2017年3月22日、Windows Updateに.NETの非セキュリティアップデートと、同じく非セキュリティアップデートの『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』が配信されました。以下、Windows7 / 8.1向けのザックリ説明&直リンクになります。

/////////////////////
更新履歴
① KB4012218 / KB4012219に補足説明を追記。Kaby Lake / Bristol Ridge以降(RYZEN含む)のCPU搭載マシンでWUお断りシステムが実装されている模様。
② 打開案を追記。ただし、パッチ単品にまで最新CPUでWUお断りシステムが含まれだしたらオワコン。
/////////////////////

KB4012218 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 7系その他のエディション
(※:このパッチにテレメトリ関連有)
Windows7に配信。このパッチは非セキュリティアップデートの『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』と呼ばれるオプションの詰め合わせパッチです。Windows Updateクライアントに配信される2017年4月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』にこのパッチも抱き合わせされる予定です。

パッチ内容は省略。どういった内容が含まれるかはこちら(日本語)こちら(英語)をご参照くださいませ。入れるか入れないかの選択はお任せいたします。このパッチはセキュリティパッチではないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。

なお、このパッチはテレメトリ入りです。パッケージの詳細を見ると

この更新プログラムは、次の更新プログラムを置き換えます:
2016 年 11 月 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB3197869)

11月度のKB3197869との置き換えがあるため、テレメトリ入りパッチも含まれています。10月から入っているテレメトリが連綿と受け継がれていますね。

テレメトリ入りということでこのパッチは「入れなくても良いKBリスト」入りとします。

< Update 1: 補足説明 >
このパッチには新しいWindows Updateクライアントが含まれています。で、このパッチの説明によると

Enabled detection of processor generation and hardware support when PC tries to scan or download updates through Windows Update.

訳:Windows Updateで更新プログラムをスキャンまたはダウンロード時、プロセッサ及びハードウェアサポートの検出を有効にしました。

と記載されています。どういうことかと申しますと、このパッチに含まれるWindows UpdateクライアントにはKaby Lake / Bristol Ridge以降(RYZEN含む)のCPU搭載マシンでWindows Updateお断りシステムが実装されているということだと思われます。 (2017/3/23追記:実装の確認が取れました)

(追記:いつまで使えるかはわかりませんが『WUお断り機能』をお断りする方法が出てまいりました)


KB4012219 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 8.1系その他のエディション
(※:このパッチにテレメトリ関連有)
Windows8.1に配信。このパッチは非セキュリティアップデートの『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』と呼ばれるオプションの詰め合わせパッチです。Windows Updateクライアントに配信される2017年4月度の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』にこのパッチもくっ付いてくる予定です。

パッチ内容は省略。どういった内容が含まれるかはこちら(日本語)こちら(英語)をご参照くださいませ。入れるか入れないかの選択はお任せいたします。このパッチはセキュリティパッチではないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。

なお、このパッチはテレメトリ入りです。パッケージの詳細を見ると

この更新プログラムは、次の更新プログラムを置き換えます:
2016 年 11 月 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB3197875)

11月度のKB3197875との置き換えがあるため、テレメトリ入りパッチも含まれています。10月から入っているテレメトリが連綿と受け継がれていますね。

テレメトリ入りということでこのパッチは「入れなくても良いKBリスト」入りとします。

< Update 1: 補足説明 >
このパッチには新しいWindows Updateクライアントが含まれています。で、このパッチの説明によると

Enabled detection of processor generation and hardware support when PC tries to scan or download updates through Windows Update.

訳:Windows Updateで更新プログラムをスキャンまたはダウンロード時、プロセッサ及びハードウェアサポートの検出を有効にしました。

と記載されています。どういうことかと申しますと、このパッチに含まれるWindows UpdateクライアントにはKaby Lake / Bristol Ridge以降(RYZEN含む)のCPU搭載マシンでWindows Updateお断りシステムが実装されているということだと思われます。 (2017/3/23追記:実装の確認が取れました)

(追記:いつまで使えるかはわかりませんが『WUお断り機能』をお断りする方法が出てまいりました)


KB3216523 (Windows7系用) ファイル直リンク:64bit 3.5.1(KB3217125) 4.5.2(KB3216970) 4.6&4.6.1(KB3216973) / 32bit 3.5.1(KB3217125) 4.5.2(KB3216970) 4.6&4.6.1(KB3216973) | 7系その他のエディション
Windows7に配信。.NETのアップデート。このパッチはセキュリティパッチではないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。各パッチの詳細についてはこちらをご参照くださいませ。

直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5.1、4.5.2、4.6&4.6.1の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。


KB3216521 (Windows8.1系用) ファイル直リンク:64bit 3.5(KB3217126) 4.5.2(KB3216968) 4.6&4.6.1(KB3216975) 4.6.2(KB4014656) / 32bit 3.5(KB3217126) 4.5.2(KB3216968) 4.6&4.6.1(KB3216975) 4.6.2(KB4014656) | 8.1系その他のエディション
Windows8.1に配信。.NETのアップデート。このパッチはセキュリティパッチではないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。各パッチの詳細についてはこちらをご参照くださいませ。

直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5.1、4.5.2、4.6&4.6.1の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。


関連記事
【アプデ】 Windows Update 2017年3月度 注意事項と各KBメモと直リンク
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト