2018年1月10日に配信されたWindows7 / 8.1用KBのザックリまとめです。この記事は足りないKBや不具合等が見つかった場合に随時更新いたします。

と言っても、1月5日から随時配信されていたものが1月度になるようです。『セキュリティのみの品質更新プログラム』と『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』については下記の記事をご覧くださいませ。
普段からMicrosoft Updateカタログを使用されている方は前者、WindowsUpdateクライアントを使用されている方は後者です。

以下、上記以外で2018年1月10日配信分のザックリ説明&ファイルの直リンクになります。(OfficeやSkype等のMS製品類は割愛しています)

/////////////////////
更新履歴
① .NETパッチWin7用KB4055532/KB4055269、Win8.1用KB4055266/KB4055271を追記。
② Win8.1用KB4033369(.NET 4.7.1)を追記。
③ .NET 4.7.1用言語パックWin7用KB4033339/Win8.1用KB4033417を追記。
④ Win8.1用『Intel - System - 10/3/2017 12:00:00 AM - 11.7.0.1045』を追記。
⑤ KB4055532に不具合を追記。
⑥ KB4055532の不具合について追記。『セキュリティのみ
』は不具合なし。
⑦ KB4055532の不具合について追記。バグ修正版が再配信されました。
⑧ KB4033342の直リンクを修正。.NET4.7.1本体のアドレスが、4.7.1追加パッチ(KB4054852)のアドレスなっていました。インストールしようとしてもできなかったはずです。ごめんなさい。
⑨ KB4074906が配信&追記。

/////////////////////

WindowsUpdateクライアントに配信分

KB890830 ファイル直リンク: 7/8.1共用 64bit / 32bit | その他のエディション
いつもの悪意のソフトウェア削除ツール。


KB4056887 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit | その他のエディション
Win8.1用Flashのセキュリティアップデート。


KB4033342 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit共通 / 64bit用追加パッチ(KB4054852) | その他のエディション
Win7のオプションに配信。.NET Framework 4.7.1本体です。不要でしたら入れる必要はありません。お好みで。直リンク(MSカタログ)からインストールする場合、64bit OSは『64bit / 32bit共通』 ⇒ 『64bit用追加パッチ』の順番でどうぞ。32bit用追加パッチはありません。 (WUクラからKB4033342をインストールすると追加パッチも適用されます。別途ダウンロードの必要はありません)

インストールが上手くいかない場合、D3DCompiler_47.dllを入れることで上手くいくようになります。 (D3DCompiler_47.dll(KB4019990)直リンク: 64bit / 32bit)


KB4033339 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit共通 | その他のエディション
Win7に配信、.NET Framework 4.7.1の言語パック。上記KB4033342をインストールすると降ってきます。適用すると.NETの内部的なエラーメッセージなどが日本語になります。入れなくてもアプリケーションの動作には影響しないため、不要であれば入れる必要はありません。エラー等を日本語で見たい、といった開発者向けと思っていただければ良いかと思います。直リンク(MSカタログ)は日本語の言語パックです。その他の言語を希望の場合は、ここの『ダウンロード』をクリックしてファイル名の 「ndp471-kb4033342-x86-x64-allos-jpn_~」 jpnの部分から判断して落としてください。


KB4033369 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit 1 2 / 32bit 1 2 | その他のエディション
Win8.1のオプションに配信。.NET Framework 4.7.1本体です。不要でしたら入れる必要はありません。お好みで。直リンク(MSカタログ)からインストールする場合は1(KB4033369本体) ⇒ 2(KB4033369のバグ修正)の順番でどうぞ。 (WUクラからインストールすると1、2両方適用されます。別途ダウンロードの必要はありません)


KB4033417 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit | その他のエディション
Win8.1に配信、.NET Framework 4.7.1の言語パック。上記KB4033369をインストールすると降ってきます。適用すると.NETの内部的なエラーメッセージなどが日本語になります。入れなくてもアプリケーションの動作には影響しないため、不要であれば入れる必要はありません。エラー等を日本語で見たい、といった開発者向けと思っていただければ良いかと思います。直リンク(MSカタログ)は日本語の言語パックです。その他の言語を希望の場合はここのリストを参考に、ここから落としてください。


KB4055532 (Windows7系用) ファイル直リンク:64bit 3.5.1(KB4054998) 4.5.2(KB4054995) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1(KB4074880) / 32bit 3.5.1(KB4054998) 4.5.2(KB4054995) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1(KB4074880) | 7系その他のエディション
Win7にのみ配信。.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』。直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5.1、4.5.2、4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。

インストールが上手くいかない場合、D3DCompiler_47.dllを入れることで上手くいくようになります。 (D3DCompiler_47.dll(KB4019990)直リンク: 64bit / 32bit)

このパッチは2018年1月18日に再配信されました。1月10日配信時点のこのパッチには、一部アプリケーションの文字が『□□□』になったり、正常に動作しなくなるという不具合がありましたが、1月18日に再配信されたものはこの不具合が修正されています。
    旧: 4.6-4.7.1用 KB4055002
    一部アプリケーションの文字が『□□□』になったり、正常に動作しなくなる不具合有
    新: 4.6-4.7.1用 KB4074880
    上記不具合の修正版
WindowsUpdateクライアントをご使用の場合は再配信されたKB4055532のインストール、MSカタログ勢は上記直リンクの4.6-4.7.1用KB4074880のインストールで不具合なしのものが適用されます。ただ、新KB4055532はWindowsUpdateクライアントに配信される場合と配信されない場合がある模様。条件は不明です。

なお、旧パッチのKB4055002が入ったままだと、新パッチを適用しても不具合が解消されないという報告が出ているため、KB4055002は事前にアンインストールしておいた方が良さそうです。

(.NETの『セキュリティのみ』のパッチもありますがバグ修正は含まれていません。.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』にテレメトリ等の混入はありませんので、特に理由がなければバグ修正も含まれている上記パッチをご利用いただく方が良いかと思いますが、何かしらの理由があって『セキュリティのみ』を使用したい方はこちらへどうぞ ⇒ MSカタログ: KB4055269 / ダウンロードページには複数のファイルがあるため、どのパッチがどのバージョンになるかはこちらページでご確認ください)


KB4074906 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit共通 | その他のエディション
上記の旧KB4055532内のKB4055002の不具合を修正する単品パッチ。2018年1月25日にWindowsUpdateとMicrosoft Updateカタログ両方で配信。

ファイルの中身は『GlobalUserInterface.CompositeFont』の1ファイルのみで、

KB4074906
GlobalUserInterface.CompositeFont
186,009バイト

新KB4055532内のKB4074880
GlobalUserInterface.CompositeFont
186,009バイト

旧KB4055532内のKB4055002
GlobalUserInterface.CompositeFont
116,922バイト

ファイルサイズは新KB4055532内のKB4074880と一致します。ハッシュは調べていないのでわかりませんが、修正内容とファイルサイズの一致から、KB4074880と同じものと見て間違いないでしょう。

つまるところ、新KB4055532内のKB4074880をインストール済みであれば、KB4074906を入れる必要はないものと思われます。逆もしかりで、KB4074906をインストールすれば新KB4055532を新たに入れる必要はないと思います。

なお、このパッチは配信されてくる場合と配信されてこない場合がある模様。条件は不明です。 (新KB4055532が配信されてこない人向け?)

備考:当初、KB4074906のページは、KB4055002のアンインストール・セキュリティのみに置き換え方法が書かれている文書だけの情報でしたが、同じKB番号で不具合修正パッチが作成されました。そのため、MSのKB説明ページには両方の情報が書かれておりややこしくなっています。また、日本語情報のページは更新が遅く、1月25日時点ではまだKB4055002のアンインストール・セキュリティのみに置き換え文書のみです。パッチに関する最新情報を見たい場合は英語情報をご覧くださいませ。普段からMSの説明ページを見ている人は頭がこんがらがるかもしれません。見ていない人は特に気にする必要はないです。


KB4055266 (Windows8.1系用) ファイル直リンク:64bit 3.5(KB4054999) 4.5.2(KB4054993) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1(KB4055001) / 32bit 3.5(KB4054999) 4.5.2(KB4054993) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1(KB4055001) | 8.1系その他のエディション
Win8.1にのみ配信。.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』。直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5、4.5.2、4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。

(.NETの『セキュリティのみ』のパッチもありますがバグ修正は含まれていません。.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』にテレメトリ等の混入はありませんので、特に理由がなければバグ修正も含まれている上記パッチをご利用いただく方が良いかと思いますが、何かしらの理由があって『セキュリティのみ』を使用したい方はこちらへどうぞ ⇒ MSカタログ: KB4055271 / ダウンロードページには複数のファイルがあるため、どのパッチがどのバージョンになるかはこちらページでご確認ください)


Intel - System - 10/3/2017 12:00:00 AM - 11.7.0.1045 (Windows8.1系用)
一部環境に『Intel - System - 10/3/2017 12:00:00 AM - 11.7.0.1045』が配信されています。ざっと調べたところIntel公式情報は見つけられなかったのですが、HPによると、WPA2の脆弱性の修正が施されたIntel MEドライバっぽいです。

ただし、いくつか注意点があります。『INTEL - System ~』系パッチは過去に散々悪さをしており、インストールしたことによりダミードライバに置き換えられてしまったり、最悪の場合、タブレットなどのタッチスクリーンを死亡させるといった不具合が出ています。また、『INTEL - System ~』系は、パッチのアンインストールができない仕様のため、入れたら最後です。

こういったこともあり、WindowsUpdate経由でのドライバのインストール自体、個人的にはおすすめしません。 「このドライバは自分にとって本当に必要か」 を調べた上で、必要であれば公式サイトから拾ってくる癖をつけておくことをおすすめします。

このパッチが悪さをどうかするかはわかりませんが、もし、WindowsUpdate上からインストールする場合はバックアップを取っておくなり、『万が一』に対応できる状態にしてからの適用をおすすめします。



関連記事
【CPU】 CPUの脆弱性対策を一時的に無効にして、パッチ適用前のパフォーマンスを得る方法
【CPU】 CPUの脆弱性修正パッチ、適用前と適用後の各種ベンチマーク公開 Part.2 BIOSアップデート編
【アプデ】 『最新CPUでWindows Updateお断り機能』をお断りする方法がさっそく見つかる
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト