アクセスランキング

スペード速報(´'_ゝ'`)

なんJ・VIP・ニュースカテゴリーを中心に更新していきます

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/04/22(日) 16:35:04.98 ID:4j9uL7u6r
    山本崇一朗・高木さん8発売中 1時間
    @udon0531
    暇なので漫画描きました

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像】からかい上手の高木さん作者、暇潰しにとんでもなくエ●チな漫画を描いてしまう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/04/22(日) 17:03:16.72 ID:FAobm4pid
    no title

    【【エッッッッッ!】女子中学生、友達とお風呂で撮影した画像をTwitterにあげてしまう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/04/22(日) 15:52:02.67 ID:gSAARNDs0
    終わりやね

    【【悲報】デュエルマスターズさん大規模大会で不正が起こる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/04/21(土) 12:32:15.16 ID:HFRcJAKr0
    no title

    no title

    【【画像】大谷翔子、発見される 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/04/20(金) 14:42:38.67 ID:NGXTI1Du0
    自転車で児童ひき逃げ疑い 20歳の大学生逮捕 札幌
    4月20日 13時18分

    今月、札幌市で、自転車で走行中に小学2年生の男の子とぶつかって大けがをさせたのに、そのまま走り去ったとして、20歳の大学生が逮捕されました。近くの防犯カメラの映像に事故の瞬間が映っていて、この映像から大学生が特定されました。

    逮捕されたのは、札幌市豊平区の大学生小嶋寛人容疑者(20)で、警察によりますと、今月9日の夕方、中央区の歩道を自転車で走っていたところ、近くに住む小学2年生の7歳の男の子とぶつかって足の骨を折る大けがをさせたのに、そのまま走り去ったとして、過失傷害などの疑いが持たれています。

    コンビニエンスストアから出てきた男の子が自転車とぶつかる瞬間が防犯カメラの映像に映っていて、自転車の男は、痛がって立ち上がれない男の子に声をかけたように見えましたが、救護せずに走り去りました。

    警察は、この映像などから小嶋容疑者を特定し、20日午前、逮捕しました。警察によりますと、容疑を認め「アルバイト先のススキノの飲食店に向かう途中で、急いでいた」と供述しているということです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180420/k10011411411000.html

    前スレ
    【速報】自転車でガキをひき逃げしたアイツ、逮捕される 大学生の小嶋寛人(20)
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524200548/

    【【速報】自転車でガキをひき逃げしたアイツ、逮捕される 大学生の小嶋寛人(21) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/04/20(金) 12:19:41.84 ID:Tko8oz34p
    なめてんのかこいつ

    【先輩バイトの女子大生(21)「私難しい事言ってますか?」俺(32)「…いえ…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/04/20(金) 11:00:57.21 ID:ctYdYCXod
    no title

    no title

    no title

    no title

    【PSO2信者さん、キズナアイに2万円で突然動画製作を依頼するも無視されガチギレ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/04/19(木) 19:44:38.33 ID:R9ccKs2ga
    夕方ワイ「なんで頬とかチクチクしはじめとるんや…」

    【朝ひげ剃りワイ「ツルッツルやん!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ