリオの軸になったらいいなと少し思いました。主に莉佳辺りで


WS000005
……あんの?
みさきのシナリオはあんま想像がつかないですね。OPを見る限りだと天才肌設定らしいですし、晶也に過去を告白させるために、我流で突き進んでいった結果、壁にぶつかる展開は入って来るんじゃないかなと思いますが


WS000010
なんででしょうね
さすがに明日香と莉佳の両方のシナリオで転校してきた理由について掘り下げることは無いでしょうけど、まあ恐らくはどちらかではシナリオの根幹になってくるんじゃないかなと(恐らく莉佳)



ぶっちゃけ、クリエイター陣的に最初から買う気マンマンだったわけですが、体験版も普通に動きますし、そこまでヒドい欠点も無かったので
買いですね

とりあえず各ED曲を聴き比べた上で、ソフマップの第三の特典が明らかになり次第、予約していきたいなーと思います