前回のあらすじ。3D TLC NANDを採用した『WD Blue 3D』と『SanDisk Ultra 3D SSD』は中身がまったく一緒。そしてその書き込み速度はTLC特有の書き込み途中での減速もなく、MLCの名機『SanDisk Extreme PRO』に匹敵することが明らかに。


(Source:Tom's Hardware / CDRLabs.com)
左: WD Blue 3D (SanDisk Ultra 3D SSD) / 右: SanDisk Extreme PRO

ということで、WD Blue 3DのWDS200T2B0Aを購入したので軽くレビューを。
前回の記事でHD Tune Proでの結果が出ているので、これ以上書くこともあまりないのですが、実際のファイルコピペに掛かる書き込み時間の比較を少々。

手元にあるSSDを使って、約43GBの適当なファイル郡をコピペして時間を計りました。それぞれPC起動直後のコピペで時間を取っています。

    [コピー元] ファイル数:3849 / 合計サイズ:42.9GB
    TOSHIBA CSSD-S6T128NHG5Q 128GB (MLC)

    [コピー先]
    SanDisk Extreme PRO SDSSDXPS-240G-J25 240GB (MLC)
    1分40秒
    WD Blue 3D WDS200T2B0A 2TB (3D TLC)
    1分40秒
    SanDisk SSD Plus SDSSDA-240G-J26C 240GB (TLC)
    5分22秒
    ADATA Premier SP550 ASP550SS3-240GM-C 240GB (超ガッカリTLC)
    11分59秒

コピー開始窓が表示されて消えるまで、これくらいのコピペ時間でした。WD Blue 3Dの書き込み速度は、HD Tune Proでの結果が示したとおり書き込み途中での減速もなく、SanDisk Extreme PROと同じ1分40秒でコピペを完了しました。

一方、下二つのTLC SSDは書き込み途中で減速をし、トリプルスコア以上の時間差が生じました。下二つのTLC SSDから考えたら、WD Blue 3DはTLCとは思えない圧倒的なパフォーマンスです。パフォーマンス面に関してはSanDisk Extreme PROの後継機と呼んでも差し支えないでしょう。

耐久面に関しても、WD Blue 3D / SanDisk Ultra 3D SSD共にTBWは

WD Blue 3D
SanDisk Ultra 3D SSD
TBW
250GBモデル 100
500GBモデル 200
1TBモデル 400
2TBモデル 500
(Source:WD Blue 3D NAND SATA SSD / サンディスク ウルトラ 3D SSD)

と、高い容量になっているため、無茶な使い方をしなければ早々到達することはありません。

2017年のSATA TLC SSDの鉄板は、間違いなくWD Blue 3DSanDisk Ultra 3D SSDです。SATA TLC SSDの購入で迷ったら、WD Blue 3DかSanDisk Ultra 3D SSDの安い方をチョイスしておけば間違いないでしょう。超快適ですよこれ!

最後に、CrystalDiskMarkでの結果もペタリ。


左: 『WD Blue 3D(『SanDisk Ultra 3D SSD』) / 右: 『SanDisk Extreme PRO


平常時36度から、CrystalDiskMark実行終了直後は38度に。室温24度。ケース組み込み済みでファンの風は当たらない位置に設置。温度はまったく気にならないレベルです


Amazon

SanDisk SSD Ultra 3D ソリッドステートドライブ 1TB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDH3-1T00-J25

WD SSD 内蔵SSD 2.5インチ 500GB WD 3D Blue SATA3.0 6G / 3年保証 / WDS500G2B0A