少し前のことになりますが…

三菱一号館美術館で行われていたオルセーのナビ派展に行ってきました。



2017-03-23-14-17-35


「ナビ派」とは聞きなれない言葉ですが、19世紀末のパリで結成された
前衛的な芸術家グループのことを指すそうです。

良き時代、印象派の色彩や画法を受け継ぎ、
それを次世代のものに昇華させようとした「普遍さと変化」の二つを感じました。


日常の風景や人物が多くモチーフとなっていて、
何気なく切り取られたひとこまに親近感が湧くのと、

配色がグラフィックデザインに通じるものがありキュート!
シンプルに「可愛い!」と心の中で叫ぶ作品が多かったです。



帰りにボナールのトートバッグを買いました♪

image



ボナールのポストカードも買えばよかったな。

thumb_l_les-nabis



全体的にかなり好みだったので、会期中にもう一度行けたらな〜と思っています。