2017年4月12日に配信されたWindows7 / 8.1用KBのザックリまとめです。この記事は足りないKBや不具合等が見つかった場合に随時更新いたします。

今回のパッチには『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』『セキュリティのみの品質更新プログラム』共に最新のWindows Updateクライアントが入っています。つまり、最新CPUでWUお断り機能入りでございます。

以下、2017年4月12日配信分のザックリ説明&ファイルの直リンクになります。(OfficeやSkype等のMS製品類は割愛しています)

/////////////////////
更新履歴
① WU産KB4015549に不具合情報(備考)を記載
② MSカタログ産KB4015546とWU産KB4015549に不具合情報(備考)を記載
③ KB4015546とKB4015549の不具合情報(備考)に被害報告の出ている海外フォーラムへのリンクを追記
/////////////////////

Microsoft Updateカタログに配信分 セキュリティのみの品質更新プログラム』&IE11

KB4015546 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 7系その他のエディション
(※1:このパッチにWin10関連有)
(※2:このパッチに不具合有)
Win7系用2017年4月分の『セキュリティのみの品質更新プログラム』です。 「いらんもんは一切不要、当月分のOSのセキュリティアップデートだけよこせ」 という方はこのパッチを手動DLしてご利用くださいませ。このパッチをインストールすれば『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』はインストール不要です。

このパッチには最新のWindows Updateクライアントが入っています。つまり、最新CPUでWUお断り機能入りとなります。詳細については下記の記事をご参照くださいませ。

 【アプデ】 2017年3月22日、.NETパッチKB3216523 / KB3216521と『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』KB4012218 / KB4012219(テレメトリ入り)が配信 [Update 2: 最新CPUでWUお断り機能が内蔵された模様]
 【アプデ】 Bristol Ridge A6-8570でWindows Updateをしてみたよっ★ミ
 (追記:いつまで使えるかはわかりませんが『WUお断り機能』をお断りする方法が出てまいりました)

注意点として、CPUがAMD Carrizo系の場合、今後のWindows Updateでお断り機能が誤爆するバグ入りになります。Carrizo系をお使いの方はお気をつけくださいませ。

また、最新WUクラということで、Windows10へのアップグレードプロセスと思われる『Wu.upgrade.ps.dll』『Winsetupui.dll』が入っています。このファイルについては下記の記事をご参照くださいませ。

 【Win7】 WindowsUpdateにWin10へのアプグレ項目はいつ追加されたのか
 【Win】 WindowsUpdateクライアント単品でもWin10化の危険性

Win10アプグレキャンペーンは既に終了しているため、これらのプロセスが入ったままでも今のところ何も影響はありません。過去にMSが行ってきた不意打ちアップグレード姑息な手段をどこまで警戒するかによると思うので、判断はお任せいたします。

今までの最新WUクラはテレメトリ入りの抱き合わせパッチでしたが、テレメトリ無しで(Win10関連は付属したままですが)最新のWUクライアントが入手できるという考え方もできます。

このパッチはWin10関連入りということで、一応、WindowsUpdateで入れなくても良いKBリストの備考4に記載しておきます。

備考
適用には成功するものの、一部環境で構成中の表示が30%から進まなくなる場合がある模様。この問題に遭っている方曰く、KB4015549でも同様の問題が発生するとのこと。原因は判明していません。また、海外でも報告が出ています。 ⇒ Windows 7: Cannot install KB4015549


KB4014661 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 7系その他のエディション
Win7系用2017年4月分の『Internet Explorer 11の累積的なセキュリティ更新プログラム』です。


KB4015547 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 8.1系その他のエディション
(※1:このパッチにWin10関連有)
(※2:このパッチに不具合有)
Win8.1系用2017年4月分の『セキュリティのみの品質更新プログラム』です。 「いらんもんは一切不要、当月分のOSのセキュリティアップデートだけよこせ」 という方はこのパッチを手動DLしてご利用くださいませ。このパッチをインストールすれば『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』はインストール不要です。

このパッチには最新のWindows Updateクライアントが入っています。つまり、最新CPUでWUお断り機能入りとなります。詳細については下記の記事をご参照くださいませ。

 【アプデ】 2017年3月22日、.NETパッチKB3216523 / KB3216521と『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』KB4012218 / KB4012219(テレメトリ入り)が配信 [Update 2: 最新CPUでWUお断り機能が内蔵された模様]
 【アプデ】 Bristol Ridge A6-8570でWindows Updateをしてみたよっ★ミ
 (追記:いつまで使えるかはわかりませんが『WUお断り機能』をお断りする方法が出てまいりました)

注意点として、CPUがAMD Carrizo系の場合、今後のWindows Updateでお断り機能が誤爆するバグ入りになります。Carrizo系をお使いの方はお気をつけくださいませ。

また、最新WUクラということで、Windows10へのアップグレードプロセスと思われる『Wu.upgrade.ps.dll』『Winsetupui.dll』が入っています。このファイルについては下記の記事をご参照くださいませ。

 【Win7】 WindowsUpdateにWin10へのアプグレ項目はいつ追加されたのか
 【Win】 WindowsUpdateクライアント単品でもWin10化の危険性

Win10アプグレキャンペーンは既に終了しているため、これらのプロセスが入ったままでも今のところ何も影響はありません。過去にMSが行ってきた不意打ちアップグレード姑息な手段をどこまで警戒するかによると思うので、判断はお任せいたします。

今までの最新WUクラはテレメトリ入りの抱き合わせパッチでしたが、テレメトリ無しで(Win10関連は付属したままですが)最新のWUクライアントが入手できるという考え方もできます。

このパッチはWin10関連入りということで、一応、WindowsUpdateで入れなくても良いKBリストの備考4に記載しておきます。


KB4014661 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 8.1系その他のエディション
Win8.1系用2017年4月分の『Internet Explorer 11の累積的なセキュリティ更新プログラム』です。


WindowsUpdateクライアントに配信分

KB4015549 (Windows7系用)
(※1:このパッチには多くの場合でテレメトリが混入しています)
(※2:『セキュリティのみの品質更新プログラム』をインストールしている場合、このパッチはインストール不要)
(※3:このパッチに不具合有)
このパッチは『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』と呼ばれるパッチで、セキュリティアップデートと非セキュリティアップデートが抱き合わせされたパッチです。

このパッチには多くの場合でテレメトリが混入しているため、テレメトリを避けてセキュリティアップデートを適用したい人は、このパッチは非表示にしてMicrosoft Updateカタログ産の『セキュリティのみの品質更新プログラム』を適用してください。

また、このパッチには最新のWindows Updateクライアントが入っています。つまり、最新CPUでWUお断り機能入りとなります。詳細については下記の記事をご参照くださいませ。

 【アプデ】 2017年3月22日、.NETパッチKB3216523 / KB3216521と『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』KB4012218 / KB4012219(テレメトリ入り)が配信 [Update 2: 最新CPUでWUお断り機能が内蔵された模様]
 【アプデ】 Bristol Ridge A6-8570でWindows Updateをしてみたよっ★ミ
 (追記:いつまで使えるかはわかりませんが『WUお断り機能』をお断りする方法が出てまいりました)

注意点として、CPUがAMD Carrizo系の場合、今後のWindows Updateでお断り機能が誤爆するバグ入りになります。Carrizo系をお使いの方はお気をつけくださいませ。

このパッチは『テレメトリ関連等を含むセキュリティマンスリー品質ロールアップリスト(備考3参照)』入りとします。

備考
一部環境で、このパッチの適用が失敗する場合がある模様。



セキュリティのみのKB4015546だと問題なく適用できるため、KB4015549に抱き合わせされている非セキュリティアップデートが何かしらの競合を起こしている可能性が高そうです。

備考2
適用には成功するものの、一部環境で構成中の表示が30%から進まなくなる場合がある模様。この問題に遭っている方曰く、KB4015546でも同様の問題が発生するとのこと。原因は判明していません。また、海外でも報告が出ています。 ⇒ Windows 7: Cannot install KB4015549


KB4015550 (Windows8.1系用)
(※1:このパッチには多くの場合でテレメトリが混入しています)
(※2:『セキュリティのみの品質更新プログラム』をインストールしている場合、このパッチはインストール不要)
(※3:このパッチに不具合有)
このパッチは『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』と呼ばれるパッチで、セキュリティアップデートと非セキュリティアップデートが抱き合わせされたパッチです。

このパッチには多くの場合でテレメトリが混入しているため、テレメトリを避けてセキュリティアップデートを適用したい人は、このパッチは非表示にしてMicrosoft Updateカタログ産の『セキュリティのみの品質更新プログラム』を適用してください。

また、このパッチには最新のWindows Updateクライアントが入っています。つまり、最新CPUでWUお断り機能入りとなります。詳細については下記の記事をご参照くださいませ。

 【アプデ】 2017年3月22日、.NETパッチKB3216523 / KB3216521と『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』KB4012218 / KB4012219(テレメトリ入り)が配信 [Update 2: 最新CPUでWUお断り機能が内蔵された模様]
 【アプデ】 Bristol Ridge A6-8570でWindows Updateをしてみたよっ★ミ
 (追記:いつまで使えるかはわかりませんが『WUお断り機能』をお断りする方法が出てまいりました)

注意点として、CPUがAMD Carrizo系の場合、今後のWindows Updateでお断り機能が誤爆するバグ入りになります。Carrizo系をお使いの方はお気をつけくださいませ。

このパッチは『テレメトリ関連等を含むセキュリティマンスリー品質ロールアップリスト(備考3参照)』入りとします。


KB890830 ファイル直リンク: 7/8.1共用 64bit / 32bit | その他のエディション
いつもの悪意のソフトウェア削除ツール。

KB4017094 ファイル直リンク: 7/8.1/10共用 64bit / 32bit
Silverlightのセキュリティアップデート。

KB4018483 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 8.1用 64bit / 32bit | その他のエディション
Win8.1用Flashのセキュリティアップデート。

KB4014981 (Windows7系用) ファイル直リンク:64bit 3.5.1(KB4014565) 4.5.2(KB4014559) 4.6&4.6.1(KB4014553) 4.6.2(KB4014547) / 32bit 3.5.1(KB4014565) 4.5.2(KB4014559) 4.6&4.6.1(KB4014553) 4.6.2(KB4014547) | 7系その他のエディション
Win7にのみ配信。.NETのセキュリティアップデート。直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5.1、4.5.2、4.6&4.6.1、4.6.2の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。

KB4014983 (Windows8.1系用) ファイル直リンク:64bit 3.5(KB4014567) 4.5.2(KB4014555) 4.6&4.6.1(KB4014551) 4.6.2(KB4014546) / 32bit 3.5(KB4014567) 4.5.2(KB4014555) 4.6&4.6.1(KB4014551) 4.6.2(KB4014546) | 8.1系その他のエディション
Win8.1にのみ配信。.NETのセキュリティアップデート。直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5、4.5.2、4.6&4.6.1、4.6.2の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。


関連記事
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト