2018年1月19日、WindowsUpdateに.NETの非セキュリティアップデートが配信されました。通常、Windows7 / 8.1用オプションは月例の翌週(1月17日)とされていますが、Microsoftが予定日に間に合わなかったようで2日遅れでの配信となりました。先日はWindows8.1用が1日遅れで配信されましたが、今回はWindows7用となります。

予定どおりに進んでいないことから、Microsoft内の慌しさが伝わってきます。そんな状態でリリースされたものなので、個人的にはスルーを推奨します。セキュリティアップデートでもありませんしね。

以下、Windows7向けのザックリ説明&直リンクになります。

KB4057270 (Windows7系用) ファイル直リンク:64bit 3.5.1(KB4054998) 4.5.2(KB4054992) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1(KB4054981) / 32bit 3.5.1(KB4054998) 4.5.2(KB4054992) 4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1(KB4054981) | 7系その他のエディション
Windows7に配信。.NETのアップデート。このパッチは主にバグ修正がメインの早期公開版で、セキュリティには影響しないため、入れなくてもセキュリティ上の支障はありません。何も問題がなければ翌月の.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』に同梱されます。直リンク(MSカタログ)からダウンロードする場合、3.5.1、4.5.2、4.6&4.6.1&4.6.2&4.7&4.7.1の個別選択が可能です。必要なものだけどうぞ。逆にひとまとめにされたパッチはありません。

.NET 4.7のインストールが上手くいかない場合は、D3DCompiler_47.dllを入れることで上手くいくようになります。 (D3DCompiler_47.dll(KB4019990)直リンク: 64bit / 32bit)

(備考:3.5.1用KB4054998は1月度の.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』と同一。既に適用済みの場合、インストールは不要です)


関連記事
【アプデ】 2018年1月20日、『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』KB4057400(テレメトリ入り)が配信
【アプデ】 WindowsUpdate 2018年1月度 注意事項と各KBメモと直リンク
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト