2016/09/21、WindowsUpdateにいくつかのパッチが配信されました。以下、ザックリ説明になります。

/////////////////////
更新履歴
① 未記載分のKBをいくつか追加。
② KB3181988の説明文を修正。
③ KB3177467の説明文を修正。
④ KB3185278の不具合を追記。EMETが死亡する不具合が発生する模様。
/////////////////////

KB3182203
タイムゾーンの更新。

KB3179930 (Win7用.Netの更新) / KB3186208 (Win8.1用.Netの更新)
.Netをインストールしている環境にのみ配信される.Netの更新。

KB3177467
KB3020369の置き換えのようです(ざっと見た限りファイル名が同じ。完全一致かどうかまでは見てません)。今回のWU1回目では表示されず、2回目を実行したらオプションに表示されるかもしれません。MSの説明によると「サービススタックの安定性向上」とのことだそうですが、説明はそれだけで具体的なことは書かれてありません。

このパッチはセキュリティパッチではないためインストールせずともセキュリティ上の支障はありません。お好みでどうぞ。

KB3184143 (※Win10関連というかWin10関連除去パッチ)
Win10関連のファッキンパッチをアンインストールするパッチ。以下のファッキンKBを除去してくれます。

KB3035583 Win10へのアップグレード機能
KB3064683 Win8.1用Win10へのアップグレード機能
KB3072318 Win8.1用Win10へのアップグレード機能
KB3090045 Win10へのアップグレード機能
KB3123862 Win10へのアップグレード機能
KB3173040 Win10へのアップグレード期間終了の通知機能
KB3146449 2016年3月からIEのセキュリティパッチに混入していたWin10関連パッチ

「うちの環境にWin10関連パッチは一切入っていない」という人はインストールする必要はないと思います。

KB3181988
「usbhub.sys.mui」ファイルの修正。配信される場合とされない場合があるようです。

KB3185278 (※このパッチに不具合有)
Win7用2016年9月度のオプションロールアップパッチ。以下の修正が含まれております。

・特定のアプリケーションの互換性向上(具体的に何かは不明)。
・Windows Media PlayerからWMA形式でCDをリッピングする際、コピープロテクションのオプションを削除。
Win7用再インスコ向けロールアップパッチKB3125574を適用している環境で、CPU使用率が100%になる不具合の修正。
Win7用再インスコ向けロールアップパッチKB3125574とKB2919469/KB2970228が競合する問題の修正。

ざっと見た限りテレメトリ等は無いようですが、上記の問題に悩まされておらず、不要であればインストールする必要はないと思います。

2016/09/23追記
KB3185278のページに既知の問題として

KB3175024(2016/9月度のセキュリティパッチ)をインストールするとEnhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)が死亡する」

と書かれてあります。何故KB3185278のページにKB3175024のことが書かれているのかちょっと意味がわからなかったのですが、KB3185278とKB3175024のファイルリストを見比べてみたら同一ファイルが含まれている模様。

EMETユーザの方はKB3185278KB3175024のページに対処方法が載っているのでそちらをご参照くださいませ。(2016/09/23現在、KB3175024の方は画像付きで日本語化されています)

KB3185279
Win8.1用2016年9月度のオプションロールアップパッチ。以下の修正が含まれております。

・省電力モード時、一部のUSBストレージの挙動がおかしくなる問題の修正。
・エクスプローラが応答しなくなる問題の修正。
・ログ取りの挙動がおかしい問題の修正。
・Next Secure(NSEC)の挙動がおかしい問題の修正。
・ストレージへの接続を失う問題の修正。
・GPTフォーマットのストレージだとWindows Backupの挙動がおかしくなる問題の修正。
・UACの不具合修正。
・VPNが数秒間切断される問題の修正。
・COMポートが使えなくなる問題の修正。
・Windows Media PlayerからWMA形式でCDをリッピングする際、コピープロテクションのオプションを削除。
・日本語Shift-JISとUnicodeの誤ったマッピングを修正。
・Windows Server 2012 R2でHyper-V使用時、0x9Eストップエラーが出る問題の修正。
・Access Point Name(APN)の追加。
・Windowsゲートウェイが切断されたままになる問題の修正。

ざっと見た限りテレメトリ等は無いようですが、上記の問題に悩まされておらず、不要であればインストールする必要はないと思います。

関連記事
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト