CPUの脆弱性対策を無効にすることができるツール『InSpectre』がGibson Research Corporationによって公開されました。

このツールを使って『Disable Meltdown Protection』『Disable Spectre Protection』を設定後、PCを再起動すればCPUの脆弱性対策を無効化することができます。つまり、一時的にパッチ適用前のパフォーマンスを発揮できるようになります。

言うまでもないことですが、無効にするとCPUの脆弱性の穴は開いたままになります。リスクがあることを理解した上で、慎重にご活用くださいませ。有効に戻したいときは『Enable Meltdown Protection』『Enable Spectre Protection』を設定後、PCを再起動すれば有効になります。

ダウンロードは下記のサイトからどうぞ。

よくある質問 (公式サイトより抜粋)
Q. ボタンがグレーアウトしているのはなぜですか?

A. それぞれの脆弱性を有効・無効に切り替えられない場合、ボタンはグレーアウトします。例えば、AMDプロセッサはMeltdownの影響を受けないため、Meltdownボタンは機能しません。Windowsにパッチが適用されていない場合も同様です。また、ファームウェアが更新されていない場合、Spectreボタンは機能しません。


<備考>
上記ツールを使わず、レジストリ操作による無効化方法もあります。
前者が一般向け、後者がWindows Server向けです。