タイトルの繰り返しになりますが、大きなファイルの書き込み速度のお話です。

TLC SSD4種のCristalDiskMarkとHD Tune Proのベンチマーク結果をご覧くださいませ。HD Tune Proの結果はグラフとAverageに注目です。


<PLEXTOR PX-512M7VC (TLC)>
CrystalDiskMark

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2016/0519/162411/5)
HD Tune Pro

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2016/0519/162411/6)


<OCZ Trion 150 TRN150-25SAT3-240G (TLC)>
CrystalDiskMark

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2016/0310/154185/4)
HD Tune Pro

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2016/0310/154185/5)


<Crucial CT480BX200SSD1 (TLC)>
CrystalDiskMark

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2016/0110/147155/4)
HD Tune Pro

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2016/0110/147155/5)


<ADATA Premier SP550 ASP550SS3-240GM-C (TLC)>
CrystalDiskMark

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2016/0102/145732/4)
HD Tune Pro

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2016/0102/145732/5)


どうでしょうか。CrystalDiskMarkでは爆速に見えてもHD Tune Proでは非常に低速です。

想像で恐縮ですが、TLCはキャッシュの範囲内は高速、キャッシュを超えた分は低速になる、そんな感じの挙動に見えます。 (よって、キャッシュの有効範囲に収まる小さいファイルの書き込みは速く、範囲外の大きなファイルは遅い)

ここでMLCの東芝HG5QとSandisk Extreme Proのベンチマーク結果を見てみましょう。


<TOSHIBA CSSD-S6T256NHG5Q (MLC)>
CrystalDiskMark

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2013/0731/38361/3)
HD Tune Pro

(Source:http://www.gdm.or.jp/review/2013/0731/38361/4)


<Sandisk Extreme PRO 240GB SDSSDXPS-240G-J2 (MLC)>
CrystalDiskMark

(Source:自前)
HD Tune Pro

(Source:http://www.cdrlabs.com/reviews/sandisk-extreme-pro-480gb-solid-state-drive/performance-as-ssd-and-hd-tune.html)


上記2点はCrystalDiskMarkでもHD Tune Proでも爆速です。MLCだとブレも少なく、CrystalDiskMarkも参考にできます。だがTLC、てめーはダメだ。

CrystalDiskMarkの結果だけを見て 「このTLC SSD、書き込み爆速じゃん! 動画編集の使い捨てキャッシュ用に使おっと! ポチッとな!」 なんてしたら、購入後にブチギレられると思います。

参考までに手元にあるSSDを使って、約43GBの適当なファイル郡をコピペして時間を計りました。それぞれPC起動直後のコピペで時間を取っています。

    [コピー元] ファイル数:3849 / 合計サイズ:42.9GB
    TOSHIBA CSSD-S6T128NHG5Q 128GB (MLC)

    [コピー先]
    SanDisk Extreme PRO SDSSDXPS-240G-J25 240GB (MLC)
    1分40秒
    SanDisk SSD Plus SDSSDA-240G-J26C 240GB (TLC)
    5分22秒
    ADATA Premier SP550 ASP550SS3-240GM-C 240GB (TLC)
    11分59秒

コピー開始窓が表示されて消えるまで、これくらいのコピペ時間でした。SanDisk Extreme PROへのコピーはすんなりと終わりましたが、下二つのTLC SSDへのコピペはかなり時間が掛かりました。

メーカーさんの中にはCrystalDiskMarkのベンチ結果を貼っているところもありますが、HD Tune Proでのベンチ結果も貼っていただきたいところです。特にTLC。

CrystalDiskMark自体、最高速度を表示するベンチだと思うので、途中で大きく速度が低下するようなSSDの計測には向いていないと思います。

ずっとMLCを使っていて、初めてTLCを買おうと思っている方はしっかり確認しましょう。何も考えずにTLCを買って、大きなファイルの書き込みの遅さに驚いた人がいるらしいです私です。MLCと同じノリでCrystalDiskMarkを参考にしたらダメっすね……。

一応、TLCのフォローをしておくと、大きなファイルの書き込みを頻繁にしないのであれば普通に快適です。そして何より安い。

備考
TLCは全部が全部、書き込み途中で減速するというわけではなく、なかには減速しないものもあります。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。
【SSD】 WD Blue 3D WDS200T2B0Aレビュー。TLCながら超絶の書き込み速度