2017年8月9日に配信されたWindows7 / 8.1用KBのザックリまとめです。この記事は足りないKBや不具合等が見つかった場合に随時更新いたします。

以下、2017年8月9日配信分のザックリ説明&ファイルの直リンクになります。(OfficeやSkype等のMS製品類は割愛しています)

/////////////////////
更新履歴
① 『NVIDIA - Display ~』の説明文を変更
② KB4034679(Win7用MSカタログ産)とKB4034664(Win7用WU産ロールアップ)に不具合を追記
③ 『Advanced Micro Devices Inc. - SecurityDevices - 6/2/2017 12:00:00 AM - 4.4.0.0』を追記
③ ②の修正パッチが公開されました。詳細は↓の記事をご参照くださいませ。
  【アプデ】 マルチモニタの表示バグを修正するKB4039884が公開

/////////////////////

Microsoft Updateカタログに配信分 セキュリティのみの品質更新プログラム』&IE11

KB4034679 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 7系その他のエディション
(※:このパッチに不具合有)
Win7系用『セキュリティのみの品質更新プログラム』です。 「いらんもんは一切不要、当月分のOSのセキュリティアップデートだけよこせ」 という方はこのパッチを手動DLしてご利用くださいませ。このパッチをインストールすれば『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』はインストール不要です。

注意点として、デスクトップコンポジションが無効のマルチモニタ環境の場合、サブモニタに不具合が出る場合があります。このパッチをインストールすると、様々なソフトで



↑こんな感じに正常に表示されない場合があります。この現象はサブモニタだけで起こります。

この問題を解決するにはパッチをアンインストールするか、もしくは修正されるまで、



コントロールパネル ⇒ システム ⇒ システムの詳細設定 ⇒ 『詳細設定』タブ ⇒ 『パフォーマンス』内の設定 ⇒ 『視覚効果』タブ ⇒ デスクトップコンポジションを有効にする、にチェックを入れることで直ります。

2017/8/27追記
マルチモニタ環境での表示バグ修正パッチが公開されました。詳細は下記の記事をご参照くださいませ。
【アプデ】 マルチモニタの表示バグを修正するKB4039884が公開


KB4034733 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 7系その他のエディション
Win7系用『Internet Explorer 11の累積的なセキュリティ更新プログラム』です。


KB4034672 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 8.1系その他のエディション
Win8.1系用『セキュリティのみの品質更新プログラム』です。 「いらんもんは一切不要、当月分のOSのセキュリティアップデートだけよこせ」 という方はこのパッチを手動DLしてご利用くださいませ。このパッチをインストールすれば『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』はインストール不要です。


KB4034733 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 8.1系その他のエディション
Win8.1系用『Internet Explorer 11の累積的なセキュリティ更新プログラム』です。



WindowsUpdateクライアントに配信分

KB4034664 (Windows7系用)
(※1:このパッチには多くの場合でテレメトリが混入しています)
(※2:『セキュリティのみの品質更新プログラム』をインストールしている場合、このパッチはインストール不要)
(※3:このパッチに不具合有)
このパッチは『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』と呼ばれるパッチで、セキュリティアップデートと、非セキュリティアップデートが抱き合わせされたパッチです。

このパッチには多くの場合でテレメトリが混入しているため、テレメトリを避けてセキュリティアップデートを適用したい人は、このパッチは非表示にしてMicrosoft Updateカタログ産の『セキュリティのみの品質更新プログラム』を適用してください。

このパッチは『テレメトリ関連等を含むセキュリティマンスリー品質ロールアップリスト(備考3参照)』入りとします。

注意点として、デスクトップコンポジションが無効のマルチモニタ環境の場合、サブモニタに不具合が出る場合があります。このパッチをインストールすると、様々なソフトで



↑こんな感じに正常に表示されない場合があります。この現象はサブモニタだけで起こります。

この問題を解決するにはパッチをアンインストールするか、もしくは修正されるまで、



コントロールパネル ⇒ システム ⇒ システムの詳細設定 ⇒ 『詳細設定』タブ ⇒ 『パフォーマンス』内の設定 ⇒ 『視覚効果』タブ ⇒ デスクトップコンポジションを有効にする、にチェックを入れることで直ります。

2017/8/27追記
マルチモニタ環境での表示バグ修正パッチが公開されました。詳細は下記の記事をご参照くださいませ。
【アプデ】 マルチモニタの表示バグを修正するKB4039884が公開


KB4034681 (Windows8.1系用)
(※1:このパッチには多くの場合でテレメトリが混入しています)
(※2:『セキュリティのみの品質更新プログラム』をインストールしている場合、このパッチはインストール不要)
このパッチは『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』と呼ばれるパッチで、セキュリティアップデートと、非セキュリティアップデートが抱き合わせされたパッチです。

このパッチには多くの場合でテレメトリが混入しているため、テレメトリを避けてセキュリティアップデートを適用したい人は、このパッチは非表示にしてMicrosoft Updateカタログ産の『セキュリティのみの品質更新プログラム』を適用してください。

このパッチは『テレメトリ関連等を含むセキュリティマンスリー品質ロールアップリスト(備考3参照)』入りとします。


KB890830 ファイル直リンク: 7/8.1共用 64bit / 32bit | その他のエディション
いつもの悪意のソフトウェア削除ツール。


KB4034662 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit | その他のエディション
Win8.1用Flashのセキュリティアップデート。


NVIDIA - Display - 7/18/2017 12:00:00 AM - 22.21.13.8494
GeForce384.94ドライバです。環境によってはオプションにきているかもしれません。384.94ドライバの詳細とダウンロードリンク、不具合情報は下記の記事をご参照くださいませ。

 【GPU】 GeForce 384.94 WHQLドライバ公開
 【GPU】 GeForce 384.94 ドライバ 不具合情報

余談ですが、WindowsUpdate経由でのドライバインストールは過去に『INTEL - System ~』系でロクでもないことをやらかしているため、何も考えずに全入れするのは個人的にはおすすめしません。 「このドライバは自分にとって本当に必要か」 を調べた上で、必要であれば公式サイトから拾ってくる癖をつけておくことをおすすめします。


Advanced Micro Devices Inc. - SecurityDevices - 6/2/2017 12:00:00 AM - 4.4.0.0
AMD CPU環境用AMD Secure Processorドライバ。Win10には降ってきますが、Win7/8.1にも降ってくるかは不明です。MSカタログにはWin7/8.1用も存在します。


関連記事
【アプデ】 『最新CPUでWindows Updateお断り機能』をお断りする方法がさっそく見つかる
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト