ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報


    (Source:TSMC set to move 7nm to volume production in 2018)

    <ザックリ意訳>
    TSMCは2018年に7nmプロセスの大量生産を予定しており、2019年にはEUVを利用した7nmプロセスの改良版が量産可能になることを発表した。また、2019年にはモバイルやHPC製品をターゲットにした5nmプロセスのリスク生産も予定していると共同CEOのC.C. Wei氏は述べた。


    上記内容がDigiTimesで報じられました。早いものでもう7nmの影が見えてまいりました。

    TSMCは2016年1月から 「2017年に7nmの試作、2018年に7nmの生産、2020年には5nmも可能だろう」 と言っていましたが、今回の発表をみるに今のところ順調な感じでしょうか。


    Advertisements


    ・RYZEN、メモリ速度の封印が解かれる

    (Source:Community Update #4: Let's Talk DRAM!)

    AMDはAM4マザーボード用BIOS『AGESA v1.0.0.6』のリリースを発表しました。今回のバージョンアップで、メモリの互換性と安定性の向上と、制限状態となっていたメモリ速度が開放されて最大DDR4-4000までサポートされました。

    『AGESA v1.0.0.6』が組み込まれた各メーカーのマザーボード用BIOSは2017年6月中旬から下旬頃に公開予定とのこと。


    ・未発表のAMDの商標
    ▼ 続きを読む


    (Source:Vanquish тест GPU/CPU)

    2017年5月26日に発売されたPC版VANQUISHの各種ベンチマークが公開されました。ベンチマークの測定シーンは



    ↑になります。上記シーンをFHD最高設定でMin60FPSを保つにはGTX 960 4GB (Min64FPS) / R9 380X 4GB (Min62FPS)以上で可能な模様。元はPlayStation 3とXbox 360で、2010年に発売されたゲームなだけあって軽いですね!

    PC版の発売で始めて知った人向けに、プラチナゲームズ公式ブログにゲームの紹介記事が上がっています。興味ございましたら下記の公式サイトへどうぞ!

     プレイしたくなる!『VANQUISH』ミニ講座 ~初心者編~
     https://www.platinumgames.co.jp/magazine/detail/?id=2_12104

    以下、最高設定での各種ベンチマークになります。
    ▼ 続きを読む

    • カテゴリ:

    (Source:Envision a World with Thunderbolt 3 Everywhere)

    IntelはThunderbolt 3を将来のCPUに統合することを発表しました。統合されることで、これまで必要となっていた専用コントローラが不要になり、追加コストの問題が解消されます。

    PCゲーマー勢に関係がありそうなところだと、近年、一気に登場してきたdGPU接続ボックスなどがThunderbolt 3を使用しています。


    Thunderbolt 3経由でノートPCなどにdGPUの接続を可能にする『DEVIL BOX』。

    今回の発表で、具体的にどの世代のCPUから統合されるかは言及されませんでした。


    Advertisements


    このページのトップヘ