ニッチなPCゲーマーの環境構築

ゲームやOS、各種PC環境を快適にするためのニッチな情報

    お知らせ: Win10でマウスやキーボードが認識しなくなる不具合が出ているためご注意ください。詳細はこちらの記事をご覧くださいませ。



    2018年2月22日、Windows7 / 8.1のWindowsUpdateに.NETの非セキュリティアップデートが配信されました。通常だと、月例の翌週となる2月21日に配信されてきますが、先月に続き、今月も配信が遅れているようです。

    以下、Windows7 / 8.1向けのザックリ説明&直リンクになります。
    ▼ 続きを読む


    Advertisements



    (画像クリックでAmazonへ)

    Amazonは2018年2月28日18時(水)~3月2日23時59分(金)までの間、『タイムセール祭り』を開催することを発表しました。期間中、日ごとに商品が入れ替わる『特選タイムセール』と、5分ごとに商品が登場する『数量限定タイムセール』が実施されます。

    現在、キャンペーンページではPS4やPC関連商品など、登場予定の商品がいくつか掲載されています。詳細やセール対象商品は下記のキャンペーンページへどうぞ!

    • カテゴリ:

    (Source:Intel)

    IntelはKaby LakeとCoffee Lakeおよび前回含まれなかったSkylake向けに、CPUの脆弱性に対応したファームウェアをリリースしたことを発表しました。このファームウェアは各メーカーのBIOSアップデートなどを通じて利用可能になります。

    さて、前回のSkylakeに関しては何の変更もない再リリースでしたが、今回はどうでしょうか。リリースノートをザッと見たところ、



    今回は[***]という表記はなく、このリリースノート上では再リリースではないことを示しています。しかしながら2chによると、この『0x84』は過去に掲載されていたという指摘が出ています。
    ▼ 続きを読む


    (Source:Turing 將接替 Pascal 架構,NVIDIA GeForce 新一代顯示卡還要再等等)

    <ザックリ意訳>
    NVIDIAの次世代GeForceがTuringかAmpereか、インターネット上で話題になっているが、2018年にTuringがデビューし、Ampereはその後継となる。これはVolta + HBM2はGeForceとして登場しないことを意味する。


    上記内容がBenchLifeにて報じられました。GeForceの次期アーキテクチャがTuringかAmpereかは謎に包まれていましたが、BenchLifeによるとTuring → Ampereの順番で両方登場するとのことです。

    BenchLifeはこれまでにRADEON + Intel CPUCoffee Lakeで6コア化Kaby Lake-Xといったリークを的中させており、リーク情報にはなかなかの定評があります。とはいえ微妙にハズレることもあるため、噂ということでひとつ。

    なお、次世代GeForceは2018年3月26~29日に開催されるGTC 2018で発表されると各所で報じられています。



    2018年2月14日に配信されたWindows10 v1709 Fall Creators Update用のセキュリティアップデートKB4074588を適用すると、USB接続のキーボードやマウスが認識しなくなるという割とヤバイ不具合報告が多数出ています。

    fr

    これらはほんの一例で、 「マウス 認識」 や 「キーボード 認識」 でツイッター検索をすると阿鼻叫喚となっています。

    厄介なのはKB4074588のインストール直後だけでなく、しばらく経ってから発症する場合もあるようです。必ず発症するとはかぎりませんが、もし、この不具合に遭遇したらKB4074588をアンインストールすることで直ります。しかし、入力機器が死亡しているため、どうやってアンインストールするのかが問題です。

    PS/2のキーボード・マウスだと動くので、お持ちの方はそれで操作ができます。キーボードあるいはマウスの片方だけ動く場合もなんとかなるでしょう。PS/2入力機器もなく、マウスもキーボードも死んでいる場合は、割と絶望的です。解決方法はありますが、難易度は高めです。 (長いため後述します)

    現状、KB4074588は非常に危険なため、まだ適用されていない方は引き続き様子見した方が良いでしょう。既に適用済みの方でも 「何かあっても自分で対処できる」 という自信のある人以外は、アンインストールしてWindows Update MiniToolなどから非表示に入れておいた方が良いかもしれません。

    ただ、言うまでもないことですが、アンインストールするとKB4074588に含まれる脆弱性の修正が未適用となるため、脆弱性は放置されたままとなります。操作不能になるリスクを犯してでもセキュリティを取るか、セキュリティを投げ捨てて操作不能のリスクを無くすか、どっちを優先するかの判断はお任せいたします。


    以下、PS/2入力機器もなく、マウスもキーボードも死んでいる人向けにWindows回復環境(以下、回復環境)を使用したKB4074588のアンインストール方法になります。まずは64bit版向けで、最後に32bit版の補足があります。
    ▼ 続きを読む


    Advertisements


    このページのトップヘ