国内ニュース

    5746b2519765ea0a950f885a8991100a_s
    1:
    醜い国に気付かない日本人

    「日本の伝統文化を活かした地域づくり」
    松本大学が、観光ホスピタリティ学科を新設した2004年に、
    アレックス・カー氏(東洋文化研究家)を招いて、記念講演をした演題である。

    松本には、ランドマーク「松本城」があり、
    「北アルプス、上高地」がある。
    「豊かな伝統文化」と「美しい自然」を求めて、
    世界から観光客が訪れる。

    「松本はいい街だ!」
    うきうきして聴講した。
    しかし、アレックス・カー氏の講演は、衝撃だった。

    「日本は、日本の伝統や文化を切り捨て、自然を破壊しながら、
    無秩序に開発を進めてきた。このために、世界の中で、
    『醜い国』の一つになってきている。問題は、このことに、
    日本人は気付いていないことです」
    というものだった。

    スライドで、その例が示された。
    美しい海岸がテトラポットで覆われた、
    周囲の景観とまったく調和しない美術館を建てた、
    京都駅は、古都のイメージが感じられない箱ものにした、
    産業廃棄物の不法投棄で、海岸に山ができ、海が汚染された、
    谷あいが、治水事業のコンクリートで覆われ、無惨な景観になった……。

    アレックス・カー氏は、
    行政が公金を使って無意味な施設を造り続け、
    自然環境に愛情をそそがず、営利を優先するシステムも問題にしている。
    http://blog.goo.ne.jp/mulligan3i/e/84ef875b17c21a107ab0554785b8825a

    【アメリカ人「日本は伝統や文化を切り捨て、自然を破壊し、無秩序に開発を進めた世界有数の醜い国だ」】の続きを読む

    c834be5d706731597bda70d6126f2613_s
    1: ちゃとら ★ 2017/07/16(日) 18:11:07.84 ID:CAP_USER9.net
     誰もが知る歴史上の史実にはドラマチックなものも多いが、中には真偽が怪しいものもあるようだ。

    上杉謙信といえば「義の人」として知られ、長年にわたって対立関係にあった武田信玄を助けた「敵に塩を送る」逸話が美談として語られている。
    ところが『上杉氏年表』の共著者で新潟県上越市公文書センターの福原圭一氏によれば、同時代の史料を見てもそうしたことは書かれていないという。

    「当時、謙信は商人による塩の流通をコントロールできていなかった。そもそも“義に生きた”というイメージも見直されるべきで、謙信の軍隊が、戦地で人身売買をしていたという史料も存在しています。
    これは全国の戦場で行なわれていたことです。謙信も戦国時代の価値観やルールにのっとっていたのです」

    さらに「生涯不犯」(女性と交わらない)の誓いについても、疑問があるという。
    慶應義塾大学文学部非常勤講師で大河ドラマ『真田丸』の時代考証などを手掛けた丸島和洋氏によれば、
    「謙信にゆかりのある高野山の清浄心院の過去帳には謙信が結婚していたことを匂わせる記述が出てくる」という。

    一方、真田幸村に関しても“疑惑”が存在する。大河ドラマ『真田丸』の主人公・真田幸村。正しくは「信繁」で、生前の史料に「幸村」の名はまったく出てこない。
    初出とされるのは、大坂夏の陣が終わって60年近く経ってからまとめられた『難波戦記』だ。

    にもかかわらず、昨年の大河でも堺雅人演じる主人公・信繁が、息子にくじを引かせて名を「幸村」に変えることを決めるシーンが、終盤の見せ場の一つとしてはっきりと描かれた。
    「真田幸村」の“知名度”の高さは抜群であるにもかかわらず、本当にその名前だったかの真偽のほどは定かではないのだ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13345434/

    【「義の人」として知られる上杉謙信 敵に塩を送った史料なし】の続きを読む

    99fbc9d408ca7dc35e2bf6e5e8a71e64_s
    1: かばほ~るφ ★ 2017/07/14(金) 18:13:20.31 ID:CAP_USER9.net
    NHK受信料訴訟、10月弁論=年内にも初の憲法判断―最高裁
    7/14(金) 18:02配信

    自宅にテレビがあるのに契約せず、受信料を支払わない男性をNHKが訴えた訴訟の上告審で、
    最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は14日、当事者双方の意見を聴く弁論期日を10月25日に指定した。

    大法廷は年内にも言い渡す判決で、放送法が定める受信契約の義務について初の憲法判断を示す見通し。

    男性側は「契約義務は憲法が保障する財産権などを侵害しており違憲」と主張。
    しかし、一、二審は「公共の福祉に適合している」として合憲と判断し、
    約20万円の支払いを命じたため上告した。

    今回の訴訟で、国は法務大臣権限法に基づき、
    「放送法の規定は憲法に違反しない」とする金田勝年法相の意見書を提出している。 

    7/14(金) 18:02配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000108-jij-soci

    【NHK受信料訴訟、10月に弁論 年内にも初の憲法判断…最高裁】の続きを読む

    a9363dea1dc69b6e70c4f4447edf7127_s
    1: ばーど ★ 2017/07/14(金) 18:27:16.32 ID:CAP_USER9.net
     時事通信が7~10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。

     2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切った。不支持率も同14.7ポイント増の48.6%で最高となった。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題が響いた。東京都議選で稲田朋美防衛相が、自衛隊を政治利用したと受け取られかねない失言をしたことなども影響したとみられる。

     加計学園に関する安倍晋三首相の発言を信用できるかどうか聞いたところ、「信用できない」が67.3%に上り、「信用できる」の11.5%を大きく上回った。首相が説明責任を果たしているかどうかについても、「果たしていない」79.9%に対し、「果たしている」7.1%となり、首相に対する国民の不信感の高まりが浮き彫りとなった。首相の政権運営は険しいものとなりそうだ。

     内閣を支持しない理由(複数回答)でも、「首相を信頼できない」が前月比8.7ポイント増の27.5%と急増。前月と今月だけで14.9ポイント増となった。次いで「期待が持てない」21.9%、「政策が駄目」15.8%の順。内閣を支持する理由(同)は、「他に適当な人がいない」14.1%、「リーダーシップがある」9.0%、「首相を信頼する」6.8%などとなった。

     支持と不支持が逆転したのは、安全保障関連法を審議していた15年9月以来。支持政党別に見ると、全体の6割を超える無党派層では支持が前月比13.3ポイント減の19.4%となった。自民党支持層でも支持は同13.4ポイント減の70.1%と急落した。

     政党支持率は、自民党が前月比3.9ポイント減の21.1%、民進党は同0.4ポイント減の3.8%。以下、公明党3.2%、共産党2.1%、日本維新の会1.1%と続いた。支持政党なしは同4.5ポイント増の65.3%となった。

     調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は65.1%。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000071-jij-pol


    【安倍内閣支持29.9%に急落、不支持48.6% 自民21.1%、民進3.8%(-0.4)、公明3.2%、共産2.1%】の続きを読む

    1a1e5071d17330b49006a694b243f12f_s
    1: コモドドラゴン ★ 2017/07/13(木) 18:40:59.84 ID:CAP_USER9.net
     政府は、2017年度の国内総生産(GDP)の成長率の見通しを、物価変動の影響を除いた実質で1・4%程度にする方向で調整に入った。

     昨年12月に公表した1・5%程度から引き下げる。14日に開かれる経済財政諮問会議で公表する予定だ。

     下方修正の理由は、昨年12月時点の予想よりも個人消費と設備投資の伸びが強くないからだ。ただ、16年度の1・2%よりは伸びる。

     政府は、毎年7月頃に示す成長率の見通しの修正に基づいて、年末までの経済・財政運営を組み立てていく。

     一方、20年度の国と地方を合わせた基礎的財政収支は、8・2兆円前後の赤字になる見通しだ。今年1月時点の8・3兆円の赤字からは改善する。

    政府が目標とする20年度の基礎的財政収支の黒字化を達成するためには、8兆円を超える増税や歳出削減を行う必要がある。目標達成はなお厳しい情勢だ。
    http://yomiuri.co.jp/economy/20170713-OYT1T50020.html


    【GDP成長率見通し悪化、1.4%…個人消費伸び悩む】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/07/05(水) 14:29:54.92 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000003-kobenext-l28

    父親から暴力を振るわれていた兵庫県西宮市内の中学1年の女子生徒(12)の保護に
    尽力したとして宝塚署は4日、関西学院大2年の森田悠斗さん(19)=宝塚市=に
    署長感謝状を贈った。森田さんは女子生徒の気持ちをほぐして窮状を聞き出し、県警に連絡した。

    6月2日夜、森田さんは阪急門戸厄神駅近くの商店の前で、雨宿りする女子生徒に気付いた。
    大雨で雷も鳴っていたため、持っていた傘を手渡した。そのまま帰ろうとしたが、女子中学生が
    追いかけてきて、涙を流しながら「家に帰れない。父親に殴られている」と打ち明けたという。

    森田さんは警察に行くことを勧めたが、女子生徒が嫌がったため、大学の後輩の女性を呼び、
    森田さんの自宅で話をすることにした。ジュースとお菓子を出し、後輩の女性とともに
    約2時間話を聞いた。女子生徒は徐々に打ち解け、時折笑顔も見せるようになった。

    森田さんは話を聞く中で、父親の暴力は「しつけとは違う」と感じた。顔を殴られていると話す
    女子生徒は、マスクを一度も取らなかった。「父親と顔を合わすと殴られる」といい、父親が
    起きる前に学校に行き、夜は父親が就寝してから家に帰る生活を続けていると打ち明けた。

    森田さんは「助けてあげなくては」と思い、「県警なんでも相談電話(#9110)」に通報。
    女子生徒は児童相談所に保護され、現在、父親とは離れて暮らしているという。

    県警によると、1~5月に寄せられた児童虐待に関する相談は宝塚署で20件(前年同期比3件増)、
    県内全体では768件(同280件増)に及んでいる。警察官を目指す森田さんは
    「虐待がこんなに身近だとは思わなかった。女子生徒がこれから幸せに暮らしてほしい」と話していた。


    女子生徒を保護し、関貫晴夫署長から感謝状を受け取った関西学院大の森田悠斗さん=宝塚署
    no title




    【雨宿りの中1女子に傘を手渡したら涙を流しながら「家には帰れない」。家庭内暴力から少女を救った大学生に感謝状】の続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイ bf7b-E56i) 2017/06/27(火) 12:34:58.69 ID:TPbiAeR30 BE:665913571-2BP(1001)
    「がんに効く」と水素水販売、スーパー部長ら送検=警視庁

    清涼飲料水として製造された水素水を「がんに効く」などと効能をうたって販売したとして、警視庁生活環境課は27日、
    医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告など)の疑いで、スーパー「ジャパンミート」食品部長(41)=千葉県野田市=ら社員3人と
    運営会社(茨城県小美玉市)を書類送検した。

    食品部長は容疑を認め、「値段と商品名だけでは売り上げを伸ばせないと思った」と話しているという。

    送検容疑は2016年8~11月ごろ、東京都東村山市や瑞穂町の店舗で、「水素はがんや動脈硬化の原因となる悪玉活性酸素を体外に排出する」などとうたった広告を掲げ、
    缶入りの水素水約2300本を陳列するなどした疑い。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000051-jij-soci

    【水素水の陳列棚に「がんに効く」との広告を掲げた、スーパーマーケット「ジャパンミート」の食品部長ら書類送検】の続きを読む

    このページのトップヘ