2018年10月10日に配信されたWindows7 / 8.1用KBのザックリまとめです。この記事は足りないKBや不具合等が見つかった場合に随時更新いたします。

今月のWin7用『ロールアップ』も2018年5月度6月度7月度8月度9月度に引き続き、ネットワークドライバが死亡する不具合入りです。不具合放置6ヶ月目に突入です。MSさんやる気なさすぎわろえない。

過去にこのネットワークが死亡する不具合にやられた人は、今月も発生するでしょう。お気をつけくださいませ。逆にこれまで何もなかった場合は今月も何もないと思われます。この不具合はWin7の『ロールアップ』でのみ発生します。Win8.1およびWin7用『セキュリティのみ』では発生しません。

< Update 7: KB4462923の配信が再開 >
KB4462923(7用ロール)は2018年10月14日頃から環境によっては降ってこなくなっていましたが、11月2日から降ってくるようになりました。なぜ、突然配信が止まったり、再開されたのか、Microsoftからの説明は何もありません。

以下、2018年10月10日配信分のザックリ説明&ファイルの直リンクになります。(OfficeやSkype等のMS製品類は割愛しています)

更新履歴
① KB3177467を加筆。
② Win8.1用FLASHが2018年9月度のKB4457146になっていました。正しくはKB4462930でした。既に直リンクからダウンロード済みの方は再度ダウンロードをお願いします。ごめんなさい。 | KB3177467の直リンク切れを修正しました。 | KB4462915(7用セキュのみ)とKB4462923(7用ロール)の前提条件にKB3177467が必要な旨を加筆。
③ KB3150513を加筆。
KB4462915(7用セキュのみ)とKB4462923(7用ロール)にKB3177467を未適用の場合、『0x8000FFFF』エラーでインストールに失敗する場合がある旨を加筆。 | KB3177467に注意点を加筆。
⑤ KB4462923(7用ロール)が配信されない場合がある旨を加筆。
⑥ KB4462923(7用ロール)を降ってこさせる方法を加筆。備考欄を参照。
⑦ KB4462923(7用ロール)の配信が再開された旨を加筆。それに伴い⑤と⑥を削除。


Microsoft Updateカタログに配信分 セキュリティのみの品質更新プログラム』&IE11

KB4462915 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 7系その他のエディション
Win7系用『セキュリティのみの品質更新プログラム』です。 「余計なものは一切不要。当月分のOSのセキュリティアップデートだけでいい」 という方はこのパッチを手動DLしてご利用くださいませ。このパッチをインストールすれば『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』はインストール不要です。

Microsoftはこのパッチの適用前に最新のサービススタックアップデートKB3177467を適用するよう案内しています。KB3177467のダウンロードはこちらよりどうぞ。KB3177467を未適用の場合、マシンによっては『0x8000FFFF』エラーが発生してインストールに失敗する場合があります。


KB4462949 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 7系その他のエディション
Win7系用『Internet Explorer 11の累積的なセキュリティ更新プログラム』です。


KB4462941 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 8.1系その他のエディション
Win8.1系用『セキュリティのみの品質更新プログラム』です。 「余計なものは一切不要。当月分のOSのセキュリティアップデートだけでいい」 という方はこのパッチを手動DLしてご利用くださいませ。このパッチをインストールすれば『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』はインストール不要です。


KB4462949 (Windows 8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit / 8.1系その他のエディション
Win8.1系用『Internet Explorer 11の累積的なセキュリティ更新プログラム』です。


.NETのセキュリティのみ
.NETのロールアップは来ていますが、セキュリティのみは来ていません。今月の.NETにセキュリティアップデートはなく、品質改善とバグ修正のみとなります。




WindowsUpdateクライアントに配信分

KB4462923 (Windows7系用)
(※1:このパッチにテレメトリ関連有)
(※2:『セキュリティのみの品質更新プログラム』をインストールしている場合、このパッチはインストール不要)
(※3:このパッチに不具合有)
このパッチは『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』と呼ばれるパッチで、WindowsおよびIEのセキュリティアップデートと、非セキュリティアップデートが抱き合わせされたパッチです。

セキュリティマンスリー品質ロールアップ』は過去のパッチが累積されているため、過去に混入したテレメトリが入っています。テレメトリを避けてセキュリティアップデートを適用したい人は、このパッチは非表示にしてMicrosoft Updateカタログ産の『セキュリティのみの品質更新プログラム』を適用してください。

このパッチは『テレメトリ関連等を含むセキュリティマンスリー品質ロールアップリスト(備考3参照)』入りとします。

Microsoftはこのパッチの適用前に最新のサービススタックアップデートKB3177467を適用するよう案内しています。KB3177467のダウンロードはこちらよりどうぞ。KB3177467を未適用の場合、マシンによっては『0x8000FFFF』エラーが発生してインストールに失敗する場合があります。

このパッチは2018年10月14日頃から環境によっては降ってこなくなっていましたが、11月2日から降ってくるようになりました。なぜ、突然配信が止まったり、再開されたのか、Microsoftからの説明は何もありません。

このパッチには既知の不具合があります。
    [ 既知の不具合 ]
  • 一部環境でネットワークインターフェイスコントローラが動作しなくなる。この不具合に遭遇した場合、下記の手順でドライバを再インストールするようMicrosoftは案内しています。

    1. ネットワーク デバイスを確認するには、devmgmt.msc を起動します。[そのほかのデバイス] に表示されることがあります。

    2. NIC を自動的に再検出してドライバーをインストールするには、[操作] メニューから [ハードウェア変更のスキャン] を選択します。

    a. または、デバイスを右クリックして [更新] を選択して、ネットワーク デバイスのドライバーをインストールします。 次に、[ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索] または [コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索] を選択します。

    原文ママです。意味不だと思うので少しだけ補足。『1.』は[Winキー] + [Rキー]で『ファイル名を指定して実行』を開き『devmgmt.msc』を入力するということです。その後の 「[そのほかのデバイス] に表示されることがあります」 は 「本来は[ネットワーク アダプター]のカテゴリ内に表示されるべきデバイスが[ほかのデバイス]の中に表示されることがある」 という意味です。ネットワークデバイスを見つけたら、『2.』の手順でドライバを入れなおせば直るとのことです。


KB4462926 (Windows8.1系用)
(※1:このパッチにテレメトリ関連有)
(※2:『セキュリティのみの品質更新プログラム』をインストールしている場合、このパッチはインストール不要)
このパッチは『セキュリティマンスリー品質ロールアップ』と呼ばれるパッチで、WindowsおよびIEのセキュリティアップデートと、非セキュリティアップデートが抱き合わせされたパッチです。

セキュリティマンスリー品質ロールアップ』は過去のパッチが累積されているため、過去に混入したテレメトリが入っています。テレメトリを避けてセキュリティアップデートを適用したい人は、このパッチは非表示にしてMicrosoft Updateカタログ産の『セキュリティのみの品質更新プログラム』を適用してください。

このパッチは『テレメトリ関連等を含むセキュリティマンスリー品質ロールアップリスト(備考3参照)』入りとします。


KB890830 ファイル直リンク: 7/8.1共用 64bit / 32bit | その他のエディション
いつもの悪意のソフトウェア削除ツール。


KB4462930 (Windows8.1系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit | その他のエディション
Win8.1用Flashのセキュリティアップデート。


KB3177467 (Windows7系用) ファイル直リンク: 64bit / 32bit | その他のエディション
Win7に配信、2018年10月版サービススタックアップデート。2回目のWindowsUpdate確認時に出てきました。このパッチをインストールするとWindowsUpdateの時間短縮や安定性・信頼性の向上などが謳われています。具体的な挙動は不明。今月のKB4462915(7用セキュのみ)とKB4462923(7用ロール)の前提条件となっています。このパッチを入れていないと更新プログラム適用時に『0x8000FFFF』エラーが発生する場合があります。

また、Microsoftはこのパッチをスタンドアロンインストーラーでインストール時の注意点を公開しています。

KB3177467をスタンドアロンインストーラーでインストールする時の注意点
スタンドアロンインストーラーを用いてKB3177467をインストールする際に他の更新プログラムと同時にインストールを行いますと、再起動後に『Windows を構成するための準備中』から画面が進まない動作が発生します。この問題を回避するためには、以下の作業のどちらかを行います。

・KB3177467を先にインストールします。
・画面が進まない状態はインストールは完了していますが、画面の遷移に至らない問題です。KB3177467の技術情報に記載の通り、[Ctrl+Alt+Delete]キーを押下し、ログオン画面に進みます。

KB3177467だけを先にインストールすれば良いとのことです。


KB3150513 (Windows7系用)
(※:Win10関連パッチ)
KB3177467を適用後、WindowsUpdateを確認すると環境によって降ってきます。降ってくる理由は不明です。このパッチはWin10関連のため入れる必要はありません。パッチの詳細についてはこちらの記事をご覧くださいませ。サクッと非表示入りしましょう。


KB4459922 (Windows7系用)
Win7にのみ配信。.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』。このパッチには.NETのバグ修正が含まれているものの、.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』はこれまでに描画異常文字の『□□□』化現象などが発生しており、不具合発生率は高めです。お使いの.NET環境が安定しているのであれば『セキュリティのみ』の適用を推奨します。

2018年10月度の.NETは品質改善とバグ修正のみのため、入れなくてもセキュリティに支障はありません。

(『セキュリティと品質ロールアップ』をMSカタログから手動でダウンロードする場合はMSカタログ: KB4459922へどうぞ。ダウンロードページには複数のファイルがあるため、どのパッチがどのバージョン用になるかはこちらページでご確認ください。全部をひとまとめにしたものはありません。必要なものだけどうぞ。もし、インストールが上手くいかない場合、D3DCompiler_47.dllを入れることで上手くいくようになります。 (D3DCompiler_47.dll(KB4019990)直リンク: 64bit / 32bit))


KB4459924 (Windows8.1系用)
Win8.1にのみ配信。.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』。このパッチには.NETのバグ修正が含まれているものの、.NETの『セキュリティと品質ロールアップ』はこれまでに描画異常文字の『□□□』化現象などが発生しており、不具合発生率は高めです。お使いの.NET環境が安定しているのであれば『セキュリティのみ』の適用を推奨します。

2018年10月度の.NETは品質改善とバグ修正のみのため、入れなくてもセキュリティに支障はありません。

(『セキュリティと品質ロールアップ』をlMSカタログから手動でダウンロードする場合はMSカタログ: KB4459924へどうぞ。ダウンロードページには複数のファイルがあるため、どのパッチがどのバージョン用になるかはこちらページでご確認ください。全部をひとまとめにしたものはありません。必要なものだけどうぞ)


関連記事
【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト