Win10にする気がなく、MSの情報収集調査に協力したくない&PCのリソースを使われたくない人は以下のKBはインストール不要となります。これらをインストールしないorアンインストールすることで、無駄にCPUを使われるといったことが回避できます。

なんか昔よりPCが重くなったとか、CPUの使用率が高くなっているとか、Windows10にしろという案内が度々表示されてくっそうざいとか、そんな症状があればこれらのパッチのせいかもしれません。

注意点として、『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』および『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』は、過去のパッチが累積されていく仕様のため、どれか一つでも適用したら、過去に回避してきたテレメトリ等がインストールされてしまいます。

『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』および『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』は全て回避してください。Microsoft Updateカタログで公開されている『セキュリティのみの品質更新プログラム』を使うことで、セキュリティを維持しつつテレメトリ等の混入を回避することができます。

ただし、『セキュリティのみの品質更新プログラム』にもテレメトリ等が含まれる場合がたまにあります。詳細は記事下部の※備考4をご参照ください。

以下、入れなくても良いKBリストになります。

KB2952664 CEIP関連 (Win7用) (元Win10関連、現在はWin10化機能はないらしい)
(注:KB2952664は環境によっては中々消えない場合があります。その際は何度も(数回~数十回)アンインストールする必要有。このBATファイルを使ったアンインストール方法が便利です)
KB2976978 CEIP関連 (Win8.1用) (元Win10関連、現在はWin10化機能はないらしい)
(注:KB2976978は環境によってはアンインストールしても消えません。これはMSのサイトから落としてきたISOでWindows8.1をインストールしたのが原因です。MSのサイトで公開されているISOは最初からKB2976978入りです)
KB2977759 CEIP関連
KB2990214 Win10アプグレ関連(Win7用WindowsUpdateクライアント 詳細は ※備考1 参照)
KB3021917 CEIP&テレメトリ(遠隔情報収集)関連
KB3022345 テレメトリ関連
KB3035583 Win10アプグレ関連
KB3044374 Win10アプグレ関連(Win8.1用WindowsUpdateクライアント 詳細は ※備考1 参照)
KB3064683 Win8.1用Win10アプグレ関連
KB3072318 Win8.1用Win10アプグレ関連
KB3068708 テレメトリ関連
KB3075249 テレメトリ関連
KB3080149 テレメトリ関連
KB3090045 Win10アプグレ関連
KB3123862 Win10アプグレ関連
KB3125574 Win7再インストール向けテレメトリ入りロールアップ
KB3150513 Win10アプグレ関連
KB3173040 Win10アプグレ関連
KB3163589 Win10アプグレ関連(SP1未適用のWin7、8.1じゃないWin8用)
KB3139923 拡張子が.msiの不具合修正パッチ(オプション)ですがテレメトリ入り
KB3081954 Win10アプグレ関連&テレメトリ関連
KB3161608 Win7用2016/6月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。Win10関連入りWUクラとテレメトリ入り
KB3161606 Win8.1用2016/6月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。Win10関連入りWUクラとテレメトリ入り
KB3172605 Win7用2016/7月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。Win10関連入りWUクラとテレメトリ入り
(Win7でWindowsUpdateに時間が掛かる問題はKB3172605のインストールで解決します。詳細はこちらをご参照くださいませ。ただしWin10関連/テレメトリ(consent.exe)入りです)
KB3172614 Win8.1用2016/7月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。Win10関連入りWUクラとテレメトリ入り
(Win8.1でWindowsUpdateに時間が掛かる問題はKB3172614のインストールで解決します。詳細はこちらをご参照くださいませ。ただしWin10関連/テレメトリ(consent.exe)入りです)
KB3192403 Win7用2016/10月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB3192404 Win8.1用2016/10月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB3197869 Win7用2016/11月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB3197875 Win8.1用2016/11月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4012218 Win7用2017/3月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4012219 Win8.1用2017/3月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4015552 Win7用2017/4月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4015553 Win8.1用2017/4月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4019265 Win7用2017/5月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4019290 Win8.1用2017/5月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4022168 Win7用2017/6月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4022720 Win8.1用2017/6月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4025335 Win8.1用2017/7月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4034670 Win7用2017/8月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4034663 Win8.1用2017/8月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4038803 Win7用2017/9月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4038774 Win8.1用2017/9月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4041686 Win7用2017/10月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4041685 Win8.1用2017/10月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4051034 Win7用2017/11月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4050946 Win8.1用2017/11月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4057400 Win7用2018/1月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4057401 Win8.1用2018/1月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4075211 Win7用2018/2月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4075212 Win8.1用2018/2月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4088882 Win8.1用2018/3月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4088881 Win7用2018/3月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4093113 Win7用2018/4月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4093121 Win8.1用2018/4月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4103713 Win7用2018/5月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4103724 Win8.1用2018/5月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4291493 Win7用2018/6月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り
KB4291497 Win8.1用2018/6月度の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』。テレメトリ入り

(※『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』は累積されるため、どれか一つでも入れたらその月以前の全てがインストールされます。『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』を回避する際は必ず全回避してください)

※備考1 Win10にアプグレしたくない人は入れなくても良いとほぼ言い切れる暫定追加リスト
(注:上記パッチを全て削除していても、WindowsUpdateクライアント単品でもWin10アプグレへの誘導が発生しております。Win10にしたくない人は下記のWUクラにもご注意ください)

KB2990214 / KB3044374や重複を含め、Win10アプグレ関連が付加されているWindowsUpdateクライアント(以下、WUクラ)は

<Win7用>
KB2990214 Win7用WindowsUpdateクライアント (Win10アプグレ関連ファイル有)
KB3050265 Win7用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3065987 Win7用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3075851 Win7用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3083324 Win7用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3083710 Win7用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3102810 Win7用WindowsUpdateからWin10にアプグレ時の不具合の修正
KB3112343 Win7用WindowsUpdateクライアント Win10アプグレ関連+KB3050265の不具合修正
KB3135445 Win7用WindowsUpdateクライアント
KB3138612 Win7用WindowsUpdateクライアント
KB3161608 Win7用2016/6月度のロールアップパッチ。Win10関連入りWUクラとテレメトリ入り
KB3172605 Win7用2016/7月度のロールアップパッチ。Win10関連入りWUクラとテレメトリ入り

<Win8.1用>
KB3044374 Win8.1用WindowsUpdateクライアント (Win10アプグレ関連ファイル有)
KB3050267 Win8.1用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3065988 Win8.1用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3075853 Win8.1用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3083325 Win8.1用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3083711 Win8.1用WindowsUpdateクライアント (同上)
KB3102812 Win8.1用WindowsUpdateからWin10にアプグレ時の不具合の修正
KB3112336 Win8.1用WindowsUpdateクライアント Win10アプグレ関連
KB3135449 Win8.1用WindowsUpdateクライアント
KB3138615 Win8.1用WindowsUpdateクライアント
KB3161606 Win8.1用2016/6月度のロールアップパッチ。Win10関連入りWUクラとテレメトリ入り
KB3172614 Win8.1用2016/7月度のロールアップパッチ。Win10関連入りWUクラとテレメトリ入り

があります。

MS公式に書かれている各種KBの情報で、過去に一度組み込んだものに関しては、再度「なにそれが組み込まれています」とは案内されません。特定の機能を削除した場合は「○○の機能を削除」と記載されるため、こういった一文が無い限り、KB2990214 / KB3044374以降のWUクラは全てWin10アプグレ関連が含まれたままでしょう。

Win10関連が含まれるWUクラの詳細は下記の記事をご参照くださいませ。

【Win7】 WindowsUpdateにWin10へのアプグレ項目はいつ追加されたのか
【Win8.1】 Win10へのアプグレ用ファイルが無いと思われるWUクライアント
【Win】 WindowsUpdateクライアント単品でもWin10化の危険性

Win10関連が含まれていないWUクラはKB2887535までとなります。Win10関連の含まれていないWUクラを使いたい続けたい場合は、最新パッチにWUクラの有無を確認して、入っている場合はパッチの適用を避ける必要があります。

なお、『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』および『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』を適用した時点で、WUクラは最新となってしまいます。『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』と『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』は全て回避してください。セキュリティアップデートはMicrosoft Updateカタログの『セキュリティのみの品質更新プログラム』を使うことでしか、古いWUクラを維持することはできませんのでご注意ください。

ただし、『セキュリティのみの品質更新プログラム』にも最新WUクラが同梱される場合があります。詳細は記事下部の※備考4をご参照ください。




※備考2 IEのセキュリティ修正とWin10関連が含まれるファッキンパッチ
KB3139929 2016年3月度のIEのセキュリティ関連パッチ+Win10関連入り
KB3148198 2016年4月度のIEのセキュリティ関連パッチ+Win10関連入り
KB3154070 2016年5月度のIEのセキュリティ関連パッチ+Win10関連入り
KB3160005 2016年6月度のIEのセキュリティ関連パッチ+Win10関連入り
KB3170106 2016年7月度のIEのセキュリティ関連パッチ+Win10関連入り
KB3175443 2016年8月度のIEのセキュリティ関連パッチ+Win10関連入り
KB3185319 2016年9月度のIEのセキュリティ関連パッチ+Win10関連入り

これらのパッチにはWin10関連のKB3146449も含まれております。が、セキュリティ関連も含まれているため、一概に入れなくても良いとは言えません。入れなかった場合、脆弱性が放置されることになります。セキュリティとWin10の合わせ技をついにやってきやがった感。糞すぎる。

※2016年9月末にKB3146449をOS上から除去するパッチが配信されました。除去パッチを配信しつつ、それ以降のIE用パッチにKB3146449が付属してくるとは考えにくいと思います。が、パッチの一本化により情報が少なくなってしまい確認する手段がありません…。除去パッチの配信以降は、収束したと仮定して2016年10月度以降は上記リストに加えておりません。




※備考3 テレメトリ関連等を含む『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB3185330 Win7用2016/10月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB3185331 Win8.1用2016/10月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB3197868 Win7用2016/11月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB3197874 Win8.1用2016/11月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB3207752 Win7用2016/12月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB3205401 Win8.1用2016/11月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB3212646 Win7用2017/1月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4012215 Win7用2017/3月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4012216 Win8.1用2017/3月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4015549 Win7用2017/4月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4015550 Win8.1用2017/4月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4019264 Win7用2017/5月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4019215 Win8.1用2017/5月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4022719 Win7用2017/6月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4022726 Win8.1用2017/6月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4025341 Win7用2017/7月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4025336 Win8.1用2017/7月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4034664 Win7用2017/8月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4034681 Win8.1用2017/8月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4038777 Win7用2017/9月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4038792 Win8.1用2017/9月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4041681 Win7用2017/10月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4041693 Win8.1用2017/10月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4048957 Win7用2017/11月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4048958 Win8.1用2017/11月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4054518 Win7用2017/12月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4054519 Win8.1用2017/12月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4056894 Win7用2018/1月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4056895 Win8.1用2018/1月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4074598 Win7用2018/2月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4074594 Win8.1用2018/2月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4088875 Win7用2018/3月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4088876 Win8.1用2018/3月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4093118 Win7用2018/4月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4093114 Win8.1用2018/4月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4103718 Win7用2018/5月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4103725 Win8.1用2018/5月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4284826 Win7用2018/6月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4284815 Win8.1用2018/6月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4338818 Win7用2018/7月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』
KB4338815 Win8.1用2018/7月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』

これらのパッチにはテレメトリが含まれています。『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』は過去のパッチが累積されていく仕様のため、どれか一つでも適用したら、過去に回避してきたテレメトリ等がインストールされてしまいます。

テレメトリを避けたい人はWindowsUpdateに配信される上記の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』は全て非表示にしてください。『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』をインストールせずとも、Microsoft Updateカタログに配信される『セキュリティのみの品質更新プログラム』を適用することでセキュリティの維持が可能です。 (注:1)

代替となるMicrosoft Updateカタログ産の『セキュリティのみの品質更新プログラム』のダウンロード先は、上記リンク先に直リンクで掲載しています。

(※正確にはロールアップ方式が始まった2016/10月度だけはテレメトリが入っていません。2016/11月度からテレメトリが混入したため、それ以降は全部アウトです。MSカタログ産『セキュリティのみの品質更新プログラム』へのリンクを辿りやすくするため『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』は全て掲載しています。WU産『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』を全回避して、MSカタログ産『セキュリティのみの品質更新プログラム』に切り替えたい方は2016/10月度からスタートになります。『セキュリティのみの品質更新プログラム』は累積されないため、各月、一つずつ入れていく必要があります。抜けている月はパッチの配信がお休みの月です)

注:1
2016年12月度からMicrosoft Updateカタログに配信された『セキュリティのみの品質更新プログラム』にもテレメトリ入りのものが出てきました。ファック! 該当KBは↓の備考4をご参照くださいませ……。




※備考4 テレメトリ関連等を含むMSカタログ産『セキュリティのみの品質更新プログラム』
KB3205394 Win7用2016/12月度『セキュリティのみの品質更新プログラム』。テレメトリ(consent.exe)入り
KB3205400 Win8.1用2016/12月度『セキュリティのみの品質更新プログラム』。テレメトリ(consent.exe)入り
KB4015546 Win7用2017/4月度『セキュリティのみの品質更新プログラム』。Win10関連入り
(最新CPUでWUお断り機能付きWUクラ入り。また、現在は機能していませんが過去にWUクラに付加されたWin10関連入り。詳細はリンク先の記事をご参照ください)
KB4015547 Win8.1用2017/4月度『セキュリティのみの品質更新プログラム』。Win10関連入り
(最新CPUでWUお断り機能付きWUクラ入り。また、現在は機能していませんが過去にWUクラに付加されたWin10関連入り。詳細はリンク先の記事をご参照ください)
KB4022722 Win7用2017/6月度『セキュリティのみの品質更新プログラム』。Win10関連入り
(最新CPUでWUお断り機能付きWUクラ入り。また、現在は機能していませんが過去にWUクラに付加されたWin10関連入り。詳細はリンク先の記事をご参照ください)
KB4022717 Win8.1用2017/6月度『セキュリティのみの品質更新プログラム』。Win10関連入り
(最新CPUでWUお断り機能付きWUクラ入り。また、現在は機能していませんが過去にWUクラに付加されたWin10関連入り。詳細はリンク先の記事をご参照ください)
KB4056897 Win7用2018/1月度、CPUの脆弱性の修正を含む『セキュリティのみの品質更新プログラム』。テレメトリ(consent.exe)入り
KB4056898 Win8.1用2018/1月度、CPUの脆弱性の修正を含む『セキュリティのみの品質更新プログラム』。テレメトリ(consent.exe)入り
KB4088878 Win7用2018/3月度『セキュリティのみの品質更新プログラム』。テレメトリ(consent.exe)入り
KB4088879 Win8.1用2018/3月度『セキュリティのみの品質更新プログラム』。テレメトリ(consent.exe)入り

これらのMicrosoft Updateカタログ産パッチはテレメトリやWin10関連などが含まれていますが、セキュリティアップデートのため、一概に入れなくても良いとは言えません。入れなかった場合、脆弱性が放置されることになります。そして、このパッチに代替はありません。ガッデム……。




※備考5 テレメトリ関連等を含むその他の更新プログラム
KB4073578 Win7系用2018/1月臨時、AMD CPU環境で起動不可能になる問題の修正パッチ。テレメトリ(consent.exe)入り
KB4073576 Win8.1系用2018/1月臨時、AMD CPU環境で起動不可能になる問題の修正パッチ。テレメトリ(consent.exe)入り
KB4091290 Win7系用2018/3月臨時、ICカードリーダーの不具合修正パッチ。テレメトリ(consent.exe)入り
KB4099467 Win7系用2018/3月臨時、MSカタログ限定配信、BSoD修正パッチ。テレメトリ(consent.exe)入り

これらのパッチはテレメトリ関連などを含む臨時パッチや、その他未分類パッチになります。


その他、オプションは真っ先に罠パッチが投げ込まれるので、基本的に全スルー推奨でございます。入れないとやばいようなセキュリティパッチは重要に上がってくるでしょう(だからと言って重要のパッチは安全と言っているわけではありません。重要にも罠パッチは度々上がってきます)。

「もしかしたら自分にとって必要なパッチがオプションにあるかもしれない!」 と気になる人は、オプションを入れる前に、本当に自分にとって必要なパッチかしっかり調べましょう。

注意
この記事はWin7/8.1でWindowsUpdateの設定が手動の人向けになります。自動の人はこれらをアンインストールしても再度入ってくるものがあると思います(手動でもパッチ内のファイルに更新があれば再表示されます。一度非表示にしたからといって油断しないよう気をつけましょう)。

2017-2018年のWindowsUpdate配信予定日
2018 年 01 月度 2018/01/10 AM03:00
2018 年 02 月度 2018/02/14 AM03:00
2018 年 03 月度 2018/03/14 AM02:00
2018 年 04 月度 2018/04/11 AM02:00
2018 年 05 月度 2018/05/09 AM02:00
2018 年 06 月度 2018/06/13 AM02:00
2018 年 07 月度 2018/07/11 AM02:00
2018 年 08 月度 2018/08/15 AM02:00
2018 年 09 月度 2018/09/12 AM02:00
2018 年 10 月度 2018/10/10 AM02:00
2018 年 11 月度 2018/11/14 AM03:00
2018 年 12 月度 2018/12/12 AM03:00
(3~10月がAM02:00、11~2月がAM03:00)