2016/07/22追記な前置き
このパッチはWin10関連だけでなく、テレメトリも含まれております。どういうことかと申しますと、テレメトリが付加されたファイル「Consent.exe」が入っております。「Consent.exe」に関しては下記の記事をご参照くださいませ。

【アプデ】 KB3139923にテレメトリが入っている? ⇒ 入っていました

「Consent.exe」の有無を確認したい方は↓からKB3161608(Win7用)/KB3161606(Win8.1用)のファイルリストを落としてどうぞ。

KB3161608(Win7用)ファイルリスト
http://download.microsoft.com/download/F/E/1/FE1DBDF3-DAF9-432B-B2C5-0500F11249AB/3161608.csv
KB3161606(Win8.1用)ファイルリスト
http://download.microsoft.com/download/2/3/7/237BD182-8C2D-4F73-87D3-790AD5CE131D/3161606.csv

KB3161608(Win7用)/KB3161606(Win8.1用)を一行で説明いたしますと

・「Win10関連もテレメトリもノーセンキュー」という人はスルーしよう

でございます。尚、KB3161608/KB3161606内のどのKBにConsent.exeが含まれているかはわかりません。わかったところでKB3161608/KB3161606内のKBを個別にアンスコはできませんが…。それでは続きをどうぞ。


最初に注意事項ですが、Win7用ロールアップパッチKB3161608にWindowsUpdateクライアント(以下、WUクラ)のアップデート(KB3161647)が、Win8.1用ロールアップパッチKB3161606にもWUクラのアップデート(KB3163023)が含まれております。

2015年4月度以降のWUクラにはWin10関連が付加されております。 (詳しくはこちらご参照)

今回のWUクラのWin7用/Win8.1用のパッチ説明を見たところ「Win10に関する機能を削除」といったような一文はなく、つまるところこのロールアップパッチ内のWUクラにもWin10関連は付加されたままになります。(MSのパッチ説明は、一度追加した機能を再度掲載しません。削除された場合は掲載されます)

WUクラも選別されているWin10にしたくない勢は、今回のロールアップパッチはWin7/8.1どちらもスルー推奨です。しかし、今回のWUクラには「長いスキャン時間に対処する最適化」が含まれており、Win10関連を受け入れて確認時間の問題を直すか、Win10関連が含まれているためノーセンキューするかの選択を迫られております。どうされるかの判断はお任せいたします。

以下、Win7用KB3161608/Win8.1用KB3161606内に含まれるパッチのザックリ説明になります。


Windows7 KB3161608内に含まれるパッチ(※このパッチにWin10関連&テレメトリ有)>

KB3154228
32bitアイコンがロードできない問題の修正。

KB3153727
WindowsServer2008R2SP1/2012R2でWindows Installerパッケージをインストールできない問題の修正。

KB3161647 (※このパッチにWin10関連)
WindowsUpdateクライアントのアップデート。0x8007000Eエラー問題の修正と、確認に時間が掛かる問題の最適化が含まれているそうです。しかし、冒頭にも説明しましたようにWin10関連が含まれたままとなっております。

WUクラに付加されたWin10関連がどの程度のファック度かと申しますと、下記の記事をご参照くださいませ。

【Win】 WindowsUpdateクライアント単品でもWin10化の危険性
【Win】 な、なんと、Windows10へのアップグレードがWindowsUpdateと一体化していることが判明!

割と糞でございます。

今回のロールアップパッチにWUクラのKB3161647が含まれるため、ロールアップパッチのKB3161608自体、入れなくても良いKBリスト入りとします。


KB3161897
WindowsServer2008R2SP1でルーティングされた環境だとWDSの展開に失敗する問題の修正。

KB3161639
IEとEdgeに新しい暗号スイートの追加。

備考
上記のどのパッチが悪さしているのかはわかりませんが、Bluetoothが使えなくなる場合があるようです。どのパッチが悪さしているかわかったところで、ロールアップパッチのまとめて一本化式だと原因パッチだけを取り除くことはできないのですが…。Bluetoothの不具合に遭遇した人はKB3161608丸ごとアンスコしてどうぞ。

やっぱまとめて一本化は糞。さっそく弊害が出てますやん…



Windows8.1 KB3161606内に含まれるパッチ(※このパッチにWin10関連&テレメトリ有)>

KB3163232
古いOfficeファイルを開いたときにアプリがクラッシュする問題の修正。

KB3163974
MSアカウントにサインインするとき、「次へ」のボタンが機能しない問題の修正。

KB3142535
WindowsServer2012R2向け。MPIOが8つ以上のパス使用時にエラーが発生する問題の修正。

KB3153887
WindowsServer2012R2向け。クラスタネットワークのしきい値の微調整。

KB3163306
WindowsServer2012R2向け。ADFS3.0の接続問題の修正。

KB3163192
WindowsServer2012R2向け。ネットワークファイルシステムのファイルサーバがフェイルオーバー時、最終的にタイムアウトする場合がある問題の修正。

KB3164088
WindowsServer2012R2向け。特定の状況でメモリリークが発生する問題の修正。

KB3164345
スリープからの復帰時や、再起動時にストップエラーが発生する問題の修正。

KB3135021
WindowsServer2012R2向け。SMBサービスが応答しなくなり、クライアントがサーバへの接続を失う問題の修正。

KB3159393
特定の状況でメモリリークが発生する問題の修正。

KB3159985
WindowsServer2012R2向け。1TB以上のRAMを搭載する環境でクラッシュした場合、クラッシュダンプファイルが作成されない問題の修正。

KB3162195
WindowsServer2012R2向け。Kerberosが要求を失敗する問題の修正。

KB3162871
WindowsServer2012R2向け。.NET Framework 4.6.1のアップデートを適用するとRD Gateway Manager consoleがクラッシュする問題の修正。

KB3163023 (※このパッチにWin10関連有)
WindowsUpdateクライアントのアップデート。確認に時間が掛かる問題の最適化が含まれているそうです。しかし、冒頭にも説明しましたようにWin10関連が含まれたままとなっております。

WUクラに付加されたWin10関連がどの程度のファック度かと申しますと、下記の記事をご参照くださいませ。

【Win】 WindowsUpdateクライアント単品でもWin10化の危険性
【Win】 な、なんと、Windows10へのアップグレードがWindowsUpdateと一体化していることが判明!

割と糞でございます。

今回のロールアップパッチにWUクラのKB31613023が含まれるため、ロールアップパッチのKB3161606自体、入れなくても良いKBリスト入りとします。

ただ、今回のWin8.1用ロールアップパッチには、古いOfficeファイルを開いたときにアプリがクラッシュする問題の修正(KB3163232)や、スリープ等から復帰時にエラーが発生する問題の修正(KB3164345)が含まれているため、これらの問題に悩まされていた人には頭が痛いかもしれません…。取捨選択ができないワンパッケージ仕様はほんと糞。


KB3161579
WindowsServer2012R2向け。mpclaim.exe実行時にアクセス拒否される問題の修正。

KB3154769
WindowsServer2012R2向け。Key Attestationをいじろうとするとエラーが出る問題の修正。

KB3163191
Windowsの起動及びログイン時にグループポリシーが適用されない問題の修正。

KB3154437
WindowsServer2012R2向け。ハードコーディングされたVPNIKEとの依存関係を削除。

KB3153727
WindowsServer2008R2SP1/2012R2でWindows Installerパッケージをインストールできない問題の修正。

KB3161639
IEとEdgeに新しい暗号スイートの追加。

KB3158626
WindowsServer2012無印/R2向け。Hyper-V上の仮想マシンが0xD1ストップエラーでクラッシュする問題の修正。

KB3154228
32bitアイコンがロードできない問題の修正。


関連記事
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト