Logicoolのゲーミングマウスを購入したので、ドライバの『ゲームソフトウェア』をダウンロードしてきて実行したわけですよ。そしたら↑の表示になったわけですよ。

ここで『次へ』を押したら、フォルダ指定もできず、そのまま『ゲームソフトウェア』と『Overwolf』というソフトがインストールされます。画像を見てのとおり『次へ』を押すことで『Overwolf』というソフトがインストールされるという案内はどこにもありません。

『Overwolf』について調べてみたらアンチチートプログラムに引っかかってBANされただの、アンインストールしてもゴミが残りまくりだのでロクな評判がありません。

この手の抱き合わせソフトは、インストールされるごとに配布元(Logicool)にお金が入る仕組みですが、わざと分かりにくくしてインストールさせようとしているようにしか見えません。少なくともこの画像からは、何をどう操作したら何がどうなるのかを、きちんとユーザに伝えようとする気は一切感じ取れません。

インストールさせるためなら、ユーザの意思や、環境がどうなろうとどうでもいいんですかね。さすがにこれは糞すぎませんかLogicoolさん。この意図的に分かりにくくしたやり口、Microsoftの負の遺産『GWX』でも見習ったんですかね。

『ゲームソフトウェア』のインストールの際はくれぐれもお気をつけくださいませ。必ず『スキップ』を押しましょう。『スキップ』を選択すれば『ゲームソフトウェア』だけがインストールされます。

Logicoolのハードウェアは好きですが、これは無いと思います。

< Update 1 >
先ほど新しく買ったロジクール用にソフトを導入しようとした所、記事みたいなスキップ項目は削除されており導入必須になってました。

ソフトウェア バージョン: 8.91.48 64ビット版

というメッセージをいただきました。

自分の落としたバージョンは8.85.215だったのですが、8.91.48を落としてインストーラを起動してみると



↑のように『スキップ』は消えて、『Overwolf』のインストールの案内とチェックボックスがついていました。チェックボックスにチェックも入っていませんでした。Logicoolさん、8.91.48から改心したのかな? と思って『次へ』を押すと無反応。ええ、何回押しても何も反応しません。

「え? 何これ? チェックを入れないとインストールできないの? マジで導入必須?

と、思いました。

しかし、チェックを入れないまま何回目かで『次へ』を押したときに反応があって、無事に『ゲームソフトウェア』のみのインストールができました。

「なんじゃこの挙動は」 と思ったので、一体どういうことなのかと調べてみたところ、



↑はインストーラを起動した最初の画面なのですが、ここで『次へ』を押して、マウスカーソルを動かさないまま、次の画面で



『次へ』を押しても一切反応しないというバグがあります。マウスカーソルを動かしてから押すと反応します。

そこで思ったのが 「これは本当にバグなのだろうか」 という疑念。8.91.48ではなく8.85.215の方を起動してマウスカーソルをピクリとも動かさないまま『次へ』を押して進めていくと、一切反応しないバグは発生せずにそのまま『Overwolf』がインストールされました。

つまり、8.85.215では正常に動いていた『次へ』の部分が、8.91.48になっておかしな挙動をするようになっているということです。これは偶然にもバージョンアップ後に『次へ』の部分にたまたま生じてしまったバグと見るべきでしょうか。それとも意図的にこういった挙動をするように書き換えられたのでしょうか。その答えは誰にもわかりません。

ただ、確かなことは、8.85.215では



まともにインストールの案内をせず、わざと分かりにくくしてまでユーザに『Overwolf』のインストールをさせようとし、8.91.48では



『次へ』を押しても何も反応しなかったため 「チェックを入れないといけないのでは?」 とミスリードされました。これらを経て感じたものは、少なくとも『善意』と呼べるものではありません。