ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報


    (画像クリックで拡大) (ソース:AMD Polaris 10 XT2 and Polaris 12 / macOS Sierra PB: Need testers for new AMD Radeon drivers!)

    MacOS用ドライバ内に上記の文字列が見つかりました。Vega10は次期ハイエンドコアですが、Polaris10XT2とPolaris12がどういったものかは明らかになっておりません。

    ソース元では「Polaris10XT2とPolaris12は、Polaris10(RX480/470)とPolaris11(RX460)の置き換えになると思われる。つまり、500番台になるのではないか」と予想されています。


    Advertisements



    (ソース:Intel Could License AMD Radeon iGPU Tech for Future Processors / Intel Allegedly Taps AMD Over Nvidia For New Graphics Licensing Deal)

    <ザックリ意訳>
    IntelAMDGPU特許に関わるライセンス契約を締結したという噂が出ています。この契約に関する噂の出所は、HardOCPの編集者Kyle Bennettによって報告されました。この噂が本当だとすれば、Intel CPUのiGPUはRADEONブランドになるのか、それともIntel Graphicsブランドのままなのかは定かではありません。


    前提として、この噂はいくつかの海外メディアで記事になっておりますが、HardOCPのKyle Bennett氏がどういう人物で、どれだけ信憑性があるのかは自分にはわかりません。また、今のところ証拠もありません。噂ということでひとつ。

    ソース元の海外メディアではRADEONが搭載される可能性もあるようなないような表現がされていますが、AMDがそこまで許すかどうかはかなり疑問が残ります。

    しかし、もし、Intel CPUにRADEON搭載モデルが加われば、FreeSyncが使えたり色々と夢があっておもしろそうですね。


    (画像クリックで拡大)

    AMDはRadeon Software Crimson ReLive Editionと呼ばれる新しいドライバの発表を2016年12月8日(米国時間)に予定しているそうです。注目点はRX480使用時に最大8%のパフォーマンスアップがあるとのこと。

    また、今回のアップデートでFreeSyncは仮想フルスクリーンモードにも対応するようです。他にも動きの少ないシーンでフレームレートを抑制する省電力モードやらがありますが詳細は割愛いたします。

    今回のスライドショーはRadeon Proの分も合わせると90枚以上とあまりにも膨大なので、Englishになりますがフルストーリーを見たい方は↓のソース元へどうぞ。

    AMD preparing Crimson ReLive driver update
    http://videocardz.com/64496/amd-preparing-crimson-relive-driver-update

    お急ぎでなければ、近いうちに4gamerやその他国内のメディア企業がメーカー発表の日本語文をアップされるかと思われます。



    海外のGeForce公式フォーラムに投稿された不具合情報です。目に付いた不具合書き込みをざっくり翻訳。真偽のほどは定かではありません。ご覧いただいた方の判断にお任せします。同様の不具合をお持ちの方の参考になりましたら幸いです。


    NVも確認済みの不具合>
    ・No Man's Skyの表示の乱れは完全に修正されていない。Temporal antialiasingを有効にしてプレイするとまだ表示に乱れが生じる (NV曰く、第二弾のパッチを作っているとのこと)
    ・SLI時、BF1の表示が乱れる問題は継続中 (DICEの中の人曰く、次のBF1のパッチで修正予定だそうです。しかし、NV側もパッチに対応したドライバのアップデートが必要になるとのこと)
    ・37x台ではFolding@homeが正常に動作しない (NV曰く、未だに原因がわからないそうです。ゲーマー勢にはあまり関係なく、長引きそうなのでF@Hの問題の告知は今回で最後にいたします。直ったと告知があった際にはお知らせいたします)

    <OS不明>
    ・TITAN X(PascalかMaxwellかは不明)のSLIでJust Cause3をプレイするとフリッカーが発生する。この問題が発生しない最後のドライバは373.06でした


    今回はスレの流れも遅く、今のところ大きな不具合報告は出ておりません。リリースノートには記載されていませんが、376.09で発生していたノートPCにインストールできない問題はしっかり解決しているようです。

    関連記事
    【GPU】 GeForce 376.19 WHQLドライバ公開
    【GPU】 GeForce 375.70 ドライバ以降に導入されたテレメトリの無効化方法


    Advertisements


    このページのトップヘ