コンピュータ・IT

    1: ニライカナイφ ★ 2017/07/21(金) 11:29:56.45.net
    Googleストリートビューは世界中の都市部や道路だけでなく、空港・駅・博物館・商業施設内部や、海の中など、地球上のあらゆる場所を網羅しつつあります。
    そんなGoogleストリートビューが国際宇宙ステーション(ISS)に進出し、家に居ながらにして宇宙まで行けるようになりました。

    ISSで撮影されたGoogleストリートビューのポイントは複数あり、それぞれのエリア内を動き回ることが可能。
    以下は欧州宇宙機関(ESA)が建造した、宇宙から地球を観測できるISSの観測用モジュール「キューポラ」
    https://www.google.com/maps/@29.5602853,-95.0853914,3a,90y,213.66h,99.89t/data=!3m6!1e1!3m4!1szChzPIAn4RIAAAQvxgbyEg!2e0!7i10000!8i5000
    https://www.google.com/maps/@29.5604131,-95.0853712,3a,82.2y,114.17h,76.52t/data=!3m6!1e1!3m4!1saegVMU7EFVMAAAQvxgbyGw!2e0!7i10000!8i5000

    いくつかの設備についている丸いアイコンをクリックすると、それぞれの設備の説明を表示することが可能。
    例えば以下はユニティ(ノード1)内にある「Galley Table」というもので、6人の宇宙飛行士が食事などをとることができるとのこと。
    no title


    以下は「ハーモニー(ノード2)」の様子。
    https://www.google.com/maps/@29.5604556,-95.0854808,0a,102.6y,303.41h,72.27t/data=!3m4!1e1!3m2!1s3OFiq36cp0IAAAQvxgbyIg!2e0?source=apiv3

    クローゼットのようなものは「Crew Quarter」と呼ばれる宇宙飛行士の寝床のようです
    no title


    ここは「クエスト」というエアロック部分。
    エアロックは気圧の異なる2つの空間をつなぐ装置で、内部の機密性を保ったままの出入りを可能にします。
    https://www.google.com/maps/@29.5604361,-95.0853103,0a,102.4y,279.38h,94.27t/data=!3m4!1e1!3m2!1sfjYhF9xOJncAAAQvxjSfVA!2e0?source=apiv3

    宇宙飛行士が船外活動を行う際に生命を維持する船外活動ユニット「EMU」が置かれており、ワクワクしてしまうこと間違いなし。
    no title


    Googleに協力してこれらの画像を撮影したのは、欧州宇宙機関(ESA)の宇宙飛行士であるトマ・ペスケ氏。
    ペスケ氏は2017年初頭から半年間にわたってISSに滞在し、6月に地球に帰還しています。

    滞在中にISSの各エリアが無人になる時間を見計らって、ストリートビューのための画像を撮影したそうです。
    実際にペスケ氏がISSを撮影している様子は以下のムービーからも見ることができます。
    https://youtu.be/g-37kkzFJ1A



    http://gigazine.net/news/20170721-google-streetview-iss/

    【Googleストリートビュー、ついに宇宙進出!自宅から国際宇宙ステーション(ISS)が探索可能に(画像あり)】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@\(^o^)/ [JP] 2017/07/19(水) 10:25:36.81 ID:wFjf4k2G0.net BE:422186189-PLT(12015) BE:422186189-PLT(12015)

    no title


    以前からGoogle Glassは企業向けプロダクトとしては大いに意味があると評されてきた。
    Google自身もこの見解を取っているとみえ、Glassは企業現場向けにカスタマイズされた
    アプリケーションを含むGlass Enterprise Edition (EE)という形で復活中だ。

    企業ははるか以前からウェアラブルなヘッドマウントディスプレイを有用なデバイスとして使ってきた。
    Google Glassは一般消費者向けプロダクトとしては花々しい失敗に終わったが決して死んではいなかった。
    Googleでは企業現場向けのGlass EEとして普及を図るアプローチを取っている(Wired経由)。

    新しいGlass EEのカメラは、以前の5メガピクセルから8メガピクセルに強化されている。
    バッテリー駆動時間も長くなりプロセッサも新しいものになった。
    ビデオ録画中を示すインディケーター、高速化されたWi-Fiも装備される(こうした改良のほとんどは大量生産のおかげえスマートフォンのコンポネントが大幅に値下がりしていることから恩恵を受けたものだろう)。

    しかしGlass EEの最大の改良点はモジュールがメガネ自体から脱着可能になったことだ。
    つまり安全ガラスを利用した産業用の保護メガネのようなデバイスを必要とする現場でも利用できるようになった。

    Glassがメガネから脱着可能なモジュールとなったのはエンタープライズでのユースケースにきわめて大きなメリットだ。
    これによりいままでもよりもはるかに低コストかつ多様な現場でGlassが利用できるようになった。
    Wiredの記事によれば、Glass EEは「実験段階を卒業し、製造パートナーを得て本格的な量産態勢に入っている」ということだ。

    http://jp.techcrunch.com/2017/07/19/20170718google-glass-is-back-with-hardware-focused-on-the-enterprise/

    【「Google Glass」が帰ってきた】の続きを読む

    1: ののの ★ 2017/07/03(月) 20:24:12.62 ID:CAP_USER9
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/03/news021.html

    東大の新井仁之教授が解説する錯視連載が本格スタート。「オオウチ錯視」「ピンナ錯視」って知ってます?

    [新井仁之,ITmedia]2017年07月03日 08時00分 更新

    画面をスクロールして、次の画像を上下にゆっくり動かしてみてください。「ITmedia NEWS」の文字とウサギの絵が左右に動いて見えませんか?

    ccf5e26c.jpg



    左右に揺らすと文字が上下に動いているように見える効果もある(新井仁之・新井しのぶ作、2017)
     この錯視画像は、2010年に私と共同研究者の新井しのぶが考案した「浮遊錯視生成技術」を使って作成しました。

     この技術は、視覚から得た情報を人間の脳が処理する仕組みを数式で表した数理モデルを基にしたもの。この技術を応用してコンピュータを使えば、好きな画像を「動いて見える錯視」に変えることができます。

     今回は、絵が浮遊して見える錯視画像の生成技術と、その周辺領域を探訪していきましょう。

    「静止画」が動いて見える!

     静止画が動いて見える錯視画像は、古くからいくつかのタイプが知られています。私たちの技術で作る浮遊錯視と違う点もありますが、代表的な例を二つ紹介しましょう。まずは横長の長方形と、縦長の長方形から成り立つ「オオウチ錯視」です。

     取りあえず画像をやや斜め上、斜め下に動かしてみましょう。

    1bebd97f.jpg



    オオウチ錯視(この図は、元の錯視画像を参考にコンピュータで作画したもの)
     中心の円と背景が別の動きをしているように見えると思います。

    no title

    「オオウチ錯視」が載っていたHajime ?uchi氏のデザイン集「JAPANESE OPTICAL AND GEOMETRICAL ART 746 Copyright-Free Designs for Artists and Craftsmen」
     オオウチ錯視はHajime ?uchi氏のデザイン集「JAPANESE OPTICAL AND GEOMETRICAL ART 746 Copyright-Free Designs for Artists and Craftsmen」の75ページに載っていたものです。

     この本は錯視画像集ではなく、デザイナーさんや職人さん向けの「幾何(きかがく)」的なデザインを集めた図版集でした。その中にあるデザインの1つが「動いて見える錯視」になっていたのです。これをローター・シュピルマンといった、視覚で著名な研究者らが発見し、1986年に報告しました(【1】参照)。

     これを契機に、オオウチ錯視は海外や日本の学者によって研究されるようになりました。かく言う私も数学をフル活用してオオウチ錯視を研究したことがあります。それについてはもう少し後の回で述べましょう。

     もう1つ、錯視を紹介しておきます。「ピンナ錯視」です。画像の中央を見ながら顔を近づけたり遠ざけたりしてください。小さな四角が円上を動いているように見えます。


    (つづく)

    【【IT】コンピュータで“錯視”の謎に迫る:あなたはどう見える? 「静止画が動いて見える」不思議な錯視の世界】の続きを読む

    このページのトップヘ