Windows7用テレメトリパッチのKB2952664は、数回~数十回、アンインストールをしないと消えない場合があります。手間をかけずにサクッとアンスコができるBATファイルをメッセージで教えていただきましたのでご紹介。

去年win10対策に作ったKB削除用のバッチファイルで、KB2592664の一括削除ができることに気付いたので紹介させて下さい。

【KB_killer.bat】
@echo off
whoami /PRIV | FIND "SeLoadDriverPrivilege" > NUL

IF errorlevel 1 (
powershell.exe -Command Start-Process """%~0""" -Verb Runas
exit
)

wusa.exe /uninstall /kb:2952664 /quiet /norestart
exit
【ここまで】

このバッチをメモ帳にコピペして拡張子「.bat」で保存して、下から二行目のKBの番号をさしかえると一行で一つKBを削除できるんですが、同じ番号を20行ぐらいコピペすると「KB2952664絶対殺すマン」になります。

アラートが出ないので手動での再起動が必要ですが、1~2回の実行でリストから消えるので快適ですよ。

【使い方】
(1)バッチをダブルクリック → ユーザーアカウント制御「はい」選択 → バッチが閉じたらWUリストを更新。
(2)奴が消えるまで(1)をくりかえす → 手動でPC再起動 → アプデで番号を見かけたら非表示。

再インストールのお供にいかがですか?

最後の2行目を

wusa.exe /uninstall /kb:2952664 /quiet /norestart
wusa.exe /uninstall /kb:2952664 /quiet /norestart
wusa.exe /uninstall /kb:2952664 /quiet /norestart




といった具合に20行ほどコピペしてお使いくださいませ。削除するために何度もポチポチする必要がなくなるのは素晴らしいですね!

(私信:情報提供ありがとうございます)


関連記事
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト