2017年10月18日、WindowsUpdateに各種オプションパッチ等が配信されました。今回の『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』は不具合入りなのでご注意ください。というか、月例でのAccessとExcelでの不具合がまんま残っています。

また、Windows8.1にはFlashのセキュリティアップデートも配信されています。Flashをお使いの方は入れておきましょう。

以下、Windows7 / 8.1向けのザックリ説明&直リンクになります。

/////////////////////
更新履歴
① KB4041686とKB4041685の説明にAccessとExcelの連携を簡単に手動修正する方法へのリンクを追記
② KB4041686とKB4041685の説明にMSがAccessとExcelのバグ修正パッチを公開した旨を追記。それに伴い①へのリンク先を記事中から削除

/////////////////////

KB4041686 (Windows7系用)
(※1:このパッチにテレメトリ関連有)
(※2:このパッチに不具合有)
Windows7に配信。このパッチは非セキュリティアップデートの『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』と呼ばれるオプションの詰め合わせパッチです。名前からもわかるようこのパッチはプレビュー版です。人柱になりたくない人は非表示入りをお勧めします。このパッチはセキュリティパッチではないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。

特に問題がなければ翌月の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』にこのパッチも抱き合わせされる予定です。

パッチ内容は省略。どういった内容が含まれるかはこちら(日本語)こちら(英語)をご参照くださいませ。入れるか入れないかの選択はお任せいたします。

なお、このパッチはテレメトリ入りです。パッケージの詳細を見ると

この更新プログラムは、次の更新プログラムを置き換えます:
2017 年 9 月 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4038803)

9月度との置き換えがあるため、テレメトリ入りパッチも含まれています。2016年10月から入っているテレメトリが連綿と受け継がれています。

テレメトリ入りということでこのパッチは『入れなくても良いKBリスト』入りとします。

また、このパッチには既知の不具合があります。2017年10月度の月例パッチKB4041681やKB4041678で発生していたAccessやExcelで連携ができなくなる不具合です。この問題の手動での修正方法はこちらのページで案内されていますが、今後のパッチでいずれ修正予定とのことです。

2017/11/15追記
AccessとExcelの連携バグは2017年11月15日の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』及び『セキュリティのみの品質更新プログラム』で解決します。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。


KB4041685 (Windows8.1系用)
(※1:このパッチにテレメトリ関連有)
(※2:このパッチに不具合有)
Windows8.1に配信。このパッチは非セキュリティアップデートの『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』と呼ばれるオプションの詰め合わせパッチです。名前からもわかるようこのパッチはプレビュー版です。人柱になりたくない人は非表示入りをお勧めします。このパッチはセキュリティパッチではないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。

特に問題がなければ翌月の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』にこのパッチも抱き合わせされる予定です。

パッチ内容は省略。どういった内容が含まれるかはこちら(日本語)こちら(英語)をご参照くださいませ。入れるか入れないかの選択はお任せいたします。

なお、このパッチはテレメトリ入りです。パッケージの詳細を見ると

この更新プログラムは、次の更新プログラムを置き換えます:
2017 年 9 月 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4038774)

9月度との置き換えがあるため、テレメトリ入りパッチも含まれています。2016年10月から入っているテレメトリが連綿と受け継がれています。

テレメトリ入りということでこのパッチは『入れなくても良いKBリスト』入りとします。

また、このパッチには既知の不具合があります。2017年10月度の月例パッチKB4041693やKB4041687で発生していたAccessやExcelで連携ができなくなる不具合です。この問題の手動での修正方法はこちらのページで案内されていますが、今後のパッチでいずれ修正予定とのことです。

2017/11/15追記
AccessとExcelの連携バグは2017年11月15日の『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』及び『セキュリティのみの品質更新プログラム』で解決します。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。


KB4042076 (Windows7系用) ファイル直リンク:64bit 3.5.1(KB4040980) 4.5.2(KB4040977) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7(KB4041778) / 32bit 3.5.1(KB4040980) 4.5.2(KB4040977) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7(KB4041778) | 7系その他のエディション
Windows7に配信。.NETのアップデート。このパッチは主にバグ修正がメインの早期公開版で、セキュリティには影響しないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。何も問題がなければ翌月の.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』に同梱されます。直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5.1、4.5.2、4.6&4.6.1&4.6.2の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。

.NET 4.7のインストールが上手くいかない場合は、D3DCompiler_47.dllのアップデート入れることで上手くいくようになります。 (D3DCompiler_47.dllのアップデート直リンク: 64bit / 32bit)


KB4042078 (Windows8.1系用) ファイル直リンク:64bit 3.5(KB4040981) 4.5.2(KB4040974) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7(KB4041777) / 32bit 3.5(KB4040981) 4.5.2(KB4040974) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7(KB4040777) | 8.1系その他のエディション
Windows8.1に配信。.NETのアップデート。このパッチは主にバグ修正がメインの早期公開版で、セキュリティには影響しないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。何も問題がなければ翌月の.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』に同梱されます。直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5、4.5.2、4.6&4.6.1&4.6.2の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。


KB4049179 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit | その他のエディション
Win8.1用Flashのセキュリティアップデート。


NVIDIA - Display - 9/16/2017 12:00:00 AM - 22.21.13.8569
環境によっては来ているかもしれません。中身はGeForce 385.69ドライバです。このバージョンにはセキュリティのアップデートが入っているためWindowsUpdateにも配信されているのでしょう。なお、NVIDIAのサイトではこのバージョンよりも最新の387.92及び387.98Hotfixが既に公開されています。

また、WindowsUpdate経由でのドライバインストールは過去に『INTEL - System ~』系でロクでもないことをやらかしているため、何も考えずに全入れするのは個人的にはおすすめしません。 「このドライバは自分にとって本当に必要か」 を調べた上で、必要であれば公式サイトから拾ってくる癖をつけておくことをおすすめします。


関連記事
【アプデ】 WindowsUpdate 2017年10月度 注意事項と各KBメモと直リンク
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト