↑Crucial MX300「CT750MX300SSD1」の中身です。Micron製が使われている模様。で、TLCというと前回前々回の記事にも書きましたが、大きなファイルの書き込み速度が遅く、機種によってはHDDにすら負ける始末。

3D TLC NANDはどうなのか。安心と信頼のHD Tune Proによるベンチマーク結果がこちら。例により注目点はグラフとAverageです。

<Crucial MX300 CT750MX300SSD1>


ええやん…

初動が高速でその後下がるのはTLC特有ですが、Average291MB/sなら大きなファイルの書き込みもご満足いただけるかと。

参考までにMLCのTOSHIBA CSSD-S6T256NHG5QとSandisk Extreme PRO SDSSDXPS-240G-J2はこんな感じ。

<TOSHIBA CSSD-S6T256NHG5Q>


<Sandisk Extreme PRO SDSSDXPS-240G-J2>


ExtremeProにはまだまだ及びませんが、HG5Qには迫っております。3D TLC NANDがんばった。

寿命は実際にどれほど持つかはわかりませんが、Crucialによると

5

TBWは最大220TBで3年保証とのこと。

先日発売したばかりで、個人レビューもまだ全然見かけませんが、これらのデータを見る限りでは容量、書き込み速度、価格とバランスが取れているように思えます。


関連記事
【SSD】 大きなファイルの書き込み速度目当てでTLCのSSDを買うとき、CrystalDiskMarkのベンチマーク結果は参考にしない方が良い
【SSD】 ADATAのPremier SP550 ASP550SS3-240GM-Cレビュー。書き込み速度がヤバイ


Amazon
Crucial [ Micron製 ] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 750GB CT750MX300SSD1