前回のあらすじ。寝ながらコンピューティング環境作るお!

小型モニタを使った寝ながらコンピューティング環境なら既にあったのですが、大きめのモニタが使える環境を構築してみることに。で、



こんな感じになりました。寝ながら動画鑑賞に、片手操作可能なADVゲームにと、とても快適です。

以下、同じようなことをしたい人向けのメモになります。

・アーム
何でも良いと思います。自分は高さや長さ、角度等に自由度が欲しかったのでエルゴトロンの「45-241-026」と、延長パーツの「45-289-026」を使いました。

・モニタ
これも何でも良いと思いますが、視野角を考えてIPSかVAが良いと思います。

・設置と安定性
テーブルに設置する場合、アームの設置場所の反対方向にある程度の重量がないとグラつきます。見た目に拘らないのであればコンクリートブロックでも置いておけば大丈夫だと思います。

・下方チルト
この記事のメインディッシュ且つ最難関。いやいうほど難関ではない。まず、ガッツリ下向けが可能なアーム自体全然ありません。変換金具なんてのも売っていますが、1万円と中々にお高いです。そこでホームセンターです。

ホームセンターの金具コーナーに、




VESAマウントするために生まれてきたようなジョイント金具が1個200-300円ほどで売っております。安い!素敵!抱いて!!これを使えば90度下向けにすることができます。

厚さは4mmほどあり、少なくとも素手では絶対に曲げられないので、そんなに重くないモニタなら大丈夫かと思います。

問題点は、



VESAマウント部分にくぼみがあるモニタの場合ですが、この金具だとスッポリ埋まりません。打開策は簡単で、



こんな感じに間にガバガバのナットでも入れておくなり、ワッシャーをいくつか噛ますなりすれば良いかと思います。

あと、この金具の注意点ですが、角度に最大1-2mm程度のズレがあります。通販での購入はやめて、ホームセンターで現物を見て、ズレが少ないのをセットで購入しましょう。

こういったジョイント金具の種類は大量にありますので、お買い求めの際はメジャーなりVESAサイズの型紙の持参をお忘れなく。型紙を作って持参が楽です。

・ネジ
デフォルトのVESA用ネジはM4の10mmになります。具体的にどれくらいの長さが必要になってくるかは、モニタのタイプによって変わってくるのですが、面倒なようならM4 15mmのボルト、M4ナット、ワッシャー代わりのM5ナット、ワッシャーを適当にいくつか買っておくと良いでしょう。これで大体のモニタに対応できると思います。長すぎたら間にナットなりワッシャーを噛ましましょう。

おしまい。


Amazon
エルゴトロン LX Desk Mount LCD Arm 45-241-026