2018年3月31日、MicrosoftはWindows7用更新プログラムKB4099950を公開しました。

2018年3月度のWindows7用更新プログラムKB4088878 (セキュリティのみの品質更新プログラム) / KB4088875 (セキュリティマンスリー品質ロールアップ) / KB4088881 (マンスリー品質ロールアップのプレビュー)は、適用後に既存のネットワークカードの設定が消えて新しいネットワークカードの設定が作られたり、IPアドレスの設定が消えるなどといった不具合を抱えています。

これらの更新プログラムの適用前に、先にKB4099950を適用しておくことでこの問題が発生しなくなります。KB4088878 / KB4088875 / KB4088881の適用後に入れても効果はないためご注意ください。

KB4099950の適用はWindowsUpdateから、もしくは下記のMicrosoft Updateカタログ(ファイル直リンク)からどうぞ。
余談ですが、KB4099950の中身を展開してみたところ、テレメトリらしきファイルは見当たりませんでした(KB4099950自体には含まれていませんが、2018年3月度の『セキュリティのみ』および『ロールアップ』にはテレメトリが含まれます。詳しくは3月度の記事をご覧くださいませ)。ファイルサイズは200KBと小さく、この問題の修正のみのパッチのようです。
    備考: 環境によっては2018年4月6日にKB4099950が再配信されている場合があります。再配信される条件は不明です。また、以前のものと何が違うのかもKBの説明ページでは特に案内されていません。


3月度の更新プログラムの適用順序が複雑になっているのでまとめておきます。

① KB4099950 (ネットワーク関連の不具合発生を予防するパッチ。本パッチ)

② KB4088878 (セキュリティのみの品質更新プログラム) or KB4088875 (セキュリティマンスリー品質ロールアップ) / KB4088881 (マンスリー品質ロールアップのプレビュー。オプション。人柱パッチにつきインストール非推奨)

③ KB4100480 (メモリアクセスの脆弱性修正パッチ。64bit版専用)
(備考:③はどのタイミングで入れても大丈夫です。①→③→②でも③→①→②でも最終的に③のファイルが優先されます。①は②に対する予防なので、②より前に入れる必要があります)

3月度を適用する場合、この順番でどうぞ。

< Update 5: インストール手順について追記 >
既にKB4088878やKB4088875を適用している場合、KB4099950を後からインストールしても良いのか、しなくても良いのか、KB4088878やKB4088875をアンインストールしてからインストールした方が良いのか、といった質問を複数いただきました。

MicrosoftはKB4099950の説明ページで重要事項として 「この更新プログラムは、KB4088875またはKB4088878をインストールする前にインストールする必要があります」 と掲載しています。そしてそれ以上の案内はありません。しかし、KB4088875を既に適用済みの環境にもKB4099950が配信されてきており、KB4099950の説明ページの内容と矛盾が生じています。

そのため、MSが案内するインストール手順以外について自分が言えることは 「わかりません」 となります。ごめんなさい……。

KB4099950は、KB4088878やKB4088875のインストール後に発生するネットワークの不具合を予防するパッチなので、MSの説明どおりにKB4099950 → KB4088878 or KB4088875の順で適用するのは理に適っています。

しかし、もしかしたら、KB4099950の説明ページに書かれていないだけで、後から入れても何かしらの効果があるのかもしれません。もしかしたら、KB4088878やKB4088875のネットワークの不具合は遅効性で発症する場合もあって、実は後からKB4099950を入れてても効くなんてシチュエーションがあるのかもしれません。もしかしたら、先に入れておかないと何の効果もないにも関わらず配信しているのかもしれません。 (MSは度々誤配信をします) もしかしたらはいくらでも考えられますが、確固としたことはわかりません。

繰り返しになりますが、MSの案内は 「この更新プログラムは、KB4088875またはKB4088878をインストールする前にインストールする必要があります」 です。この案内を信じるなら、KB4099950 → KB4088878 or KB4088875の手順でインストールすれば確実ですが、それ以外の手順については自己判断にてお願いいたします。

< Update 7-2: MS、WU産KB4099950は効果がなかったと発表 / まとめ直し >
KB4099950について、MSが4月13日付けで追加情報を発表しました。

本問題の対策として公開している KB4099950 にパッケージの問題が存在し、本問題に必要な対策が適用されないことが判明しました。

現在の KB4099950 を Windows Update、WSUS、SCCM で配信してインストールした場合、3 月の更新プログラム (KB4088875/KB4088878) 適用時に本問題が発生する恐れがあります。

この問題について、現時点で 4 月 14 日午前中を目途に KB4099950 の修正版を公開する予定です。

この問題について、現時点で 4 月 17 日を目途に KB4099950 の修正版を公開する予定です。


※ Microsoft Update カタログサイト (http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=KB4099950) からダウンロードした .msu ファイルを直接インストールする場合は、必要な対策が適用されますので、本問題の対策として有効です。

今後、3 月の更新プログラム (KB4088875/KB4088878) と対策プログラム KB4099950 を適用予定の場合は、修正版の KB4099950 の公開まで適用をお待ちください。

既に、3 月の更新プログラム (KB4088875/KB4088878) と対策プログラム KB4099950 を適用済みでネットワークの問題が発生していない環境では、追加の対応は特に必要ありません。


予防パッチのKB4099950、WindowsUpdate産は実は効果がなかったとのことです。なんですかこれ。いい加減にもほどがあるでしょう。4月13日時点では14日に公開予定とされていましたが、4月16日付けで追加情報がアップデートされて17日に公開予定となりました。

状況を箇条書きでまとめますと、
  • MSカタログ産KB4099950を手動で適用したものは効果あり
  • 2018年4月17日より前のWindowsUpdate産KB4099950は効果なし
  • 既に効果のないKB4099950を適用していても、不具合が出ていない場合は何もしなくてよい
  • 2018年4月度のロールアップKB4093118にはKB4099950の修正が含まれているため、4月度のロールアップを適用済みの場合は改めてKB4099950の適用は不要 (KB4093118第1版にはネットワーク関連の不具合が出ているので、第1版には含まれておらず、第2版に含まれているものと思われます。KB4093118については4月度のWU記事をご覧くださいませ)
となります。既にKB4099950を適用済みのMSカタログ勢と、4月度のロールアップKB4093118を適用しているロールアップ勢は特に気にする必要はありません。ロールアップ勢でまだ3月度も4月度も適用していない場合は、KB4099950と3月度はスキップして4月度を適用した方が良いでしょう。 (ロールアップは累積されるため、最新版には過去の修正が含まれています)

というか、大分手遅れ感が酷い。予防できると信じてKB4099950を適用したのに新しいネットワークの設定に置き換えられたり、各種ネットワークの設定が吹っ飛んだ人にはブチギレ案件でしょこれ……。

< Update  8 >
2018年4月17日付けのMSカタログ産KB4099950に



『pciclearstalecache.exe』が追加されています。これが何かについては、MSからの説明は何もありません。MS曰く、上記Update 7-2のとおり、MSカタログ勢は手動で『.msu』ファイルを、ロールアップ勢は2018年4月度KB4093118第2版を適用していれば問題ないと説明がされています。

このファイルについてのヒントはMSの追加情報にありました。

・Security-only update を適用する場合
3月のSecurity-only update KB4088878を適用する場合、その前提KBとなっている本問題の対策KB4099950を事前に適用する必要があります。

WSUS / SCCM環境では、KB4099950とKB4088878をまとめて配布することで、自動的にKB4099950が先に適用されます。

ただし、2018年4月2日公開時点のKB4099950のパッケージには問題が存在したため、WSUS / SCCM 環境の場合、2018年4月17日公開のパッケージを配布ください。

WSUS / SCCM環境では4月17日のものを指定されていることから、『pciclearstalecache.exe』はWSUS / SCCM環境で必要になってくるファイルと思われます。そのため、『セキュリティのみ』を使用する一般的なMSカタログ勢は『.msu』の適用だけで大丈夫だと思います。

が、これはあくまでMSの情報を基にした自分の推測なので、本当は一般的なMSカタログ勢も適用しないといけないのにMSが説明し忘れているという可能性も/(^o^)\ 何にしてもMSは『pciclearstalecache.exe』について説明すべきですね……。気になる方は是非ともMSブログのコメント欄に説明の要求をしてください\(^o^)/